映画『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最新作!】

2017年公開の映画『ラ・ラ・ランド』で、当時32歳にしてアカデミー賞監督賞をはじめとする多数の賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督が、再びライアン・ゴズリングを主演に迎え製作した最新作『ファースト・マン』が、2019年2月8日(金)に公開される。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在のNASA宇宙飛行士ニール・アームストロングの、全人類の夢であり未来を切り開いた偉業と真実の姿を描き出す。

1125

すでにいくつかの映画祭に出品されている本作は、特にIMAX上映では視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声があがっており、海外の映画評論家から高い評価が集まっている。

アームストロングの息子兄弟や、原作者ジェイムズ・R・ハンセン、撮影に協力したアポロ15号の元NASA宇宙飛行士アル・ウォーデンらも、本作を大絶賛している。

1121

映画『ファースト・マン』あらすじ

1124

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。

月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

映画『ファースト・マン』キャスト

1122

ニール・アームストロング/ライアン・ゴズリング

主人公ニール・アームストロングを演じるのは、チャゼル監督の前作『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだ演技派ライアン・ゴズリング。子供向け番組「ミッキーマウス・クラブ」で子役としてキャリアをスタートさせ、『ラースと、その彼女』(07)や『ブルーバレンタイン』(10)など複数の作品でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』で、悲願の受賞を果たした。

ジャネット・アームストロング/クレア・フォイ

アームストロングを支える妻ジャネットを、イギリス女優クレア・フォイが演じる。日本ではあまり馴染みのない彼女だが、「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』で主人公・リスベットにも大抜擢された、注目の女優だ。

映画『ファースト・マン』スタッフ

監督は、前作『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼル。商業映画としては2013年の『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』に脚本家として携わる。翌年、監督・脚本を手がけた『セッション』が世界的ヒットを記録。サンダンス映画祭にて観客賞およびグランプリを獲得した。

脚本を、『スポット・ライト 世紀のスクープ』(15)でアカデミー賞脚本賞受賞、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)でゴールデングローブ賞脚本賞にノミネートされたジョシュ・シンガーが手がける。

映画『ファースト・マン』予告編

映画『ファースト・マン』原作

原作は、ニール・アームストロング公認の伝記である、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファースト・マン」。

映画『ファースト・マン』作品情報

ファースト・マン

2019年2月8日(金)公開
配給:東宝東和
公式サイト:https://firstman.jp/
(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures (C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • arno
    2.8
    確か無音を楽しむみたいな映画
  • -
    記録
  • efn
    4.2
     機械の徹底的に制御する、過酷な環境に耐えて感情を殺す、そういった飛行士としての機能が同時に他者の理解、共感を拒絶する。  飛行士は完全に密閉された室内で計器と向き合い、船が横転しようが重力が狂おうが眉一つ動かさずにレバーを動かさねばならない。しかしそれら映画的な見せ場には犠牲がつきまとう。  我が子の病死に涙を流すことはできても、家族を慰めることはできない、同僚の墜落死に苛立ちはおぼえても葬儀で涙を流すことはできない、自分の死を覚悟することはできても遺される者たちを思いやることはできない。スイッチへの視線は一致しても、人のカット同士の目配せが成立しない。超クローズの狭い画角で描写される船内描写はただの娯楽ではなく、家族や友人との断絶に変わっていく。  宇宙に行くこと、機械の一部になるとはそういうことなのだ。月面着陸をプロパガンダ以前の段階、一つの職人の人生として語り直した名作。
  • michiko
    4
    人類史上初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロング=ファースト・マンの伝記映画。 『アポロ13』の様にダイナミックで美しい映像や、生きて帰れるかの手に汗握る展開、そういったものがある訳ではない。あくまでニール・アームストロングに焦点が当てられ、彼を取り巻く仲間、妻、子供、そして心情を描く。 ファースト・マンはアメリカ・人類の英雄である前に、一人の父親であり、夫であり、娘の死に囚われた男である。 彼が月を目指す目的は、そして月で何を想うのか。 宇宙へのロマンと同時に、愛すべき者への想いを強く描き出す作品。
  • りょか
    3.6
    途中の黒人ラッパー?がホワイトオンザムーンって言ってるところがなんとなく印象的、音もいいしフロウもいい
ファースト・マン
のレビュー(26181件)