存在感抜群の愛らしさが全開!小さな可愛い女の子たちにパワーをもらえる映画5選

ミニシアター好きな大学生

Moca

映画を見ていて、ものすごく印象に残る女の子っていませんか?

どんな運命にあっても、とにかく前に進もうとする生命力にあふれる若さと純粋さに、大人になろうともがいている可愛らしさを併せ持つ、小さい女の子にしかない魅力は見ているだけで癒されるし勇気をもらえます。

今回は、物語の中にパッと華を添えてくれるような抜群の存在感を持つ小さなヒロインたちをご紹介します。

ぜんぶ、フィデルのせい(2006/イタリア・フランス)

ぜんぶ、フィデルのせい

ふくれっ面が可愛いしっかり者のお嬢様:アンナ

物語は1970年のフランス・パリが舞台です。弁護士の父と雑誌『マリ・クレール』の編集長の母を持つアンナはお嬢様学校に通う9歳の女の子。可愛い弟もいてお世話をしてくれる家政婦さんもいて、何不自由なく幸せな生活を送っていましたが、両親が共産主義を支持し始めたことからアンナの優雅な生活は一変してしまいます。

「共産主義」などと聞くと難しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、子供のアンナの視点から描かれているので、あまり政治に詳しくない私でも肩に力を入れずに見られました。

そして、物語を理解する上でも注目していただきたいのがアンナのファッションです。映画の最初の方では白いふわふわしたドレスや、かっちりとしたジャケットとシャツを合わせたスタイルで髪形もいつもきちんと整えられているお嬢様スタイルですが、生活が変化していくにつれて彼女のファッションも少しずつ変わっていきます。

突然変わってしまった周りの環境に納得できずいつもふくれっ面で文句ばかり言っていたアンナですが、ファッションが変化していくにつれて彼女自身も時代の波を受け入れて成長していくところがけなげで可愛いです。

バトルフロント(2013/アメリカ)

バトル・フロント

父親譲りの腕っぷしの強さがかっこいい女の子:マディ

元潜入捜査官の父親を持つ9歳の女の子マディは、幼いころに母親を病気で亡くしてしまい、今はお父さんと二人で田舎で穏やかな生活を送っています。

マディの父親を演じるのはジェイソン・ステイサム。どんな相手も倒してしまう無敵のお父さんで、彼女もそんな父親の遺伝子をしっかりと受け継いでいます。学校で自分より体の大きな男の子にからかわれても堂々と打って出る強さがかっこよく、あの父親にしてこの娘ありという感じです。

可憐な見た目にさばさばしたキャラクターとスポーティなファッションに、あどけなさが残るところがとても可愛らしいです。

シルヴェスター・スターローン製作・脚本で、アウトロー的な役が多いジェイソン・ステイサムが優しくて強い娘思いのお父さんを演じているところにも注目です。普段あまりアクションは見ない方でも見やすい作品だと思います。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

幸せへのキセキ(2011/アメリカ)

幸せへのキセキ

太陽みたいな明るさと色っぽさを併せ持つ女の子:ロージー

こちらは、ベンジャミン・ミーという男性の回顧録がもとになったキャメロン・クロウ監督・脚本の作品です。”We Bought A Zoo”という原題の通り、最愛の妻を亡くし深い傷を負ったミー一家が、家族の再生と人生の再スタートのために動物園を運営するというお話。

マット・デイモン演じるベンジャミンには14歳の息子ディランと7歳の娘ロージーがいますが、今回注目したいのはこの小さな女の子、ロージーです。母親を亡くしたショックで問題を起こすようになってしまった息子に手を焼くベンジャミンの唯一の癒しで、悲しみに暮れる家族を明るく照らしてくれる太陽のような存在です。

大人っぽくて少しおませなところや7歳という年齢を感じさせない色っぽさもあって、ハスキーボイスもその魅力の一つです。動物園の経営者の1人として登場するスカーレット・ヨハンソンと通じるところがあります。

そしてもう一人、ロージーのお兄さんディランに思いを寄せる女の子を演じるエル・ファニングもまさに太陽のような女の子です。カジュアルなファッションの中にも彼女らしさが取り入れられていて素敵です。

『あの頃ペニー・レインと』や『エリザベスタウン』の主人公もそうでしたが、この映画の監督を務めるキャメロン・クロウの作品では、金髪で可愛らしい、見た目も性格も太陽のように明るい女性たちが活躍しているのが印象的です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

パパの木(2010/フランス・オーストラリア)

パパの木

透明感あふれる純粋な女の子:シモーン

家の庭にある大木の前で、突然心臓発作に襲われた父親を目の前で亡くしてしまった8歳の女の子シモーンとその家族たち。お母さんはひどいショックでふさぎ込み家族もばらばらになりかけていたところ、シモーンがお父さんの魂が大木の中で生きていると信じはじめ、大木に話しかけることで徐々に家族は元気を取り戻していきます。

大切な誰かを亡くした時、この映画の大木のように話すはずのないものが自分に語り掛けているように感じたりと、神秘的な体験をしたことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか?

