映画ファンに人気のおすすめ恋愛映画15本【洋画編】〈『ラ・ラ・ランド』『エターナル・サンシャイン』など〉

2018.11.26
映画
映画ファンに人気のおすすめ恋愛映画【洋画編】、『アバウト・タイム 愛おしい時間について』『(500)日のサマー』『ラ・ラ・ランド』『エターナル・サンシャイン』など計15本を紹介。

話題作から名作まで! 映画ファンから評価が高いおすすめの人気恋愛映画・洋画計15作品をご紹介。

アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)

アバウトタイム

『ラブ・アクチュアリー』などを手がけたリチャード・カーティスが監督・脚本を担当。ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス出演。

主人公ティムが持つタイムトラベル能力を通じて、本当の幸せとはなんだろうと考えさせられる『アバウト・タイム 愛おしい時間について』。鑑賞後はあなたも普通の「今日」に感謝するはず。

(500)日のサマー』(2009)

500日のサマー

『アメイジング・スパイダーマン』などのマーク・ウェブ監督作。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル出演。

運命の恋を信じる主人公トムと、全く信じないサマー。恋愛観が全く違う二人が恋に落ちた500日を描いた甘酸っぱくキュートでリアルな作品。

ラ・ラ・ランド』(2016)

ララランド

第89回アカデミー賞で、監督賞をはじめ6冠に輝いた作品。『セッション』などのデイミアン・チャゼル監督作。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン出演。

女優志望のミアとミュージシャンを目指すセバスチャンは、ロサンゼルスで互いに夢を追いかけている。二人は恋に落ち、結ばれるが徐々にすれ違いが続き……。夢を取るか恋愛を取るかの二択に迫られていく。

きみに読む物語』(2004)

君の読む物語

ニック・カサヴェテス監督の代表作。ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス出演。

青年ノアは夏休みの別荘先で出会ったアリーと恋に落ちる。大学生になっても手紙のやりとりをし続ける二人だったが、ノアは始まった戦争に行くことになる。別の男性と婚約したアリーは最後にノアに会いに行くが、そこで衝撃的事実が明らかになる。

ワン・デイ 23年のラブストーリー』(2011)

ワンデイ

『17歳の肖像』などのロネ・シェルフィグ監督作。アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス出演。

まっすぐなエマと遊び人のデクスターが出会った7月15日を起点に、23年間にわたる男女の恋と友情を描く。すれ違い続けた二人の関係が徐々に変化していく、切なくも愛おしいラブストーリー。

あと1センチの恋』(2014)

あと1センチの恋

クリスチャン・ディター監督作。リリー・コリンズ、サム・クラフリン出演。

幼馴染のロージーとアレックスはお互いに惹かれ合うが、なかなか想いを伝えられず友達以上、恋人未満の関係。大学進学を機に二人で渡米しようとするも、直前にロージーが行けなくなってしまう。そこから何度もチャンスは回ってくるが、なかなか恋人同士になれないもどかしい恋を描く。

マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007)

マイブルーベリーナイト

ウォン・カーウァイ監督の代表作。ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ出演。

失恋したエリザベスは、偶然入ったカフェのオーナー・ジェレミーに慰められるも、別れた恋人を忘れられず旅に出る。向かう先々で様々な出来事を乗り越えて行きながら失恋の傷を癒すが、心にあるのはジェレミーのことだった。

セレステ∞ジェシー』(2012)

セレステジェシー

『アデライン、100年目の恋』などのリー・トランド・クリーガー監督作。脚本・主演はラシダ・ジョーンズ、アンディ・サムバーグが共演。

仲良し夫婦のセレステとジェシー。会社を経営する妻・セレステは、アーティストを目指すが芽が出ない夫・ジェシーに永遠に親友でいられるようにと離婚を提案し、別れることに。離婚したあとも親友関係を楽しんでいたが、ある日ジェシーから一晩を共にした相手と再婚したいと打ち明けられる……。

エターナル・サンシャイン』(2004)

