【ネタバレ解説】映画『セブン』七つの大罪と衝撃的ラストシーンを徹底考察

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

キリスト教の「七つの大罪」を題材に、猟奇的な連続殺人事件を描くサスペンス・スリラー『セブン』。

その衝撃的な内容と先鋭的なビジュアル・センスは、公開されてから約20年経った今なお色褪せることはなく、アメリカの著名な映画評論家ロジャー・イーバートは「今までハリウッドで撮られた作品の中で、最もダークで最も無慈悲な映画のひとつだ!」と評している。

という訳で、今回は『セブン』をネタバレ解説していきましょう。

セブン

映画『セブン』あらすじ

奇怪な猟奇連続殺人事件を追う、ベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、志願して殺人課に転属してきた新人刑事ミルズ(ブラッド・ピット)。

やがてその事件は、キリスト教の「七つの大罪」になぞらえたものだと判明する。果たして犯人は誰なのか? そしてその犯行の理由は? 捜査を進めていくうちに、やがて事件は思わぬ方向に舵を切っていく…。

SEVEN出典元:YouTube(Movieclips)

※以下、映画『セブン』のネタバレを含みます。

ビデオ屋店長の怨念が生み出した暗黒シナリオ

『セブン』を語るに当たってまず触れておかなければならないのが、シナリオを手がけたアンドリュー・ケヴィン・ウォーカー

ビデオショップ店員からキャリアをスタートさせたクエンティン・タランティーノと同じく、彼もまた映画業界で働く日を夢見ながら、ニューヨークのタワーレコード店長としてあくせく働く日々を過ごしていた。

「ニューヨークでの生活は決して好きではなかったが、その生活なくして『セブン』は生まれなかっただろう」

と述懐していることから、この頃から鬱屈とした気持ちを抱えていたに違いない。

彼は一念発起し、図書館に通ってミルトンの「失楽園」やダンテの「神曲」を読み漁り、七つの大罪をモチーフにした世にもおぞましいシナリオを数年かけて書き上げる。そもそも『セブン』は、不遇を囲っていた男の社会に対する怨念が、サイコスリラーとして結実した作品だったのだ。

その超暗黒系シナリオは、巡り巡って映画監督のデヴィッド・フィンチャーの元へ。今でこそ『ファイト・クラブ』や『ソーシャル・ネットワーク』、『ゴーン・ガール』で知られる超大物フィルムメーカーだが、当時彼は劇場用第一作『エイリアン3』が批評的にも興行的にも大惨敗を喫してしまったことで、すっかり映画への情熱を失っていた。

エイリアン3

デヴィッド・フィンチャーは当時の心境を、こんな風に語っている。

もう一本映画を撮るぐらいなら、大腸ガンで死んだ方がマシだ!

実際、映画会社のニューラインシネマから『セブン』のシナリオが回って来た時も、消沈モードの彼は数ページだけ読んで放置していたという。

だが改めてシナリオを読み直してみた時に、「これはものすごい脚本だ!」と衝撃を受けて、監督を受諾。アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーの怨念が、デヴィッド・フィンチャーのハートを動かしたのだ。

“全ての罪の根源” 七つの大罪とは?

この映画の最も重要なポイントである「七つの大罪」について、簡単におさらいしておこう。

ヒエロニムス・ボスの『七つの大罪と四終』「七つの大罪と四終」(ヒエロニムス・ボス 1485年)

そもそも「七つの大罪」とはキリスト教カトリックにおける概念で、堕落した人間が犯すとされる“全ての罪の根源となるもの”のことだ。

カトリックでは「罪源」と呼ばれ、罪そのものというよりも、罪を誘発する悪しき習性といった方が近いだろう。罪を罪として意識しにくい故に、神への甚だしい冒涜となるのだ。

シナリオを書いたアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーは、毎日のように強盗や殺人が起こるニューヨークでの生活に心底ウンザリし、そんな日常に対して“見て見ぬ振り”を決め込む社会の態度にも辟易していた。

我々人類は、日々「七つの大罪」を犯しているのではないか?

そんな考えが『セブン』着想に繋がっていったことは、想像に難くない。

「七つの大罪」を罪の重い順に列記しておこう。

1.嫉妬(ENVY)

他人の幸福を妬み、他人の不幸を喜ぶ感情。

2.高慢(PRIDE)

過度に自惚れていること。美徳とされる「謙遜」の真逆の状態。

3.怠惰(SLOTH)

元々は安息日に関わらず労働を続けることを指していたが、現在では労働を放棄して怠けていることを指す。

4.憤怒(WRATH)

人間の最もネガティブな感情のひとつ。怒りは理性を破壊し、魂の中に悪魔を迎え入れることだとされている。

5.強欲(GREED)

金銀など財産に対しての異常な物欲。聖パウロは「一切の悪事の根なり」と説いたとされる。

6.肉欲(LUST)

色欲、邪婬ともいう。子孫繁栄のためではなく、みだらに性的快楽に陥ることは禁忌とされる。

7.暴食(GLUTTONY)

もしくは「大食」。節制のない食事は、欲望を助長させる根源となる。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS