映画『13日の金曜日』シリーズ全作を総ざらい!ジェイソンが襲ってくるからクリスタルレイクには絶対に近づくなよ!

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

13日の金曜日、そうです。ジェイソンの日でございます。

え? なに? ジェイソンって誰だって? ジェイソン・ステイサム? 世界で一番かっこいいハゲ、ワイスピ最高だよな。だが違う。

メタリカの元ベーシスト、ジェイソン・ニューステッド? おお君、知ってるね~俺と友達になれそうだ。だが違う。

なに? ジェイソン・チャンドラー・ウィリアムス? それNBAの昔のスター選手だよね、なんで知ってるの? すごくね? だが違う。

答えは「ジェイソン・ボーヒーズ」だ。

「誰?」とお思いの君、甘いぞ。Google検索で「ジェイソン」と一言入れてみ、そしたらこいつが検索で一番上に出る、そして分かるはずだ。

13日の金曜日』。ホッケーマスクの殺人鬼「ジェイソン・ボーヒーズ」だ。ジェイソンという名前が有名すぎてボーヒーズを知らんかった、という人も多いはず。ほら、よくあだ名で呼ばれている人で「え! お前苗字○○っていうの!? 知らんかった~」と同義です。

というわけで本日は、13日の金曜日なので、映画「13日の金曜日」全シリーズを解説するぞ~! これで君はあっという間に『13日の金曜日』マニアだ! しかもその数全10作! そんなあんの!? そうです、そんなにあるのです、実は大サーガ。10分ください。全部シリーズがわかります!

そして、そのシリーズには、我々日本人が忘れかけていた不撓不屈の侍精神があったのです。

(は? 何言ってんの?と思った君! 甘い! 甘いぞ! 最後まで読もうな! 読めばわかるよあなたにも)

それじゃーいっちょやってみっか!

「13日の金曜日」シリーズのざっくり概要。何度だって立ち上がる不撓不屈の侍精神

侍ジェイソンは湖が好き♡→殺戮の嵐♡→侍ジェイソン死亡→復活♡
侍ジェイソンは湖が好き♡→殺戮の嵐♡→侍ジェイソン死亡→復活♡
侍ジェイソンは湖が好き♡→殺戮の嵐♡→侍ジェイソン死亡→復活♡
侍ジェイソンは湖が好き♡→殺戮の嵐♡→侍ジェイソン死亡→復活♡

ほんとにこれで以上です。お分かりだろうか。この連続です。最後まで読んでいただけるとよくわかると思います。
なぜ、ジェイソンは「侍」か? 彼は何度でも立ち上がる不撓不屈の侍精神があるからなのです。
まだ、ブラウザの「×」ボタンとかスマホのホームボタン押さないでね!

そもそもジェイソン・ボーヒーズとは?意外と知らないことだらけ。

まずはこのジェイソンのプロフィールを紹介しましょう。合コンでいうところの「はじまして、仕事は○○してて、趣味は○○、内気な性格です」のようなものです。

1946年6月13日ニュージャージー州出身。ボーヒーズ家の長男として生まれる。身長192cm・体重114kg、大柄筋肉質。幼少時代は背が低く華奢な体系。常人の2倍の大きさの心臓と、異常に小さな脳を持っているのだ。大人になってからは不気味な息遣いとうめき声しか出さない。先天的な病により顔が奇形、これがジェイソンを殺人鬼へ変貌させた最大の要因となる。

そして皆さん、もしかしてジェイソンの武器がチェーンソーだと思っていませんか?

それ、違います。

ジェイソンがチェーンソーを武器にしたことは実はシリーズを通して一度もないのです。なぜかパブリックイメージとしてホッケーマスクにチェーンソーというイメージがありますが、実はこれは間違い。「悪魔のいけにえ」シリーズのレザー・フェイスと混同しているのでは?という説が有力です。

では、解説していきましょう! 観たことがないあなたもこれで「13日の金曜日」シリーズを全部観た気になるはず!

さあ、日本よ、これが侍だ!!!

1. ジェイソン侍、人を殺さず『13日の金曜日』(1980)

2

実はこの記念すべきシリーズの金字塔ともいうべき第一作でジェイソン・ボーヒーズは殺人を犯していない、というから驚きではありませんか。実質の主人公はジェイソン・ボーヒーズの実母パメラなのです。

ストーリーは、クリスタルレイクでキャンプに参加していた11歳のジェイソン、その風貌から彼を怪物と忌み嫌う少年少女たちの差別に遭い、顔に布袋を被せられた状態でクリスタルレイクに突き落とされます(ひどい)。そのまま溺れて消息不明となったジェイソン。ジェイソンの母パメラは精神に異常をきたし、パメラは殺人鬼となってしまうのです。ほらな、これパメラが主役やん。

2. ジェイソン侍、殺しはじめる『13日の金曜日PART2』(1981)

fas

クリスタルレイクで発生した悲劇から数年後、再びクリスタルレイクのキャンプ場に、懲りずに指導員候補生の若者達が訪れます(よく来るな笑)。その夜、前作で死んでたと思われ怪奇伝説と化したジェイソンが不撓不屈の侍精神で生きていたのです。次々と指導員達を殺害しはじめるジェイソン。この時の彼は布袋を被っているので、まだアイスホッケーマスクは被っておりません。

3. ジェイソン侍、ホッケーマスクを被る『13日の金曜日PART3』(1982)

sdg

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS