チャック全開!バカとボンクラ全員集合!素晴らしきキャノン・フィルムズの世界!

Why So Serious ?

侍功夫

1980年代初頭。レーガン大統領による無謀無策な経済政策「レーガノミクス」とコンピューター産業の発展により、アメリカはアホのようなバブル景気に見舞われます。人々は浮かれ、その空気は文化にも侵食していきました。

MTVからはディスコやニューロマンティックに50sリバイバルの音楽が、目にやさしくない原色で彩られたプロモーションビデオに乗って連日放映されました。人々はウォークマンで音楽を家から持ち出し、ビデオテープで映画館から映画を持ちかえり、ポラロイドカメラでカンタンな写真を楽しんだのです。

すべてが手軽で簡易的になった軽薄短小な時代に“ドカン”と登場し、派手に散った映画会社があります。

キャノン・フィルムズ爆誕!

can01

70年代末、イスラエルで映画製作をしていたメナヘム・ゴーランとヨーラン・グローバスは『アメリカン・グラフィティ』に着想を得たお色気青春映画を製作します。1950年代のテルアビブを舞台に、若者の青い性をロックンロールに乗せて描いた『グローイング・アップ』は50sリバイバル・ブームに乗り、アメリカを始め全世界で大ヒットを記録します。2人はこれを足がかりにハリウッド進出を果たすのです。

ゴーランとグローバスは資金難で立ち行かなくなった映画製作会社を買い取るのですが、この会社には既に2人のためにあつらえた様なピッタリの名前がついていました。

その名もドカンと「キャノン(大砲)・フィルムズ」!

2人はキャノン・フィルムズから、いわゆる「ハイ・コンセプト映画」を大量に発表していきます。

can12

出典:https://www.youtube.com/watch?v=gvaxwYn5s04

ハイ・コンセプト映画ってなに?

can02

ロバート・アルトマン監督による、映画製作の裏側を舞台にした『ザ・プレイヤー』でティム・ロビンス演じる映画会社重役グリフィンが作っているのが「ハイ・コンセプト映画」です。劇中、グリフィンにより様々な「ハイ・コンセプト映画の条件」が語られます。

「映画に必要なのはサスペンス、お笑い、暴力、希望、人情、ヌード、セックス、そしてハッピー・エンド。ハッピー・エンドは必須条件だ。」

「お前の企画は25ワードを越えている上につまらん!」

カンタンかつ短い文章で説明できる軽薄短小な娯楽映画こそ「ハイ・コンセプト映画」であり、キャノン・フィルムズのメイン・コンテンツでした。

そんな“解りやすさ”を第一信条とした映画には、バカっぽい印象があるかもしれません。しかし、逆に言えば万人に解りやすい高度な映像表現だとも言えます。解りやすい殴り合い、解りやすい爆発、解りやすいヌード、そしてハッピー・エンド…… ゴメン! 要するにバカです!

そして、キャノン・フィルムズ印のついた世にもバカっぽい並びのフィルモグラフィが出来あがることとなります。

『ロサンゼルス』とポール・カージー シリーズ

can03

ストーリー:家族を殺された男がチンピラを殺しまくる。

街のチンピラに妻を殺され、娘をレイプされた建築師ポール・カージーの復讐を寂寥感たっぷりに描いた傑作『狼よさらば』の続編を、監督本人と主演チャールズ・ブロンソンをつかまえて量産していきます。

続編『ロサンゼルス』から『スーパー・マグナム』『バトルガンM-16』『狼よさらば 地獄のリベンジャー』まで、回を重ねるごとにポール・カージーの武装は過激に、怒りの沸点は低くなっていき、チョットしたことでミサイルを撃ち込むまでになるのです。

『燃えよNINJA』とニンジャ シリーズ

can04

出典:http://subscene.com/subtitles/enter-the-ninja

ストーリー:正義のニンジャが悪の組織と戦う。

格闘家の持ち込み企画『燃えよNINJA』が予想を上回る大ヒットを記録すると、即座にシリーズ化します。1作目で端役出演していたショー・コスギを主演に据え『ニンジャII/修羅の章』『ニンジャ』『デス・オブ・ニンジャ/地獄の激戦』とアメリカンなニンジャ映画を作り出していくのです。

本国ではそれぞれ大ヒットを記録し、ショー・コスギはスター俳優となります。しかし、日本ではどこまで行ってもパチもん扱いで、劇場公開も1作のみという冷遇に会いました。

大量のチャック・ノリス主演作

can05

ストーリー:チャックが暴れる。

キャノン・フィルムズと言えばチャック。チャックと言えばキャノン・フィルムズと相場は決まってるんです! ブルース・リー唯一の監督作『ドラゴンへの道』でリーと死闘を演じた空手家チャック・ノリスを主演に迎えた戦闘アクション映画群です。

ベトナム帰還兵が暴れる『地獄のヒーロー』シリーズに、特殊部隊が暴れる『デルタ・フォース』シリーズなど。キャノン・フィルムズはチャックが土地々々で大暴れし、悪党どもを片っ端から撃ち殺していく映画を大量生産していきます。

敵の弾はどれだけ撃っても当たらないのに、チャックの弾だけは百発百中でバタバタと敵を倒していきます。この理不尽に無敵な様子から「チャック・ノリスが毒蛇にかまれた後、五日間苦しんで、毒蛇が死んだ。」「チャック・ノリスは回転ドアを“バタン!”と閉じることができる。」などのジョーク「チャック・ノリス・ファクト」が生まれます。

その他のキャノン・フィルムズ代表作

can06

ジャン=クロード・ヴァン・ダムが地下格闘大会を勝ち進む『ブラッド・スポーツ』。インディ・ジョーンズのパクリ『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』。スタローンが腕相撲をする『オーバー・ザ・トップ』などなど。キャノン・フィルムズのラインアップにはボンクラが狂喜する作品が並んでいます。

キャノン・フィルムズの功績

ひとケタ足し算もままならないような映画を量産する一方で映画史に燦然と輝く作品もモノにしています。

can08

ポルターガイスト』でスピルバーグ傀儡監督の汚名を着せられたトビー・フーパーを起用し、コリン・ウィルソンの原作小説をド派手に翻案した『スペース・バンパイア』、50年代のSFクラシック映画をド派手にリメイクした『スペースインベーダー』、そして、自身の伝説的傑作をド派手にセルフ・パロディ化した『悪魔のいけにえ2』など、ホラー映画史に極彩色でビガビガしたド派手な傑作群を残すこととなります。

can09

また、黒澤明のハリウッド・デビュー作になる予定だったものの製作が頓挫して宙に浮いていた“チーム黒澤”による脚本と権利を買い取り(手を加え……)『暴走機関車』として完成させます。

低迷していたロバート・アルトマンには『フール・フォア・ラブ』を作らせるついでに、自分たちの映画製作スタイルを見せつけて、上記した『ザ・プレイヤー』へ繋げる重要な役割を担います。

can10

出典:http://shihlun.tumblr.com/image/98835767579

さらには、あのジャン=リュック・ゴダールに大金を投入し『ゴダールのリア王』を作らせます。ピーター・セラーズにウディ・アレン、人気絶頂期のモリー・リングウォルドを出演させながら、それでも出来あがったのは観客を韜晦させるいつものゴダール節な作品となっています。

『キャノンフィルムズ爆走風雲録』とメナヘム・ゴーラン映画祭

can11

そんな玉石混淆としたキャノンフィルムズ製作映画を集めた「メナヘム・ゴーラン映画祭」が11月14日から、彼らの映画製作裏話をまとめたドキュメンタリー映画『キャノンフィルムズ爆走風雲録』の上映が11月21日から始まります。(公式サイトはコチラ!

『キャノンフィルムズ爆走風雲録』では、あっけらかんとしたハイ・コンセプト映画製作秘話や、アーティスト肌なゴーランと資金繰りの達人グローバスの確執などが語られます。

「メナヘム・ゴーラン映画祭」では、キャノン・フィルムズを代表する『ブラッド・スポーツ』や『ニンジャ』『スペース・バンパイア』のボンクラな傑作に加え、ジョン・カサベテス後期の傑作『ラブ・ストリームス』や、メナヘム・ゴーランが監督時代に撮った文芸作『エルドラド』など、ソフト化も無く観賞機会の少ない作品が上映されます

ショー・コスギやヴァン・ダムの間にジョン・カサベテスやバーベット・シュローダーが混じる、進学組と就職組が一緒にいる公立高校の教室じみたラインアップになっています。

混然とした80年代のアメリカを象徴するキャノン・フィルムズの舞台裏と、そこから生まれた傑作群を、この機会にスクリーンで体験してみてください。

見ないとこうだ!

can14

出典:http://blog.tvstoreonline.com/2015/10/top-5-chuck-norris-movies.html

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ガーーーン
    2.5
    80年代低予算映画で名を馳せたキャノンフイルムの栄枯盛衰 投資の拡大に伴って体制を整備できなかったから潰れちゃう っていう経営の原則を見せてくれる経営逆指南書 映画に対する愛情がありそうでなさそう 過去の栄光に囚われてるところ、全女の松永会長思い出す
  • ふジおか
    3
    B級映画好きにはたまらないドキュメンタリー イスラエルの映画監督が低予算映画でアメリカンドリームを掴むまでと、夢の終わりまでを記録したドキュ ある意味では、イスラエルの映画史を知れる貴重な機会
  • nobuo
    -
    スタローンと何かと縁の深いキャノンフィルムズ関係者のドキュメンタリー。 観る上で必須と思われる事前知識が足りなかったのでスコア付けません。「スーパーマン4」は観ておくべきだった。そして大好きな「オーバーザトップ」が大コケしていた事も知っておくべきだった。マジかよ...。 エピソードの波乱万丈感、メナヘム・ヨーラム両氏のキャラの濃さは伝記映画向きな気もする。 やはりヴァンダムはヤバい奴だった。
  • 浅野公喜
    3.8
    リアルタイムではないものの、ノリス、ブロンソン、トービー・フーパー監督の80年代中盤辺りの作品を観ると毎回冒頭にロゴが出たキャノンフィルムズ。幼い頃は日本のキャノンが映画事業に参入しているんだな、と勝手に思ってました(笑)。 これはキャノンの設立者二人の栄枯衰退のドキュメンタリー。イスラエルからアメリカに来て凄まじい勢いでアメリカンドリームを掴んでいくその姿には圧倒されました。変に作家性に拘らず「観客第一」という姿勢にも共鳴。結局粗製濫造的な映画制作が原因で会社は衰えていくのですが、エンディングの現在の二人の姿は映画を作る側の人間がそのまま映画の主役になるような濃くてドラマティックな人生を送っていた、という感動が有りました。 片方のメナハム・ゴーラン監督はこのドキュメンタリー完成直後亡くなってしまったみたいですが、そのエンディングでも「また返り咲くぞ!」「オスカーを取れる作品があるんだ!」と年老いてもなお映画への情熱と自信を失っていない姿には天晴れとしか言いようがありません。
  • ジャッキーケン
    3.5
    80年代ハリウッドを支配したイスラエル人監督コンビによる伝説的映画会社キャノンフィルムズの設立前、全盛期、衰退期を描くチャールズブロンソン、チャックノリスに最大のリスペクトを寄せるドキュメンタリー! ドキュメンタリーブームが来てるから本作も鑑賞! 秘宝チルドレンにオススメドキュメンタリーの一つで今でこそハリウッドはキャスト、スタッフに多人種を盛り込み白人上位社会な部分は昔より薄れてきてはいるけどその昔80年代のハリウッドを支配していたのがイスラエル人監督メナヘムゴーラン(オーバーザトップ!デルタフォース!)とその相棒であり資金調達の達人ヨーラムグローバス2人の友情と決別を映す この2人がメジャースタジオが10年かけて作る本数をたったの1年で撮りありとあらゆる手段を使って映画を売りまくる! アクション、ホラー、ソフトポルノとなるべく低予算で数だけ量産しているからもちろん評論家からはそっぽ向かれてはいるがこの2人がいなければチャールズブロンソンもチャックノリスもジャンクロードヴァンダムも誕生することはなかった! B級映画がいかに存在意義があるかが分かる イスラエルでは大成功しハリウッドに進出するも海外からアメリカに送金することのできないシステムによって渡米時にたった500ドルを手にアメリカで大成功していくビジネスの面でも面白い ある俳優が最初来た時はぼろ家のような事務所が次来た時にはデッケエ新築ビルになっていたと成功スピードの尋常じゃなさ ハリウッドを支配しカンヌを支配し映画の頂点に登り詰めたその時、時代の流れかはたまたスタローンのせいか「オーバーザトップ」の大失敗によってどん底に追い込まれてしまう、それを皮切りにコンビにも亀裂が入りこの2人の物語はなんとも切ない終わりを迎えてしまう もう当時のように年に50本も映画を撮ることはできないが再会を果たしまた映画を作ろうと誓い合うゴーランとグローバスの2人には目頭が熱くなる エンドロールで自分たちの映画をスクリーンで鑑賞しては思い出に浸り チャックノリスは最高!とか ミュージカルシーンで一緒に歌い出すとか 彼らは本当に映画と結婚をした映画人であるんだなって思った 秘宝チルドレンは見るべきドキュメンタリー チャックノリス信者は見るべき いかに安く撮りいかに売るか映画ビジネスを学びたい人にもオススメ
キャノンフィルムズ爆走風雲録
のレビュー(129件)