【訃報】デヴィッド・ボウイが許さなかった映画『ベルベット・ゴールドマイン』とは?

Why So Serious ?

侍功夫

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイが逝去されました。享年69歳。先鋭的であり続け音楽シーンを常に牽引してきた彼の死に、多くのファンやミュージシャンから哀悼の意が伝えられています。

その活動は音楽のみならず、映画でも多くの傑作を残しています。代表作には自身のコンセプト・アルバム「ジギー・スターダスト」を思わせる地球に落ちて来た男や、幻想的な世界を支配するゴブリンの魔王ジャレットを演じたラビリンス/魔王の迷宮があります。

また、日本では特に坂本龍一やビートたけしと共演した大島渚監督作戦場のメリー・クリスマスで演じた妖艶で中性的なアーティスト・イメージを引き継いだジャック・セリアズ少佐がよく知られていると思います。

そんな、映画への理解が深いボウイが楽曲使用を求められながら、それを認めなかった作品があります。ボウイの曲名をそのままタイトルにした『ベルベット・ゴールドマイン』です。

『ベルベット・ゴールドマイン』

db01

『ベルベット・ゴールドマイン』は2016年2月11日より公開されるキャロル監督のトッド・ヘインズによる1998年の作品です。

新聞記者アーサーが編集長から命じられたのは70年代にグラム・ロックシーンを牽引しながら忽然と姿を消したアーティスト、ブライアン・スレイドの追跡調査でした。かつてイギリスのロック少年でグラム・ロックに傾倒していたアーサーは、当時のブライアン・スレイドを振り返りながらグラム・ロックシーンを回顧していきます。

劇中に登場する架空の70年代グラム・ロックスター「ブライアン・スレイド」と彼のペルソナ「マックスウェル・デイモン&ヴィーナス・イン・ファーズ」は「デヴィッド・ボウイ」とボウイのペルソナ「ジギー・スターダスト&ザ・スパイダース・フロム・マーズ」に当たります。

またユアン・マクレガーが演じる「ザ・ラッツ」の「カート・ワイルド」は「ザ・ストゥージーズ」の「イギー・ポップ」になります。劇中では2人の赤裸々な性愛の情景まで描いています。

この描写が楽曲提供の拒否に繋がったとウワサされていますが、ボウイがバイ・セクシャルであり、イギー・ポップと関係があったことはタブー視されているワケでも無く、ファンでなくとも誰でも知っていることです。

では、ボウイが本作への楽曲提供を拒んだ本当の理由は何だったのでしょうか?

(以降、作品のオチ・ネタバレにも言及していきます)

トミー・ストーンが象徴する人物とは?

劇中に国民的なスーパースターとしてポップ歌手「トミー・ストーン」が登場します。国の文化省が企画するイベントに代表として出演し、反逆的なロックの対極を行く、政府公認の健全なロックスターです。アーサーはその偽善的な姿にうんざりした表情を見せます。

その「トミー・ストーン」は、金髪のリーゼントで肩パットがこんもりと突き出したスーツを着込んでいます。その姿はボウイの「レッツ・ダンス」ツアー時の姿に酷似しているのです。終盤では、この「トミー・ストーン」こそ姿を消したブライアン・スレイドであることが突き止められます。

アーサーはかつて憧れ、夢にまで見た存在の凋落ぶりに吹っ切れたような思いを抱くことになります。

つまり「トミー・ストーン/ブライアン・スレイド=デヴィッド・ボウイ」で、トミー・ストーンもデヴィッド・ボウイを象徴しています。ここに楽曲提供拒否の理由があると思われます。

ボウイ債

1997年初頭、『ベルベット・ゴールドマイン』が公開される約2年前。デヴィッド・ボウイはそれまで発表したアルバムの著作権料やライブ活動で得るであろう収入を担保とし債券を発行します。俗に「ボウイ債(Bowie Bonds)」と呼ばれ、5,500万ドルを集めます。ボウイの後を追ってエルトン・ジョンやジェームズ・ブラウンらも、この制度を利用し活動費のねん出を行っています。

「アーティスト自身を債券化する」という、それまでボウイが象徴してきた「背徳」「反逆」のイメージからは遠くかけ離れた制度へ、正に身を投じたワケです。当然「反逆者」たるボウイへ傾倒していた人々は、大好きだった人が最も嫌っている世界へ行ってしまったような思いがあったことでしょう。

そして、その思いから作製されたのが『ベルベット・ゴールドマイン』なのです。

「快楽の金脈」から「お金の成る木」へ

「ベルベット・ゴールドマイン」=「ベルベットの金脈」とは「快楽が溢れ出る金脈」といったイメージになるでしょう。かつてボウイが倒錯した姿「ジギー・スターダスト」として多くのファンたちを快楽へいざなった様子と、ボウイ本人が「ボウイ債」により本当のお金を生みだす「金脈」に成り果てたというダブル・ミーニングにも捉えられます。

