無理して大人にならなくても良い!新成人に送りたい青春映画『百万円と苦虫女』

2016.01.11
邦画

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

本日は成人の日。今年は平成7年(1995年)度生まれの方々が新成人ですね。新成人の皆様、おめでとうございます!本日は成人式に出席して、久しく会っていない同級生と懐かしい話に話が弾み楽しい一日になる方も多いのではないでしょうか。

お祝いムードとは反対に世間では破天荒な新成人が毎年メディア等でクローズアップされてしまうのも悲しい一面です。20歳とはいえ、まだ学生の方も多いと思いますし、社会に出て行くことについて実感していない方もいるかと思います。

今回はお祝いの代わりと言っては何ですが、そんな迷える新成人になる方に観て欲しい映画をご紹介します。蒼井優さん主演の切ないけど、とっても爽やかな希望がある映画です。

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女の簡単なあらすじ

就職浪人中の不器用な21歳の女の子、鈴子(蒼井優)。ひょんなことから前科持ちになってしまい、実家を離れて各地を転々としアルバイトをしながら生活をしていきます。1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める青春ロードムービーです。

こんな人に特に観てもらいたい!

団体行動が苦手。
ひとりでいるのが好き。
だけど人とのつながりをなくなることを恐れて、愛想笑いをしたり人に合わせたりする。

これらに当てはまるのが主人公の鈴子であり、”苦虫”笑いをして生きる自身のことを”苦虫女”と自分で言い表します。鈴子の悩みは20代の男女に、きっと共感を与えるものだと思います。

大人になるということ

成人、大人になるとはどういうことを言うのでしょうか。

社会的に責任を取ること?
働いて収入を得ること?
一人暮らしをして、自分で生きるお金を稼ぐこと?

今日を機に「大人になったね!」なんて言われても何が変わったか実感はわくでしょうか。「自分探し」なんて言葉がありますが、まず自分が何なのか分からない、ましてやこの先どういった仕事に就くか分からない人にいきなり「成人になったから責任を取れ」と言われても呆気に取られるだけだと筆者は思います。

無理して大人になろうとしなくてもいいのです。大人って何なのか考えなくても良いのです。これから多くのことを犠牲にしながらも、生きるために仕事をしたり、誰かのために懸命に生きるかと思います。そのひとつひとつの行動の過程が大事なことは間違いありません。

鈴子が転々と引越しをして生きていることを「自分探しですか?」と聞かれて応える印象的なセリフがあります。

「いや、むしろ探したくない。どうやったって自分の行動で自分は生きていかなくてはいけない。探さなくても自分はここにいるから。」

大人になるということは、今まで得てきたもの、もらってきたものから、何が一番自分らしいか、大切なものを見えやすくするために何かを捨てることかもしれません。今後、年を取るにつれて、たくさんのものを手にいれ、たくさんの人と出会います。一つ一つがかけがえのないものだと思いますが、同時に取捨選択して生きて行くことが必要になってきます。ときに大事なものを捨てる覚悟も。その取捨選択、ひとつひとつの決断していくことこそが、大人になる道なのかもしれません。

主題歌も優しい気持ちにさせてくれる

クラムボンのボーカリスト、鍵盤担当の原田郁子さんが歌われている「やわらかくて きもちいい風」という主題歌もとても素晴らしいです。エンドロールでこれが流れるとき自然と涙が流れます。優しくて心地よい気持ちにさせ最後まで余韻に浸ることができます。

出会いがあるから、別れもある!

仕事をするようになり、家族もできてくると、今まで大切だったひとと一緒にいる時間も取りにくくなります。それでも大切なひととは定期的に顔を見ることがどれだけ大事なことかこれからちょっとずつ分かると思います。

目の前にいるひとを大事に想うこと。想うだけで分かるでしょ?言わないで黙っている、愛想笑いをしているだけでなく、伝えることも重要なこと!自分がどう思っているか相手にそれが伝わっていなければ、コミュニケーションはできません。普段では言いにくいことも、友人、そして家族に伝えられるようになれたら素敵なおとなになれていると思います。

