あの二世たちも登場!ジョブズにも負けないスピーチをした伝説的作家の半生とは?

文芸・映像翻訳者

樋口武志

ストレイト・アウタ・コンプトン』『ザ・ウォーク』そして『スティーブ・ジョブズ』……ここ最近、見ごたえのある伝記映画が続々と公開されています。

スティーブ・ジョブズといえば、2005年にスタンフォード大学で行った「Stay hungry, stay foolish ハングリーであれ、愚かであれ」のスピーチが有名ですが、同じ年にケニヨン大学でジョブズにも負けない名スピーチを行ったデヴィッド・フォスター・ウォレスという作家がいました。実力を高く評価されるなか、2008年に46歳の若さで自ら命を絶ったウォレス。2015年にアメリカで好評を博しながらも日本では未公開となっていた彼の伝記映画が1月27日からレンタル開始されたので、ぜひともここで紹介したいと思います。

『人生はローリングストーン』あらすじ

内容はいたってシンプル。

デヴィッド・フォスター・ウォレスは、1996年に代表作「Infinite Jest」(未邦訳)を発表。それを読んで心を奪われたローリング・ストーン誌の若手記者デヴィッド・リプスキーが密着取材を申し込み、本の宣伝のためのブックツアーに同行する5日間を描く実話に基づいた物語。道中の二人の会話が作品の中心です。

the end of the tour

ウォレス役は『寝取られ男のラブ♂バカンス』や『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲル。リプスキーを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』や『エージェント・ウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ。監督はこれが長編四作目となるジェームズ・ポンソルト。

写真を見ればわかる通り、ジェイソン・シーゲルはウォレス本人そっくりです!

「Infinite Jest」とは

ウォレスの代表作「Infinite Jest」とは1,079ページにもおよぶ大著で、批評家たちから絶賛され、2006年までに15万部以上を売り上げ、そして今もなお売れ続けているというベストセラーです。

がしかし、《「Infinite Jest」を読んだふりをする方法》といった記事が出るほど、読破する前に破れ去る人が多いことで知られてもいます。そして時間をかけて読み切った人は、作中のリプスキーのように作品の素晴らしさに圧倒され心を奪われるという魅力的な本でもあります。

「Infinite Jest」とは本のなかでいくつか意味を持ちますが、シェイクスピアの『ハムレット』に出てくるセリフ「際限もなく、のべつ幕なしに気のきいた洒落を言う/Of infinite jest, of most excellent fancy」の引用でもあると、「読んだふりをする方法」の記事に書かれています。

ウォレス役を演じたシーゲルが映画のオファーを受けてこの本を買いに行くと、本屋の店員から「ああ、『Infinite Jest』ね。私が寝た男たちは全員この本を本棚に入れてたわ」と言われたそうですが、アメリカでは一種の知的アイコンとなっているのが「Infinite Jest」であり、デヴィッド・フォスター・ウォレスなのです。

見どころ

見どころは何といってもウォレスとリプスキーの会話です。リプスキーによる取材は実際の出来事であり、結局最終的に記事はローリング・ストーン誌に掲載されなかったものの、取材の録音テープは残っていました。劇中の二人のやり取りは、このテープをほとんど一言一句変更せずに再現したものとのこと。

さらにウォレスとリプスキーの初対面を再現するべく、演じるシーゲルとアイゼンバーグも実際にこのシーンの撮影で初めて顔を合わせるなど演出にもこだわりを見せ、それがアルコール依存や鬱病に苦しんだウォレスのナーバスな一面を引き立たせているように感じます。

大きな事件やアクションは一切ない本作ですが、ツアー中の些細な出来事から揺れ動くウォレスの感情、そしてリプスキーに語られる人生観や不安定な心がひとつのドラマをなしていて、ハリウッドの超大作とは一味違う静かな感動や痛切さが胸に沁みる作品となっています。ウォレスはいつもバンダナをつけているのですが、作中で語られるその理由にもウォレスらしさが表れています。

