映画ファンに人気のおすすめミステリー映画15本!

『オリエント急行殺人事件』や『怒り』『プリズナーズ』など映画好きが高評価するミステリー映画15本を紹介。

散りばめられた伏線、予測できない犯人、予想外のどんでん返しなど、真相が明かされるまで1秒も目が離せないミステリー映画。

今回はFilmarks内で高評価されるミステリー映画を15本紹介します。

オリエント急行殺人事件』(2017)

オリエント急行殺人事件

監督は実写版『シンデレラ』のケネス・ブレナー。今作品では自らが主演も務めている。ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー出演。

世界的名探偵・ポアロが乗り合わせた豪華寝台列車オリエント急行で殺人事件が起きる。ポアロは捜査に乗り出すが、乗客全員、完璧なアリバイがあり、ポアロの腕を持ってしても解決は困難を極めるのだった。アガサ・クリスティーの名作中の名作を豪華俳優でリメイクした作品。

日本でも映像化され既にストーリーを知っている人も多いが、ケネス・ブレナーの新しいポアロ像に新鮮な気持ちで観ることができる。ストーリーを知らない人は最後に暴かれる犯人に驚くこと間違いなし。

ヘイトフル・エイト』(2015)

ヘイトフル・エイト

『パルプ・フィクション』などのクエンティン・タランティーノ監督作品。サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・ジェイソン・リー出演。

山の上のロッジで見知らぬ8人が吹雪のため一夜を共に過ごすことになる。そんな密室状態で突如殺人事件が起こり、お互いを探り合ううちに、偶然集まったかと思われた8人の過去が繋がり始める……。

舞台はロッジのみという会話劇だが、会話の中に含まれる伏線、先が読めない展開に最後まで釘付けになる。

鑑定士と顔のない依頼人』(2013)

鑑定士と顔のない依頼人

『ニュー・シネマ・パラダイス』などのジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス出演。

天才的鑑定眼を持つ鑑定士の元に、若い女性から両親の遺した美術品の鑑定の依頼が来る。いつものよくある鑑定かと思いきや、依頼人は壁の向こうから決して姿を見せない。彼女は一体何者なのか。鑑定依頼の本当の目的とは何なのか。

美しい美術品と共に張り巡らされた伏線がかみ合い全ての謎が解けた時、予想外の衝撃が待ち受けている。

マスカレード・ホテル』(2019)

マスカレード・ホテル

『本能寺ホテル』などの鈴木雅之監督作品。木村拓哉、長澤まさみ出演。

都内で起こった連続殺人事件。現場に残された暗号から、次の犯行現場であろうホテルを突き止める。事件を未然に防ぐため、捜査一課の刑事がホテルマンに扮して潜入捜査を行うことになる。しかし犯人の目星はつかず、宿泊客全員容疑者という状況の中、事件は急展開を迎える。

東野圭吾原作ならではの、次々起こる驚きの展開に目が離せない。豪華な出演者と、誰が犯人でもおかしくないストーリーと演出で最後まで犯人が予測できない。

ゴーン・ガール』(2014)

ゴーン・ガール

『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』など人気のサスペンス、ミステリー映画を多く手がけるデヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク出演。

結婚記念日に突如姿を消した妻。謎めいた失踪事件は全米に知れ渡る。そのうち夫の浮気や妻の日記などをマスコミが突き止め、世間は夫が殺人犯であると思い始める。しかし、事件は予想を超える展開を見せ始める……。

緻密なストーリーの構成に先の展開が全く読めない。中盤で妻の行方の真実がわかってからミステリーがスリラー作品へと変わっていく。

怒り』(2016)

怒り

『悪人』などの李相日監督作品。渡辺謙、森山未來、広瀬すず出演。

八王子で起きた殺人事件の現場に、大きな血文字で「怒」の文字が残されていた。事件から1年経っても未解決で、警察は犯人の手配写真を公開した。千葉と東京と沖縄、それぞれ素性の知らない3人の男が現れていたが、その3人が手配写真と似ていた。出会った男が殺人犯かもしれないという葛藤の中、3組それぞれが衝撃の結末へと向かっていく。

3人のうち誰が犯人なのかというミステリー要素もありながら、感情を揺さぶる程の人間の狂気や愛が深く描かれる。

search/サーチ』(2018)

search/サーチ

今作で劇場映画監督デビューとなったアニーシュ・チャガンティ監督作品。ジョン・チョー、デブラ・メッシング出演。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS