天才かつ超変人をトビー・マグワイアが熱演!チェス映画『完全なるチェックメイト』

映画が好きなただのBar主人

店主

俳優や監督に興味がなくても設定や題材だけで「なんだそれ!?面白そう!」と思わせる、あまり映画では取り上げられないテーマを扱う映画は1年の内に少なからず存在します。

2015年公開作品でもドラマーをテーマにした『セッション』、パパラッチをテーマにした『ナイトクローラー』、囲碁×アクションの『神の一手』、世界一のステーキ屋を決めるドキュメンタリー『ステーキ・レボリューション』等いろいろ。

そんな中、チェスを題材にした『完全なるチェックメイト』が日本公開となりました!映画で取り上げられる事が少ない世界的盤上ゲームである「チェス」。それに人生を捧げた狂気の天才を本作は描いております。

check01

(C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.

チェスのルールを知らなくても問題ナシ!これは一人の偉人(変人)の物語だ!

筆者は「チェスの映画ってなんだ!?面白くないはずがない!」と意気込んで本作を観賞しましたが実はチェスの知識はほとんどありません(洋物の将棋というニュアンスぐらい)。

結論としては、チェスの知識全くナシでも問題ございません!チェスで戦い相手をなぎ倒していく様はさながら異色のスポーツ映画。むしろボクシングや格闘技モノに近いかもしれません。

ただスポーツ映画的なノリなのかと言われればそうでもなく、本作は伝説のチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの伝記映画としての要素がメイン。

このボビー・フィッシャーが個性的過ぎてチェスの試合よりも彼の人間性の方がインパクト大。チェスに全てを捧げたせいか協調性皆無。超ワガママかつ超理不尽。そして奇行の嵐。筆者が当事者なら間違いなくタコ殴り!

しかしチェスの腕前は超一級品なので誰も文句が言えない。大成功した後に調子に乗って傍若無人に振舞うアーティストとは違い、めちゃくちゃ超神経質な根っからの変人という意味でモーツァルトに揶揄されます。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

呼吸も瞬きも許されない!?ド緊張感溢れるラストのチェスバトルは必見!

本作最大の見所はソ連代表のボリス・スパスキーとの世紀の一戦に他なりません。最強の敵スパスキーとの戦いはアメリカとソ連の威信を賭けた戦いとして1970年当時実際にメディアでも関心が高い一戦だったようです。

チェスのプロの試合はボクシングのように何ラウンドも戦う方式で(しかも何日もかけて)その試合方式に驚き。圧倒的な実力を見せるスパスキーにボビーはどのようにして対抗するのか注目です。

超神経質なボビーは試合中の観客やカメラの雑音までもが気が散ると主張し出します。実際に観賞しているとその試合会場に居合わせているかのようなド緊張感が凄い!

ここで面白いのは常識人だと思われていたソ連のスパスキーも常人では考えられない行動を取り始めます。驚異的な集中力と思考能力が必要とされるチェス。常人でない領域に踏み込んだ者たちは狂気の世界へと足を踏み入れるのか…

チェスって恐ろしい!!

ボビー・フィッシャーの強烈なキャラクターをトビー・マグワイアが怪演!

主演は大ヒットしたサム・ライミ監督の『スパイダーマン』や『ビッグフィッシュ』でお馴染みのトビー・マグワイア。超奇天烈なボビー・フィッシャーを熱演。プロデューサーも兼任しておりその意気込みが伝わります。

トビーのギョロっとした瞬き少なめな目つきが変人役に合っており実に自然体で違和感なく演じきっています。良い意味であまり特徴のない俳優さんでしたがどうしても憎めないそのキャラはハリウッドでも貴重。

まだまだ若いと思いきやもう彼も40歳!童顔過ぎて全然見えないですが、本作を観ると実にイイ俳優に成長したなーと関心(元々良い俳優さんですが)。本作での演技がキャリア最高のモノと言っても過言ではないと断言します!

エドワード・ズウィックの確かな手腕、特に音の演出が光る意欲作

「チェスが題材」というのも観たい理由でしたがもうひとつの観たい理由は本作の監督がエドワード・ズウィックという点でした。

『グローリー』『ラスト・サムライ』『ブラッド・ダイアモンド』と比較的地味ながらも地に足をついたハリウッド映画を撮れる監督で筆者としては絶対的に信頼の置ける監督です。

格調高くも重苦し過ぎない映像、確かな演出とプロットで今回も間違いありません。作風的にはシリアスドラマや伝記モノが得意なズウィック監督ですが『ラブ&ドラッグ』みたいなラブコメも撮れるんだから好感が持てます。

特に本作では、盤上で戦うチェス戦士たちの異常な世界を演出するための要素として“音”の表現が凄い。この緊張感は映画館で味わわないと勿体無いので是非とも映画館での観賞をオススメします!

