第92回アカデミー賞作品賞は『パラサイト 半地下の家族』!アジア映画として初の快挙!

日本時間で2020年2月10日(月)にて開催される第92回アカデミー賞授賞式。本記事では各主要部門のノミネート一覧と共に受賞作品をご紹介!

日本時間2020年2月10日(月)に開催された第92回アカデミー賞授賞式。

FILMAGAでは、主要部門の受賞結果をまとめて紹介。 作品賞は『パラサイト 半地下の家族』同作品は、作品賞を含め4部門で受賞。 アジア映画初の快挙を成し遂げた。

第92回アカデミー賞 主要部門 受賞結果

【作品賞】

パラサイト

『フォードvsフェラーリ』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』(1月17日公開)
『ジョーカー』
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(3月27日公開)
『マリッジ・ストーリー』
『1917 命をかけた伝令』(2月14日公開)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

パラサイト 半地下の家族

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

【監督賞】

パラサイト

マーティン・スコセッシ(『アイリッシュマン』)
トッド・フィリップス(『ジョーカー』)
サム・メンデス(『1917 命をかけた伝令』)
クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)

 ポン・ジュノ(『パラサイト 半地下の家族』)

【主演女優賞】

ジュディ

シンシア・エリボ(『ハリエット』)(3月公開)
スカーレット・ヨハンソン(『マリッジ・ストーリー』)
シアーシャ・ローナン(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)(3月27日公開)
シャーリーズ・セロン​(『スキャンダル』)(2月21日公開)

レニー・ゼルウィガー(『ジュディ 虹の彼方に』)(3月6日公開)

【主演男優賞】

ジョーカー

アントニオ・バンデラス(『Pain & Glory(英題)』)
レオナルド・ディカプリオ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)
アダム・ドライバー​(『マリッジ・ストーリー』)

★ ホアキン・フェニックス(『ジョーカー』)
ジョナサン・プライス​(『2人のローマ教皇』)

【助演男優賞】

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

トム・ハンクス​(『A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)』)
アンソニー・ホプキンス(『2人のローマ教皇』)
アル・パチーノ(『アイリッシュマン』)
ジョー・ペシ(『アイリッシュマン』)

 ブラッド・ピット​(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)

【助演女優賞】

マリッジストーリー

キャシー・ベイツ(『リチャード・ジュエル』)(1月17日)
 ローラ・ダーン(『マリッジ・ストーリー』)
スカーレット・ヨハンソン(『ジョジョ・ラビット』)(1月17日公開)
​フローレンス・ピュー(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)(3月27日公開)
マーゴット・ロビー​(『スキャンダル』)(2月21日公開)

【脚本賞】

パラサイト

ノア・バームバック(『マリッジ・ストーリー』)
クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)

 ポン・ジュノハン・ジンウォン(『パラサイト 半地下の家族』)
サム・メンデス&クリスティ・ウィルソン=ケアンズ(『1917 命をかけた伝令』)
ライアン・ジョンソン(『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

国際長編映画賞

パラサイト

『Corpus Christi(原題)』/ポーランド
『Honeyland(原題)』/北マケドニア
『レ・ミゼラブル』/フランス(2月28日公開)
『Pain & Glory(英題)』/スペイン

パラサイト 半地下の家族』/韓国

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

長編アニメーション賞

トイ・ストーリー

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
『失くした体』
『クロース』
『Missing Link(原題)』

トイ・ストーリー4

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVEDNetflix映画「マリッジ・ストーリー」12月6日(金)独占配信開始(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

※2020年7月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • WakaKero
    2.5
    予想できる展開
  • こみかんkomikan
    -
    韓国で話題になるのが分かる映画。 裕福な家族と、一般人だけどある意味底辺と言っていい家族が関わり始めることで生まれる心の変化模様をみていると、みんな感情が伝わりながら見てきてしまう映画だと思う。
  • りりー
    3.7
    韓国映画の中では1番面白かった。 生活の汚い感じとか、国や文化を忠実に表現していてすごい良かった。 ヒエラルキーの部分もはっきり感じさせる作調だったけど、とにかく豪邸すぎて普通に住みたい、いくらすんの?という感想。 確かに大衆に好まれそうな作品かもしれないけど、アカデミーで騒がれるほどの魅力は感じなかった...
  • もんじろー
    3.8
    社会のヒエラルキーの底辺が頂点に寄生していくというお話し 人間の暗い部分がよく描かれてます 中盤まではコメディ、終盤はホラー
  • SuuPom
    4.2
    重いテーマなのに最初から最後まで飽きさせないエンタメ性を持ってるのが本当にすごいなぁ。 社会の根底にある鬱屈とした不公平感や違和感、不満、怒り、それがある瞬間パンッと弾ける。第三者から見れば「突然のこと」のように思われるから呆気にとられるけど、その「何か不穏なもの」はそれよりずっと前から忍び寄っていて、既にそこにある。 葛城事件とかヘルタースケルターが頭にぽっと浮かんだ。
パラサイト 半地下の家族
のレビュー(217452件)