最強コンビ、今石洋之☓中島かずきの最新作『プロメア』ーー「期待は裏切りません」【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

人気アニメ「天元突破グレンラガン」(07)、「キルラキル」(13)の最強コンビ、監督・今石洋之と脚本・中島かずきによる最新作『プロメア』は、構想6年を経て実現した渾身の一作。声優陣にも松山ケンイチ、早乙女太一の豪華ダブル主演をはじめ、堺雅人、古田新太など、中島かずきが座付き作家を務める劇団☆新感線の出演経験を誇る演技派俳優陣が集結した。その最強コンビに本作の制作秘話などをはじめ、ロケハンのエピソードなどを直撃。試行錯誤を繰り返した男たちが本作に込めた想いとは!?

プロメア

ーー全世界の半分が焼失した世界など、全体のアイデアが面白いですね。

中島 テレビシリーズの「キルラキル」終了後に次回作の話になり、今度は劇場でという前提の元に企画を練りはじめ、それがスタートでしたが、そこでさまざまな試行錯誤があり、最終形に至っています。

ーー最初に中島さんがアイデアを出すのですか?

今石 いえ同時です。二人で作ります。

中島 僕のほうからは劇場でやるのであれば、『ヒックとドラゴン』みたいなジュブナイルものをやりたいと言いました。しばらくは、それで進めていました。

今石 もっと少年主人公ものでしたよね? 最初は順当でした(笑)。

中島 少年の成長譚でしたね。

今石 それが早く内容に触れたいというか、主人公が主体的に状況に対応していく話にしたかったので、最初からレスキュー隊員ということに重きを置くことになりました。

プロメア

中島 何でもない少年が何者かになっていく話をやりたくて稿も重ねていったのですが、今石さんのほうから「何か違う。もっとスピード感がほしい」ということで変更を。ある種少年の成長譚って、物語の中心に飛び込むまでのセッティングが必要じゃないですか。何者でもない子どもが成長し、やがて物語の中心となりクライマックスを迎える、そのセッティングがまどろっこしかったんですね。

だとしたら、最初からレスキュー隊員で、ある程度成長した人間でなければいけないよねと。僕が考えている少年成長譚だと、映画が1時間半たったところで主人公が見得を切るというか、ある種の名乗りを上げる。そこで何者かになるわけです。でも今石さんが冒頭三分で見得を切りたいと言われたので、最初の1時間30分を切るしかないですねと(笑)。

今石 ジュブナイルやったら、たぶん3時間くらいほしくなる(笑)。

中島 結局ジュブナイルはテレビシリーズのアイデアだったのかもしれませんね。ゆっくりとやっていく時間が必要だった。

ーーいきなり見得を切りたいのは、映画だからですか?

今石 そうですね。2時間、一発で全部見せることを考えると。

プロメア

ーー炎を操る人種<バーニッシュ>のアイデアは?

中島 僕ですね。テッド・チャンの『あなたの人生の物語』を読んでいてふと、燃やすのがコミュニケーションのツールになっている生命体がいたら迷惑だよなっていうのを思いつきまして。あの短編のコミュニケーション方法が違うとなかなか理解し合えないよねっていうところに触発されたんですね。映画『メッセージ』の原作ですが。そこから炎生命体、そしてバーニッシュとアイデアを転がしていきました。

ーー実際の炎とは違いますが、何を意図していたのでしょうか?

今石 あまりリアルすぎないようにはしました。炎ではあるけれども、現実のものとは違う特殊な炎として描いている。リアルにしすぎると、それはそれでアニメとしてもいばらの道で。たぶん実写であれば本物の消防車を出したりできるけれど、アニメで本物の消防車を出すと描き込まないといけない。細かく描かなければいけないので、手間が増えますよね。ちょっと誇張した世界は、アニメのほうが描きやすい。それは意識しましたが、ニューヨークの消防署にロケハンに行ったりはしました。

プロメア

ーーロケハンではインタビューを?

