連休はおうちでのんびり!3人の女性シェフが活躍する映画を見て運気とテンションUP

映画は人生のスパイス

橋本大介

シルバーウィークも今日を含めて残り3日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

人ごみや渋滞は苦手、夏にお金をつかいすぎた、ケガして治療中(全部わたしの話ですが)などの理由でおうちでのんびりと過ごされている方もいらっしゃるのでは?

近ごろは災害や経済不安など気持ちが暗くなってしまう話題ばかり。こうなったらなんとか運気をあげて、何かステキなことが起きるのを期待しちゃいましょうよ!?

そこで!「映画で活躍する女性シェフにあやかって、運気UPメニューを食べよう!」をテーマに女性シェフが活躍する3作品をご紹介したいと思います。

かもめ食堂のシナモンロール

かもめ食堂

あらすじ

フィンランドはヘルシンキ。そこは青い海にゆったりとかもめが飛びかう港町。その街角に小さくたたずむ「かもめ食堂」は日本人女性サチコ(小林聡美)が開店したお店。じっくりと淹れる珈琲心をこめて握ったおにぎりなど時間をかけてつくる料理が店のウリ。そんなとても美味しそうな料理なのですが、お客さんがほとんど入りません。なんとかお客さんを呼びたいサチコですが…。

みどころ

なにげない日常のなかで凛として生きる女性たちを描き、多くの女性読者から支持の高い群ようこ原作の『かもめ食堂』。本作も小さな食堂にちょっぴり変わった女性がひとり、またひとりと現れて、ありそうでなさそうな話へと進んでいきます。

そんな女性たちを演じるのは、小林聡美片桐はいりもたいまさこ、と不思議な世界観にぴったりの個性派女優たち。ちからの抜けたナチュラルな演技がとても心地いいです。

また、木のぬくもりが感じられる北欧家具をはじめ、センスのいい食器や雑貨をみているだけでもほんわかします。

運気UP

かもめ食堂にたくさんのお客さんが来るきっかけになった運気UPメニューは「香りただようシナモンロール」

気になるレシピは『南国料理人』『深夜食堂』なども手がけている人気フードスタイリストの飯島奈美が出版した「シネマレシピ」に載っています。ちなみにカルダモンをすこし入れるのがポイントなのだとか。

サチコのように時間を気にしないで、焼きたてのシナモンロールと淹れたてのコーヒーを召しあがってみてはいかがでしょうか?

 

インド人マダムがもてなす黄金の伝統菓子ラドュ

マダムインニューヨーク

あらすじ

インドで夫と子供ふたりを育てるごく普通の専業主婦シャシ。彼女の悩みは家族でじぶんだけ英語が話せないこと。そんなある日、親せきの結婚式を手伝うために家族みんなでNYに行くことに。苦手な英語のせいでトラブルに見舞われたり、家族にからかわれて、いつも不満を抱えていたシャシは意をけっして英会話教室に通うのだが…。

みどころ

じぶんの悩みを克服するため「専業主婦、母親」の立場でありながら「ひとりの人間、女性」として奮闘するシャシ。

得意とする料理を知人にふるまったり、地道に英会話を勉強したりと、いまできることを精一杯がんばる姿は観ているこちらまで勇気づけられます。そんな彼女の努力がむくわれるフィナーレはまさに感動的!

運気UP

シャシが自信を取り戻すきっかけになった運気UPメニューは、インドでお祝いの席にふるまわれる伝統菓子ラドゥ」

オーガニック食材のベサン(ひよこ豆の粉)をベースとした黄金に輝くラドゥは見た目も美しくとてもおいしそうです。シナモンロールに続いて、ラドゥもカルダモンを使います。

気になるレシピはcookpadをご参照ください。

いまが旬!ポルチーニ茸のスクランブルエッグ

大統領の料理人

みどころ

実話を基にした本作のモデルは、1988年から2年間フランス大統領ミッテランのプライベート・シェフとして仕えた実在する女性シェフ、ダニエル・デルプシュ。登場する料理の数々は、彼女が当時にじっさいに作ったメニューを忠実に再現されています。

あらすじ

豪華な飾りつけばかりが目立つ料理よりも素朴な料理を好むフランス大統領。そんな大統領の要望で(世界一のシェフと呼び名も高いジョエル・ロブションの紹介により)プライベート・シェフとして招かれたのは、田舎料理や伝統料理など素材を生かした料理を得意とする女性シェフのオルタンス。

オルタンスは女性シェフということで、キッチンの同僚や官邸職員などから煙にまかれ、満足できる食材をそろえられずに四苦八苦。素材に強いこだわりをもっていた彼女は信念を曲げずに奮闘していくのだが…。

運気UP

オルタンスが大統領に仕えてはじめて出した料理が「ポルチーニ茸をつかったスクランブルエッグ」。この料理が大統領の心をつかみ2年間も仕えるきっかけとなった運気UPメニュー。

ポルチーニ茸は味覚の秋にふさわしい今が旬の食材。気になるレシピは公式HPをご参照ください。

彼女が訪日した際に日本テレビの番組「世界一うけたい授業」で紹介した料理がサイトに掲載されています。興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?どの作品もストーリーももちろんですが、登場する食事が非常に魅力的です。映画をみた後は是非一度ご自身で作ってみてください!それではみなさま、ステキな連休を!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • nami
    3.9
    出来ないことがあっても、あきらめないで努力したいと思った。 めちゃくちゃ勇気出た。私も英語頑張りたい。ラドゥ食べたい。 あそこでフランス人のあの人にグラつかない母ってすごい、、私は絶対好きになる。もう好きだもん、スピーチは自分が結婚する時とかの時思い出したい。 自分を嫌いになるようなことがあったら、観たい。
  • Reika
    4
    私はかーなり好きだった。思春期に突然海外行って英語とかで苦労したことのある帰国子女とかには特に響きそう。 ニューヨーク舞台でありながらインド映画風。ニューヨークの華やかさと冷たさ、家族愛と家族内の敬愛の欠如、自己研鑽と挫折、そして多様性、と要素盛り盛りの映画だった。 インド人女優がみんなめっちゃ美女だったなー。あとインドの結婚式楽しそうだよーーー。
  • rimoviena
    4.5
    初のインド映画! シャシの頑張る姿は勇気が出た 留学経験ある人、お母さんたちに見てもらいたい…
  • To34
    3.8
    あまり期待していなかったのですが、メッセージが様々に込められていて本当に素晴らしい映画でした。 インドのマドゥというお菓子を作っているお母さんが親族の結婚式のためにNYへ向かう。 英語を話せないことを馬鹿にする娘と父親に対して、一念発起する。 映画の中で、 子供の純粋さから母親への尊敬が失われてしまう。子供だからと言ってなんでも許されるわけではない。 私が欲しいのは愛されることではないら尊敬されること。自分の心が揺らいでしまっても母としてどう生きたいのか、芯を持って生きている人はカッコいいなと思いました。 子供を育てるお母さんたちに見て欲しい映画です。
  • かな
    3.5
    家族だから何でもいっていいわけびゃないし、皆のこと尊重できてたかなと自己反省した
マダム・イン・ニューヨーク
のレビュー(22740件)