ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うさまむ
    3.5
    たしかにビューティフルボーイではあるけれども 薬物怖い
  • Makiko
    4
    お父さんの胸の内。心が痛かったな。こういう思いをしている家族が本当に居て、そういう人の救いになればいいな。私的には、お兄ちゃんが居ないと寂しがる弟くんに何故かグッときたんだな。
  • 01
    -
    重いテーマだったけど、一つ一つの場面に愛を感じる映画だった。親子間の会話で「愛してる」なんて日本じゃ絶対言わないよね。父ディヴィットがI can’t help youて言った時、本当に愛のムチというか愛を感じた。大丈夫か?て聞かれるうちはまだ幸せなことで、助けてって言っても助けようがないって突き放されるのが1番怖いよね。
  • Li
    3.7
    ティモシーの顔良すぎ アマゾンオリジナル2本目だけどいい役者使ってんのに映画としての面白さがあと一歩って感じだな、、勉強にはなるけど…やっぱりネトフリが強い
  • ぽこさん
    3.3
    シーンがころころ変わるので初めは物語がはいって来づらかったけど、愛の話だと気付いてからは親戚のような気持ちで見てしまいました 薬物に関してまったく親近感がないので想像しかできないけど、完全にやめるのは途方もない精神力が必要なんだろうな… 映像がとても美しくてよかった
ビューティフル・ボーイ
のレビュー(13602件)