天才かつ超変人をトビー・マグワイアが熱演!チェス映画『完全なるチェックメイト』

映画が好きなただのBar主人

店主

俳優や監督に興味がなくても設定や題材だけで「なんだそれ!?面白そう!」と思わせる、あまり映画では取り上げられないテーマを扱う映画は1年の内に少なからず存在します。

2015年公開作品でもドラマーをテーマにした『セッション』、パパラッチをテーマにした『ナイトクローラー』、囲碁×アクションの『神の一手』、世界一のステーキ屋を決めるドキュメンタリー『ステーキ・レボリューション』等いろいろ。

そんな中、チェスを題材にした『完全なるチェックメイト』が日本公開となりました!映画で取り上げられる事が少ない世界的盤上ゲームである「チェス」。それに人生を捧げた狂気の天才を本作は描いております。

check01

(C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.

チェスのルールを知らなくても問題ナシ!これは一人の偉人(変人)の物語だ!

筆者は「チェスの映画ってなんだ!?面白くないはずがない!」と意気込んで本作を観賞しましたが実はチェスの知識はほとんどありません(洋物の将棋というニュアンスぐらい)。

結論としては、チェスの知識全くナシでも問題ございません!チェスで戦い相手をなぎ倒していく様はさながら異色のスポーツ映画。むしろボクシングや格闘技モノに近いかもしれません。

ただスポーツ映画的なノリなのかと言われればそうでもなく、本作は伝説のチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの伝記映画としての要素がメイン。

このボビー・フィッシャーが個性的過ぎてチェスの試合よりも彼の人間性の方がインパクト大。チェスに全てを捧げたせいか協調性皆無。超ワガママかつ超理不尽。そして奇行の嵐。筆者が当事者なら間違いなくタコ殴り!

しかしチェスの腕前は超一級品なので誰も文句が言えない。大成功した後に調子に乗って傍若無人に振舞うアーティストとは違い、めちゃくちゃ超神経質な根っからの変人という意味でモーツァルトに揶揄されます。

呼吸も瞬きも許されない!?ド緊張感溢れるラストのチェスバトルは必見!

本作最大の見所はソ連代表のボリス・スパスキーとの世紀の一戦に他なりません。最強の敵スパスキーとの戦いはアメリカとソ連の威信を賭けた戦いとして1970年当時実際にメディアでも関心が高い一戦だったようです。

チェスのプロの試合はボクシングのように何ラウンドも戦う方式で(しかも何日もかけて)その試合方式に驚き。圧倒的な実力を見せるスパスキーにボビーはどのようにして対抗するのか注目です。

超神経質なボビーは試合中の観客やカメラの雑音までもが気が散ると主張し出します。実際に観賞しているとその試合会場に居合わせているかのようなド緊張感が凄い!

ここで面白いのは常識人だと思われていたソ連のスパスキーも常人では考えられない行動を取り始めます。驚異的な集中力と思考能力が必要とされるチェス。常人でない領域に踏み込んだ者たちは狂気の世界へと足を踏み入れるのか…

チェスって恐ろしい!!

ボビー・フィッシャーの強烈なキャラクターをトビー・マグワイアが怪演!

主演は大ヒットしたサム・ライミ監督の『スパイダーマン』や『ビッグフィッシュ』でお馴染みのトビー・マグワイア。超奇天烈なボビー・フィッシャーを熱演。プロデューサーも兼任しておりその意気込みが伝わります。

トビーのギョロっとした瞬き少なめな目つきが変人役に合っており実に自然体で違和感なく演じきっています。良い意味であまり特徴のない俳優さんでしたがどうしても憎めないそのキャラはハリウッドでも貴重。

まだまだ若いと思いきやもう彼も40歳!童顔過ぎて全然見えないですが、本作を観ると実にイイ俳優に成長したなーと関心(元々良い俳優さんですが)。本作での演技がキャリア最高のモノと言っても過言ではないと断言します!

エドワード・ズウィックの確かな手腕、特に音の演出が光る意欲作

「チェスが題材」というのも観たい理由でしたがもうひとつの観たい理由は本作の監督がエドワード・ズウィックという点でした。

『グローリー』『ラスト・サムライ』『ブラッド・ダイアモンド』と比較的地味ながらも地に足をついたハリウッド映画を撮れる監督で筆者としては絶対的に信頼の置ける監督です。

格調高くも重苦し過ぎない映像、確かな演出とプロットで今回も間違いありません。作風的にはシリアスドラマや伝記モノが得意なズウィック監督ですが『ラブ&ドラッグ』みたいなラブコメも撮れるんだから好感が持てます。

特に本作では、盤上で戦うチェス戦士たちの異常な世界を演出するための要素として“音”の表現が凄い。この緊張感は映画館で味わわないと勿体無いので是非とも映画館での観賞をオススメします!

本作でボビー・フィッシャーに興味を持った方は、今回の『完全なるチェックメイト』公開を機にパッケージが日本発売になった『ボビー・フィッシャー 世界と闘った男(2011年制作)』もチェック!

bobby

今回のボビー・フィッシャー、トビー・マグワイアも実に良かったですが、ティム・ロスがやってもハマるかもしれません。神経質な変人役はうまいし、何より見た目が似ていると思いますので(笑)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • じろともトン
    5
    #映画 #movie #映画好きと繋がりたい #ネタバレなし #トビーマクガイア ◯「 #完全なるチェックメイト 」#エドワードズウィック 監督。 ◯ #サムライミ 監督版「 #スパイダーマン 」役で知られるトビー・マクガイアは、童顔だけど演技派俳優の一面もあります。 ◯「完全なるチェックメイト」はそんな彼の演技派俳優の演技を堪能できる骨太な伝記映画。 マクガイアが制作もしています。 ◯世界的な天才的なチェスプレイヤー、チェスの世界チャンピオンでもある #ボビーフィッシャー の東西冷戦時の物語。 ◯余談ですが #スタンリーキューブリック 監督はチェスの達人として有名で、映画監督の前は、ジャーナリストなカメラマンと、チェスで映画資金を集めてたというエピソードがあります。「 #シャイニング 」のコック役の俳優さんに一度負けたことがあるそう。 それで原作とは違う扱いになったのは気のせいだと思います。 ◯監督は大作からドラマ作品まで多彩な監督作品がある、エドワード・ズウィック監督。 演出の堅実さが冴えています。 ◯そして脚本は最近、骨太で硬派な作品に関わっている #スティーブンナイト が脚本。 彼の凄さは #トムハーディ がもうラブストーリーには出る気はないけどスティーブンが監督するなら出るよ、と言われるくらい信頼されてる脚本家、監督。 ◯ドビー・マグガイアのボビー・フィッシャーにしか理解できない、苦悩とプライドと頭の中を体現した様な繊細な演技がすごいです。 ◯対する対戦相手の #リーヴシュレイバー の演技もすごい。 ◯対戦中の「音」に対する俳優陣と演出の繊細な緊張感もすごいです。 ◯ボビー・フィッシャーを以前、負かした事のある、対戦の時に常に側にいて、フィッシャーの次の手を読み、唯一の理解者である様な存在でいる元天才チェスプレイヤーの神父、ビルロンバーディを演じた #ピーターサーズガード は「 #エスター 」「 #フライトプラン 」などにも出演してたけど、この映画での存在感とカッコ良さを再発見。 ほんとにこんな神父さんいたのかな?と調べたらいたらしいです。 新作は #ロバードパティンソン 版「 #バットマン 」最新作で噂ではヴィランを演じるそう。 ◯脚本も演出も知的で緻密で、一見シンプルな対面で競うチェスの話なのに、周りの当時の状況も的確に盛り込んで描いているので、緊張感が収まらない様な映画。 ◯ボビー・フィッシャーのその後の人生よりも、この対戦の緊張感を感じる映画だと思います。オススメ。
  • ずどこんちょ
    3.1
    米ソ冷戦時代にチェス界に現れたアメリカの新星が国の威信をかけて挑んだ、ソ連の絶対王者。 盤上の第三次世界大戦と言われた伝説の一戦が事実に基づいて描かれた作品です。 主演はサム・ライミ監督版『スパイダーマン』でお馴染みのトビー・マグワイアです。 勝利に執着し、自分こそが世界王者に相応しいと豪語する自信家のボビーですが、チェスという才能がなければとにかく癖が強くて関わりたくない嫌な人間。 無理難題を要求して周囲を振り回し、すべてが自分の要求通りになると思い込んでいます。 それら特異的な行動はやはり極限状態での頭脳戦が彼らに重圧となってのしかかっていたからではないでしょうか。 IQ187だそうです。常人なら見えないものもボビーには見えていたはず。 たった一手で無数の手数が拡大するチェス競技は、もはや広大な宇宙の中で解を求めて旅するようなもの。そんな世界を連日繰り返していれば、日常生活でも些細な出来事や普通なら気に掛けないような変化だけで無数の予想や良くない妄想に繋がってしまうのでしょう。 常に監視の目があり、盗聴され、搭乗する飛行機は爆破されると妄想して生き辛さを抱えていたボビー。 世界王者を決する試合でも、ほんの些細なカメラの起動音や観客の咳払い一つで集中力を欠き、試合に身が入らなくなります。 もしかするとそこには、勝たなければならないという重圧に追い詰められ、プレッシャーから逃れるための無意識の言い訳探しもあったのかもしれませんが。 チェスで勝利を掴むために無理難題を要求し続けたボビーでしたが、こだわりの一つに完全なる静寂がありました。 チェスに集中するための音のない環境を求め続けていたボビーは、子供の頃に母親すらも家から追い出します。 それでもきっと完全な静寂は手に入らなかったはず。個人的にはボビーの精神不安定はこの頃に始まったように思います。 チェスに集中できる環境をどれほど求めても、完全な静寂などこの世界に生きる限り手に入れられるはずもない。遠くの虫の羽音や、空気の流れすらも極限状態にあれば感じ取ってしまうからです。 手に入らないものを求めてもがき続ける中で、ボビーはあまりにも多くの大切なことを犠牲にしてしまうのです。 国の威信をかけた闘いを終えた後、精神状態を悪化させ続けたボビーは表舞台から消えて行方を眩ませました。警察に逮捕され、亡命するなど華やかさとは程遠い運命を辿ることに。 その生涯が幸せだったかどうかは分かりませんが、彼が勝利へ執着するあまりに多くのものを犠牲にしてきたことは間違いないでしょう。
  • 馬渕じゃんぼ直人
    3.4
    ボビーフィッシャーの史実を描いた物語 天才と狂人は紙一重
  • vivalaviwa
    3.4
    チェスの手解きを受けて鑑賞 国を挙げての熱狂 欧州各国での大会 なぜかグレン・グールドとかぶる。笑
  • ケイスケ
    -
    記録用
完全なるチェックメイト
のレビュー(7500件)