映画「ジュマンジ」シリーズ一覧!『ザスーラ』も合わせて4作品を公開順に並べて紹介!

旅と映画と哲学と

タナカリオ

映画「ジュマンジ」シリーズを公開順に並べておさらい!『ザスーラ』も合わせて4作品のあらすじ&キャストをご紹介。

ゲームの出来事が現実に起こるという夢いっぱいのストーリー構成、誰でも楽しめる映像演出で人気になった「ジュマンジ」シリーズ。

最新作も含めてシリーズ4作品を公開順に並べて1紹介します。

ジュマンジ』(1995)

ある日“ジュマンジ”という名前のボードゲームを見つけたアラン(アダム・ハン=バード)。それはゲームでの出来事が現実でも起きる不思議なゲームだった。アランは遊んでいるうちに、ゲームの中のジャングルに閉じ込められてしまう。それから26年後、アランが住んでいた屋敷に移り住んだ姉弟が“ジュマンジ”を発見する。姉弟がジュマンジを遊び始めると、閉じ込められていたアラン(ロビン・ウィリアムズ)が呼び戻された。

設定や物語もわかりやすく子供がワクワクして見れるアドベンチャームービー。当時の最先端CG技術をふんだんに使い、沢山の動物を再現して画面を盛り上げる。大人になったけど精神的にはまだ少年というロビン・ウィリアムズの好演が光る。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ザスーラ』(2005)

ダニー(ジョナ・ボボ)は閉じ込められた地下室で“ザスーラ”というボードゲームを見つける。それは出た内容が現実になってしまうゲームで、内容通りダニーの家が宇宙に飛び出してしまう。ダニーは兄のウォルター(ジョシュ・ハッチャーソン)と一緒に地球に帰るためゲームを進める。

原作は『ジュマンジ』と同じ作者によって描かれた同名絵本。『ジュマンジ』の宇宙版ともとれる。前作はジャングルだったが、今作は宇宙空間がCGで細かに表現されている。兄弟がゲームを通じて仲良くなり成長していく様子に心温まる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)

学校の地下室で謎のビデオゲームを見つけた高校生4人は、キャラクターを選択しゲームを始める。すると、自分が選んだキャラクターに変身してゲーム内のジャングルに入り込んでしまう。4人は次々と野生動物に遭遇しながらもゲームをクリアして現実に戻るため奮闘する。

1作目から20年後の続編となった。今回は完全にゲームに入り込む内容。女子高生が太った中年学者に変身したりなど、現実とアバターのギャップの差が面白い。中身は気弱な少年だけどアバターは筋肉質で強い冒険家を、ドウェイン・ジョンソンが愉快に演じた。それぞれに特殊能力があり、チームワークでゲームを進めていく様子が面白い。友情や恋愛など人間ドラマもしっかり描かれる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019)

ゲームをクリアしてから2年が経ち、少年たちは大学生になっていたが、ゲームの興奮を忘れられず再びログインしてしまう。しかしゲームは壊れてバグっており、キャラクターもバラバラ、ステージもジャングルを超えて砂漠や氷山など難易度がはるかに上がっていた。それでもジュマンジの謎を解き現実に戻るため、協力し合ってゲームクリアを目指すのだった。

キャストは前作と同じだが、アバターと中身が違うのが特徴。役者の演じ分けがしっかりしており楽しめる。ゲーム設定やメンバーも増え前作以上のスリルと冒険が待っている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2020年7月6日時点の情報です。