ちなみに、ウォレスとリプスキーが道中で出会う二人の女性は、名女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーとスティングの娘ミッキー・サムナー

メリル

メイミー・ガマーは3月5日公開の『幸せをつかむ歌』での親子共演を果たし、ミッキー・サムナーは『フランシス・ハ』での演技が高評価を得るなど、何かと話題の有名人二世たち。この二人の演技も本作の見どころのひとつかもしれません。

おわりに

『人生はローリングストーン』はウォレスの繊細さや、世界に対する考え方が丁寧に描かれた作品ですが、前述した彼のスピーチを聞くとさらに味わい深い映画になるのではないかと思います。

人生は03

自分たちが水のなかを泳いでいることに気づいていない金魚の印象的なエピソードから始まる「This is Water」というスピーチでは、水のように当たり前に存在している身の回りの「大切なことや本当のことに気づく重要性と、その難しさ」が語られています。

YouTubeではスピーチの様子や、スピーチをもとにした映像作品を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

『人生はローリングストーン』DVD発売中 1,280(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c)2015 Entertainment Rights Holdings, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • torakoa
    3
    多分実話ベース。 ジェイソン・シーゲルが好きなので鑑賞。同族嫌悪的な気分になってきて結構痛かった記憶。言ってることも、それに苛立つのも、そうなるべくしてそうなっていくのも何となくわかる。落ちてる時に観ると、どんよりしたものに同調させられる感じできついかも。 邦題が何だコレ?なんだが、このダサさが正気を呼び覚ましてくれるかもしれない。
  • Ny
    3.5
    なんの知識もなくただジェシーアイゼンバーグ見たさに鑑賞 ストーリーは有名作家にになりたい若き作家兼リポーター、アイゼンバーグと有名作家になったけどどこか寂しげなジェイソンシーゲルの二人の会話がメイン 決して明るくて楽しい雰囲気の映画じゃないけど最後まで見られちゃうのはなぜなんだろう
  • マツモトタクシー
    3.5
    ジェームス・ポンソルト監督作品 急逝した作家デヴィッド・フォスター・ウォレスの実話を元に制作 現在42歳の作家リプスキーの元に訃報が入る かつて取材した天才作家といわれたウォレスが自殺したのだった リプスキーは涙が止まらない💧 時代は昔に遡る ローリングストーン誌の若手記者リプスキー ストーン誌は音楽の特集を組むことが多かったがリプスキー自身は現代文学に強い興味があり作家を目指し本も書いていた 注目していた作家ウォレスが最新作を発表し若者には大人気で大きな賞も受賞した リプスキーは彼の特集記事を組もうと思い音楽記事以外は嫌がる上司を説得し彼の各地の本屋で行われるサイン会に同行取材を申し出るのだった 以下ネタバレ 人気作家になりたがっている若い記者と人気絶頂だが不安定な作家 仲良くなったり仲違いしながらのほぼ2人の会話劇だけのロードムービー かなり地味な作品だけど観て良かった😃 ウォレス役のジェイソン・シーゲルは完璧にコピーし瓜二つの演技だったとか やはり天才は普通の人より感受性が強く繊細で生き辛いのだろうか。。 最近続いている俳優さん達の訃報 取り立てて原因が分からない。。 少し前に観たこの作品が思い浮かんだ オリジナル・タイトルは「The end of the tour」
  • 3.8
    ジェシーアイゼンバーグの作品おもろいの無いかなと探してたら見つけたやつ。「もう終わりにしよう」で引用されてた事から知ってた、あのデヴィドフォスターウォレスの話!と気になっていたやつ。彼も孤独と自意識と闘って最終的に、、、な方。だらだら続く会話劇も良かったです。邦題なんやねん
  • aprico
    3.9
    彼の作品をもっと読みたくなったなぁ
人生はローリングストーン
のレビュー(812件)