『ジェミニマン』巨匠アン・リー監督、劇団EXILE・佐藤寛太にショービジネスの極意を伝授【究極の対談】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

ジェミニマン』が、10月25日(金)より公開される。引退を決意した伝説のスナイパー・ヘンリー(ウィル)v.s. ヘンリーのDNAを持つクローンスナイパーの攻防が描かれる本作は、最新のVFXによるギミックな映像が光る破格の1本だ。監督を務めたのは、『グリーン・デスティニー』や『ブロークバック・マウンテン』などでオスカーをはじめとする数々の受賞歴を誇る巨匠アン・リー

FILMAGAではこのたび、プロモーションのため来日したリー監督にインタビューを実施。インタビュアーを務めたのは、リー監督作品をビッグタイトルから日本劇場未公開作に至るまで、つぶさに鑑賞しているという俳優・佐藤寛太

映画紹介の連載を持つほど映画好きな佐藤による、リー監督への感度の高い質問、尽きない敬意、コミュニケーションの豊かさから、リー監督も思わず饒舌になり、時間ギリギリまで熱心に語っていたほど。丁寧に答えながらも、優しいまなざしで佐藤を見つめていたリー監督と、すべてを吸収しようといった気概で目を輝かせて聞き入っていた佐藤の対談は、濃密な時間となった。

ジェミニマン

ジェミニマン

アン・リー

(映画監督・プロデューサー・脚本家)

■プロフィール

1954年、台湾・屏東県生まれ。1991年の映画『推手』で商業映画監督デビュー。『ウェディング・バンケット』(93)、『恋人たちの食卓』(94)でアカデミー賞外国語映画賞に2年連続ノミネート。2000年の「グリーン・デスティニー」でアカデミー賞外国語映画賞ほか4部門を受賞し、ハリウッド期待のフィルムメーカーとして注目を浴びた。自身初となるハリウッド大作『ハルク』(03)が大ヒットし、アジア系映画監督としてハリウッドで大成功を収めた。2012年の「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」で、2度目のアカデミー賞監督賞を獲得。

ジェミニマン

佐藤寛太

(劇団EXILE)

■プロフィール

1996年6月16日生まれの23歳。福岡県福岡市出身。EXPG福岡校より、オーデイションを経て、2015年劇団EXILEに加入。その後は映画やドラマを中心に俳優活動を開始し、2016年には映画「イタズラなKiss THE MOVIE」シリーズでは主演を演じる。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』では、シリーズ全作に出演し、今や作品に欠かせない存在となっている。その他、テレビドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』『駐在刑事』、映画『今日も嫌がらせ弁当』など、多数のドラマや映画に出演し、役者として幅広く活動。
11月15日公開の映画『いのちスケッチ』では主演を務めるなど、今注目の若手俳優。来年1月には、 初の劇団EXILE全メンバー出演舞台『勇者のために鐘は鳴る』が上演。

「30年間もハリウッドのトップにい続けている」ウィル・スミスを起用して

佐藤 はじめまして、日本で俳優をやっている佐藤寛太です。お目にかかれて光栄です。

リー監督 こちらこそ。はじめまして、よろしくお願いします。

佐藤 早速ですが、質問させていただきます! 「ウィル・スミスをキャスティングできたことが非常に幸運だった」とおっしゃっていますが、撮影中、そして撮り終わったいま、ほかのスターではなくウィルで良かったと思う点はどこでしたか?

リー監督 彼は、ほかでもない「ウィル・スミス」だ。世界でもトップの映画スターだからね。『ジェミニマン』はドラマ要素も兼ねたクローン・アクション大作映画だから、単なる優秀な俳優というだけでなく、アクション映画に求められるような“映画スター”がよかったんだ。該当する俳優は一握りしかいなかったし、その中でウィルはトップチョイスだったと思っているよ。撮影していて驚かされたのは、彼がとても真面目に、献身的に取り組んでいたこと。ウィルは30年間もハリウッドのトップにい続けていて、これほど有名で、すべてを手に入れているのに、そうして現場に居ることはとても素晴らしいことだと思う。

佐藤 クローンとして作られた23歳のジュニアを観ていると、『バッドボーイズ』や『メン・イン・ブラック』の頃のウィルにまた会えたような感覚で、すごく驚きました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • micca
    3.7
    なかなかおもしろかった! いいアクション! あんまり今まで見たことない系の設定
  • あずさ
    3.6
    記録
  • gato
    -
    最高でした
  • 3
    仕方がないかもしれないけど、クローン側の視線が、どうしても別撮りなのが気になってしまった アクションシーンは素晴らしかった、演者の演技もよかったし (ウィルスミス年取ったなあ) 話の展開はお察しなパターンなのは想定済みだったのでそれほど期待はしてませんでした 一番の問題は吹替 いつもは字幕で観るんですが、今回は諸事情により吹替。 ダメですね 当たり前ですが、演技は声も上手い人じゃないとせっかくの俳優陣の努力が台無し。本当に台無し。 ヒロインがダメすぎます。 いい意味でも悪い意味でも声優さんの凄さがわかる 非常にもったいない
  • ぺねろべ
    3.8
    ウィルスミスカッケェなぁ
ジェミニマン
のレビュー(6840件)