大事な人を失って心に深い傷を負っても残された人たちは傷を抱えて前に進んでいかなくてはならないというのはとても辛いことですが、一生懸命立ち直ろうとする家族の姿に勇気づけられます。そして誰かが死んでしまったから終わりではなくて、”形がなくなってしまっても確かに存在するものを信じることによって起こる奇跡”のような出来事に胸が熱くなります。

この映画の主役の女の子シモーンは透き通るような可愛らしさが魅力で、見た目とはギャップのあるしっかりとした口調また愛らしいです。彼女のお母さんを演じるシャーロット・ゲンズブールの自然体ではかなげな美しさも健在で、フランス人の彼女が話す英語も素敵で、誰でも憧れてしまう女性像だと思います。

U-NEXTで観る【31日間無料】

ヘイフラワーとキルトシュー(2002/フィンランド)

ヘイフラワーとキルトシュー

頼りになるお姉さんヘイフラワーとおてんばな妹キルトシュー

これは、家事がまともにできないお母さんと仕事をせず部屋にこもってポテトの研究ばかりしているお父さんという困った両親を持つ、ある姉妹のお話です。といっても、全然深刻な内容ではなくとてもほっこりする映画です。

この映画の魅力は何といっても北欧ならではのカラフルな色使いと姉妹の可愛さです。

北欧の家具や雑貨は日本でも人気がありますが、映画の中のインテリアは本当にどれも素敵で真似したくなるものばかり。10年以上前につくられた作品ですが、全く古臭い感じはありません。

また、対照的な性格の姉妹もとても可愛くて、責任感が強くて頼りない両親の代わりに家族を支えようとするヘイフラワーはけなげだし、自由で少しわがままなキルトシューも愛らしくて憎めないキャラクターです。天使のような女の子たちに心から癒されること間違いなしです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

彼女たちのファッションは大人でも真似できそうなものも多いので、この冬の参考にもなると思います。そして、とにかく可愛い女の子たちに日ごろの疲れも吹き飛んで思わず笑顔になってしまうはず!?

ぜひご覧になってみてください!

 

※2021年11月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • tulpen
    3.6
    おとなに媚びないところと 50日間の撮影に耐えられる子という条件をクリアしたアンナ役のニナ・ケルヴィルの仏頂面がかわいい。 「キョーサン主義」「チューゼツ」「ダンケツ(団結)」などの言葉を覚え、 自分なりに理解しようと9歳の暮らしの中のものと置き換えてみるあたりが可笑しい。 パパとママの口論にブチ切れて家を飛び出したアンナが弟のフランソワの手をぎゅっとつかんで鳩胸をせり出し、 口を固く結んで、通りをガシガシと歩いていく姿。 このシーンが1番好き。 ニコリともせずに繋がれた手の輪に加わっていくアンナを見ながらなんだかニンマリとしてしまうラストがいいね。 今はもいない静岡ミラノにて。 2008.6/4 (29) 通算1084
  • bowcat
    4
    アンナは9歳 好奇心旺盛で、 感受性が高い女の子。 なんでも質問して なんでも吸収しちゃう。 スペイン系のお父さん 雑誌社で働くお母さん 小さな弟と4人暮らし。 ある日、お父さんの妹が スペインからやってきて いろんなことが様変わりする。 お父さんはチリの革命の援助に奔走 お母さんは中絶した女性の本を執筆 ナニーがキューバ人🇨🇺のときは キューバから逃げ出したナニーに 髭のある革命家は共産主義者と聞かされ ナニーがギリシャ人🇬🇷のときは ギリシア神話の神々の話を聞き ナニーがベトナム人🇻🇳のときは カエルの雨乞いから団結を知る アンナはいろんな立場の大人から 違う考え方、価値観を聞いては、 頭の中で渦巻いて🌀考えから いろんなことを発見していく。 素直な故になせるワザ。 70年代の社会がどうのとか レビューしてる方の見方は 間違いではないけど、 本質じゃないのでは? もっと子供の気持ち、 アンナになって観ると とっても興味深い映画です。 アンナ役ニナ・ケルヴェルの 鋭い眼差しと、ムッとした顔が可愛い お母さんのジュリー・ドパルデューは ジェラール・ドパルデューの娘さん。 ※フィデルとは、カストロのこと
  • ゆきのす
    3.5
    左翼家庭あるある!?というお話。子供の成長を描くとはまさにこういう事。70年代社会思想が背景だが、それがテーマではなく、感性が育まれる様こそが主眼。アンナの不貞腐れっぷりが堪らん。
  • Nappon
    -
    過去鑑賞記録
  • バナバナ
    3.3
    アンナ(7歳位か?)の父はスペイン貴族の出、母の実家もボルドーでワイナリーを営みお城の様な家に住んでいるので貴族の末裔か? アンナ自身もパリ郊外の庭付き、お手伝いさん付きの邸宅に住み、名門ミッションスクールに通っている。 彼女のアイデンティティーは、この歳にして完全にブルジョワだ。 しかし、弁護士だった父親が、チリの民権運動の為に立ち上がり、狭いアパートに引越し。 そこにはパリに亡命中?の革命家達が入り浸り、母は人口中絶の自由推進の為、自宅でインタビューしているので、その話がアンナにも丸聞こえだ。 ブルジョアだったアンナも自然と影響を受けていく…。 アンナ役の女の子は、オーデションで大人に迎合していない子供が選ばれたそうだが、生活が訳の分からぬままに激変して怒りを感じている少女にピッタリの子だった。 アンナの学校は以前のままだし、別に両親は特別子供に革新的な考え方を吹き込んでいる訳でもないのだが、周りで遠慮なく大人が議論、討論しているのだから、自然に影響受けちゃうわな。 最後の方で、カトリックの学校の道徳の授業でアンナが出した回答を聞いて、この子、意外に曲がらず成長したんだな、と嬉しくなった。
ぜんぶ、フィデルのせい
のレビュー(620件)