【ネタバレ解説】映画『へレディタリー/継承』“今世紀最も恐ろしいホラー”である理由を徹底考察

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

映画『ヘレディタリー/継承』をネタバレ解説。正統派ホラーの系譜、家庭崩壊というテーマ性、怖さの理由などを徹底考察。

「現代ホラーの頂点」(USA TODAY)
「史上最も恐ろしい」(The Guardian)
「新世代のエクソシスト」(Time Out)
「骨の髄まで凍りつく」(Hollywood Reporter)

メディアがこぞって絶賛し、全米を凍りつかせたホラー映画へレディタリー/継承。日本でも「悲鳴OK」の絶叫上映が開催されたものの、あまりの恐怖で観客が声を出せなかったという逸話があるほど、その怖さは折り紙つきだ。

ヘレディタリー/継承

一体この映画のナニがそんなに怖いのか?という訳で今回は、『へレディタリー/継承』についてネタバレ解説していこう。

映画を観ないでこの記事を読むと、“あなたの永遠のトラウマになる”のでくれぐれもご用心を……!

映画『へレディタリー/継承』あらすじ

グラハム家の祖母エレンが亡くなり、一家は慎ましやかな葬儀を行う。エレンの娘アニーは遺品の中から「私を憎まないで」というメモを発見し、その直後彼女の部屋でエレンの幻を見てしまう。いや、それは本当に幻だったのだろうか!?

エレンの死をきっかけにして、残された家族に次々と不思議な出来事が起き始める。次第に情緒不安定となっていくアニー。やがて想像を絶する恐怖が彼女たち家族に襲いかかる……。

ヘレディタリー 継承

※以下、映画『へレディタリー/継承』のネタバレを含みます

『回転』や『ローズマリーの赤ちゃん』の系譜を継ぐ、現代に蘇った正統派ホラー

ホラー映画の歴史は古い。一般的に“世界初のホラー映画”と言われている作品は、スコットランド女王メアリー・ステュアートの処刑を描いた『メアリー女王の処刑』(1895)とされている。

処刑執行人が斧を振り下ろして、メアリーの首を切り落とすという衝撃的な映像(もちろんトリック撮影)。人類は映画がこの世に生み落とされた時から、“恐怖”を求め続けてきたのだ。

それから100年以上を経た現在、恐怖表現は完全に“出がらし”状態。およそ考えられるホラー演出は、出し尽くされてしまった感がある。今や映画界は、『ゲット・アウト』『ドント・ブリーズ』『イット・フォローズ』など、単に怖いだけではなく、ワンアイディアをプラスして新奇性を打ち出した「新感覚ホラー」時代に突入しているのだ。

しかし『へレディタリー/継承』は、クラシックな薫り漂う正統派ホラー。奇をてらった演出は何もせず、抑揚の効いた端正な語り口で、静かに恐怖を構築していく。

ヘレディタリー 継承

これが長編デビュー作となる監督のアリ・アスターは、参考にしたホラー映画として『回転』(1961/ジャック・クレイトン監督)、『ローズマリーの赤ちゃん』(1969/ロマン・ポランスキー)、『赤い影』(1973/ニコラス・ローグ監督)を挙げている。どれも1960年〜70年代に公開された、古典ホラーの傑作ばかりだ。

例えば「真昼間にピーターが学校で昼食を取っていると、敷地の向こう側から女性が『肉体から出ていけー!』と狂ったように叫ぶ」シーンがあるが、これは明らかに「真昼間に東屋から向こう岸を眺めていると、女性らしき幽霊がこっちを見つめている」という『回転』の有名なシーンからインスパイアを受けたものだろう。

回転

「悪魔を崇拝するカルト教団によって、ある家族の運命が大きく変わっていく」というストーリーラインは、そのまま『ローズマリーの赤ちゃん』だったりする。『へレディタリー/継承』は、『回転』や『ローズマリーの赤ちゃん』の系譜を継ぐ、現代に蘇った“正統派ホラー”なのである。

アリ・アスター監督の怨念が凝縮された“家族の崩壊”

ヘレディタリー 継承

アリ・アスターは、自分の家族にある不幸が起こり、その経験を踏まえて映画の構想を練りはじめたという。それがどんな「不幸」であるかは、監督が明言していないため知る由もないが(逆に怖い……)、『へレディタリー/継承』はホラー映画であると同時に、かなりヘビーな家族崩壊映画であることは重要なポイントだ。

実際アリ・アスターは本作を撮るにあたって、「家族が崩壊する映画」のリストを作っている。最も参考にした作品が、ロバート・レッドフォード監督の『普通の人々』(1980)。水死事故で長男を亡くしたことをきっかけに家族が機能不全に陥り、崩壊していく様子をヴィヴィッドに描いた一作だ。

普通の人々

チャーリーの死をきっかけにして家族が瓦解していく『へレディタリー/継承』もまた、『普通の人々』と同じようなプロットをなぞっているのだが、その描写がハンパない!

チャーリーが電柱にぶつかって悲惨な最期を遂げるシーンを思い返してほしい。運転していたピーターは茫然自失となり、恐怖のあまりバックミラーを見ることもできない。自宅になんとかたどり着いてヨロヨロと自室に入り、まんじりともせずに朝を迎える。カメラは彼の顔のアップを捉え続け、憔悴しきった表情を克明に映し出す。やがて聞こえてくる母親の絶叫。そして、無数の虫がたかっているチャーリーの首のアップ。

アリ・アスターはピーターの内面にできるだけ観客を同一化させることで、「自分が妹を殺してしまった」という最悪な状況を、トラウマレベルで描き出している。

ヘレディタリー 継承

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS