映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ・キャスト・原作情報【松尾スズキ、自身監督作“初”主演!】

「大人計画」主宰である松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が、2019年に公開されることが決定した。2018年、旗揚げから30年を迎えた大人計画。松尾スズキ自身も「松尾スズキ」として活動をスタートさせてから30年目という節目に、自身が手がける作品では“初”の主演を飾る。

1127

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ

“108”それは、煩悩の数―。もとい、ある男が妻への復讐として、全財産を使って抱く女の数である。名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をFacebookの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考える海馬であったが、財産分与で資産の半分を慰謝料で支払わなければならないことを知り大激怒。“不貞”の妻に慰謝料で支払わなければならない1,000万円を、自分の“不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻のFacebookの浮気投稿についた、108もの“いいね!” に湧き上がる猛烈な怒り。その数を目標に女を買いまくる、肉慾(よく)全開、前代未聞の復讐劇が幕を開ける―。

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト

海馬五郎/松尾スズキ

1962年、福岡県生まれ。1988年、舞台「絶妙な関係」で「大人計画」を旗揚げ。以降、主宰として数多くの作品の作・演出をつとめる。1997年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で、第41回岸田國士戯曲賞受賞。2001年「キレイ―神様と待ち合わせした女―」でゴールデン・アロー賞演劇賞を受賞した。2004年には『恋の門』で映画監督デビューし、第61回ヴェネツィア国際映画祭に出品された。2008年には『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。小説では、2006年「クワイエットルームにようこそ」、2010年「老人賭博」、2018年「もう『はい』としか言えない」の三作で芥川賞にノミネートされている。

松尾スズキコメント

ウディ・アレンが、メル・ブルックスが、ベン・スティラーが、そうであるように、コメディの世界に生きるものの一つの到達点として、監督主演映画が撮りたかった。30年、笑いと戦い続けた自称喜劇人松尾スズキが「愛とエロス」のカオスの中でのたうちまわる様をご笑納ください!

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』原作情報

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』作品情報

2019年秋公開
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • かぶき
    3
    台詞も演出も面白い オチは途中から見えてしまい少し惜しい。
  • のすけ
    3.4
    んーなんだろうこの感じ。 面白いは面白い。 中山美穂、最後は素敵な奥さんだったのが救い。
  • Taka
    2.2
    くだらはかったよ。 期待してたのに残念
  • かまぼこ権八郎
    4
    松尾スズキ監督、脚本、主演の作品だからこそ味わえる場面や台詞ばかり。 奥さんの行動やリアクションなど疑問に思う箇所もあるにはあったけど、コメディとして存分に笑わせてもらえた。 どんな観察眼をもって、どれだけの経験を積んだらこんな面白いことを思いつくのか。 「クワイエットルームにようこそ」を観ていても同様だったのだけれど、「お仕事」と「作品づくり」を同時に成立させることに対する拘り、というか恐れのようなものを感じた。
  • vivo
    1
    色欲に苛まれる人々をやさしく可笑しむスタンスはよかったが根本的な下品さにあまり共感できなかった。鼻笑いを誘う小ネタや、なるほど感のある巧い言い回しなど、装飾は楽しかった。
108~海馬五郎の復讐と冒険~
のレビュー(1408件)