本来、本作のエンディングでかけたかったであろうボウイの「ベルベット・ゴールドマイン」の替わりには、スティーブ・ハーレイ&コックニー・レベルのヒット曲「メイク・ミー・スマイル」が流れます。

「全部オマエがブチ壊しにしたんだ。その青いおめめでどれだけウソをついたんだい? もういいよ。出て来てオレを笑わせてくれよ。何やったってもうイイよ。」

と、切々と唄われるその歌詞には監督トッド・ヘインズの、デヴィッド・ボウイに対する深い愛と熱い憎しみが入り混じった思いが読みとれます。

功罪の「功」

トッド・ヘインズがボウイを「トミー・ストーン」になぞらえて嫌っていたのは、おそらくフィリー・ソウルに傾倒していた時代を「ファンクはファンキーへ返し」と決別し、「スペース・オディティ」に登場する「トム少佐」を「あいつはただのジャンキーだった」と葬った「Ash to Ashes」を収録した1980年のアルバム「スケアリー・モンスターズ」以降でしょう。

特にナイル・ロジャースをプロデューサーに迎えた1983年のアルバム「レッツ・ダンス」は跳ねるようなキャッチーなビートで特大ヒットを記録しますが、それまでのボウイ・ファンには嫌われたそうです。

映画ズーランダーでボウイが登場する場面でも「レッツ・ダンス」の一節がアタック的に使用され、過剰で軽薄なオシャレを良くも悪くも象徴する扱いになっています。

ただ、もちろん。その時代以降のボウイ・ファンも存在します。

レオス・カラックス汚れた血でドニ・ラヴァンを疾走させた「モダン・ラブ」は、ノア・バームバック監督のフランシス・ハの疾走シーンへ受け継がれています。

また、1995年にブライアン・イーノをプロデューサーに迎えたアルバム「1.アウトサイド」は「死体でアート作品を作る連続殺人鬼」をテーマとしたコンセプト・アルバムになっています。ライナーとして付いていたボウイによるサブ・テキスト「ネイサン・アドラーの日記」に登場する殺人鬼のアート作品描写、「死の瞬間の記憶を脳みそから直接音声化して大音量で流し続ける死体で出来たスピーカー」は、先鋭的なホラー映画にも引けを取らない強烈なイメージを喚起させます。

常に変化し続け、固定のファンを突き放してでも次の一歩を踏み出さずにはいられず、楽しむようにチャレンジし続けたデヴィッド・ボウイの死は、どの時代のファンにとっても悲しいものです。

おそらくトッド・ヘインズもこの訃報には涙を流していることでしょう。

Ground control to Mr.Bowie

[[Logly Link]]