本作でボビー・フィッシャーに興味を持った方は、今回の『完全なるチェックメイト』公開を機にパッケージが日本発売になった『ボビー・フィッシャー 世界と闘った男(2011年制作)』もチェック!

bobby

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

今回のボビー・フィッシャー、トビー・マグワイアも実に良かったですが、ティム・ロスがやってもハマるかもしれません。神経質な変人役はうまいし、何より見た目が似ていると思いますので(笑)

 

※2021年10月29日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.6
    2022.70
  • あおねこ
    3.7
    チェスのルールもボビーフィッシャーという方も全然知りませんが、それでも面白く最後まで飽きずに観れました。ボビーさんはかなり神経質で精神的に特殊な人だったようですが、その役をトビーさんが見事に演じていたと思います。ピーターさんが珍しく(?)悪役じゃないのも良かったです。
  • lente
    -
    物語として描かれる 無垢(イノセント)の本質にあるもの 2/6 この映画に描かれる米ソ冷戦構造が生々しかった時代に生まれた僕が、少年の頃に見ていた2大悪夢があります。1つは母親の死。そしてもう1つは、家の近所を歩いていると夕焼けに染まる西の空が核の光で真っ白に消されていくというものでした。 そんな夢を繰り返し見ていた小学校6年生のとき、チェスの駒盤の美しさに強く惹かれたことがありました。近くの玩具店でボード・セットを買ったときの高揚感を今でもはっきりと覚えています。誰かと対戦するよりも、どんな風に駒が動くのかをただ知りたかった。こんなに美しい駒と盤ならきっと動きも美しいに違いない。 そして買い求めた教科書がボビー・フィッシャーの著作でした。淡々とした問題形式の本だったのですが、フィッシャーが実践で動かした記録から作られていたため多くの言葉は要りませんでした。実際の駒と盤を使って問題を解いていったある日、天才の息吹が聞こえたような気がしました。その一手には美が宿っているように感じられた。 ですからボビー・フィッシャーの名前を思い浮かべるとき「世界の滅びに匹敵する美は存在するか」という命題を僕はつい思ってしまいます。 舞台になっているのは1960年代から1972年にかけて繰り広げられたチェスの世界大会。核戦争が具体的な外交政策の延長線上に、手を伸ばせばすぐにあったような時代。国際チェス大会が、米ソの代理戦争としての色彩を次第に強めていく雰囲気がこの映画にはよく表れています。 原題は『Pawn Sacrifice(ポーンの犠牲)』。Pawn(ポーン)というのは将棋でいう「歩」に相当するものでチェスのなかで最も弱い駒なのですが、相手にとっての一番手前のラインまで行くと最強の駒であるQueen(クイーン)になれる性質があります。当時の為政者であるアメリカの「ニクソン/CIA」やソ連の「ブレジネフ/KGB」にとって「ボビー・フィッシャー(米)/スパスキー(ソ)」はPawn(ポーン)のようなものだったことがタイトルには込められているようです。 そのPawn(ポーン)がSacrifice(犠牲)として代理戦争のただ中に送り込まれる。全世界を滅ぼす核を背景とした米ソ冷戦の代理戦争。 同様の舞台はNetflixのドラマ『クイーンズ・ギャンビット』にも用いられており、主人公のベス・ハーモン(アニャ・テイラー=ジョイ)はあきらかにボビー・フィッシャーをモデルにしています。薬物とアルコールへの依存などはフィッシャーの精神的な不安定さを採り入れたものでしょうし、またそうした人物像を女性とすることで今の時代に求められている声をドラマに仕立てたもののように思います。 予備知識なしでたいへん面白いドラマでしたし元気にもなれるのですが、この『完全なるチェックメイト』を先に観ておくとさらに奥行きが増すように思います。なぜ彼女があれほどまでに自暴自棄になっていくのか生い立ち以外の側面にも光が当たるはずです。 また僕のなかでの関連作として『ボビー・フィッシャーを探して』(1993年)を先にレビューしておいたのですが、GIFT(才能)とINNOCENT(無垢)とGUILTY(罪)の三角関係がどの作品にも裏テーマとしてはっきり浮かんでいるように思えます。 GIFT(才能)というラインを挟んで、INNOCENT(無垢)とGUILTY(罪)の間を往き来する姿がこれら3作品には同様に描かれており、それはチェスの駒と盤に象徴されるブラック&ホワイトを見るような趣(おもむき)があります。『ボビー・フィッシャーを探して』で少年が見つめたものはホワイト/INNOCENT(無垢)側から見たブラック/GUILTY(罪)のゆくえだったでしょうし、『クイーンズ・ギャンビット』のラストシーンで少女が真っ白なコートを着て公園のチェスファンに祝福されるのは、ブラック/GUILTY(罪)を通過したあとに回復したホワイト/INNOCENT(無垢)だったように思います。 いっぽうこの作品に描かれるボビー・フィッシャーだけは、INNOCENT(無垢)とGUILTY(罪)の彼岸に立っていた印象があります。フィッシャーがチェスという小宇宙で表現したものは、為政者たちにとってはPawn(ポーン)のようなものであったとしても、まるでQueen(クイーン)のように絶対的な美として存在しながら政治もヒューマニズムも届かない場所へと僕たち連れて行く。その場所ではいっさいのものは沈黙するしかない。 世界の滅びに匹敵する美は存在するか。 少年期に知ったあの美しい一手がどのような状況下で生み出されたのか、そしてチェスに関する造形などまったくない少年の心をどうしてあんなにも揺さぶったのか、映画はその機微をうまく表しているように思います。
  • まこちゃん
    3
    チェスわからないせいか、難しかった
  • しょうこちゃん
    3.5
    ただひとつの答えの為に死の準備を整える
完全なるチェックメイト
のレビュー(8636件)