ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.6
    「すべてをこえて愛してる」 この言葉に尽きる。 21.21
  • さちよ
    5
    #備忘録
  • 3.8
    脱走シーンNirvanaなのサイコーだった
  • sa
    4.5
    何とも救われない孤独感は、誰もが抱えているのだろう。共感することで少しは救われる気がした。 ただただ苦しんで生きている彼が、なぜか美しく見えた。
  • mmmman
    3.6
    痛いほどに 苦しいほどに 全てを投げ捨ててでも 愛おしい だからもう救うことはやめたのに。 彼の命が続いたのは、2人の魂が共鳴したから
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(14658件)