無理して大人にならなくても良い!新成人に送りたい青春映画『百万円と苦虫女』

2016.01.11
邦画

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

本日は成人の日。今年は平成7年(1995年)度生まれの方々が新成人ですね。新成人の皆様、おめでとうございます!本日は成人式に出席して、久しく会っていない同級生と懐かしい話に話が弾み楽しい一日になる方も多いのではないでしょうか。

お祝いムードとは反対に世間では破天荒な新成人が毎年メディア等でクローズアップされてしまうのも悲しい一面です。20歳とはいえ、まだ学生の方も多いと思いますし、社会に出て行くことについて実感していない方もいるかと思います。

今回はお祝いの代わりと言っては何ですが、そんな迷える新成人になる方に観て欲しい映画をご紹介します。蒼井優さん主演の切ないけど、とっても爽やかな希望がある映画です。

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女の簡単なあらすじ

就職浪人中の不器用な21歳の女の子、鈴子(蒼井優)。ひょんなことから前科持ちになってしまい、実家を離れて各地を転々としアルバイトをしながら生活をしていきます。1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める青春ロードムービーです。

こんな人に特に観てもらいたい!

団体行動が苦手。
ひとりでいるのが好き。
だけど人とのつながりをなくなることを恐れて、愛想笑いをしたり人に合わせたりする。

これらに当てはまるのが主人公の鈴子であり、”苦虫”笑いをして生きる自身のことを”苦虫女”と自分で言い表します。鈴子の悩みは20代の男女に、きっと共感を与えるものだと思います。

大人になるということ

成人、大人になるとはどういうことを言うのでしょうか。

社会的に責任を取ること?
働いて収入を得ること?
一人暮らしをして、自分で生きるお金を稼ぐこと?

今日を機に「大人になったね!」なんて言われても何が変わったか実感はわくでしょうか。「自分探し」なんて言葉がありますが、まず自分が何なのか分からない、ましてやこの先どういった仕事に就くか分からない人にいきなり「成人になったから責任を取れ」と言われても呆気に取られるだけだと筆者は思います。

無理して大人になろうとしなくてもいいのです。大人って何なのか考えなくても良いのです。これから多くのことを犠牲にしながらも、生きるために仕事をしたり、誰かのために懸命に生きるかと思います。そのひとつひとつの行動の過程が大事なことは間違いありません。

鈴子が転々と引越しをして生きていることを「自分探しですか?」と聞かれて応える印象的なセリフがあります。

「いや、むしろ探したくない。どうやったって自分の行動で自分は生きていかなくてはいけない。探さなくても自分はここにいるから。」

大人になるということは、今まで得てきたもの、もらってきたものから、何が一番自分らしいか、大切なものを見えやすくするために何かを捨てることかもしれません。今後、年を取るにつれて、たくさんのものを手にいれ、たくさんの人と出会います。一つ一つがかけがえのないものだと思いますが、同時に取捨選択して生きて行くことが必要になってきます。ときに大事なものを捨てる覚悟も。その取捨選択、ひとつひとつの決断していくことこそが、大人になる道なのかもしれません。

主題歌も優しい気持ちにさせてくれる

クラムボンのボーカリスト、鍵盤担当の原田郁子さんが歌われている「やわらかくて きもちいい風」という主題歌もとても素晴らしいです。エンドロールでこれが流れるとき自然と涙が流れます。優しくて心地よい気持ちにさせ最後まで余韻に浸ることができます。

出会いがあるから、別れもある!

仕事をするようになり、家族もできてくると、今まで大切だったひとと一緒にいる時間も取りにくくなります。それでも大切なひととは定期的に顔を見ることがどれだけ大事なことかこれからちょっとずつ分かると思います。

目の前にいるひとを大事に想うこと。想うだけで分かるでしょ?言わないで黙っている、愛想笑いをしているだけでなく、伝えることも重要なこと!自分がどう思っているか相手にそれが伝わっていなければ、コミュニケーションはできません。普段では言いにくいことも、友人、そして家族に伝えられるようになれたら素敵なおとなになれていると思います。

人生の中で自分のことをたくさん悩める時期です。是非新たな門出に立つ日にこそ『百万円と苦虫女』を観て希望のある未来を描いてもらえれば幸いです。

▼『百万円と苦虫女』予告編

(C)2008「百万円と苦虫女」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • D
    4.2
    苦虫女感…。 蒼井優の演技がすごい好き。 森山未來っていつもああいう役だなー笑
  • まるこ
    -
    記録
  • HarunaTanaka
    3.0
    蒼井優、激かわいい。
  • KurumiYasuda
    4.2
    最近見た中で一番良い! 蒼井優は可愛いし、EDも映画に合ってた 終わりの 晴天の中二人が映るシーンが印象的
  • Megumi
    3.0
    蒼井優みたさに。。。
  • mnt
    3.8
    いい最後だった、若いうちしか出来ないよな〜と思いつつちょっと鈴子に憧れてしまう
  • shichimidayo
    3.7
    こんな生活も憧れるけどな〜 知り合いのいないところに行って 人間関係リセットする感じよくわかる ラストのシーンでうまく2人が出会ってたらまた違った未来があったんだろうけど、現実はこうよね〜。
  • MtFilm
    3.7
    ラストまさかああなると思わなかったけど、これが鈴子って人の人生なんだ。 自分が思ったことをちゃんと行動に移したり言葉にしたりするのは正直で良いですね。 自分を探さない旅、百万円貯まったら引っ越すって根気がいるけど憧れるなあ、たくさんの出会いが生まれそう 森山未來が星野源に見えて仕方がなかった。笑
  • まさみ
    -
    本を読んでからの映画だったけど、ラストは映画の方が余計に切なく思える。
  • 墨西哥
    3.2
    蒼井優さんを綺麗だと思ったことは今まであまり無かったけどこの映画を見てほんとにナチュラル美人だなぁと思った。 髪の毛を結ぶシーンがとても綺麗だった。 主人公の不器用さを描くいうよりも、どこに行っても弱さを他人にぶつける人間というのはいて、その中にも優しく暖かい人も少なからずいる。 主人公の弟をいじめるクラスメイトも主人公を責めた村人も主人公に素直に気持ちを伝えることが出来なかった森山未來さん演じる青年もみんな弱さを持っている。 自分や周囲の弱さに振り回されながら時には逃げて、それでも結局最後には立ち向かうしかないんですかね。 主人公の「自分を探したくない。何処に行っても自分はそこにいるから。」という台詞が好きです。 現実はそんなもんだよね、と苦笑いしてしまうようなラストも良かった。
  • Y子
    3.6
    面白かったーー! 蒼井優あんまり好きじゃなかったけどこれ観たら、え、可愛いって思った。 ピエール瀧優しくて、好き。あの親子には幸せになってもらいたい。 ちょっと切ない気もするけどこれはこれですごく良い。
  • -
    記録
  • harumi
    5.0
    独り暮らしを始めたばかりだったためかうっかり涙がでてしまった あたたかくなれる映画 そして蒼井優が可愛い こんな女の子になりたいと切実に思ってしまった、、
  • ri
    3.0
    苦笑したところも少しあったけど、見てて気持ちのよい簡潔さ 森山未來に拍手!
  • KonKon
    3.3
    記録
  • MoeKitagawa
    3.8
    終わり方もリアリティがあり、満足のいく映画でした。蒼井優が1番光ってます
  • Kei
    4.0
    蒼井優大好きです。特にこの役はよく似合っていました。100万円貯まったらその街を出ていくという設定も面白いです。海の家でかき氷を作るシーンがありますが、蒼井優がかき氷の写真集をその後出すのはここに起因しているんでしょうか?ラストシーンは様々な今後を彷彿とさせます。
  • YUKO
    4.1
    とても切ない気持ちになります。 (私も目的を作って、100万円貯めてみようかな?(笑))
  • saki
    3.9
    とても良い。 蒼井優可愛い。
  • UDA
    3.9
    こういう生き方かっこいい
  • チハル
    3.8
    こんな生活って、できるものなのでしょうか。やってみたい。こんなの若いうちしかできないよね絶対。 蒼井優ちゃんがひたすらに可愛い。 そしてお花屋さんの森山未來魅力的すぎません!?ベランダで野菜栽培してる森山未來素敵すぎません~~ 最後はどうなったんでしょうか。
  • no
    -
    記録
  • NINNIN
    3.2
    「青いほうが水で、赤いほうがお湯ですから……」
  • taka
    -
    何年も前にみて 内容あんまり 覚えてないけど 期待せずに観たけど おもしろかったな っていうのは覚えてる
  • Yurikoko
    -
    記録
  • はしば
    -
    自分も今年はそんな一年にしようかと思った。
  • ひな
    -
    記録
  • sushitabeyo
    3.5
    ラストが秀逸
  • 海月
    3.7
    なんだかんだロードムービーっていいよね。 スカッとする映画でした。気分転換におススメ。 蒼井優と森山未來以外の役者の演技が全員すばらしく棒に見えるのは、彼らが下手なのか、この二人が上手すぎるのか、どっちなんだろう。とにかくこの二人で持ってる映画でした。弟の演技とか、きっと脚本を書いていた監督の頭の中では全然違う風になる予定だったのだろう。子役って難しいね。 最初、色調がすごくちぐはぐで気持ち悪かったけれど、あれは演出なのだろうか。 なんか蒼井優って「可愛いのに不遇な女の子」の役のイメージが自分の中ですごく強い。どの映画でも一回は髪をボサボサにしてる気がする。
「百万円と苦虫女」
のレビュー(16978件)