いま、ヒロイン・アクション映画が激アツ!“悪女”が魅せる強く美しい衝撃映像が見逃せない

シャーリーズ・セロン姐御がキレキレのアクションで魅せた『アトミック・ブロンド』、“女”を武器に敵をブチのめすスパイ活劇『レッド・スパロー』、セレブすぎる女泥棒チームが暗躍する『オーシャンズ8』など、ヒーローの隣でいい子にしていた時代ははるか昔で、強く美しい“悪い女”のイメージをまとったヒロインが主人公になるアクションが、いま面白い。

その系譜を堂々と次ぐ、ヒロイン・アクション系のド真ん中、鑑賞マストに最新映画『悪女/AKUJO』! あまりの衝撃的な映像の連続に、映画ファンからも驚きの声があがった。

悪女/AKUJO7

それは、まさしく<いままで人生で観たことがない狂気の最先端アクション>が満載で、強く美しく華麗なヒロインが大暴れ! すべての映画ファンが骨抜きにされた必見作『悪女/AKUJO』を、徹底的に解剖する!

2017年カンヌ映画祭が激震!最強無敵の“悪女”の雄姿に世界がホレた!

常識をくつがえすアイデアをそのまま映像化するなど、アクション映画の限界値をアップデートし続ける韓国映画界。今回新たに放たれた『悪女/AKUJO』は、犯罪組織の殺し屋として育ち最愛の人を殺されたひとりの女性が、国家直属の暗殺者として第2の人生をスタートささせることから始まる物語。

そこで愛と裏切りに翻弄されながら、最強無敵の“悪女”と化していくハードコアなストーリーだ。2017年にカンヌ国際映画祭で上映されるや、瞬殺で話題沸騰! あの『渇き』で鮮烈な印象を残したキム・オクビンがスタントなしで披露した熱演も注目を集めた。

悪女/AKUJO1

スタントなしの大熱演! アクションで魅せるキム・オクビンに脱帽!

スクヒを熱演する主演のキム・オクビンは、もともとテコンドーとハプキドーの黒帯を有するほどの優れた身体能力に恵まれ、その才能を本作で存分に発揮した。それだけでなく肉体面でのトレーニングに加え、劇中でスクヒが使いこなす多種多様な武器=ナイフ、日本刀、拳銃、機関銃、狙撃銃、手斧などの扱いも完璧にマスターするなど、戦闘シーンのほぼ全部をノースタントで熱演!

クランクイン後、撮影日数70日間のうち63日間をアクション撮影に費やしたため、キム・オクビンは5か月以上ひたすらアクション漬けの日々を過ごしたという。また役柄のイメージを把握するため、『LUCY/ルーシー』や『ハンナ』、『エレクトラ』といった欧米の女性アクション映画も参考に。こうして韓国映画史上、いや全ヒロイン・アクション系映画史上最強に美しいファム・ファタールが誕生したのだ。

悪女/AKUJO2

キム・オクビンは言う。「やっぱり女にはアクションは無理、とは絶対に言われたくなかった。私以外の女優たちのためにも」と頼もしい発言をしていたが、もはや彼女の以外の女優では無理ではないかと思うほどに、尋常ではない迫力とクオリティのアクションが炸裂している。

どう撮影したか謎すぎる! インパクト大の冒頭とバイクチェイスは圧巻

この『悪女/AKUJO』、キム・オクビンの高度な身体能力で繰り出す壮絶アクションがウリだが、それがさらに、<既視感ゼロ!>の斬新すぎる映像表現の数々で楽しめるのだ。映画レビューサービス・Filmarks (フィルマークス)でも、「いまのどうやって撮った!?というカメラワークのアクションの連続」といった驚きのレビューが多数投稿されているとおり、YouTubeに公開され話題になった日本刀を振り回すバイクチェイスのシーンは、監督も演者もどういうマインドで撮影していたのかという正気を疑いたくなるレベル。しかも激走しながら日本刀で斬り合い、その後に両者が対向車線に突っ込み、延々と逆走チェイスを繰り広げるなど、撮影開始前に常識を捨ててきた感がある。

悪女/AKUJO4

それ以前に、スクヒが敵の組織に単身乗り込み、たったひとりで50人以上ものヤクザたちを血祭りに上げていく、オープニングも圧巻!

ここでは、主観映像撮影の手法と複数のカットを編集とCGで疑似的な名回し撮影に仕上げる手法が採用され、異様な臨場感に満ちたカチこみシーンとなっている。そして、韓国映画お得意のナタのような刃物で切り付ける接近戦を、これまた韓国映画お得意の狭い廊下のような場所で大勢が乱闘するシーンで見せ、“アクション映画の限界値をアップデートし続ける韓国映画”の醍醐味を存分に楽しむことができる。

悪女/AKUJO5

クライマックスでは、バスのチェイスシーンをご用意。ここまで散々斬新なアクション表現をしてきた『悪女/AKUJO』だけに、<カーアクションを肉弾戦の延長として撮る!>という鬼畜のような撮影を敢行! 道路スレスレ対向車スレスレで暴れまわるキム・オクビンの詳しい雄姿は、ぜひ本編を観るまでのお楽しみとしてもらいたい。