中島 装備を見せてもらったんでしょう(笑)?

今石 そうですね(笑)。見学させてもらって、実際に放水をさせてもらったり。

中島 向こうは破壊消防とでも言うのか、救出のための破壊などの重機がたくさんあるんですよね。その点はアクティブで映画的なところがある。

今石 すごくわくわくする部分でもありますよね。何でもブッ壊せるみたいな機械が大量にあって、ひしゃげた車をこじ開けるための万力の逆みたいな機械もあった。木が一瞬で潰れるものとか。

中島 あちらは昔から石造りでしょうから、救助も大変でしょうね。

今石 現地の消防署の人は全員マッチョなんですよね。当たり前なんですけど、確かになあと。

プロメア

ーー最後に作品を楽しみにしている方々へメッセージをお願いします。

今石 テレビアニメが長かったので、そういう意味では純正のオリジナルの単発長編映画をやったことは初めてです。映画の世界に対しては、そこはけっこう意識して作っていたので、いままで僕たちの作品を意識していた人たちもそうじゃない人たちも楽しめるように作っているつもりです。アニメなどと深く考えずに、アクション映画を観に行くつもりで観てもらえるといいかなと思います。

プロメア

中島 いわゆるハリウッドのエンタメ的なわかりやすいものを目指してはいたので、2時間ノンストップのアニメならではのアクションを満喫してほしいです。今までよりスタイリッシュな画面構成ですが、クライマックスの熱量はほんとに半端ないので。そこは期待は裏切りませんから。

映画『プロメア』は、現在公開中。

出演:松山ケンイチ、早乙女太一 ほか
監督:今石洋之
脚本:中島かずき
公式サイト:https://promare-movie.com/
(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Kz氏
    3
    モビルスーツのロボット対戦アニメだけど、「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」並みに緻密なハードSFで、2時間弱では世界観を描き切れない。それゆえ、レクチャーのためのシーンがちょいちょい挟まる。実写や舞台では止めてほしい構造だが、ハイスピードで展開する修羅場の連続が作品の大半なので、その場面が息継ぎにありがたい。 モビルスーツ・アニメだが、主人公は、地球連邦軍でも特務機関NERVでもなく、未来世界の消防署隊員。というよりは、火消しで、纏を振り立てて、決め台詞を吐き、見得を切る。 外連味たっぷりの歌舞伎なのは、原作・脚本が中島かずきだから。いいところでいい役で古田新太が登場する。二枚目が、神木隆之介でも福士蒼汰でもなく、大衆演劇の流し目王子だった早乙女太一なのも、ほとんど劇団☆新感線の世界だからだろう。 歌舞伎といっても、絢爛豪華な原色の彩りではなく、淡色で、デザイン化された単純な造形。「天気の子」とは対照的。それが、めまぐるしい騒擾を疲れさせずに見せる。 実写では絶対にあり得ない世界。アニメーションの豊穣さを今さらながらに、また感じた。
  • いとまる
    4
    グレンラガン3周ぐらいしているから、カミナとヴィラルの声の人出てたり、最後らへんなんかもはやグレンラガンと同じ感じで興奮と懐かしさで泣きそうになってしまった。 天元突破不可避。
  • ゆきの
    -
    好きなアニメはと聞かれたら絶対に答えている、グレンラガン。 このチームの絵、大好き。クセが強いけど、アツくて漢!!!って感じの主人公に待ってましたー!となるあの感じ。 色使いや音楽等々全て最高アツすぎる。 毎週放送のシリーズにならないかな、、、。
  • NaO
    4.1
    サジェスト見て、グレンラガンじゃんこんなの…と思いながら見始めてほんとにグレンラガンだった。
  • yos
    4
    TRIGGERらしい気持ちのいい作品だった。劇場で見たかった。
プロメア
のレビュー(24958件)