ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.8
    薬物依存と家族をめぐる、とても苦しい記録。
  • ぞうのTシャツ
    4
    医療用🌿へもっと寛容になってもいいじゃんムーブメントもあるけど、ドラッグへの入り口になってしまっている現状を考えると難しいわなーってこの映画をみて思いました。 父ちゃんは息子のことほんとうに大好きだけど、ドラッグは許せないから「薬がしゃべってる」モードの息子が怖かったんだろうね。
  • Miu
    3
    ティモシーシャラメが美しすぎる作品。薬物が自分とは程遠い存在すぎてあまりストーリーに感情移入ができなかった。 大切に思うあまりに傷つけてしまうこともあるのではないかと感じた。
  • minami
    4
    鑑賞記録
  • m
    4
    レビューを拝見すると「親子の絆、関係」を賛美するものが多々見られるが、私はそうは思わない。 ニックがドラッグに頼ってしまったのは「家族」が重荷になっていたのだと思う。ドラッグ漬けの彼は数回にわたり今の自分を父に認めてもらいたがっている。ダメな自分も愛してほしいと。ただ、親目線からは立派に育っていた子供がダメな人間へ成り下がってるのは見ていられないし戻ってほしいと思うのだろう。でもそれすらニックには苦しかったに違いない。 家族の距離感は意外と難しい。 私なんかは家族と離れている暮らしていた方が遥かに精神が安定する。私の場合物理的なものだったけれど、ニックは父との距離が近すぎたのでは無いかと思う。親子の絆が強かったからこそドラッグが辞められた、けれどそれがドラッグを始める一因になっていたとしたら? 様々感想は出てくるが、恐らく映画の趣旨はドラッグの恐ろしさ。私が上記で話した内容は少し逸れてしまっているけれど笑 兎にも角にも、どれほど辛くてもドラッグにだけは手を染めていけないことが伝わる映画であったと思う。 ドラッグに手を出すほど追い込まれる前にどうにか心が救われる環境に身を置くしかない。
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(14005件)