エターナルサンシャイン

ミシェル・ゴンドリー監督作。チャーリー・カウフマンが手がけた脚本は第77回アカデミー賞脚本賞を受賞。ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット出演。

ジョエルとクレメンタインは恋人同士だったが、ある日喧嘩をしてしまい、別れてしまう。クレメンタインとヨリを戻そうと会いに行くジョエルだったが、彼女が記憶除去手術を受け、自分を忘れていることに気づく。自分もその手術で記憶を消そうと試みるが……。

アデル、ブルーは熱い色』(2013)

アデル、

アブデラティフ・ケシシュ監督作。本作は2013年カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞。レア・セドゥ、アデル・エグザルホプロス出演。

偶然に道ですれ違った青い髪の女性・エマに惹かれて恋に落ちる女性アデル。二人は順調に愛を育んでいたが、友人たちを招いたパーティーで態度が変わったエマに動揺したアデルがとった行動とは……。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』(1995)

ビフォアサンライズ

『6才のボクが、大人になるまで。』などのリチャード・リンクレイター監督作。1995年ベルリン国際映画祭で、銀熊賞と最優秀監督賞を受賞。イーサン・ホーク、ジェリー・デルビー出演。

ヨーロッパを走る長距離列車で偶然出会ったセリーヌとジェシー。二人の行き先はまるで反対方向というのを知っていながらも、話をしていくうちにどんどん惹かれ合う。タイトルの「夜明け前」までの甘い時間と、朝が来ればお互いの生活に戻る切なさが描かれる。

はじまりのうた』(2013)

はじまりのうた

『シング・ストリート 未来へのうた』などのジョン・カーニー監督作。キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ出演。

音楽活動をするために、イギリスから恋人と共にニューヨークに渡ってきた主人公のクレタ。しかし、先に有名になった彼氏に浮気され、曲も作れない日々。そんな中、友人の誘いでバーのステージに立つことになる。偶然見かけた落ちこぼれの音楽プロデューサー・ダンから、一緒にアルバムを作ろうと誘われるが……。

そんな彼なら捨てちゃえば?』(2009)

そんな彼なら捨てちゃえば?

ケン・クワピス監督作。キャストにはドリュー・バリモア、ベン・アフレック、ブラッドリー・クーパー、スカーレット・ヨハンソンなど豪華な面々が揃う。

運命の相手に出会えないジジ、同棲7年目の彼氏がいるにも関わらず結婚できないベス、平穏な結婚生活を送っていたはずが夫の浮気が発覚したジャニーン。3人の女性がダメ男たちとどう決別するか、それぞれが女性としての幸せを見つけていく方法をコメディタッチで描く。

ラブ・アゲイン』(2011)

ラブアゲイン

監督は、グレン・フィカーラとジョン・レクアがタッグを組んで担当。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーンらが出演。

妻のエミリーから浮気していると告げられたキャリー。ショックを受けて向かったバーで出会ったのは、毎晩女を取っ替え引っ替えしているジェイコブだった。キャリーはジェイコブにアドバイスをもらいながら前に進もうとする。そんな中、ジェイコブもなかなか落とせないハンナに本気になろうとしていた。年代別に3つの恋愛模様が描かれ、やがて交差していく……。

ノッティングヒルの恋人』(1999)

ノッティングヒルの恋人

ロジャー・ミッシェル監督の代表作品。ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント出演。

ノッティングヒルで書店を営むバツイチのウィリアムの店に偶然やってきたハリウッド女優のアナ。身分の全く違う二人は徐々に惹かれ合うが、どうしても上手くいかない。チャンスはあるのに掴みきれない、そんな展開に切なさが溢れる。

【文・桃】

【あわせて読みたい】
※ 映画ファンに人気のおすすめ青春映画15本〈『ウォールフラワー』『ピンポン』など〉
※ 映画を彩る狂わせガールたち!魔性の女の魅力にハマる
※ 女子が主役の話題映画5本、原作から読み解くみどころと共通点<『寝ても覚めても』『食べる女』など>

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS