【黒木 華】『ビブリア古書堂の事件手帖』 映画公開記念特別インタビュー「本の持つ力」vol.1

ビブリア古書堂の事件手帖_黒木さん

主演 篠川栞子役 黒木 華(くろき・はる) さん

NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、デビュー。2014年に『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を日本人最年少で受賞。同作と15年の『母と暮せば』にて、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続で受賞。

「本」がもたらす豊かな“つながり”

シリーズ680万部を突破した国民的大ベストセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』の映画が、いよいよ公開される。全国のファン待望の完全映画化を記念し、特別インタビューをシリーズでお届けする。第1弾は主演を務めた黒木華さん。自身も「本の虫」という黒木さんは、どのような想いで主人公・篠川栞子を演じたのか。

ビブリア

 

二人の主人公が互いを補い合うような関係性

主人公・篠川栞子を演じるに当たっては、大きなプレッシャーを感じていました。原作小説の表紙には彼女のビジュアルがすでに描かれています。当然、読者の方々はそのイメージが頭にあると思うので、どこまでそのイメージに寄せていくかが難しかったです。一方で、少し伏し目がちで人と目を合わせるのが苦手なところや、本の話になるとスイッチが入り、生き生きと話し始めるところ、本を読む姿勢や朗読の声、細かなしぐさなども含めて、彼女らしさを丁寧に演じていくことを心がけていました。

ビブリア

栞子には、本に対する愛情は真っすぐで揺るぎないのに、人との関わり方は不器用という極端なところがあり、そこがまた魅力でもあると思います。もう一人の主人公・五浦大輔は本が読めないけれど、栞子から本の話を聞くのが好きな青年。ピュアで行動力があって、人に対しても真っすぐです。二人はそれぞれが生きてきた世界を見せ合うと同時に、互いの欠けているところを補い合っているようにも見える。私自身も自分の気持ちを人に伝えることが得意ではないのですが、この二人の関係性はとてもいいなと思うんです。

手にした古書を通して人と人とがつながる瞬間

ビブリア古書堂の事件手帖

大学生だった頃は古書店に足繁く通っていました。少しかび臭い古書の匂いも好きですし、紙がヨレていたり書き込みがあったり、よく読まれていたのがわかる本は興味をそそられます。大事なところに線が引かれている本もありますが、読んでいて、なぜそこに線が引かれたのかがわかった時は、会ったことのないその本の読者と自分の感じたことがつながった瞬間のような気がして、感動的です。そうした体験は、古書でなければ味わえないと思うんです。

本は、様々な人をつなげてくれるもの。本を読んで想像力が豊かになったり、知識を得たりするだけでなく、本の貸し借りや本について語り合うことで、人と人とがつながることができます。この映画でいえば、一冊の古書を巡り、今を生きている人たちと過去の人たちの想いまでもがつながっていきます。モノとして残る本だからこそ、時を超えて人をつなぐことができるところに、本の力というものを感じますね。

本作には数多くの太宰治の作品が登場します。私が一番好きな「人間失格」の他、物語の重要な鍵を握る「晩年」、「グッド・バイ」など。太宰以外にもたくさんの名著が様々な形で出てくるので、そうしたところも楽しんでもらえるとうれしいです。

(広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア

STORY:夏目漱石のサイン本と、太宰治の希少本。50年の時を超えて、2冊を結ぶ禁断の秘密とは――?その謎が解き明かされるとき、本がつなぐ真実の愛に心揺さぶられる。

鎌倉の片隅に佇む古書店「ビブリア古書堂」。五浦大輔(野村周平)は、亡き祖母の遺品である夏目漱石の『それから』に記された著者のサインの真偽を確かめるため、店を訪れた。若き店主・篠川栞子(黒木華)は、たちどころにサインの謎を解き明かしただけでなく、この本には祖母が死ぬまで守り通したある秘密が隠されていることに気付く――。

出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
配給:20世紀フォックス映画/KADOKAWA

11.1 [THU] 全国ロードショー

]]>

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • とまと
    3.6
    ずっと前にドラマでしてたのを最初だけチラッと見た事があって雰囲気が好きだったので映画も。 古書とかそれ系の世界観がなんか落ち着くから好き。 でも笑っちゃう様な微妙な演出とか展開があって拍子抜け。 派手な演出とか展開が無い方がいい時もあるような、、、、 でも古書に色んな思いがあってそれがストーリーになるのはなんか素敵でいいなー メインの話は、夏目漱石のそれからと太宰治の晩年。 それからってホン・サンス監督のそれからのやつ!読んだ事なかったから少しだけど内容知れて良かったし、あの映画のセンスの良さを再認識させられました!! それにしても、黒木華のあの微妙に垢抜けない役作り素晴らしい!!!!
  • おやすみ世界
    3.2
    思ってたほどの事件性もなく… だいたい序盤で犯人の予想は尽くし、 ずっとおじいちゃんの気持ちが心苦しすぎるし、 何より主人公の甘々世間知らずグダグダ感に苛ついてしまった ハッキリしろ!!!笑
  • うめこ
    3
    夏帆さんがよかった
  • エスパーいとぅ
    3
    ドラマ映画。 原作もドラマ版も未読・未視聴。 タイトルだけ聞いたことがあったのでなんとなく鑑賞。 全体的に雰囲気は悪くない。 ただイマイチ登場人物に魅力がないかな。 自分が本をあまり読まない人間だからか、彼らの気持ちがあまり理解できなかった。 東出くんがいろんな意味でハマリ役すぎて集中できなかったのも敗因(苦笑) ゆったりとした感じは嫌いじゃないので、流し見するのに丁度良い作品かと思います。
  • 山本与加
    3
    東出がかっこいいと耳にしたから見た! 東出と夏帆の時色が変わって東出の衣装といいスタイルといい最高!!!が止まらない 野村周平は湘南育ちだよね??って思うぐらい地元感出てるけど兵庫県出身てまじ?湘南感滲み出ちゃってるけど? チャリで鎌倉走ってる感じとかフォルクスワーゲン乗っちゃう感じとか、素潜りの感じとか?? 何で海の方に逃げたwwって感じでバカじゃんwwwってなったけど まぁ映画だしね!ってことです細かいことは気にせず 事件が始まった瞬間犯人容易に想像できるのおもろい。もはや事件の話聞く前に怪しいってなる感じおもろい 画がいいから見れた 鎌倉の景色がいいところに行きたくなった
ビブリア古書堂の事件手帖
のレビュー(3694件)