【発表】映画『若おかみは小学生!』初日満足度ランキング1位獲得

2018.09.25
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

2018年9月第4週公開映画の初日満足度ランキング。全8作品がランクインし、第1位は『若おかみは小学生!』。国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」調べ

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「9月第4週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画8作品がランクインしました。

8位『純平、考え直せ

純平、考え直せ

[★★★☆☆3.26/レビュー数:46件]

直木賞作家・奥田英朗の同名小説を野村周平主演で映画化。歌舞伎町で一人前の男になることを夢見て、ついに「鉄砲玉」を課せられた21歳のチンピラ・坂本純平と偶然出会ったOLの加奈。決行までの3日間をともにする二人を描く。

純平、考え直せ

7位『食べる女

食べる女

[★★★☆☆3.39/レビュー数:341件]

食と性をテーマに、自由で孤独、年齢も職業も価値観もバラバラな8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集を映画化。小泉今日子沢尻エリカ前田敦子鈴木京香など豪華女優陣の共演が話題。

食べる女

6位『死霊館のシスター

死霊館のシスター

[★★★☆☆3.53/レビュー数:746件]

全世界興行収入1,350億円超えのヒットを記録したホラー「死霊館」シリーズの始まりを描く最新作。神父と見習いシスターが不可解な事件を追うにつれ、修道院に隠された秘密と“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙することになる。

死霊館のシスター

5位『スカイスクレイパー

スカイスクレイパー

[★★★☆☆3.58/レビュー数:847件]

高さ1,000メートル、240階建ての世界最大の超高層ビルを舞台に、犯罪組織による大規模火災から家族を救うために元FBIの父が奮闘するアクション大作。「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演。

スカイスクレイパー

4位『コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

[★★★☆☆3.59/レビュー数:1,240件]

本屋大賞2017ノミネートの川口俊和による同名ベストセラー小説を、有村架純主演で映画化。一杯のコーヒーが冷めるまでの短い時間、過去に戻ることができると噂される喫茶店に訪れる人々の人間模様を描く。

コーヒーが冷めないうちに

3位『パパはわるものチャンピオン

パパはわるものチャンピオン

[★★★☆☆3.66/レビュー数:163件]

板橋雅弘、吉田尚令による人気絵本を実写映画化。人気レスラーから悪役覆面レスラーになった男が、自らのプライドと愛する家族のために最強のチャンピオンに挑む。プロレスラー棚橋弘至が本作で映画初主演。

パパはわるものチャンピオン

2位『バッド・ジーニアス 危険な天才たち

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

[★★★★☆3.97/レビュー数:205件]

中国で実際に起こったカンニング事件をモチーフに製作されたクライム・エンタテインメント。本国タイで大ヒットを記録。天才少女を中心とした高校生チームが、頭脳と度胸で世界規模のカンニング・プロジェクトに挑む。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

1位『若おかみは小学生!

若おかみは小学生!

[★★★★☆4.09/レビュー数:135件]

累計発行部数300万部超えの人気児童文学シリーズをアニメーション映画化。両親を亡くし、祖母が営む温泉旅館で修行することになった小学6年生の女の子おっこが、若女将として成長していく様子を描いた笑いと涙の物語。

若おかみは小学生!

-----

8作品がランクインする中、『茄子 アンダルシアの夏』以来15年ぶりとなる高坂希太郎監督の最新作『若おかみは小学生!』が見事先週の初日満足度1位を獲得。

「大人も子供も楽しめる奇跡のような作品」「テンポがよく脚本もよい。笑いあり感動あり。最後は号泣」「作品へ没入させてくれる、画面と芝居のチカラが半端じゃなかった」「今年に観た劇場公開作品242作品の中で邦画部門の第1位」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

若おかみは小学生!

海外作品では、9月の期待度ランキングTOP10入りを果たした『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が最上位にランクインする結果となりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2018年9月22日〜9月23日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。

1位(→)『プーと大人になった僕』[9月14日公開]

2位(NEW)『コーヒーが冷めないうちに』[9月21日公開]

3位(↓)『MEG ザ・モンスター』[9月7日公開]

4位(↑)『銀魂2 掟は破るためにこそある』[8月17日公開]

5位(↓)『検察側の罪人』[8月24日公開]

6位(↓)『ザ・プレデター』[9月14日公開]

7位(↑)『カメラを止めるな!』[6月23日公開]

8位(NEW)『スカイスクレイバー』[9月21日公開]

9位(↓)『響 -HIBIKI-』[9月14日公開]

10位(↓)『アントマン&ワスプ』[8月31日公開]

※( )内の矢印は先週からの変動

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、2018年9月第4週に公開された映画を対象に、公開日から2018年9月25日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

【あわせて読みたい】
【みんなの観たい映画No.1は?】​9月公開映画の期待度ランキングTOP20発表
※ 全世界大ヒットホラー「死霊館」シリーズの実在する“呪いの人形”​
『MEG ザ・モンスター』ジェイソン・ステイサムvs超巨大サメ!<4コマでざっくり紹介>​

※本ランキングは公開日から9月25日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から9月25日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品を対象としています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2018年9月25日時点のものです。

(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ、(C)2018「食べる女」倶楽部、(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.、(C)Universal Pictures、(C)2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会、(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会、(C)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.、(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS