ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • コムサ
    2.9
    んーーー シャラメの美しさが 悲壮感が薄まってしまうのねー 映画としてはつまらないです
  • 夏りょうこ
    -
    出口の見えない悪循環。天使が悪魔になっても子供は子供。シャラメの美しさがなければ見ていられなかったかも。
  • かわ
    4.7
    "君の問題は何だい?" "僕は薬物依存だ" "それは問題の逃げ方だ。本当の問題は?"
  • でぶちん
    -
    愛情いっぱい、一生懸命子どもを育てて 成長につれて どこまで子どもを信じて、自由にやらせて。どこまで見守って、どこから口を出して。 我が子が躓いた時、 どこまでサポートして、どこから突き放すか。 子育てって難しいな、って。 もー周りも自分も悲しませないで、って思いました。 『依存症は、抱えてる問題じゃなくって逃避の方法だろ。お前の本当の問題はなんだ?』 これは覚えておきたい。
  • Marie
    3.9
    Everything、変わらない父親の真っ直ぐな愛情に心打たれる。苦しみから逃れようとした結果陥る悪循環は何よりも恐ろしい。
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(15321件)