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • エス
    4.1
    前知識云々以前に……グラムロックという世界にはじめて出逢ったので……そりゃあもう鮮烈で、刺激がいっぱい…… 脈略とか時系列とかの概念が皆無で着いていくのに必死だったし、ポップでもありパンクにサイケでもありレトロでもあり、独創的で目まぐるしく、視覚に訴えるような作品といったところでした。芸術の洗礼…… ユアンマクレガーのビジュを求めて観るには大お門違いもいいところ笑 でも開始数十分、カートワイルドの''T.V.Eye''には一気に鳥肌が立ち、作品の温度感にまだ馴染めず、探り探りだった自分の心をがっちり捕まえられたような気がした。やっぱり凄い。凄い好きです。本当に幅広く演じるなと思うし、役者人生に身を投じている、という表現がぴったりな人だと思います。どこまで魅力的なんだよアナタ…… イギーポップやデヴィッドボウイなどの音楽シーンや時代背景をご存知の方には、めちゃくちゃ見応えのある映画だと思う。後に解説を読み、この作品に込められたトッド・ヘインズ監督の愛と憎しみの意を知った時にはおぉ……と胸にくるものがあったし、視聴2回目以降にはそのものの価値が全く違う。すごい。 そしてセクシュアリティについての描写もとても興味深くて、劇中に「今の時代のゲイは権利を求めて闘ってる。でも72年の当時はもっと''軽やか''だった。」とあった。なんとなくすごく変な気分で、その分野に限らず、この世の中の全部もっと''軽やか''でいいのになと感じた。柔軟さがどんどん欠けていってる。必要なのはこれだよ。 あとは後のバットマンとなるクリスチャンベイルがめちゃくちゃ初心で可愛かった笑 夢とロックと可能性と葛藤。そして金。 難しかったけど新しい世界を探求するのはめちゃくちゃ面白いし、諦めず見続けて良かったと思います。 見事な怪演ぶりから1年足らずでオビワンになってるの意味わからんすぎて最高。 ''The Ballad of Maxwell Demon''が楽曲の中で一番良かったな……と思ってたのにサントラごとデジタルには無くてかなしい……CD買います……
  • BiBiBiBiClyro
    3.5
    去り際が美しい人間…か。グラムロックについては全然知らないけど、実はよく知ってたりして。Placebo、来日して欲しい。え、えーと、話が逸れて申し訳ない、だってブライアンモルコが出演してるんやもの…(あぁ、マジで来日してください…東京でもどこでも飛びますので)。 背景は承知、そりゃボウイも納得しないか。色々知れて良かったです。音楽を聴く事に対して浅くて広いペラペラ主義で頑張ってたけど、深く追求していこうと思いました。ペラペラ卒業します! カートワイルドの顔がカートコバーンに見えたのは気のせい?
  • R
    3.7
    たいへん久々に見てみました! ビジュアル的には隅々まで大好きだけど、内容的にはどうでしょう。1970年代初頭、ヒッピー文化に次いでイギリスを席巻したグラムロックブーム、そのピークに君臨したブライアンスレイド。彼はある晩、コンサートの冒頭で射殺されるのだが、それはのちにアーティスティックな演出の一部であったと発表。さすがにやりすぎ! インチキ! と激怒する大衆にこき下ろされ、スレイドは忽然と姿を消してしまった。それから10年後。1984年。スレイドをテーマに「あの人は今」的記事を書くよう命じられたアーサーは、スレイドに最も近しかった人たちに話を聞きに行き、同時に、スレイドに熱を上げていた、自分自身の過去を回想していく。というお話。オープニングからさっそく目を奪うのは、50年代のモッズスタイルからカラフルなユニセックスへと移行するファッションと、浮かれた時代のムードに屹立する、煌びやか、クールでキャンプなグラムロッカーたち。とりわけブライアンスレイドは絶世のビジュアル。演じるジョナサンリースマイヤーズの美しさからは片時も目が離せない。こんなキレイな男が存在したこと、それ自体がスゴイ! でも、なーんか、中身のない空っぽ人間に見える。不思議。何考えてるのか誰も知らない、わからない、その上、他人の視点から遠目に見てるだけの存在だからなのかな? ただマイヤーズ氏、マッチポイントのダメンズぷりもサイコーにぴったりやったので、そういう印象を与えやすい人なのかもしれない。はたまた、そんくらい演技がうまいのか。それはさておき、前半は、スレイドの成功以前、まだ地味でパッとしなかった時代を、当時のプロデューサーの視点から描き、後半は、成功前後の事情をスレイドの妻の視点から語っていく。スレイドは妻公認のバイセクシャルであることをサラリと公言。カートワイルドという米国のミュージシャンに憧れていた彼は、人気が傾きかけたワイルドと手を組んで、彼の復活を助けようとする。その過程でふたりはだんだん恋仲になっていく。ワイルドを演じるのがブロンドロングヘアがセクシーなユアンマクレガー。初登場のシーンではナニをぶらぶら中指立てながら歌われてました。そんな感じでギラギラド派手なグラムロッカーたちの興隆と凋落を、コロコロ変化するトリッキーな語り口で展開。ミュージカルみたいに演出されてるのもあって、ほとんどのシーンで、当時のテイストの音楽が流れている。個人的にグラムロックってそんなに好きでないので、途中から耳が疲れてしんどかった。主演二人があんま歌がうまくないのもあり…。全体として、市民ケーンみたいな構成が面白くはあるんやけど、むかし何回か見たとき、全体としてどんな話なのか全く心に残らなかったのを覚えている。何度か見たいまは分かるけど、やっぱ独特な把握しにくさがあるな、と思った。ちょっと派手すぎるのかな。魅力でもあるんやけど。終盤は、エンディングっぽいシーンがいっぱい続くので、お腹いっぱいになるし。てか、登場人物みんな実在の人物にモチーフがいるって理解であってますよね? デビッドボーイとか? イギーポップとか? なのかな? そう考えると、実物のカリスマ性の方が断然上なので、そういう意味でも少々ビミョーな気持ちに。最後に、取材の聞き手のアーサー君について。毎度毎度決定的な目撃しすぎ! 目覚めのシーンリアルすぎ! 自慰時はもっと慎重に! えっ実は竿兄弟! 以上です。
  • 3.6
    グラムロックに心打たれる経験をしたことがないからか、シナリオも表現も結構退屈やった…いや、グラムロック好きでも退屈だったんじゃないかな ホモセクシュアルな乱痴気絡み多すぎて絶対テンポに差し障ってると思う ホモ描写(レズの場合も)入れるにしても、異性同性関係なくあくまで一要素としての姿勢というかそういうのだったらいいんやけど、明らかにこういう随所に散りばめて常に発情してるようにすると、紛いなりにも存在するストーリーの他の要素も貶めるし、こういうただ同性愛を消費することを無条件に嬉しがってる気持ち悪い視聴者も増えてしまうから、良くないと思います‼︎ 歌は全曲めちゃくちゃに良かった あとトムヨークらアーティスト陣
  • hironao
    -
    寂しがり屋さんです
ベルベット・ゴールドマイン
のレビュー(4385件)