【発表】2023年地上波放送の夏ドラマ初回満足度ランキングを大発表!1位は『VIVANT』

海外ドラマなら任せろ!

POISON

2023年6月1日〜7月31日までの間に、国内で放送された地上波ドラマを対象に、「地上波放送の夏ドラマ初回満足度ランキングTOP10」を大発表! 気になるランキングの詳細は......?

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」内のデータに基づき、「2023年地上波放送の夏ドラマ 初回満足度ランキング」を大発表! 2023年6月1日から2023年7月31日までの間に放送開始される国内ドラマを対象に、初回放送日から3日後までのFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)と、レビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順にランキングを算出しました。

本記事で、詳しいランキングの内容をチェック!

10位『18/40 ~ふたりなら夢も恋も~』(2023)

【Mark!数】138【★スコア】3.41[2023年7月11日公開]

福原遥×深田恭子W主演の完全オリジナルストーリー。夢に向かって奮闘する18歳の妊婦・仲川有栖(福原)と、もうすぐアラフォーで恋は後回しにしてきたアートスペシャリスト・成瀬瞳子(深田)の2人の女性が、ひょんな出会いから歳の差を超えたシスターフッド(女性の絆)を築きあげ、それぞれワケありな男子と恋に落ちていく姿を描き出す。

9位『初恋、ざらり』(2023)

【Mark!数】57【★スコア】3.45[2023年7月7日公開]

漫画家・ざくざくろによる同名タイトルの人気コミックを原作に、小野花梨×風間俊介がW主演を務めた不器用で愛おしい恋物語。軽度知的障害と自閉症を持つ主人公・上戸有紗(小野)は、自分に対して強い劣等感を抱いている。そんな彼女はアルバイト先の先輩・岡村龍二(風間)と出会い、彼の優しさに触れていくうちに恋をするが、ふたりの前には様々な壁が立ちはだかる。“普通”の難しさに真正面から向き合い、ぶつかっていく姿を描き出す。

8位『CODE ー願いの代償ー』(2023)

【Mark!数】128【★スコア】3.51[2023年7月2日公開]

台湾で大ヒットを記録したドラマ「浮士德遊戲(英題:CODE)」シリーズを原作に、主演・坂口健太郎×共演・染谷将太で紡ぐ、ノンストップ・クライム・サスペンス。“どんな願いも叶える”という謎めいたアプリ「CODE」を巡って、主人公の刑事・二宮奏人(坂口)が、不審な事故に巻き込まれて亡くなった婚約者の死の真相と、アプリの背後に隠された陰謀に迫っていく姿をスリリングに描く。

7位『こっち向いてよ向井くん』(2023)

【Mark!数】206【★スコア】3.55[2023年7月12日公開]

漫画家・ねむようこによる同名作を原作に、赤楚衛二が主演を務めた「恋の仕方忘れちゃってる男子」の物語。都内のTシャツメーカーで働く33歳の会社員・向井悟(赤楚)は、見た目も性格も良く、先輩・後輩からも好かれ、仕事もデキるいい男。しかし気がつけば、10年間彼女がおらず、恋をしていない。そんな恋愛迷子の向井くんが、新たな恋を始めるべく奮闘する姿を描く。

6位『トリリオンゲーム』(2023)

【Mark!数】296【★スコア】3.58[2023年7月14日公開]

稲垣理一郎&池上遼一による同名コミックスを原作に、目黒蓮(Snow Man)×佐野勇斗がW主演を務めた前代未聞のノンストップ・エンターテイメント。世界一のワガママ男・ハル(目黒)と、真面目で不器用なエンジニア・ガク(佐野)は、事業計画も企業資金もゼロの状態から起業。知恵とハッタリと、確かな技術を活かした型破りな方法で1兆ドル(トリリオンダラー)を稼ぎ、この世の全てを手に入れるべく成り上がっていく姿を描く。

5位『ウソ婚』(2023)

【Mark!数】144【★スコア】3.60[2023年7月11日]

漫画家・時名きういによる、シリーズ累計450万部突破の同名コミックを原作に、菊池風磨(Sexy Zone)×長濱ねる共演で紡ぐ、ウソから始まる甘酸っぱいラブコメディー。超絶女性にモテまくる設計事務所社長・夏目(菊池)が、家と職を同時に失ってしまった幼馴染の派遣社員・千堂八重(長濱)に、半年という期限付きの“ウソの結婚相手”のアルバイトを依頼する。ひょんなことから利害が一致した二人の幼馴染が、本当の愛を叶えるため不器用ながらも奮闘する姿を描く。

4位『彼女たちの犯罪』(2023)

【Mark!数】73【★スコア】3.61[2023年7月20日公開]

作家・横関大による同名タイトルのミステリー小説を原作に、深川麻衣×石井杏奈×前田敦子がトリプル共演を果たしたスリリングサスペンス。大手アパレル企業の広報担当・繭美(深川)、専業主婦・由香里(前田)、新人刑事・理子(石井)ら一見接点のなさそうな“彼女”たちそれぞれの人生が、とある一人の女性の失踪事件のきっかけに、思いもよらぬ方向へ進んでいく様を手に汗握る展開で描き出す。

3位『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(2023)

【Mark!数】381【★スコア】3.75[2023年7月15日公開]

日テレ系連続ドラマ初主演・松岡茉優×連続ドラマ7年ぶりの出演・芦田愛菜が共演を果たした、“新時代のサスペンス学園ドラマ”。卒業式の日、何者かによって4階から突き落とされた教師・九条里奈(松岡)は、1年前の始業式の日の教室に遡っていた。謎に満ちた真相を突き止めるべく、自分を殺害する“30人の容疑者”である生徒たちと本気で向き合っていく姿を描く。

2位『ハヤブサ消防団』(2023)

【Mark!数】245【★スコア】3.77[2023年7月13日公開]

国民的ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を原作に、稀代の才能・中村倫也が主演を務めた新機軸のミステリー。亡き父の故郷であり豊かな自然が広がる山間の集落「ハヤブサ地区」に移住することを決意した、崖っぷちミステリー作家の主人公・三馬太郎(中村)が、田舎の山深き集落で起こる連続放火や殺人といった怪事件、そして、集落の奥底でうごめく巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を描く。

1位『VIVANT』(2023)

【Mark!数】645【★スコア】3.99[2023年7月16日公開]

堺雅人×阿部寛×二階堂ふみ×松坂桃李×役所広司、日本を代表する超豪華俳優陣が作品に名を連ねた“限界突破”のアドベンチャードラマ。主人公・乃木憂助(堺)が勤める丸菱商事のエネルギー開発事業部が、架空の国家・バルカ共和国にある取引先の会社に、130億円もの契約金の誤送金をしてしまったことが発覚。放送開始まで詳細を一切明かさないことで注目を集めていた本作だが、第1話の冒頭から大金を取り戻すべく壮大な冒険を繰り広げていく乃木の姿が展開された。果たして、“VIVANT”とは? 誰が敵で誰が味方なのか? 少しずつ浮き彫りになっていく真実に、今後も目が離せない。

 

 

※記事に記載されている放送曜日、時間は地域により異なる場合があります。
※本ランキングは初回放送日から3日後までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。
※★スコアは、作品鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。
※本ランキングは、2023年7月31日時点で最終回を迎えている作品は対象外です。
※各作品の★スコアは、順位付けのため最大で小数点以下2桁まで表示しています。サービス内の正規表示は小数点以下1桁までです。
※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1メンバー1件までです。
※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。

※2023年7月31日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS