中条あやみ出演のおすすめ映画8本〈『3D彼女 リアルガール』『セトウツミ』『雪の華』など〉

2018.11.20
映画
女優・中条あやみ出演のおすすめ映画と最新公開映画を紹介。『セトウツミ』『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』『覆面系ノイズ』『3D彼女 リアルガール』『雪の華』など8作品。

モデルとしてはもちろん、女優デビュー以降多くの映画でヒロインを演じている中条あやみ。そんな彼女の出演映画をまとめて紹介しよう。

中条あやみプロフィール

中条あやみ

中条あやみは1997年2月4日大阪府大阪市生まれ。身長169cm。イギリス人の父と日本人の母をもつハーフ。

2011年に女性ファッション雑誌「セブンティーン」の専属モデルオーディションでグランプリを獲得。モデルとしての活躍を経て、TVドラマ『黒の女教師』(2012)で女優デビュー。『劇場版 零 ゼロ』(2014)で映画初主演を果たす。

ヒロインを務めた映画『セトウツミ』(2016)では、毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。雑誌、映画、ドラマ、TVCM、ミュージックビデオなど活躍の幅を広げる。

劇場版 零 ゼロ』(2014)

謎多き美少女

劇場版 零 ゼロ

人気ホラーゲーム「零」を実写映画化。山間の町にある女子高校寮を舞台に、少女たちが次々と行方不明になるという神隠しの謎に迫るサスペンス・ホラー

中条あやみは本作で映画初主演。その美貌で、生徒の間で人気を集める主人公アヤを演じた。映画レビューサービス・Filmarksでも「中条あやみの美しさに圧倒された」「中条あやみが森川葵の耳元にささやくシーンだけでも、背筋が凍るような美しさ」といった感想・レビューが寄せられている。

雑誌「セブンティーン」で同じく専属モデルを務めた森川葵が、クラスメイト役として共演している。

中条あやみ

ライチ☆光クラブ』(2016)

永遠の美を象徴するヒロイン

ライチ☆光クラブ

劇団東京グランギニョルの演劇をもとにした漫画家・古屋兎丸の同名コミックを実写映画化。工場から排出される煙と油にまみれた町を舞台に、永遠の美を求める9人の少年たちの青春と愛憎を描くダークな群像劇。

中条あやみが演じるのは、少年たちが結成した秘密クラブに囚われ、クラブの希望としてまつり上げられる美少女カノン。少年たちによる裏切りや愛憎が渦巻く退廃的な作品世界の中で、永遠の美を象徴するヒロインとして、清らかさと艶やかさを併せ持つキャラクターを演じた。

光クラブ

セトウツミ』(2016)

高校のマドンナ

セトウツミ

此元和津也の人気同名漫画を実写映画化。元サッカー部で天然キャラの瀬戸(菅田将暉)とクールなメガネ男子の内海(池松壮亮)、2人の高校生が放課後の河原でユーモラスなトークを繰り広げる青春ストーリー。

中条あやみが演じるのは、瀬戸が想いを寄せる高校のマドンナ・樫村。瀬戸に好意を抱かれる一方で、自身は内海に好意をもっているという三角関係が展開される。大阪でロケ撮影が行われ、関西弁も披露した。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(2017)

チアダンス部のメンバー

チアダン

2009年に福井の県立高校のチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした実話をベースに映画化。チアダンス初心者のメンバーがスパルタ指導のもと、パフォーマンスを磨き、チームの絆を育んでいく青春ムービー。

本作では、主人公ひかり(広瀬すず)の同級生でありチームメイトの彩乃役を務めた。約半年に渡る特訓や自主練習を経て繰り広げられるダンスは圧巻。本作で、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。

中条あやみ

覆面系ノイズ』(2017)

高校生バンドのボーカル

覆面系ノイズ

福山リョウコ原作の人気漫画を実写映画化。幼なじみとの再会を夢見て歌うヒロインと、彼女へ思いを寄せる男子高校生たちの恋と友情を描いたラブストーリー。

中条あやみは主演のヒロイン、ニノ役を務めた。高校生バンドのボーカルとして力強い歌声を披露し、人気バンド・MAN WITH A MISSIONによる楽曲提供のもと、劇中バンド「in NO hurry to shout;」でCDデビューを果たした。

中条あやみ

3D彼女 リアルガール』(2018)

オタク男子に恋するリア充女子

3D彼女 リアルガール

那波マオの同名漫画を実写映画化。学校イチのリア充美少女と恋愛経験ゼロの二次元オタク男子が織り成す恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。

中条あやみはヒロインの五十嵐色葉役。派手でツンとした華やかさと透明感のあるかわいらしさ、一人のキャラクターでふたつの表情を見せた。また、主人公のオタク男子・筒井光(佐野勇斗が愛するキャラクター「魔法少女えぞみち」のコスチューム姿を披露したことでも話題になった他、本作でもダンスシーンにトライしている。

中条あやみ

ニセコイ』(2018)

金髪でケンカっ早いギャング組織の娘

ニセコイ

「週刊少年ジャンプ」で長期連載され、人気を集めた古味直志の漫画を実写映画化。極道一家の一人息子・一条楽とギャング組織の一人娘・桐崎千棘、性格も真逆で相性最悪のふたりが、親の組織同士の抗争を止めるために、偽物の恋人を強制的に演じさせられるラブコメディ。

本作では、一条楽に扮するアイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人とのW主演で、金髪・ハーフでケンカっ早い暴力的な少女・千棘を演じる。2018年12月21日に劇場公開。

雪の華』(2018)

余命一年の宣告を受けた女性

雪の華

中島美嘉の代表曲のひとつで、欧米やアジア各国でもカバーされている名曲「雪の華」をモチーフにしたラブストーリー。東京とフィンランドを舞台に、余命一年を宣告された女性・平井美雪とガラス工芸家を目指す青年・綿引悠輔の恋を描く。

中条あやみは主演の平井美雪を演じる。病弱で余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドへ行くことを夢見る。やがて悠介と出会い、彼が働く店を助けるために、100万を支援するのと引き換えに1ヶ月限定で恋人になってほしいと持ちかける。2019年2月1日に劇場公開予定。

中条あやみ

(C)2014「劇場版 零 ゼロ」製作委員会、(C)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会、(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会、(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会、(C))2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社、(C)2019 映画「雪の華」製作委員会

【あわせて読みたい】
※ なにも起きない!河原で2人の男子高生が喋るだけの放課後映画『セトウツミ』がすごい​
※ 新垣結衣のおすすめ出演映画12本<『ミックス。』『コード・ブルー』など>​
※ 世界が注目する実力派俳優・安藤サクラの出演映画22本<2008〜2018>​

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS