映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじ・キャスト・予告編【待望のシリーズ最新作】

大人気アメコミヒーロー映画「X-MEN」シリーズの最新作となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』が、2019年6月21日に日本公開される。

X-MEN:ダーク・フェニックス

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじ

特殊能力を持つミュータントたちで結成されたX-MENは、人類と共存し平和を守っていた。ある日、X-MEN最強メンバーのジーン・グレイは、NASA乗組員救出の宇宙ミッション中の事故によって謎の熱放射を浴びてしまい、心の闇に潜んでいた彼女のもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を覚醒させてしまう。

X-MEN:ダーク・フェニックス

強大なパワーを暴走させる彼女を救おうと手をさしのべる仲間。しかし、制御不能の力は思いがけない悲劇を引き起こす。そこへジーンのパワーを利用しようと謎の女が近づいてくる。地上の全生命体を滅ぼしかねない<最大の脅威>となった”ダーク・フェニックス”に、X-MENが立ち向かう術はあるのか―。

X-MEN:ダーク・フェニックス

X-MEN:ダーク・フェニックス

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト

ジーン・グレイ(ダーク・フェニックス)/ソフィー・ターナー

X-MEN:ダーク・フェニックス

テレパシーとテレキネシスを操るミュータント

2011年、日本でも大人気のドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ・スターク役で女優デビューを果たす。「X-MEN」シリーズには、前作『X-MEN:アポカリプス』(16)より出演。

プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)/ジェームズ・マカヴォイ

地上最強のテレパスであり「恵まれし子らの学園」とX-MENの創設者

ロイヤル・スコティッシュ・アカデミーで演技を学んだのち、1995年の映画『The Near Room(原題)』でスクリーンデビューを飾る。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』で、世界的に知名度を上げた。主な出演作に『ラストキング・オブ・スコットランド』(06)、「X-MEN」シリーズ(11、16)、『スプリット』(17)ほか多数。

マグニートー(エリック・レーンシャー)/マイケル・ファスベンダー

磁力を操るミュータント

2001年のドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』で注目を浴びる。2011年の映画『SHAME シェイム』で第68回ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞。主な出演作に『プロメテウス』(12)、『それでも夜は明ける』(13)、『光をくれた人』(16)などがある。

ミスティーク(レイブン・ダークホルム)/ジェニファー・ローレンス

他人に変身することができるミュータント

2008年、テレビ映画『あの日、欲望の大地で』での演技が高く評価され、第65回ヴェネツィア国際映画祭で新人賞を受賞した。2010年の主演映画『ウィンターズ・ボーン』では、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。2012年には『世界にひとつのプレイブック』で第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞した。主な出演作に「ハンガー・ゲーム」シリーズ(12、13、14、15)、『JOY』(15)、『パッセンジャー』(17)など。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』監督

サイモン・キンバーグ

脚本家として『Mr.&Mrs. スミス』(05)、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(06)、『シャーロック・ホームズ』(09)などを手がける。本作『X-MEN:ダーク・フェニックス』が自身初監督作となる。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』予告編

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』作品情報

X-MEN:ダーク・フェニックス

2019年6月21日より全国公開
監督・脚本:サイモン・キンバーグ
配給:20世紀フォックス映画
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/index.html
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • B
    3.7
    初めてX-MEN観たけど良かった。 キャストも豪華。
  • YY
    3.2
    近年のX-Menに誰も期待してないだろうから、その期待値からしたらまあ良かったんじゃないでしょうか。 アクションシーンはこの世界線のX-Men史上最高だったと思う。めちゃくちゃかっこよかった。
  • yoshi99
    3.8
    すごい低評価多いから期待してなかっただけに、割と楽しめた。 CG、アクションシーンは迫力あって面白かった。 ただ、脚本が悪いのかな〜 キャラ設定で唯一、今までのチャールズどこいった?って感じで残念だった。 また、ころころと感情に左右されすぎてまとまりないX-menチーム。笑 シリーズ全て通して見て、マグニートーが1番好きなキャラです。 これがシリーズ最後ってのが寂しい。
  • とし
    3.7
    リブート版の映画シリーズの方が好きだったんだけど、今回はシリーズ終結にしてはあまりに凡庸に感じた。 同じマーベルだけあって、宇宙を操れるぐらいの設定が『キャプテン・マーベル』を想起させるし、内部紛争が『シビル・ウォー』を想起させる。 ラストが想像の範囲内だったのでちょっとがっかりした。ウルバリンが出ないのもやはり締まらない。 時間の都合上初めて吹替で観たせいもあるのかな。 それどころじゃない状態にあるけどせっかくならブライアン・シンガー監督で観たかったな。
  • waka
    3.9
    9作目☆ やってきましたダークフェニックス! これを見たくてXメンシリーズを見てきましたがついに完結。 アポカリプスの続きで、Xメンとして世界でヒーローのような人気者になっていたミュータント達。ジーンの力のせいで仲間割れというか、いろいろあってバラバラになっちゃうけど、電車のシーンでの一致団結はXメンらしくてかっこよかったです! ジーンのキャラとキャプテンMARVELのキャラが被ってるように思いますが、、 その辺は置いといて、やっぱ最強ってかっこいいですよね。最後は仲間を守るために使うエネルギーは美しいです。 あとあの宇宙人も謎ですよね。星を破壊されたってだけの説明って雑すぎちゃいます??^^; 時系列的にウルヴァリンが登場しないのはなんでなんでしょう?? フューチャー&パストのラストシーンでは、学園にいて記憶だけが追いついていない状態だったと思いますが、それならウルヴァリンがいてもいいと思うんだけど… それに今作のラストではプロフェッサーが学園にいないということは、フューチャー&パストのラストシーンが実現不可能になりませんか? もう何でXメンってこんなに時系列複雑なんでしょう(;▽;) 頭追いつきません!! 最新映画なのでCGが凄い! Xメンシリーズ見てきてよかったと思いました!
X-MEN:ダーク・フェニックス
のレビュー(15674件)