あの二世たちも登場!ジョブズにも負けないスピーチをした伝説的作家の半生とは?

文芸・映像翻訳者

樋口武志

ストレイト・アウタ・コンプトン』『ザ・ウォーク』そして『スティーブ・ジョブズ』……ここ最近、見ごたえのある伝記映画が続々と公開されています。

スティーブ・ジョブズといえば、2005年にスタンフォード大学で行った「Stay hungry, stay foolish ハングリーであれ、愚かであれ」のスピーチが有名ですが、同じ年にケニヨン大学でジョブズにも負けない名スピーチを行ったデヴィッド・フォスター・ウォレスという作家がいました。実力を高く評価されるなか、2008年に46歳の若さで自ら命を絶ったウォレス。2015年にアメリカで好評を博しながらも日本では未公開となっていた彼の伝記映画が1月27日からレンタル開始されたので、ぜひともここで紹介したいと思います。

『人生はローリングストーン』あらすじ

内容はいたってシンプル。

デヴィッド・フォスター・ウォレスは、1996年に代表作「Infinite Jest」(未邦訳)を発表。それを読んで心を奪われたローリング・ストーン誌の若手記者デヴィッド・リプスキーが密着取材を申し込み、本の宣伝のためのブックツアーに同行する5日間を描く実話に基づいた物語。道中の二人の会話が作品の中心です。

the end of the tour

ウォレス役は『寝取られ男のラブ♂バカンス』や『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲル。リプスキーを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』や『エージェント・ウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ。監督はこれが長編四作目となるジェームズ・ポンソルト。

写真を見ればわかる通り、ジェイソン・シーゲルはウォレス本人そっくりです!

「Infinite Jest」とは

ウォレスの代表作「Infinite Jest」とは1,079ページにもおよぶ大著で、批評家たちから絶賛され、2006年までに15万部以上を売り上げ、そして今もなお売れ続けているというベストセラーです。

がしかし、《「Infinite Jest」を読んだふりをする方法》といった記事が出るほど、読破する前に破れ去る人が多いことで知られてもいます。そして時間をかけて読み切った人は、作中のリプスキーのように作品の素晴らしさに圧倒され心を奪われるという魅力的な本でもあります。

「Infinite Jest」とは本のなかでいくつか意味を持ちますが、シェイクスピアの『ハムレット』に出てくるセリフ「際限もなく、のべつ幕なしに気のきいた洒落を言う/Of infinite jest, of most excellent fancy」の引用でもあると、「読んだふりをする方法」の記事に書かれています。

ウォレス役を演じたシーゲルが映画のオファーを受けてこの本を買いに行くと、本屋の店員から「ああ、『Infinite Jest』ね。私が寝た男たちは全員この本を本棚に入れてたわ」と言われたそうですが、アメリカでは一種の知的アイコンとなっているのが「Infinite Jest」であり、デヴィッド・フォスター・ウォレスなのです。

見どころ

見どころは何といってもウォレスとリプスキーの会話です。リプスキーによる取材は実際の出来事であり、結局最終的に記事はローリング・ストーン誌に掲載されなかったものの、取材の録音テープは残っていました。劇中の二人のやり取りは、このテープをほとんど一言一句変更せずに再現したものとのこと。

さらにウォレスとリプスキーの初対面を再現するべく、演じるシーゲルとアイゼンバーグも実際にこのシーンの撮影で初めて顔を合わせるなど演出にもこだわりを見せ、それがアルコール依存や鬱病に苦しんだウォレスのナーバスな一面を引き立たせているように感じます。

大きな事件やアクションは一切ない本作ですが、ツアー中の些細な出来事から揺れ動くウォレスの感情、そしてリプスキーに語られる人生観や不安定な心がひとつのドラマをなしていて、ハリウッドの超大作とは一味違う静かな感動や痛切さが胸に沁みる作品となっています。ウォレスはいつもバンダナをつけているのですが、作中で語られるその理由にもウォレスらしさが表れています。

ちなみに、ウォレスとリプスキーが道中で出会う二人の女性は、名女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーとスティングの娘ミッキー・サムナー

メリル

メイミー・ガマーは3月5日公開の『幸せをつかむ歌』での親子共演を果たし、ミッキー・サムナーは『フランシス・ハ』での演技が高評価を得るなど、何かと話題の有名人二世たち。この二人の演技も本作の見どころのひとつかもしれません。

おわりに

『人生はローリングストーン』はウォレスの繊細さや、世界に対する考え方が丁寧に描かれた作品ですが、前述した彼のスピーチを聞くとさらに味わい深い映画になるのではないかと思います。

人生は03

自分たちが水のなかを泳いでいることに気づいていない金魚の印象的なエピソードから始まる「This is Water」というスピーチでは、水のように当たり前に存在している身の回りの「大切なことや本当のことに気づく重要性と、その難しさ」が語られています。

YouTubeではスピーチの様子や、スピーチをもとにした映像作品を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

『人生はローリングストーン』DVD発売中 1,280(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c)2015 Entertainment Rights Holdings, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • きき
    3
    『ザ・サークル』のジェームズ・ポンソルトが、作家デヴィッド・フォレスター・ウォレスと、彼のインタビューをした記者との交流を描いた実話を映画化。 ローリングストーン誌の若手記者リプスキー(ジェシー・アイゼンバーグ)は作家志望で、本も出版したが、まだ評価は硬い。 ある日、大きな賞を受賞した長編を書いた作家、ウォレス(ジェイソン・シーゲル)の特集記事を組むことにする。 難色を示す上司を説得し、ウォレスを尋ねることに。 偏屈な作家も多いので、警戒して訪問したリプスキーを、ウォレスは思いの外好意的だった。 二人は上辺の会話から、次第に深い話になっていき、互いの気持ちを吐露していく。 そこから見えたウォレスという男は一体どんな人物だったのか。 というお話。 実話ベースの伝記もの。 なので淡々としていて、内容もほぼ会話劇なので、好みは分かれそう。 でも、現代のSNSなんかで通ずる話な気がする。 ウォレスはどうしようもない孤独を持て余していて、リプスキーはどうしようもない嫉妬心を持て余している。 その描写が、まるで駆け引きのような会話に現れていて、心理描写が絶妙だったなぁ。 それは、主演二人の名演が光ったからだと思う◎ 誰かを羨む、妬む気持ち、それは結局無い物ねだりなんだなって言うのが、この二人を観てよく分かる。 他人は自分が気付かない、なんてことない部分を羨むし、自分はきっとその反対。 なんとなく、そんなこと知ってるのに、突きつけられるような気がした。 ジェイソン・シーゲルがこういう演技をすると思わなくて大発見だった! どうもコメディ色の強い俳優だと思ってたんだけどな。 そしてジェシー・アイゼンバーグの微妙な表情の変化、やっぱり好きだなぁ、と再確認! 最後の終わり方、これが実話なんて、と思う反面、とても実話らしい、とも思う。 記録 : 2020年302本目。
  • ゆーきまん
    3.5
    デイビッド・フォスター・ウォレスの日本語版書籍は日本国内でまったくリリースされない。その理由が、翻訳された数少ない彼の作品「髪の長い少女」で見受けられる、日本に住んでいる我々には到底馴染みのない名詞や比喩表現が多く引用されているからなのかどうかも私には分からない。しかしAmazonで買える「これは水です」という、彼が生前にケニオン大学で行ったスピーチをまとめた本を読むと、彼が生きている間に作家として何を描きたかったのかをぼんやりと想像することができる。 この映画はデイビッド・フォスター・ウォレスの翻訳本を望むコアなファンが、彼がどんな奴だったかを知る一つの機会であり、また 私たち日本人が彼の本を読めない現実に打ちひしがれる機会でもある。純粋で繊細な人ほど損をする、どうにもならない世の中の矛盾に立ち向かう人の優しさがこの世の中にはまだまだ足りないと感じた。 あと個人的に、ジェシーアイゼンバーグの気難しそうな役は毎回ハマってる気がする。
  • matsushi
    3.5
    A24だから見たよ。
  • みむさん
    3.3
    作家として注目され成功したデヴィッド・フォスター・ウォレスと、彼の真の姿を密着取材するローリングストーンズ誌記者の物語。 作家としてちやほやされ脚光を浴びることに快感を感じる人もいればストレスを感じる人もいる。 ウォレスは成功に喜びつつも、どちらかというと後者のようだった。 かつて鬱で苦しんだこと、それを救ったのが本や執筆活動だったこと、彼の作品は売りだそう有名になろうとして書かれたものじゃないんだろう。 脚光を浴びて自分を見失うのが恐ろしいと自覚しているだけ彼はまだよかったんじゃないかね。 作家だけでなく、著名人で似たようなことを言ってる人もいる。 自身の姿がさらされ、イメージを固定され、自分の意思とは関係ないところでどんどん大きくなっていく自分に戸惑う。これって脚光を浴びた人しかわからない感覚だが、想像はできる。本来の自分とのギャップが大きいほど戸惑うだろうね。 そんなちょっと心閉ざし気味の彼に密着取材をさせてもらうには相当こちらも誠意をもって心を開かなければならない。 記者役のジェシー・アイゼンバーグ、相変わらず早口でよく喋るが、その親しみやすい姿と熱意で気むずかしい作家との絆を築く。良い役だったな。 ラストシーンを見るにもしやデヴィッド・フォスター・ウォレスはその後…?と思ったらやはりそうだった。つらいけど、彼らが過ごした数日間は濃密な友情を築いたと思う。
  • ユカートマン
    3.8
    THE1975のボーカルのマッティがこのデイビッドフォスターウォレスの作品に影響を受けてるらしく鑑賞。邦題がダサい上にチャラいしアイゼンバーグが出てるからコメディだろと思って見ると後悔します。 テーマの孤独に合った、静かで淡々とした大人な映画。主人公の背面からのショットが多い。仲違い後寝ているリプスキーに話しかけるセリフが凄く良い。ビルで火事が起きたときに火の中に包まれて死ぬのではなくビルから飛び降りる選択をする人たちがいる、という暗喩が、この映画の時代設定より後のことだけど911のテロのときに本当に起きたことだと最近知って衝撃を受けたのでリアルに感じた。最終的にウォレス自身が火に包まれるのではなくそこから飛び降りる選択をしてしまったのは残念だけど。 そして自分が鬱になってしまったのは脳の機能障害でもドラッグでも酒でもなく平均的なアメリカ人の物質主義的な人生に疲れてしまったから、とのことだが最後のオンボロの日本車を手放せず「友達」と呼ぶぐらいなので本当にそういう生き方をしていた人なんだなと思った。 テレビは自慰行為のような一瞬の快楽だけど読書は孤独を遮る、心に刻みたい。あのクソ長い本を人生の暇つぶしとしていつか読みたいな。
人生はローリングストーン
のレビュー(841件)