あの二世たちも登場!ジョブズにも負けないスピーチをした伝説的作家の半生とは?

文芸・映像翻訳者

樋口武志

ストレイト・アウタ・コンプトン』『ザ・ウォーク』そして『スティーブ・ジョブズ』……ここ最近、見ごたえのある伝記映画が続々と公開されています。

スティーブ・ジョブズといえば、2005年にスタンフォード大学で行った「Stay hungry, stay foolish ハングリーであれ、愚かであれ」のスピーチが有名ですが、同じ年にケニヨン大学でジョブズにも負けない名スピーチを行ったデヴィッド・フォスター・ウォレスという作家がいました。実力を高く評価されるなか、2008年に46歳の若さで自ら命を絶ったウォレス。2015年にアメリカで好評を博しながらも日本では未公開となっていた彼の伝記映画が1月27日からレンタル開始されたので、ぜひともここで紹介したいと思います。

『人生はローリングストーン』あらすじ

内容はいたってシンプル。

デヴィッド・フォスター・ウォレスは、1996年に代表作「Infinite Jest」(未邦訳)を発表。それを読んで心を奪われたローリング・ストーン誌の若手記者デヴィッド・リプスキーが密着取材を申し込み、本の宣伝のためのブックツアーに同行する5日間を描く実話に基づいた物語。道中の二人の会話が作品の中心です。

the end of the tour

ウォレス役は『寝取られ男のラブ♂バカンス』や『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲル。リプスキーを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』や『エージェント・ウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ。監督はこれが長編四作目となるジェームズ・ポンソルト。

写真を見ればわかる通り、ジェイソン・シーゲルはウォレス本人そっくりです!

「Infinite Jest」とは

ウォレスの代表作「Infinite Jest」とは1,079ページにもおよぶ大著で、批評家たちから絶賛され、2006年までに15万部以上を売り上げ、そして今もなお売れ続けているというベストセラーです。

がしかし、《「Infinite Jest」を読んだふりをする方法》といった記事が出るほど、読破する前に破れ去る人が多いことで知られてもいます。そして時間をかけて読み切った人は、作中のリプスキーのように作品の素晴らしさに圧倒され心を奪われるという魅力的な本でもあります。

「Infinite Jest」とは本のなかでいくつか意味を持ちますが、シェイクスピアの『ハムレット』に出てくるセリフ「際限もなく、のべつ幕なしに気のきいた洒落を言う/Of infinite jest, of most excellent fancy」の引用でもあると、「読んだふりをする方法」の記事に書かれています。

ウォレス役を演じたシーゲルが映画のオファーを受けてこの本を買いに行くと、本屋の店員から「ああ、『Infinite Jest』ね。私が寝た男たちは全員この本を本棚に入れてたわ」と言われたそうですが、アメリカでは一種の知的アイコンとなっているのが「Infinite Jest」であり、デヴィッド・フォスター・ウォレスなのです。

見どころ

見どころは何といってもウォレスとリプスキーの会話です。リプスキーによる取材は実際の出来事であり、結局最終的に記事はローリング・ストーン誌に掲載されなかったものの、取材の録音テープは残っていました。劇中の二人のやり取りは、このテープをほとんど一言一句変更せずに再現したものとのこと。

さらにウォレスとリプスキーの初対面を再現するべく、演じるシーゲルとアイゼンバーグも実際にこのシーンの撮影で初めて顔を合わせるなど演出にもこだわりを見せ、それがアルコール依存や鬱病に苦しんだウォレスのナーバスな一面を引き立たせているように感じます。

大きな事件やアクションは一切ない本作ですが、ツアー中の些細な出来事から揺れ動くウォレスの感情、そしてリプスキーに語られる人生観や不安定な心がひとつのドラマをなしていて、ハリウッドの超大作とは一味違う静かな感動や痛切さが胸に沁みる作品となっています。ウォレスはいつもバンダナをつけているのですが、作中で語られるその理由にもウォレスらしさが表れています。

ちなみに、ウォレスとリプスキーが道中で出会う二人の女性は、名女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーとスティングの娘ミッキー・サムナー

メリル

メイミー・ガマーは3月5日公開の『幸せをつかむ歌』での親子共演を果たし、ミッキー・サムナーは『フランシス・ハ』での演技が高評価を得るなど、何かと話題の有名人二世たち。この二人の演技も本作の見どころのひとつかもしれません。

おわりに

『人生はローリングストーン』はウォレスの繊細さや、世界に対する考え方が丁寧に描かれた作品ですが、前述した彼のスピーチを聞くとさらに味わい深い映画になるのではないかと思います。

人生は03

自分たちが水のなかを泳いでいることに気づいていない金魚の印象的なエピソードから始まる「This is Water」というスピーチでは、水のように当たり前に存在している身の回りの「大切なことや本当のことに気づく重要性と、その難しさ」が語られています。

YouTubeではスピーチの様子や、スピーチをもとにした映像作品を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

『人生はローリングストーン』DVD発売中 1,280(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c)2015 Entertainment Rights Holdings, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • MasamiIshikawa
    4.2
    とても上質なヒューマンドラマ。かなり狭い世界でストーリーが展開されるけど、それで十分すぎるほど十分で、濃密。ダウンテンポというかオブビートだけどズッポリハマっていける映画。 初めは厭世的でアンニュイな感じに勝手に親近感を覚えていたけど、そうではない深みというか深淵が見えて来る。 2人のデヴィッドがお互いに嫉妬し合い、衝突し、理解し合う。言ってしまえばこういった流れなんだろうが、どうしても埋められない孤独感、理解しきれない(あるいはそこまで理解したくない)最後の1インチみたいなものが描かれていて、無骨だけど繊細な感じがした。近づくとこまでは近づくけど、どうしても至らない部分あるよね、というか。でも、それを「自分らしさ」とか陳腐な言葉で片付くものじゃないレベルで描けている感じ。 どうにもフォスターの方にフォーカスしがちだけど、リプスキーの葛藤や克服も綺麗だし、むしろ一般的に親近感が湧くのはこっちなんじゃないかな。 後半、ずっと暗がりだった場面から晴れた綺麗な雪景色になるシーンの美しさとまさに関係性のモヤが晴れた感じ、特に好きだな。 惜しむらくは、邦題があんまり好きじゃない。原題の”The End if the Tour”の方がしっくり来るかな。
  • yuma
    4.8
    序盤はそこまででしたが、後半辺りから、凄く良かったです。 とにかく作家のキャラクターや、彼から発するセリフの一つ一つが深くて、感動しました。 ジワリジワリとくる良作。
  • gdbsdta
    3.6
    記者が作家にインタビューをする話。 ローリングストーン誌の記者ももともと売れない作家、その記者がある本をみてちくしょークソやべえ、こいつにあいにいきてぇと、作家に取材しにいく。 なんかちょっとだけいやな表情をするジェシーがいい、いつも少しめんどくさめな役が多いイメージで、これもわりとそんな感じ。 対する作家がすごくいい。 変わり者のようだがいたって普通な犬好きな男、頭にはバンダナ。 物事の捉え方とか、謙虚さとか、おちゃめだったり、闇を抱えていたり、魅力的な人間で、話を聞いていて楽しい。 記者が突っ込んだ話をしてけんかになったり、楽しい話をしながらお菓子やコーラのんだり、ちょっとした友情物でもありロードムービーでもある。 彼の本は日本語訳は出てるのかな? どんな内容の本なのかきになる。
  • takamanchan
    4
    深いなー。ふたりの会話を楽しむロードムービー。事実に基づく?また観たいな。いや、これ何回も観るな。うん。
  • くわまん
    5