人生の中で自分のことをたくさん悩める時期です。是非新たな門出に立つ日にこそ『百万円と苦虫女』を観て希望のある未来を描いてもらえれば幸いです。

▼『百万円と苦虫女』予告編

(C)2008「百万円と苦虫女」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • rie
    4.0
    良かったです。 苦くて、どうしようも、逃げることもできない人生から必死に逃げようと転々とする姉と、どれだけ学校でいじめられても逃げまいと必死に耐える弟。 どうも人生っていうのは、強いもん勝ちみたいなところはあるし、ですが、私はどちらかという弱い方だと思うので1人でいるのが1番楽だと思ってしまったり。優ちゃん演じるスズ子よりの人間だと思いました。 色んな人の巡り会いとか、出会いにはいつかは別れはあるものだけど、あの最後の別れは惜しいと思うような、スッキリするような…苦い別れですね。人間は言わないと伝わらないらしいので。
  • mt
    -
    記録
  • kn
    4.1
    公開当時から好きで繰り返し観ている作品。 迷惑をかけず生きていきたいだけなのにどうして理不尽でつらい目に巻き込まれるのだろう。こちらの拒絶も無視して好意を押し付けたり、若い女だからといってアイドルに祭り上げたりしてくる連中のほうが図々しいが幸せそうだ。 困ったように笑うのは、その場をやり過ごすため愛想笑いをしようとして上手く笑えていないから。 自己主張が苦手で関わる人間の意思を確認せず失敗してしまったりコミュニケーションに不器用だけど仕事に真面目で自立して生きて行こうとする鈴子が好き。 コミュニケーションで相手と考え方の違いを調整したりする努力はスマホがある今でもとても難しい。 蒼井優ちゃんのタンクトップを着た薄い肩や押し潰されそうな佇まいが愛おしい。 森山未來くんはダンサーだからか歩いたり走ったりする姿が本当に絵になっていて物語に動きを与えている。 この二人が大好きなので何度観ても飽きません。
  • ミカ
    -
    こんな自由に憧れる
  • きみとめんま
    -
    コミュニケーションの話だと思いました。 お前ら全員死ね、は声に出して読みたい日本語。
  • coco
    4.0
    こういう生き方、憧れる 雰囲気が好き
  • まるやまなつき
    3.5
    「出会うために別れがあるんだと思います」 ほんとにその通りだと思った。 ラストの蒼井優ちゃんの 「来るわけないか!」が潔くてスキ。 ドーナツくわえてるところ可愛すぎて 巻き戻した(笑)
  • 田平
    -
    百万円がほしいって言ったら中学校の先生が百万円はがんばればすぐにたまりますよって答えたこと思い出した
  • 尻潔癖
    4.2
    出会うために別れるんだと思います。 悲しいけど悲しくない 最後もめちゃくちゃ良かった!!
  • choco
    3.8
    ラスト 頑張って欲しかった派ですが、生き方に憧れた。
  • SAHO
    3.7
    蒼井優の可愛さが詰まった映画。 不器用夏の森山未來もすごくいい。 終わり方が自分的に好き。 こんな生き方もやってみたいと思うけど、こんなに上手く100万円って貯まるもんなのかな。
  • midori
    3.5
    ゆるゆるでなかなか面白かった。告白シーンでああ、やっぱりこんな映画なのか…どガッカリしたがやはりそうではなかった ラストシーンが1番好き。 場面展開もわかりやすくとても内容の充実した作品だと思う。 私も彼女のようなふらふらとした生活を一度でいいからしてみたい。
  • つこさん
    3.6
    きろく
  • たぬ
    3.9
    記録
  • 田原彩水
    5.0
    一番好きな映画 ドーナツくわえた蒼井優がかわいすぎる こんな生活してみたい
  • きゅ
    5.0
    人生でもっとも好きな映画の一つ。 何かを始めたい人は見るべき
  • sae
    4.3
    だいすき ラストよい
  • やまだ
    3.5
    この作品を観て自分もとりあえず100万円貯めて何かを変えようと思った
  • 4.0
    邦画らしい邦画で、ゆるゆるとしたタッチで描いているけど、物語の展開もわかりやすくて退屈しない。ラストは自分だけじゃ理解できなくて、たくさんのレビューを読んでみたけど、それぞれの解釈でいいのかなぁ、って。 とりあえず、蒼井優の可愛さと透明感に脱帽…。ちょこっと最後に出てきただけの森山未來がとても良かった。 映像の撮り方や衣装や小物まで、可愛い。音楽も良かった気がする。
  • ゆかちー
    3.2
    記録
  • 真面目な冗談
    3.8
    前に出ず、主張もせず、人と関わらず静かに暮らせば平穏な生活が出来るかと云えば、このヒロインのようにかえって複雑な状態に陥ってしまう 百万をキリに複雑化する前に逃げ出すヒロインに安住の地ゎ見つからないよね クズだと思った彼氏も本当ゎ気弱ないい奴で「来るわけないか!」と呟く彼女ゎ潔い♪ 抜群の演技力の優ちゃんとエンディング&選曲がひたすら格好いい優秀作だと思うな! (^^)v
  • あお
    3.6
    抱きしめたい
  • へんりー
    3.5
    映画として良かったわ、ちゃんと撮られたし、つまらなくなかったし・・・まあでも、結局この映画の世界観が嫌い。蒼井優のキャラが冷たすぎて、話の流れも悲観的すぎてすぐ疲れてしまった僕。 こういう風な「現実が辛い」みたいな物語が流行っているらしいが、僕なら、もっと意識的でフィクションっぽい話、それとも人生と人間関係の良いものも見せる映画が好き。もちろん個人的な意見だが、まあこの映画はもったいないなあ、と思っている。
  • saru
    4.0
    記録
  • mocco
    4.3
    定期的に何度もみたくなる邦画。若い女の子の自立を描く作品。共感しながら生きていたはずなのに、こころの自立ができずに彼女の年齢を越してしまった… 引っ越し前のシーンと最後に住んだ花屋さんのシーンだけでりっぱな名作になると思う。愛されてること、いまそのときが美しいことは、あとになってからはじめて気づくものなんだなあ。 蒼井優も弟もすごくいいんだけど、ここは森山未來が最高。原田郁子さんの曲が主題歌なんだけど、これをみたあとにYUKIのミス・イエスタデイを聴くと泣けます
  • ちゃー
    3.8
    蒼井優の初々しさがたまらん 森山未來も出てきて最高
  • かなっぺ
    4.3
    よかったよーーーっ けどさラストはすごく切ないね 蒼井優の儚さ。透明感。こういう生き方してみたい。蒼井優好きじゃ。
  • リトルマッツ
    3.8
    人生ってこれぐらいうまくいかないもん。 これといった趣味も無い人だからあんなにお金たまるのかな笑
  • fantastickama
    3.0
    そういう生き方もあるか…
  • honeyeater
    3.8
    切ないけど、元気をもらえる映画。ハッピーエンド!で終わるよりこれくらいの方が断然好き。蒼井優の透明感が好き。
「百万円と苦虫女」
のレビュー(16355件)