映画ファンに人気の周防正行監督おすすめ映画10選!

life is like a movie

KAWATA

国内外で人気を博す周防正行監督のキャリアと代表作10作品を紹介。『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『舞妓はレディ』などなど

エンタメ系から社会派映画まで幅広い作品を制作し、国内だけでなく海外からも人気の高い周防正行監督。

成田凌の映画初主演となる最新作『カツベン!(仮)』(2019年12月公開)は早くも話題。10月29日に誕生日を迎える周防正行監督のキャリアや代表作について紹介します。

いつしか映画監督を志すようになった野球少年

1956年10月29日東京生まれ。少年時代は野球に明け暮れるが、怪我をして野球の道を断念。その頃から映画を観るようになり、映画好きに。その後、立教大学在学時に参加した映画評論家・蓮見重彦氏の講義に感銘を受け、監督業を志すようになります。

どうにかして映画業界で働きたい周防青年は、好きな映画監督行きつけの飲み屋へ行き、監督本人に直談判して助監督として働き始めます。以後、高橋伴明監督、若松孝二監督、井筒和幸監督らの助監督を経験し、1984年にピンク映画『変態家族 兄貴の嫁さん』で監督デビューを果たしました。

『変態家族 兄貴の嫁さん』(1984年)

変態家族 兄貴の嫁さん_httpsfilmarks.commovies54241

才能の片鱗が見られるデビュー作

周防監督の監督デビュー作。敬愛する小津安二郎監督の『晩春』をオマージュした作品と言われており、ローアングルのカメラワークと平坦な台詞まわしを模しているなど、小津作品の特徴が至る所に見られ、小津映画を知っている人にとっては興味深い作品。

その後の周防監督作品からすると、デビュー作が成人映画というのはやや意外ですが、公開当時は評論家からも高い支持を得ており、その才能の片鱗を垣間見られる記念すべき作品です。

『ファンシイ ダンス』(1989年)

ファンシイダンス_httpsfilmarks.commovies6158

元パンク青年のお寺修行をコミカルに描く

岡野玲子の漫画「ファンシイ ダンス」を原作とした映画で、パンクロックをやっていた寺の跡取り息子が、実家を継ぐために寺修行を始めるドタバタコメディ。

坊主頭が凛々しい本木雅弘の姿と、竹中直人をはじめとする彼を取り巻く個性的なキャラクターたちが印象的な一作。お寺という厳格な雰囲気が漂う場所を舞台にコミカル劇が繰り広げられる傑作。

『シコふんじゃった。』(1992年)

シコふんじゃった_httpsfilmarks.commovies21399

弱小相撲部を描く青春群像コメディ

前作『ファンシイ ダンス』でもお目見えした本木雅弘、竹中直人らメンバーも出演の青春コメディ。ひょんなことから廃部寸前の相撲部に入ることになった大学生たち。入部当初はまったく相撲に興味のなかった彼らが、段々とのめり込んでいき、それぞれが抱える悩みや人間関係を絡めながらテンポよく描かれ、老若男女問わず楽しめる作品。

第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞、第35回ブルーリボン賞作品賞を受賞しました。

『Shall we ダンス?』(1996年)

Shall We ダンス_httpsfilmarks.commovies31010

世界がその魅力にハマった恋愛コメディ

周防監督の知名度を一気に上げた代表作ともいえる作品。変わらない日常を過ごすサラリーマンが社交ダンス教室に通い始めたことをきっかけに、生きがいを見つけていく姿を描いたハートフル・コメディ。

主演の役所広司をはじめとする魅力的なキャラクターたちを通して、人間の哀愁、可笑しさ、愛おしさを感じられる作品となっており、国内のみならずハリウッドでもリチャード・ギア主演でリメイクされて世界中で人気を博しました。

第20回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ数々の賞を総なめにし、本作が映画初出演だったヒロイン役の草刈民代は日本アカデミー賞新人俳優賞、最優秀主演女優賞などを受賞。そして本作撮影後に周防監督と結婚しました。

『がんばっていきまっしょい』(1998年)

がんばっていきまっしょい_httpsfilmarks.commovies31196

ボート部の少女たちが瑞々しく輝く青春物語

こちらは監督ではなく製作として携わった作品。1970年代の四国・松山を舞台に、ボート部の少女たちの成長を描いた青春ドラマムービーです。原作は敷村良子、監督は磯村一路、そして主演は当時サントリーの飲料「なっちゃん」のCMで人気が急上昇した田中麗奈

多感な時期の少女の心の動きを初々しく演じた姿が爽やかな且つ好印象な一作で、第22回日本アカデミー賞新人俳優賞、キネマ旬報ベストテン3位に輝きました。

『それでもボクはやってない』(2007年)

それでもボクはやってない_httpsfilmarks.commovies20573

司法制度へ一石を投じた社会派作品

過去のエンタメ作品とはうって変わって、痴漢冤罪という刑事裁判の問題点をテーマにした社会性の高い作品。物語は実際に起きた痴漢冤罪事件を題材にしており、加瀬亮演じる痴漢の疑いをかけられた青年の裁判を通して、裁判制度の矛盾や問題点が描かれています。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS