Filmarks驚異の★4.7を獲得した『アベンジャーズ/エンドゲーム』がついにMovieNEXで発売!特典映像にはあのラストシーンの別カットも収録!

MovieNEXの発売を9/4(金)に控えた『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、MCUシリーズの集大成、2019年上半期の最大のビッグタイトルという大評判は耳に入ってはいたものの、見逃してしまったあなたへ、話題の完結編を全力紹介!
最後に参加マストのうれしいキャンペーン情報も!

アベンジャーズはこう楽しめ!初心者に優しいアクション超大作!

a

そもそも「アベンジャーズ」シリーズとは、マーベルコミックスに登場するアイアンマンやスパイダーマンなどのスーパーヒーローたちが、それぞれの作品を飛び出すようなカタチでクロスオーバー的にひとつの作品に集まり、共闘して巨悪を倒すというもの。ただし、多くのスーパーヒーローたちが一堂に会するため、それぞれのヒーローのストーリーが用意され、実は全部観ていないビギナーにも優しい作りで、それがヒットにつながっている。

もちろん本作はマーベル・シネマティック・ユニバース(=MCU)を追いかけたコアなファンにとって集大成的な意味合いが超絶色濃く、それがゆえ何十回も映画館へ足を運ぶリピーターたちを生み出した。

今日まで追っていたファンで未見の方は静かに『アベンジャーズ/エンドゲーム』の発売を迎えればいいが、MCUビギナーで『アベンジャーズ/エンドゲーム』を楽しみたい方は、一個前の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)をまず観るとよいでしょう。作品的にニコイチになっていることと、MCUが盛り上がってしまう雰囲気もなんとなくわかるはず!『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観る助走&序章として、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を。サノスの<アレ>を目撃してください!

  • ■ 華麗なる集大成!(おとうちゃんさん)
  • ■ それぞれの過去の物語とも上手くシンクロするし、各場面での辻褄や理由も裏付けができる感じ。まったく予想していなかった驚きの連続。(genhosoyaさん)
  • ■ まさしく、集大成。 シリーズの締めくくりをこんな形で観せてくれるとは…。(bayamieさん)

あの人もこの人も!多くの大スターを生み出したアベンジャーズ!

「アベンジャーズ」シリーズと言うと、アイアンマンなどのマーベルのキャラクターが世界的に知名度を上げた一方で、演じる俳優たちも一気にスーパーセレブの仲間入りを果たしていったことも重要なポイントだ。もちろんロバート・ダウニー Jr.サミュエル・L・ジャクソンなど最初から超有名人俳優も多数いたが、トム・ヒドルストンクリス・ヘムズワースなどは、シリーズで不動の人気を獲得!彼らがほかの作品に出れば<「アベンジャーズ」シリーズの〇〇>と紹介され、「観たことある!」とうなずく人も多数。スターたちの原点作でもあるのだ。

a

また、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、同シリーズを牽引したアイアンマン、キャプテン・アメリカの両ヒーローの雄姿に改めて注目を!これまでの関係がどうなるのか、そしてどういう運命が待ち構えているのか、同シリーズのファンは粛々と、そしてビギナーの映画ファンはヒーローとして大きな決断をする、両ヒーローの覚悟に打ちふるえてほしい!これからのMCUを楽しむためにも、必見の一本である!

  • ■ カッコ良過ぎて泣いた(甘口カレーさん)
  • ■ どのヒーローもかっこいいですが、やっぱりアイアンマンとキャプテンアメリカは特にカッコよかった!(あんさん)
  • ■ こんなにも豊かな世界観を、キャラクターを、何にも代え難い時間を本当にありがとう(カッシーさん)

MovieNEXでしか楽しめない特別映像がヤバい!

a

ファンならずとも作品の理解を深めるためのお楽しみである、MovieNEXのボーナス・コンテンツもスルー厳禁!

初回限定のボーナス・ディスクには、生前のスタン・リーを振り返る、コアファン落涙の「スタン・リーの功績」をはじめ、「ロバート・ダウニー Jr.の存在」「キャプテン・アメリカを振り返る」さらにキャストのお茶目な姿も見られる「NGシーン集」など多数収録。

未公開シーンにはあのラストシーン別カットも!気になるシーンを止めたり、友だちと叫びながら観たり、3,000回アッセンブルしよう!

  • ■ 大集結の最終決戦は見所ありすぎて、最高に良かったという言葉しかありませんね。(サラさん)
  • ■ アベンジャーズ!アッセンブル!!!(oikawaさん)
  • ■ アベンジャーズに関わった人々に、隣で号泣してたお姉さんに、全ての人々に3000回の愛と感謝を!!(なつこさん)

熱い想いをルッソ監督へ届けよう!胸熱キャンペーンを実施!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の生みの親、ルッソ兄弟監督に想いを届けるキャンペーンも実施する。ルッソ兄弟とは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)でMCU作品の監督として参加した、ジョー・ルッソアンソニー・ルッソの実の兄弟。以後『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)を経て、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)とMCUを盛り上げた、真の功労者だ。

なんと今回集まったメッセージは全てルッソ監督本人に直接お届け予定!

熱い想いを「#ルッソ監督へ届けキャンペーン」「#3000回愛してる」をつけてツイートしよう。抽選でオリジナルグッズもプレゼント!ルッソ監督と直接繋がれるまたとない機会を逃すな!>>詳しくはこちら

◆『アベンジャーズ/エンドゲーム』MovieNEX information

a

あらすじ:最凶最悪の敵“サノス”によって、人類の半分が消し去られ、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊してしまった。はたして失われた35億の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか?大逆転の確率は、1,400万605分の1…。わずかな希望を信じて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは、最強の絆だけ──。“今はここにいない”仲間のために、最後にして最大の逆襲が始まる!

