映画『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最新作!】

2017年公開の映画『ラ・ラ・ランド』で、当時32歳にしてアカデミー賞監督賞をはじめとする多数の賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督が、再びライアン・ゴズリングを主演に迎え製作した最新作『ファースト・マン』が、2019年2月8日(金)に公開される。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在のNASA宇宙飛行士ニール・アームストロングの、全人類の夢であり未来を切り開いた偉業と真実の姿を描き出す。

1125

すでにいくつかの映画祭に出品されている本作は、特にIMAX上映では視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声があがっており、海外の映画評論家から高い評価が集まっている。

アームストロングの息子兄弟や、原作者ジェイムズ・R・ハンセン、撮影に協力したアポロ15号の元NASA宇宙飛行士アル・ウォーデンらも、本作を大絶賛している。

1121

映画『ファースト・マン』あらすじ

1124

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。

月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

映画『ファースト・マン』キャスト

1122

ニール・アームストロング/ライアン・ゴズリング

主人公ニール・アームストロングを演じるのは、チャゼル監督の前作『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだ演技派ライアン・ゴズリング。子供向け番組「ミッキーマウス・クラブ」で子役としてキャリアをスタートさせ、『ラースと、その彼女』(07)や『ブルーバレンタイン』(10)など複数の作品でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』で、悲願の受賞を果たした。

ジャネット・アームストロング/クレア・フォイ

アームストロングを支える妻ジャネットを、イギリス女優クレア・フォイが演じる。日本ではあまり馴染みのない彼女だが、「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』で主人公・リスベットにも大抜擢された、注目の女優だ。

映画『ファースト・マン』スタッフ

監督は、前作『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼル。商業映画としては2013年の『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』に脚本家として携わる。翌年、監督・脚本を手がけた『セッション』が世界的ヒットを記録。サンダンス映画祭にて観客賞およびグランプリを獲得した。

脚本を、『スポット・ライト 世紀のスクープ』(15)でアカデミー賞脚本賞受賞、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)でゴールデングローブ賞脚本賞にノミネートされたジョシュ・シンガーが手がける。

映画『ファースト・マン』予告編

映画『ファースト・マン』原作

原作は、ニール・アームストロング公認の伝記である、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファースト・マン」。

映画『ファースト・マン』作品情報

ファースト・マン

2019年2月8日(金)公開
配給:東宝東和
公式サイト:https://firstman.jp/
(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures (C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Tinscow
    3.8
    宇宙飛行の技術面にアプローチしたり、所謂SF色を押し出した作品とは一線を画する。 「白人が月へ行くから」と何度も繰り返される風刺がきいた歌。 多額の税金を使って月へ行くことへの反対運動があったことも知らなかった。 当時の世間の温度感てこんな感じだったのか、そういった政治的側面も描かれていたのがまたリアリティーがある。 そして前人未到の旅を見守らなければならない家族の葛藤。自分が家族だったらと思うと、、、そんな複雑な胸中も描かれている。
  • カミングスーン
    3.9
    この作品観たときの劇場の環境が最高だった
  • 狭須があこ
    4.1
    尾田栄一郎は言いました ONEPIECE空島編は、エネルの「あの顔」を描きたくて、そこに向けて進んでいたと。 この映画は、2時間超をかけて「あのシーン」を描くための映画です デイミアンチャゼルは好きだよな。ひとつのシーンで満点を叩き出すために、ほかの全てのシーンを使うことが 淡々と進む宇宙旅行の準備。 最低限のロマンに、現実的な絶望。 ジェットコースターさえ無理な人間にとっては、悪夢みたいな訓練風景です。 この丸いヘルメットの中でゲロ吐いたらどうなるん? 「なんで、行くの?」の欲しい答えは、私たちにはくれません。 だってどうせ聞いてもわかんないし、だから私じゃなくて彼らが行っているんだもんな ほとんどを表に出さない冷静なゴズリングの表情に、ロマンなんて一言では片付けられないロマンの存在を感じた。きゅ~ってなりました。 わーわー喚いたり、キャーキャー悲鳴あげたりをしないんだもの。 彼ら宇宙飛行士には、感情移入ができない描きかたのほうが「リアルだ~」と感じます。 上手な映画でした。 しかし劇場で見てたら泣いてた。 宇宙飛行士は素晴らしいけど、私は宇宙に絶対行きたくないからな。 怖がり野郎は、おうちで見るのが正解です!!
  • ほだ
    4.6
    昨日鑑賞のアポロ11に続けて鑑賞。アポロ11は発射から帰還までの様子を詳細に描いていたが、本作はそのバックグラウンドを描いた作品。本作とアポロ11を両方観るとそれぞれが更に深みを増す。 本作の主人公はアポロ11号のアームストロング船長。彼が1961年にNASAに入りパイロットとしての様々な経験を描いている。ジェミニ8号も船長として乗り込んだが、帰還時に大きなトラブルに見舞われあわやというシーンはかなり緊張した。 また、アポロ11号が飛ぶまでには何度も実験飛行が繰り返されているが、やはり失敗は避けられないもので複数名のパイロットが犠牲になっている。その状況から議会や国民から、人命尊重すべき、税金の無駄遣いといったことで反対する世論も多くなってきたそう。皆んなが手放しで月面旅行を応援してた訳じゃなかったんだね。 アポロ11号の旅立ちの前夜、奥様が子供達にしっかりと自分の口で説明して、帰ってこれないかもしれないことを伝えてって言ったシーン、そして話が終わったら息子が握手を求めたシーンは感動的。宇宙飛行士としてではなく、父であり夫である人間模様も垣間見えた。死と隣り合わせ、本人も家族も尋常な気持ちではいられなかっただろう。 1969年に初めて人類が月面に着陸したという史実しか知らなかったが、この作品を通じてより深く理解できた。
  • はむたろう
    4.3
    立花隆『宇宙からの帰還』を読んでから観たらとても面白かった。 テレワーク中に宇宙に取り込まれてしまいそうだ。
ファースト・マン
のレビュー(24490件)