悪女/AKUJO6

なぜ彼女は“悪女”に!? 説得力あるストーリーがあってこそのドラマ

スクヒがなぜここまで暴れまわっているかというと、深い理由がある。犯罪組織の殺し屋として育ち、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)と結婚するも、彼は敵対組織によって殺害。逆上したスクヒは復讐を決行するが、今度は国家組織に拘束され、政府直属の暗殺者になってしまう。新たに運命の男性に出会うも、トンデモないミッションが降りかかるという、悪女にならざるを得ない数奇 な運命に振り回されてしまうのだ。

悪女/AKUJO3

ただ暴れているわけじゃない、万人納得の悲しみの理由に裏打ちされたスクヒのアクションは、号泣モノのカタルシスを呼ぶ…!!
もはや観ない理由が見当たらない『悪女/AKUJO』が、TSUTAYA先行配信&レンタルで楽しめる! ヒロインのキャラクター、アクション、映像表現、エモーショナルなドラマと、あらゆる点で絶対に大満足するヒロイン・アクションを見逃すな!

◆映画『悪女/AKUJO』information

悪女/AKUJO8

あらすじ:犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――。

上映時間:124分

▼TSUTAYA TV デジタル先行配信中
https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/artDetail.do?ttvArtCd=101020491&pT=null

▼Blu-ray&DVD 6月22日(金)TSUTAYA先行レンタル
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000US0KF?sc_cid=twpro_tsutaya

(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • らくだ
    4
    暗殺組織に人生を縛られた主人公スクヒが、人並みの幸せを願いながら自分の戦闘兵器としての宿命と戦うお話で、「悪女」というタイトルなんですが、いわゆる毒婦、ハニートラップを仕掛ける女性という趣ではなく単純に悪の道に手を染めた女性、くらいの意味合いです。 この作品のストーリーは「どれだけ効果的に主人公を痛めつけて感情を曇らせるか選手権」を開いているので(※開いてません)スクヒが常におつらい状況に置かれていて、まぁーもう救いがない…タイトルは「悪女」ですが周りの人間がそれ以上に悪党すぎる そしてこの映画、とにかくアクションシーンが独特かつスピーディなんですよね。冒頭の一人称視点で激しく繰り広げられる銃とナイフの殺陣や、左右や角度だけではなく高さも併せて視点がすごい勢いで移り変わるカメラワークなど、なかなか見ない(気がする)手法が使われていて、そのブレによって戦闘のスピード感が増幅されて、主人公スクヒの流れるような身のこなし、迫力が抜群に映えています。ただでさえ生命力と戦闘力が異常に強い女ターミネーターみたいな人間平気なのに…つよすぎる… 制作陣も明らかにノリノリで、バイクでチェイスしながら日本刀で打ち合いをするシーンやウエディングドレス姿でスナイパーライフルを構えるシーンなど「絶対にこの超絶カッコいいシーンを撮り、そして収録する!!」というあまりにも力強いエネルギーを感じられて最高です。やっぱりアクション映画はカッコつけてナンボですよね(偏見)
  • Clear
    4.5
    何もそこまで血を見せなくても...って思うくらい血飛沫がすごいスタイリッシュな韓国映画。ずっと主人公が可哀想。何もそこまでしなくても...と同情してしまうけど、まあ血飛沫がすごくてストレス発散になるくらい死屍累々。胸糞表現がチラホラ見られて面白かった。他の方のレビューにもある通りカメラワークが面白いですよ。
  • 舟子
    4
    強くて格好のいい女のヒトを観るとナニか格闘技を始めたくなります… いつも持っている武器(ハサミと櫛)で闘えるようにならないかしらと…
  • ジーハ
    3.4
    激しくぐるぐる動く!回る! 冒頭のカメラワークが新鮮でした。 そして人が凄い勢いで倒され死んでいく… いったい何が起こっているのか?? 途中から誰目線かがわかった。 彼女はこの世に何のために生を受けたのか…。。 ヒロインの背負った宿命が酷すぎる。 それとコレ?あのフランス映画 のシチュエーションと少し似てない? スクヒ(キム・オクピン)が 人間凶器なくらい強く狂暴だったり、 その後、国家機密機関で暗殺者になり、 第2の人生を歩み始めた結婚式の当日 本部から暗殺命令が下りウェディング ドレスのまま標的に銃を向ける… オマージュ?アイデア拝借? どっちなのかはわかりませんけど(笑) スクヒの愛する人全てが奪われ、 悲しみと憎しみが爆発した復讐劇に なっていく後半。 アクションシーンやカメラワークなど 斬新に感じた所もあったけど、、 「アジョシ」のような過激さともっと 叙情的のある作品を期待してたせいもあり、 ストーリーに少し物足りなさを感じました。 スクヒとジュサンの関係性をもう少し 繊細に描いてほしかったかも。。 彼女を愛し、手放した理由とか… この辺もうちょっと何か欲しかった感じ。 ジュサン役は役の振り幅ある シン・ハンギュンだし、 もっと盛れたのでは?て思っちゃう。 ん?これってやっぱり女子目線の リクエストなのかな??(笑)
  • dragon01
    3.7
    噂通りアクションとカメラワークがすごい✨✨✨ 冒頭からバイオハザードみたいだし バイクのアクションシーンなんて どう撮ったの❓って感じ ただ「悪女」って題名が❓❓❓ 悪に染まっちゃうってこと❓ なんか報われなくて切ない映画😔 アクション映画が好きな人はハマるかも👍🏻
悪女/AKUJO
のレビュー(7435件)