映画ファンに人気の成田凌出演のおすすめ映画11本

成田凌出演のおすすめ映画を紹介。『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』『ここは退屈迎えに来て』『キセキ あの日のソビト』『ニワトリ★スター』など11作品。

ファッション誌のモデルとしてキャリアをスタートさせ、数々の映画・ドラマで活躍する成田凌。そんな彼が出演しているおすすめ映画をまとめて紹介しよう。

成田凌 プロフィール

成田凌

成田凌は1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。身長182cm。

美容学校在学中にファッション誌「MEN’S NON-NO」のモデルオーディションに合格。2014年にドラマ『FLASHBACK』で高梨臨とのW主演で俳優デビュー。

2016年にはTVドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、注目を集める。また、同年にはアニメーション映画『ONE PIECE FILM GOLD』と『君の名は。』に声優で出演。2017年には、映画『キセキ -あの日のソビト-』にも出演した。

2019年12月公開予定の周防正行監督作『カツベン!(仮)』で映画初主演が決まった。

飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)

飛べないコトリとメリーゴーランド

読書好きな女子大生・羽田コトリ(岡野真也)が初めて異性と交際し、幸せな日々をおくるものの、やがて彼氏とのすれ違いや厳しい仕事によって現実逃避していく様子を描いたファンタジー。

姉妹ユニット・チャラン・ポ・ランタンが音楽を担当し、映画初出演したことでも話題を呼んだ。

成田凌はインターン先の出版社でコトリと出会い、告白して付き合い始める彼氏・島崎江波で出演。インターンが終わると、木彫り職人を目指して京都へ。2人は遠距離恋愛をすることになる。

成田凌

L エル』(2016)

成田凌

ロックアーティスト「Acid Black Cherry」が2015年にリリースしたコンセプトアルバム「L エル」を広瀬アリス主演で映画化。愛を探し求める女性エルの物語を描く。

成田凌が演じたのは、エルと愛を交わしたパン屋の主人。セリフは多くないキャラクターながらも、パン作りのシーンや子どもたちと触れ合うシーンなどで、印象深い演技を見せた。

成田凌

キセキ あの日のソビト』(2017)

キセキ あの日のソビト

音楽グループ「GReeeeN」の結成と代表曲「キセキ」の誕生秘話を題材に、メンバーが家族や仲間と衝突を経験しながらも、音楽と夢を志して突き進む姿を描く青春ストーリー。

成田凌が演じるのは、主人公たちと結成するグループ「グリーンボーイズ」のメンバーのひとり、クニ。元DJでノリは軽いが周囲に気を配るタイプのキャラクター。

ボイストレーニングを積み、歌い方や動きを研究して撮影に臨み、劇中で歌声を披露。さらに、グリーンボーイズとしてCDデビューを果たし、音楽番組や「GReeeeN」のライブにも出演した。

キセキ あの日のソビト

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』(2017)

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS