ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mmk
    -
    アメリカ50代以下の死因第一位がドラックでどない ティモシーかっこいい これが実話だから激アツ お父さんの深い愛
  • Yuki
    4
    月並みだけど、薬物、こわいなー。。 何が怖いって、彼はものすごい挫折を味わったわけでも、悪の組織に脅されたわけでもなく、誰しもが通る通過儀礼の一環としてドラッグに足を踏み入れただけという。 普通に育ったいい子でも、あんなふうになることがありうるということ。 そして一度ハマってしまったらもう抜け出すのは至難の業ということ。 本人もきついと思うけど、親目線で見ると、本当にそうとうキツい。 かわいい弟たちと一緒に良いバカンスを過ごし、更生した姿を見て、今度こそと信じても裏切られる。 お父さんが最後に悟ったように、自分には子どもの人生をどうすることもできない、ってある種あきらめて手放すしかないのかもしれない。 自分が親になった時それを受け入れられるかどうか… 子どもたちには薬物の怖さを何度でも何度でも、早めに教えていくしかないんだろう。 最後今彼は8年シラフでいる、とあり、良かったなぁと思う一方、本当に?と思ってしまう怖さがあるな。
  • かにかま
    4
    ティモシーはどうしてこんなにも儚い役が似合うんだろ。
  • elliechuno
    -
    すべてをこえて愛してる everything は心に残しておきたいな
  • asa
    -
    I love you more than everything.
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(15809件)