映画ファンに人気のアダム・ドライバー出演のおすすめ映画まとめ!「スター・ウォーズ」シリーズ、『デッド・ドント・ダイ』など10本

アダム・ドライバー出演のおすすめ映画と主なプロフィールのまとめ。「スター・ウォーズ」シリーズ、『マリッジ・ストーリー』『デッド・ドント・ダイ』など10本。

「スター・ウォーズ」シリーズなどのハリウッド超大作からインディペンデント作品までさまざまな作品に出演し、幅広い役柄で独特の魅力を発揮するアダム・ドライバー。そんな彼が出演したおすすめ映画をまとめてご紹介。

アダム・ドライバー プロフィール

blackcransman

アダム・ドライバーは、1983年11月19日生まれ、アメリカ・カリフォルニア出身。

9.11のアメリカ同時多発テロをきっかけに海軍に入隊するが、バイク事故の怪我で退役。その後ジュリアード音楽院に入学し演劇を学ぶ。

TVドラマシリーズ「GIRLS/ガールズ」(12)で主人公のボーイフレンド役として知名度を高め、『フランシス・ハ』(12)、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(13)などの話題作に立て続けに出演。『ハングリー・ハーツ』(14)で映画初主演を務める。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)以降のシリーズ3部作でカイロ・レンを演じ、人気と実力を確実なものにしていく。

以降も『沈黙ーサイレンスー』(15)、『パターソン』(16)など話題作への出演を重ね、『ブラック・クランズマン』(18)、Netflix映画『マリッジ・ストーリー』(19)の2作で2年続けてアカデミー賞 主演男優賞ノミネートを果たす。

『パターソン』以来のタッグとなるジム・ジャームッシュ監督作品『デッド・ドント・ダイ』が2020年4月3日に公開を控える。

フランシス・ハ』(2012)

フランシス・ハ

ノア・バームバック監督によるヒューマンドラマ。プロダンダンサーを目指す女性の人間模様と生きざまを、ユーモアも交えながら、独特のモノクロ映像で描き出す。

ニューヨークでプロのモダンダンサーを目指す27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、親友のソフィ(ミッキー・サムナー)とルームシェアをして楽しく暮らしていた。しかしダンスの芽は出ず、恋人に振られ、さらにソフィとの同居生活も解消になり、居場所を求めて町を転々とする。地に足のついた生活を送る友人たちを見て焦るフランシスは、苦しみながらも自分の人生を見つめ直していく。

アダム・ドライバーが演じたのは、フランシスの友人のレヴ。長身と端正な顔立ちを生かし、スタイリッシュな男性を好演している。本作では比較的マイナーなキャラクターだが、のちに『ヤング・アダルト・ニューヨーク』『マリッジ・ストーリー』でノア・バームバック監督とタッグを組んでいる。

francisha

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ハングリー・ハーツ』(2014)

ハングリー・ハーツ

イタリアのサヴェリオ・コスタンツォが監督・脚本を手掛けたヒューマンサスペンス。子育てをめぐり対立する夫婦の苦悩と、深い愛が生み出した狂気を描く。

運命的な恋に落ち、結婚したジュード(アダム・ドライバー)とミーナ(アルバ・ロルヴァケル)。2人はやがて男の子を授かり、幸せな生活を送るかに思えた。しかしミーナは育児に異常な神経質さをみせ、息子が接する物事に恐怖と敵意を抱いていく。

主演を務めたアダム・ドライバーは、愛する妻と息子を守ろうと奮闘する夫・ジュードを熱演。ミーナ役のアルバ・ロルヴァケルと共に、第71回ヴェネチア国際映画祭 ヴォルピ杯(男優賞)を受賞した。

hungryhearts

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』(2019)

スター・ウォーズ

世界的大ヒットを誇る「スター・ウォーズ」の新シリーズ3部作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)に続く3作目。シリーズの9作目にして、スカイォーカー家の物語の最終章となる。監督・脚本はJ・J・エイブラムスが務める。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS