ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハレルヤ
    3.7
    薬物依存症に陥った息子と彼を助けようとする父親の絶望と希望を描いた実話ドラマ。 男前で成績優秀の優等生だったニック。誰からも好かれるようなナイスガイが、ふとした好奇心から薬物に手を出した事で全てが暗転。情緒不安定で感情抑制が不可能な状態になり、施設に入っても逃走する始末。親子関係も悪化の一途を辿ってしまいます。 そんなニックを演じるのは今の時代を代表する若手俳優の1人となったティモシー・シャラメ。彼自身が本作への出演を熱望して、劇中では文字通り体当たりの演技を見せてくれました。 回復の傾向があってもすぐにまた逆戻り。どれだけ周りが言っても自分を改められない。ドラッグに体を支配されているニックを見ていると、薬物依存の恐ろしさとそんなのが簡単に手に入るアメリカの若年層の現実を思い知らされます。 基本的にはそのニックの姿が中心に描かれていますが、その一方で父親のデヴィッドの目線からも一連の様子が描かれているのは本作の特徴。 息子の回復を手助けしようとしても何度も裏切られ、焦りと不安、そして疲労困憊。それでも息子を信じ続ける親心をスティーヴ・カレルが見事に表現。 以前の仲が良い時の2人の姿からリハビリを巡って言い争ったり、厳しく突き放したりと色んな局面がありますが、それらも全て息子を愛してるからこその事。様々な出来事があった後のラストシーンは色々と考えさせられました。 薬物依存症の恐ろしさを描いた映画で真っ先に思い浮かぶのは「レクイエム・フォー・ドリーム」。あの作品はエグいほどストレートに描いていましたが、本作はその対極的でどこか温かみのある映像に緩急もそれほど無し。 でも綺麗事は一切抜きで物語を展開しているのは同じですし、派手さが無い分出演者の迫真の演技に重きが置かれています。薬物がどれほど自分自身と大切な人との関係を壊してしまう存在なのかを痛感させてくれる一作です。
  • あやか
    3.8
    初ティモシー・シャラメでした。 " everything" "すべて" みんな書いてるけど感じることは一緒だねえ。愛が詰まった映画でした。 重たいよ〜重たい〜
  • Minami
    3.7
    途中で流れるシガーロスが良かった。 何においても依存はこわい。 ティモシー細過ぎ。 子どもがいちばん冷静だった。
  • こっこちゃん
    3.8
    実話だそうだ。 無邪気な二人の幼い子とニックの幼い頃の姿が重なりあう。二つの家族を持っていると大変だな。壁からニックの写真を外すシーンはつらくて見てられない。 更生するのは、本当に大変なことだと思わせるラストだった。
  • halu
    4.3
    一人ひとりの行動や涙に何回も涙腺崩壊した。苦しいけど、温かい。素敵な映画だと思う。 ドラッグってほんとに怖いな…
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(14156件)