ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年9月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • すいさい
    3.8
    父と息子が交わすeverythingの一言にお互いの愛情が詰まっている。エンディングのブコウスキーの詩の朗読は訴えるものがあった。 痛々しいほど繊細なニックを演じるティモシーも、最愛の息子を救いたい父を演じるスティーヴ・カレルもとてもよかった。 父デヴィッドはジョン・レノンの生前最後のロングインタビューを担当。ニックはNetflix「13の理由」の脚本家。
  • 少女M
    -
    過去鑑賞 麻薬撲滅委員会。
  • -
    everything
  • RyukiFurukawa
    2.8
    彼の闇がわからなかった
  • Moa
    -
    薬物中毒の息子を助けようとするお父さんの心が辛い… ニックと父親のこれまでの人生のシーンを今の中毒者になっているストーリーの間に何度も入れて、なんでニックが依存になってしまったのか動機と過程をうまく表してると思った。 目の前の幸せが見えず、現実から逃げることばかり考えて人生に意味を見出せていなかったニックが、何度も薬をやめようとしてもやめらない依存症の怖さが描かれていた。 薬物中毒で家族との関係も崩れて、助けようとしても救えない程になっていく息子を涙ながら突き放す父親の様子は、みていてとても辛いものでした。 父親としては心からやめさせたいと思って、息子に強く当たってしまうのも父親としての愛ということなのでしょうかね。 が、ティモシーの演技はやはり素晴らしい。弟と海で砂浜に寝っ転がってるシーンが1番好きだった。ニックは何も変わってないよって言ってくれたから。 あと、お家のデザインがかっこよすぎる。
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(19120件)