『スケート・キッチン』ニューヨークのガールズスケーターが原宿を絶賛「So cool!」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

スケート・キッチン』だ。

スケート・キッチン

ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な少女カミーユは、スケボーに夢中。ある日、自分と同じくらい熱心にスケボーを楽しんでいる「スケート・キッチン」と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、カミーユは仲間に入れてもらうことになる。「スケート・キッチン」内で紡がれる女同士の友情、ちょっぴり悪い遊び、そして恋――カミーユは思いがけない感情と向き合うことになる。

劇中では、カミーユを演じたレイチェル・ビンベルクを筆頭に、個性豊かなガールズスケーターたちが登場する。来日したアジャニ・ラッセルカブリーナ・アダムズジュールス・ロレンゾブレン・ロレンゾの4名にインタビューを実施すると、彼女たちのリアルな声、日本のカルチャーへの興味が色濃く出た。

スケート・キッチン

――『スケート・キッチン』は造語なんですよね。どうやって生まれたんですか?

ジュールス 女の子がスケートしているYouTubeの動画に、よく男の子が「女は台所にいろ」的な感じの皮肉ったコメントをしていたの。レイチェルが批判を踏み台に、裏を返すように、「女だし、キッチンの中でも外でも何でもできる」という意味も込めて、「スケート・キッチン」とつけたの。

スケート・キッチン

――『スケート・キッチン』は体験談を基に描かれているそうですが、皆さんにとって、スケートはどういうものですか?

アジャニ 新しい友達を作ることと、自分に自信を持てるためのスケートね。

ブレン 確かに、新しい友達ができるね! ただ、人生の中でスケートだけをしているわけではないので、息抜きでもあるかな。

スケート・キッチン

ジュールス ほかの国とか、言葉が通じないところに行っても、スケートがあればすぐにコミュニケーションを取れるし、友達を作るツールのひとつでもある。あとは、危険なときにはすぐに逃げられるし、場合によっては武器になるの(笑)。

カブリーナ 自分の人生の中の、もうひとつの人生かな。私たちはスケートだけじゃなくて、いろいろクリエイティブなことをしているから、スケートがすべてではないの。そこは映画とは違うところね。普段、自分がやっていることを抜け出してスケートをしたりすると、リフレッシュになるの。

スケート・キッチン

――スケート以外には、例えばどんな顔を持っているんですか?

ジュールス 曲を書いたり、ショートフイルムのスクリプトを書いたりしている。

ブレン 私も、音楽。

スケート・キッチン

アジャニ 私はモデルもやっているし、学校にも通っているわ。あとアーティストでもあるから、いろいろなメディアを作ってかなり大きな作品を作ったりもするの。そういうのから頭をリフレッシュするためにスケートをするのは、すごく気分転換になる。

カブリーナ ダンスも好き。あとはビデオを撮ったり編集すること、今はビジネスに興味がある。

スケート・キッチン

――日本にも独自のカルチャーがありますが、皆さんの目に、今の日本はどう映りますか?

アジャニ 日本に来る前に、映像ではなく日本のアニメを観ていて、イメージを膨らませていたのね。実際、渋谷に着いて歩いているときに、アニメが現実になっている感じがしたというか……! ギャップというか、自分がアニメの世界にいるみたいに感じて、すごく面白かった!

ジュールス アニメで見たことがあるから、実際に来ると「あ、見たことがある」という感覚になるんだけど、「本当にここに今、私がいるんだ」という不思議な感じになるよね。

スケート・キッチン

――どんなアニメを観ていたんですか?

アジャニ 「ONE PIECE」、「HUNTER×HUNTER」も観たわ。クールよね。

スケート・キッチン

――今日の撮影場所は原宿ですが、原宿はどうですか?

全員 So cool!

