映画『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最新作!】

2017年公開の映画『ラ・ラ・ランド』で、当時32歳にしてアカデミー賞監督賞をはじめとする多数の賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督が、再びライアン・ゴズリングを主演に迎え製作した最新作『ファースト・マン』が、2019年2月8日(金)に公開される。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在のNASA宇宙飛行士ニール・アームストロングの、全人類の夢であり未来を切り開いた偉業と真実の姿を描き出す。

1125

すでにいくつかの映画祭に出品されている本作は、特にIMAX上映では視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声があがっており、海外の映画評論家から高い評価が集まっている。

アームストロングの息子兄弟や、原作者ジェイムズ・R・ハンセン、撮影に協力したアポロ15号の元NASA宇宙飛行士アル・ウォーデンらも、本作を大絶賛している。

1121

映画『ファースト・マン』あらすじ

1124

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。

月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

映画『ファースト・マン』キャスト

1122

ニール・アームストロング/ライアン・ゴズリング

主人公ニール・アームストロングを演じるのは、チャゼル監督の前作『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだ演技派ライアン・ゴズリング。子供向け番組「ミッキーマウス・クラブ」で子役としてキャリアをスタートさせ、『ラースと、その彼女』(07)や『ブルーバレンタイン』(10)など複数の作品でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』で、悲願の受賞を果たした。

ジャネット・アームストロング/クレア・フォイ

アームストロングを支える妻ジャネットを、イギリス女優クレア・フォイが演じる。日本ではあまり馴染みのない彼女だが、「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』で主人公・リスベットにも大抜擢された、注目の女優だ。

映画『ファースト・マン』スタッフ

監督は、前作『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼル。商業映画としては2013年の『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』に脚本家として携わる。翌年、監督・脚本を手がけた『セッション』が世界的ヒットを記録。サンダンス映画祭にて観客賞およびグランプリを獲得した。

脚本を、『スポット・ライト 世紀のスクープ』(15)でアカデミー賞脚本賞受賞、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)でゴールデングローブ賞脚本賞にノミネートされたジョシュ・シンガーが手がける。

映画『ファースト・マン』予告編

映画『ファースト・マン』原作

原作は、ニール・アームストロング公認の伝記である、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファースト・マン」。

映画『ファースト・マン』作品情報

ファースト・マン

2019年2月8日(金)公開
配給:東宝東和
公式サイト:https://firstman.jp/
(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures (C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ちゅんだか
    3.5
    万人受けはしないだろうな
  • ayapan
    4.5
    イヤホンでiPhone鑑賞。繊細な音も拾えたのでそれはそれでよかったのだけど、やはりこれは映画館で観るべき映画だった。音の緩急が凄い。 ニール・アームストロングという一人の宇宙飛行士の苦悩を描いた作品。 ラ・ラ・ランドのデイミアンチャゼル監督。 終始暗めの画面に、孤独でストイックで口数少なめの主人公。 日本語字幕の監修を毛利衛さんが担当されてるとか。 事前にwikiでニール・アームストロングの情報を読んでから観ました。(あまりにも無知なため・・・) ぞっとする宇宙の静寂。音楽も素晴らしい。 2001年宇宙の旅っぽい音楽とか、切ない旋律の曲とか、静かな画面とそれに合う音楽に心打たれる。 船内での激しい揺れや、船体の軋む音、点火で爆音かと思えば、大気圏を抜けた瞬間の静寂、宇宙服内側の呼吸音と、緊迫感、臨場感溢れる音がとても計算されてる! 船体は内部からのカメラワークになり、宇宙服越しのライアン・ゴズリングの瞳が印象的。 ライアンの常に孤独な感じの演技がまたいいんだよなぁ。 記者会見の時も、宇宙に持っていく物を質問され「少しでも多くの燃料」と答えるストイックさ。ニールよ、なんて素敵なんだ。 宇宙船に乗り込む時は、二度と帰れないかもしれないという、戦場に送り出される兵士を見ているようだった。 宇宙飛行士とは死と隣り合わせの職業なのだ。 アポロ11号に乗り込むシーンは、人類初の月面着陸という、浮足立った世間の感情とは違う、死の世界に向かうような気配が印象的だった。 いきなり太鼓ポコポコリズムの♪ホワイティオンザムーン(白人は月へ)のシーン、貧困目線が入ることで、仲間たちの犠牲以外にも、さらにこういった沢山の犠牲のもと行われる計画なんだと気づかされる。 神話や宗教では、月は死者の国、死の象徴とされるような事がある。 科学的な知識や考えを持っていそうなニールでも、娘の死を受け入れるために、月という死者の国に想いを馳せているのがたまらなく切ない。 多くを語らないニールだからこそ、月にカレンと名前の入ったブレスレットを葬るシーンから、ニールの娘への想いが伝わってきた。 ラストシーン、ガラス越しのニールからのキスがたまらない。 デイミアン・チャゼル作品、ラ・ラ・ランドよりこっちのが私は好みです。
  • Shimogai
    3.6
    人類初の月面着陸の偉業を描いた作品。ドキュメンタリーっぽく淡々と進む感じでエンタメ性は薄いが、コックピットからの主人公目線の映像はそれなりに迫力あった。
  • キー
    4
    激しい感じはないけど、淡々と引き込まれる 昔の宇宙計画の映画もあまりないから逆に新鮮な感じ
  • まっつ
    3.5
    探究心に勝るものなし。
ファースト・マン
のレビュー(25043件)