名優ニコラスが帰ってきた!史上最高の演技と評判の『グランド・ジョー』を見逃すな!

文芸・映像翻訳者

樋口武志

俳優、ニコラス・ケイジと言えば『ザ・ロック』や『フェイス/オフ』で素晴らしい演技を見せ、『リービング・ラスベガス』ではアカデミー主演男優賞を獲得するほどの名優!

………………だったはずですが、近年ではこの動画で紹介されているようなコラ画像や

こんな映像↓が作られ、ときに大げさだと言われてしまう演技と相まって、ある種ネタと化している存在、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?(本人も、自分の演技を振り返り、演技が過剰な「Western Kabuki(西洋の歌舞伎)」みたいなときがあったと語っています)。

そんな彼が、役者としての真の実力を遺憾なく発揮した、原点回帰とも新境地とも言える作品『グランド・ジョー』が2016年3月18日よりTSUTAYA先行でレンタル開始されます。

グランド・ジョー

グランド・ジョー

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

作品について

『グランド・ジョー』は、南部を舞台にした作品を書き続けてきたラリー・ブラウンが1991年に発表した小説「Joe」(未邦訳)を、『スモーキング・ハイ』や『セルフィッシュ・サマー』のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督が映画化したもの。

何やら暗い過去を持つジョー(ニコラス・ケイジ)は、森に新しい木を植えるため古い木を腐らせていく仕事の監督をしながら、南部とおぼしき貧しい町で平穏に暮らしている。そこに、酒を飲んで暴力を振るってばかりの父親を持つ15歳の少年ゲリー(タイ・シェリダン)が仕事を求めてやって来て、二人の交流が始まる。

しかし、ジョーに恨みを持つ人物が復讐の機会を伺っており、ゲリーの家族にまで危険がおよび始める。それを知ったジョーは、ある行動に出るのだった……。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

南部を舞台にした西部劇?

原作のラリー・ブラウンは南部を舞台にした作品を数多く執筆していますが、監督のデヴィッド・ゴードン・グリーンが「Joe」を映画化しようと思ったのは、この作品に「罪のあがない」「復讐」という西部劇的な要素を見いだしたからだと言います。

そして「アウトローが罪をあがない次世代に何かを残す」という点を追及すべく、撮影地を原作の舞台ミシシッピ州から監督の地元テキサス州オースティンに変更し、作中では時代や場所を特定せず、南部だけでなくいつの時代の誰にでも通じる物語にしたかったのだと語っています(もちろん、服装や生活風景だけでなく、ダメな親父や、抜け出せない貧困や、どうしようもない負のスパイラルなどの南部的要素は、痛ましいほどふんだんに盛り込まれています)。

ネタバレになるので詳しくは言いませんが、「罪をあがない次世代に何かを残す」という点は、森での仕事が良い前フリとなって、ラストで見事に表現されています。脚本を担当したゲイリー・ホーキンスは監督の大学時代の教師だそうですが、彼も主人公ジョーの精神性を「サムライのようだ」と例えていました。

素人の役者たちが生み出す奇跡

この映画では森のほかにもうひとつ「犬」が象徴的な存在となっています。ジョーは自分が飼う利口で賢い犬を溺愛する一方で、売春宿にいるうるさい犬を猛烈に嫌っていて、それはまるで暗い過去と決別し、善良な生活にしがみつこうとするジョーの比喩のように感じられます。

途中、行方不明になった犬をジョーが必死に探すシーンも、犬をジョー自身の比喩だと考えるとなかなか感慨深いですし、ラストの犬の行く末も味わい深いものがあります。しかし、何より印象的なのは、ゲリーのダメ親父です。

このダメ親父がたまに着ているジャケットの後ろには「G-DAAWG」と書かれています。「G」は「Gangsta」とか「Ghetto」の略で、「DAAWG」は「Dawg」の変形で、「Dog(=犬)」が訛ったもの。「Dog」には「friend(友達)」の意味があり、つまり「マイフレンド」と書かれたジャケットを着ているわけです。

その「犬」のジャケットを着たダメ親父が、作中のクライマックスでジョーに「Are you my friend?」と問いかける。それはまるで、ジョーのダメな部分が自分にそう訴えかけてきているように聞こえます。そのダメ犬的な部分がどうなるかは作品を見て確かめて頂くとして、「犬」に注目するとまさに象徴的な「Are you my friend?」というセリフ、これはダメ親父演じるゲイリー・プールターアドリブだったそうです。

この映画には監督が住むオースティンの地元の人びとがたくさん出演していて、森での仕事仲間や警官役の黒人たちは監督のご近所さんらしく、ゲリーの父親役のプールターもキャスティング中に見つけたホームレスだったといいます。さらに「G-DAAWG」も元々脚本にあったのではなくプールターのメールアドレスだったそう。

というわけで「犬」については深読みなのかもしれませんが、そういうことを考えさせるほどの要素が素人の役者によって偶然にも含まれているところが、この作品の面白さだと思います。

おわりに

ニコラス・ケイジの本名はニコラス・キム・コッポラ。父親のオーガスト・コッポラはフランシス・フォード・コッポラの兄であり、ソフィア・コッポラとは従兄弟関係にある芸術家一家に育った役者です。「コッポラ」の名で売れることを嫌い、前衛音楽家ジョン・ケージへの憧れと、マーベルコミックヒーローのルーク・ケイジへのオマージュとして「ケイジ」の名をつけたそうです。

マーベル映画『ゴーストライダー』にも出演し、最近ではコミック好きなネタ俳優のイメージが定着しつつあるニコラス・ケイジですが、そんな彼が脚本に惚れ込み1か月も前乗りして監督とロケ地を巡ったりリハーサルを繰り返し、謎めいて淡々と進む物語を引っぱる抜群の演技を見せた『グランド・ジョー』。

「ニコラス・ケイジ史上最高の演技」とも評され、2014年の「最も過小評価されている映画 Top10」にも選出された本作は、最近のニコラス・ケイジしか知らない人にも、往年のニコラス・ケイジファンにも、一見の価値がある作品だと思います。

DVD詳細はこちら

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年6月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • Gooooodvibes
    3
    最後じーんときた。 ニコラスよかったよ。
  • MacGuff
    4
    売春婦役の子まぁまぁ芝居良かった。 クズ親父の芝居もまぁまぁ良い。つーかあれ完全に本物のホームレス出演させてるだろ クールフェイスをくそババアにしてるジョーがめっちゃおもろい アメリカの田舎町ってなんか惹かれるものがあるね もう少し店があるような街の方が好みだけどね スイング・ステートに出てきたみたいな街並みとかね
  • SUKEZO
    2.9
    少年はそれでも逞しく生きていく まるで「MUD」2012の続きかと思うくらいに似ている複雑な家庭環境で育った少年が変なおじさんと交流するお話。 ニコラス・ケイジ演じるジョーの背景が解りづらいのがマイナス要素。 … タイ・シェリダン、もうこの頃はすでに今現在の顔に近い。 鼻が田中圭に似ているといつも思っているのは自分だけだろうか。
  • blacknessfall
    3.4
    我々ケイザー(ゲイジ崇拝者)はケイジがメタル好きだってのは常識なんだけど、最近、ブラックメタルにまで手を出してることはあまり知られてないと思う。 主にノルウェー🇳🇴のブラックメタルが好きで中でもディム・ボルギルがお気に入りとのこと。 おれはディム・ボルギルはあまりにメジャー仕様にアップデートされ過ぎていて苦手だけど、でも、大枠でケイジと同じ趣味なのは素直に嬉しい。息子さんがブラックメタル大好きでそこから入ったというのもケイジの子供との関係性の良さが垣間見れていい感じだよな。 またケイジにかこつけて関係ない話を長々しやがって思う方もいるかも知れないけど、今回は前振りとして機能してるんだよ。本作はケイジが父性を見せるストーリーなんでね。 本作のケイジは樹木を意図的に枯らす法律的なグレーゾーンの会社の社長。従業員が数名の小さい会社。アメリカ全土なのか知らないけど、地主であっても木が枯れるまで勝手に伐採ができない法律があるので、その伐採要件を満たすために木を枯らす業者を雇うらしい。 そのケイジの会社にゲリーという15才の少年が雇ってほしいと訪ねてくる。生活費が必要だという切実な事情を聞かされケイジはゲリーを雇用する。そしてある日、ケイジはゲリーが父親に殴打され給料を奪い取られてる場面を目撃する。ケイジは父親に虐待搾取されるゲリーを守るため生活のために封印していた暴力性を再び解き放つことに。 ケイジ版「グラン・トリノ」と言ってもいいストーリーで2013年の作品なのにシリアスでちゃんとした映画なんだよ。雑なストーリーと演出でケイジの顔圧オーバーアクト頼みの俺達の好きな所謂"ケイジ映画"ではない。 何より空気感がしっかりしてる。アメリカの山間部の小さいな田舎町の寂れて荒廃した様子をさりげないショットで描く。貧困に疲れた住民達の描写もリアル。何もない町で誰からも顧みられることもなく父親から虐待されるゲリーの過酷さが画だけで伝わってくる 映画のトーン自体は静かに無情の町を映し出す淡々としたもので『パターソン』に近い、俯瞰的な視点で街を描き出すところが。 ただ『パターソン』と違うのはこの田舎町は荒んだ男や疲れた女性ばかりで侘しさと荒廃が強く気が重くなる。何せ浮浪者が道端で殴り殺されても一向にされが明るみに出ない恐ろしく人に無関心な町だからな(詳しくは後述)。 そして、ゲリーの父親は本当にこんな町にはこんな酷い男がいるんじゃないかというリアリティーがある。この父親はその日の酒代と家長としてのプライドで依って生きる卑小な男だから、その2つが満たれないと家族に暴力をふるい、金を奪う典型的なクズ。しかも、人間性の荒廃がアルコールで進んだのか道端にいた浮浪者を殴り殺し酒と財布を奪う強盗殺人を犯す。 こんなヤツとは一刻も早く離れるしかないがゲリーはまだ未成年で行き場がなく妹と母親のこと置いて逃げられない。 そこでケイジがスパークするって王道の展開。か弱い者のために己を犠牲にする男のハードボイルド。昔の日本なら高倉健がやってもいいようなかっこいい役をケイジがしっかりかっこよく演じていてちょっと感動した笑 ケイジなのに突拍子ない演出やセリフがなく、またにはこういう映画に出て実は本格派なんだというとこを見せるのも悪くないと思った。最近、ちょっとバカにされ過ぎてる風潮があるからな。 それと本作はケイジもお得意の怒涛のキレ芸の見せ場もあるけど、ゲリーの父親のクズ親父としてのオーラが圧倒的に凄くて、彼に喰われてる感じなんだよ。 ケイジを押さえ込む存在感が気になって調べたら、この人、本当に現役のアル中のホームレスで、あの圧倒的な負と荒廃のオーラはリアルなものだったんだね、そりゃケイジも勝てないよ。本作出演後に逝去した。ご冥福お祈りします。
  • baramon
    -
    記録
グランド・ジョー
のレビュー(1840件)