ジュールス ショッピング、大好き! 原宿で買い物するの、すごい好き。

ブレン ニューヨークにあるものとは違うから、格好いい。ここに来ると、日本人以外にも海外から来た外国人とも会ったりするので、すごく面白い。いろいろな人が集まって、ここで再会するのも不思議な感じ。

カブリーナ 渋谷から原宿は思った以上に近いから、スケートで移動できたら楽しそうだしね。それに直線的な建物の作りや、ビルの色が好き。看板もすごく興味深いわ。いちいちキャラクターがいたりするのが、面白いしね。

スケート・キッチン

――特に原宿や渋谷に集う日本の若い子に、『スケート・キッチン』は共感を呼ぶ作品かもしれ ません。どんなことを感じ取ってほしいですか?

アジャニ スケートをしている女の子たちにフォーカスが当たっている話だけど、スケートじゃなくても、自分がやりたいことをやるのに年齢も格好も関係ないし、やりたいことをとことんやってほしいと思う。

ジュールス そうね。自分のやりたいことをやっている人たちが少ないとしても、続けていくことによってコミュニティが増えることは、メッセージとして伝えたいわ。

スケート・キッチン

全員 ぜひ楽しんでね!(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

映画『スケート・キッチン』は渋谷シネクイントほかにて公開中。

スケート・キッチン

出演:カブリーナ・アダムズニーナ・モランジェイデン・スミス ほか
監督:
クリスタル・モーゼル
公式サイト:http://skatekitchen.jp/
(C)2017 Skate Girl Film LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kiu
    3.5
    平日昼間の渋谷で制服で歩いてるJKにぶっ刺さる映画 てな事を言うと、勝手にカテゴライズして解った気になってんじゃねぇ!っと怒られそうですが。。。 個人的には、やってる事に眉をしかめちゃいますが、「これは私たちの映画!」と思う人もいるであろう作品です。思春期のリアルな感じが生々しい。うわぁわかる~っとなること受け合い。 いわゆる日常系なので、ストーリーに解りやすい回答が出る作品ではないですが、シスターフッドの良作。
  • tkim
    3.5
    NYの空気感。スケボー始めたくなった。
  • カルダモン
    4.2
    実際にニューヨークで活動している女子のスケボーチーム『スケートキッチン』。この映画に出演しているのも本人たち。本人が本人を演じることで半ドキュメンタリーのようなドラマになっているのが面白い。なにしろ彼女たちが超がつくほど芸達者。なので危なげなく劇映画として成り立ってるんですよね。もちろんスキルは本物なので、彼女らが滑ってるシーンはどれも文句なくカッコいい。特にカミーユの内向的な雰囲気、メガネであまり笑わない彼女が街を滑走するだけで、絵になるし物語になる。 女子ならではの視点、と思いきや、抱えてる問題は男女ともにさほどの違いはなくて、誰もが10代に経験したようなアレコレを抱きしめてやりたくなります。 仲間でわいわいしてる最中にかかってくる母からの電話。おそらくティーンエイジャーの『興醒めする瞬間Top1』はコレでしょう。自分もあったよ確かに。 『行き止まりの世界に生まれて』『mid90s』の流れでなんとなく手に取った映画だったけど、同じような題材であっても違った角度で、あるいは同じテーマを並列して観ることで浮かぶ共通項が面白かった。なんだか別々の作品なのに映画に登場する彼らはどこかですれ違ってるような気がしてきます。 それぞれが違うルートを走ったり、クロスしたり、追い抜いたり追い越したり飛んだり落ちたり。おんなじようで全然違う一人一人が良い。カミーユが母親にスケボーを教えてあげるシーンが最高だった。 補足 公式ページによると、本作は、2011年よりMiu Miuが始めたプロジェクト「Miu Miu Women’s Tales」の1本として、2016年「That One Day」というタイトルで発表された短編が元になっているのだそうです。 That One Day https://youtu.be/vClaXoQA6bs
  • かい
    4.1
    私有地で滑って怒られるシーン最高
  • ゆかり
    -
    記録
スケート・キッチン
のレビュー(2082件)