本編:約181分
リリース日:9月4日(水)
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html
(C)  2019 MARVEL

(タイトルスコア:Filmarks4月第5週公開映画の初日満足度ランキングより)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 千年女優
    5
    『インフィニティ・ウォー』でサノスに人口半減計画の実現を許し、キャプテン・マーベルの合流を経てサノスを追うも、既にインフィニティ・ストーンは消滅されており、各々にやり切れない想いを抱えながら失意の時を過ごすアベンジャーズ。それでも僅かな希望の光を見出し再び集結した彼らが、失った人々を取り戻す為の最後のアベンジ(逆襲)に挑む様を描く足掛け11年のMCU集大成の一作です。 観る側も万感の想いを抱いての視聴となりますが、結論から言えば期待を裏切らぬ涙あり笑いありの大傑作です。重箱の隅を突つく間もなく、シリーズを愛していればいるだけグッとくるニクい演出の数々で魅了してくれます。 様々なヒーロー達が登場したシリーズですが根幹を成したのがアイアンマンとキャプテン・アメリカ。両者は全く異なるヒーローとしての終着を見せます。生粋のヒーローであり続けたキャプテンはプライベートな人生を全うし、気ままな人生から後天的にヒーローとなったアイアンマンはヒーローとしての人生を全うする。決して一つではない生き方こそ、この多様性の時代のヒーローの姿なのです。
  • ばたこ
    5
    記念すべき500作品目。 圧巻。豪華すぎた…。 死ぬまでに観れてよかったです。
  • ak
    4.5
    最高
  • 3.8
    エンドゲームだけ見に行っても泣いた キャプテンアメリカ、、、
  • 4.8
    MCUシリーズに手を出そうと決意して約1ヶ月 ちゃんと飛ばさず、公開順に各ヒーロー作品を観てきて良かったなって実感するくらいアッセンブルな作品だった。 アイアンマン1のネタやキャプテンマーベルのネタとデジャヴだなって思うところもあって、きっと私が見落としてるたくさんの伏線がいっぱいあるんだろうなと思うともう一巡したくなってくる。 OPから少し仄暗さを感じる音楽で始まった今作。音楽の使い方魅せ方が毎度よすぎる。音楽挿入の箇所がウワーーここでこのシーンに行くのね!って感じで、「ワクワク」「ハラハラ」のメリハリがとても良かった。 シリーズを通して「つながってきた」ヒーロー達。佳境でヒーローからヒーローにバトンを渡しながら戦うシーンは胸熱。めちゃくちゃ好き。 ヒーロー達以外にも親子や夫婦、姉妹、友人、恋人としての「つながり」にも焦点が当たっていて、どの関係性もすごいよかった……。 集大成らしく、たくさんの「愛」が詰まっていて、今世紀最大の愛の台詞では?と思うフレーズも。 作品を通して、キャプテン・アメリカを取り巻く関係性が一番好きだったな。 アイアンマンとの乖離も、バッキーとの友情も、ファルコンとの信頼も、アントマンからの尊敬もペギーへの恋慕も描かれるたびに微笑んでる自分がいた。クリス・エヴァンスありがとう………。自分自身の道を歩んだ先は少し寂しいものになるけれども、人知れず、二人だけの世界をこっそり観せてくれた脚本には感謝してますまじで。 そしてアイアンマン。傲慢だけど、それだけ絶対の知識を持っていて、アイアンマンがいれば不可能はないって思わせてくれるほど、色んなアイデアに富んだキャラ、ヒーローだった。的確ではあるけど高圧的な物言いをするキャラクターにもかかわらず、表情が魅力的で、驚いた演技はマーベルヒーローイチ可愛いと思う。これは自社調べ。 「I am Iron Man.」で始まり「I am Iron Man.」で終わる。頂点にして原点のヒーロー。 魅力的なキャラクター達に出会えてよかった!!! これがフェーズ4の終決らしく、一段落ついたわけだが、やっぱりまだまだ終わらせる気はないようで、次作品へのバトンとなる伏線もはられていた。楽しみ………と一概には言えないくらい今作で傷を負ったのですが………。エッみんなーー??受け入れてるーーーーー〜〜〜????僕は受け入れられてませ〜〜〜〜〜ん????????エンドロール芸人もびっくりの大敗ですよ。エンドロールにかけててんけどな。なぜならMCUのエンドロールは終わりじゃなく「はじまり」なので………ホァ。。。大団円ぇした………。マジ?カカシ先生パターンじゃなく?自来也パターンですか?ほへ〜〜〜〜〜泣いちゃったが………?リアタイで追える人は楽しいだろうなって前作コメントしたけどあたしこれ映画館で観てたらセルフ4D涙MAXなってたとおもうがどない?エッ?エェ??????信じてません。アベンジャーズは永久不滅卍………いや、世界を守った彼らが、自分の道を歩み出す一歩を邪魔する権利は誰にもない………。固定概念マンだし今に満足している故に不変を望んでしまうけれど、変化を受け入れられない者はそこで廃れていくだけなんだよな………………受け入れます(墓) 最後にすべてのだれかのヒーローへ 「3000回の愛してる」
アベンジャーズ/エンドゲーム
のレビュー(92923件)