    「ひとは簡単には変われない。俺にはまだ弱い部分が残ってる。そいつに主導権を握られないよう、今でも抵抗してる。……わかるか?」 みどころ: 丁寧で平易な極上の会話劇 腹を割ることの難しさと産物 知らぬ間に緊張感が高まる演出 S.マルクマスはダメ男の味方 吹き替えの素晴らしい意訳 主演二人の繊細な演技 絶妙な邦題 あらすじ: 長編小説『インフィニット・ジェスト』で時の人となった作家ウォレス(34)は、今や比較対象がヘミングウェイ。だが彼には、ヘロイン中毒の黒い噂も。 この疑惑は特ダネになるとインタビューを打診したのはリプスキー(30)、大手雑誌の記者。でも記者は食い扶持、本業はくすぶってる作家。ウォレスの才能を認めながらも、嫉妬を禁じ得ない。 5日間の密着取材をゲットしたリプスキー「僕にはあんな作品書けませんよ、貴方は天才だ(=売れっ子め、おだてて丸裸にひん剥いてやる)!」 客観的指標で誰かに勝ってないと、自分に価値を見出せない。それが当然だと思っていた時期が、残念ながら私にもございました。独りよがりで自己評価が高く、他人を見下すことでしか満足感を得られなかったんですね、いやぁお恥ずかしい…(;´Д`) 「あいつは成績いいだけのガリ勉。その点俺は趣味にも造詣が深い。」 「あいつは汚いことして稼いでる。その点俺の仕事は社会的地位が高い。」 「あいつは結婚したけど経験人数一人。その点俺は色んな女抱きまくってる。」 「あいつはいいヤツだけど出自がグレー。その点俺の家は得体の知れた良家。」 「あいつはNo.1だけど浮いてる。その点俺はバランス感覚も備えたエリート。」 …てな具合にねぇ。他者と話すときは、まず自分の中でマウントを取ってから。分析し、採点し、攻略しようとしたものです。その致命的な愚かさに気づき悔い始めたのは、欲しいものが全然手に入らず焦り始めた30歳の冬。自意識過剰に育って成熟が遅かったためか、30歳を過ぎてようやく脱線した人生を目の当たりにし、頭を掻きむしった末内省せざるを得なくなったんだと思います。閑話休題…笑。 リプスキーにとってウォレスは、作家としては格上。でもコミュ力は自分の方が上だし、自分の方がモテる。一方、ウォレスにとってリプスキーは、低ラン作家。でも他人と速やかに打ち解けるスマートさでもって、自分よりモテるのが気に入らない。 「誰が何と言おうと、貴方はスターじゃないですか(フンッ、コミュ障だけどな)♪」 「いやいや、僕は君みたく二足も草鞋を履けないよ(フンッ、わきまえろよ俗物)♪」 台詞上の距離に反比例して、心の距離は離れるばかり。結局、溜まりに溜まった互いへのフラストレーションは最終的に爆発、二人は激突します。仁義なき「言っとくけど間違ってんのはお前!」の言い合いです…笑。げに男は、対等な会話がへたくそな生物なんですね。まぁ5歳の少年でさえ「僕なんかこんなことできる!」と見栄を張り合うんですから、特性なんでしょう。なので、女性から見れば極めてばかばかしく映るのかもしれませんが、25年物の見栄っ張り同士が腹を割るのは、非常に難しいことなんですよねぇ。 ところが、ウォレスには一日の長がありました。これは自分に限ったことかもしれませんが、35歳の現在、あの30歳の冬に比べて苦悩は大幅に減りました。そのせいか、同じ苦境に立っている人が助けを求めるなら、いつでも力になりたいと思うようになりましたよねぇ。ですから、ウォレスのあの行動原理はよくわかるんですよ。最も辛かった30歳時代の己と目の前のリプスキーが重なり、その苦しみが手に取るようにわかったので、手を差し伸べずにおれなかったんでしょう。 プライドを捨てて歩み寄ることにしたウォレスは、自身とリプスキーが似た者同士であることを認め、嘘偽りなく自分の最も惨めな部分をさらけ出します(冒頭で引用した台詞です)。この姿勢が、真に心の距離を縮めるために必須だったのです。そして、ここから終幕までは、まさに夜明けの晴れ渡った雪原のように、静かで優しい15分。ネタにならない部屋のレポート、全然お座りしない犬、神様と踊るディスコ、全てがあたたかです。 取材の約10年後、46歳の若さで自害してしまったウォレスの心を、リプスキーは誰よりわかっていたことでしょう。長く深く傷ついて、もう先が真っ暗に見えて、息苦しくて仕方ない人の「誰もわかってくれない…」に、そっと寄り添う傑作でした。最後に、噛み直すたび目頭が熱くなるリプスキーの台詞をご紹介して、乱文を締めたいと思います。 「出来るなら彼に伝えたい、あの旅が人生の辛さを教えてくれたと。そして、それを共感することで……私は、孤独を感じなくなった。」
人生はローリングストーン
のレビュー(771件)