あの二世たちも登場!ジョブズにも負けないスピーチをした伝説的作家の半生とは?

文芸・映像翻訳者

樋口武志

ストレイト・アウタ・コンプトン』『ザ・ウォーク』そして『スティーブ・ジョブズ』……ここ最近、見ごたえのある伝記映画が続々と公開されています。

スティーブ・ジョブズといえば、2005年にスタンフォード大学で行った「Stay hungry, stay foolish ハングリーであれ、愚かであれ」のスピーチが有名ですが、同じ年にケニヨン大学でジョブズにも負けない名スピーチを行ったデヴィッド・フォスター・ウォレスという作家がいました。実力を高く評価されるなか、2008年に46歳の若さで自ら命を絶ったウォレス。2015年にアメリカで好評を博しながらも日本では未公開となっていた彼の伝記映画が1月27日からレンタル開始されたので、ぜひともここで紹介したいと思います。

『人生はローリングストーン』あらすじ

内容はいたってシンプル。

デヴィッド・フォスター・ウォレスは、1996年に代表作「Infinite Jest」(未邦訳)を発表。それを読んで心を奪われたローリング・ストーン誌の若手記者デヴィッド・リプスキーが密着取材を申し込み、本の宣伝のためのブックツアーに同行する5日間を描く実話に基づいた物語。道中の二人の会話が作品の中心です。

the end of the tour

ウォレス役は『寝取られ男のラブ♂バカンス』や『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲル。リプスキーを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』や『エージェント・ウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ。監督はこれが長編四作目となるジェームズ・ポンソルト。

写真を見ればわかる通り、ジェイソン・シーゲルはウォレス本人そっくりです!

「Infinite Jest」とは

ウォレスの代表作「Infinite Jest」とは1,079ページにもおよぶ大著で、批評家たちから絶賛され、2006年までに15万部以上を売り上げ、そして今もなお売れ続けているというベストセラーです。

がしかし、《「Infinite Jest」を読んだふりをする方法》といった記事が出るほど、読破する前に破れ去る人が多いことで知られてもいます。そして時間をかけて読み切った人は、作中のリプスキーのように作品の素晴らしさに圧倒され心を奪われるという魅力的な本でもあります。

「Infinite Jest」とは本のなかでいくつか意味を持ちますが、シェイクスピアの『ハムレット』に出てくるセリフ「際限もなく、のべつ幕なしに気のきいた洒落を言う/Of infinite jest, of most excellent fancy」の引用でもあると、「読んだふりをする方法」の記事に書かれています。

ウォレス役を演じたシーゲルが映画のオファーを受けてこの本を買いに行くと、本屋の店員から「ああ、『Infinite Jest』ね。私が寝た男たちは全員この本を本棚に入れてたわ」と言われたそうですが、アメリカでは一種の知的アイコンとなっているのが「Infinite Jest」であり、デヴィッド・フォスター・ウォレスなのです。

見どころ

見どころは何といってもウォレスとリプスキーの会話です。リプスキーによる取材は実際の出来事であり、結局最終的に記事はローリング・ストーン誌に掲載されなかったものの、取材の録音テープは残っていました。劇中の二人のやり取りは、このテープをほとんど一言一句変更せずに再現したものとのこと。

さらにウォレスとリプスキーの初対面を再現するべく、演じるシーゲルとアイゼンバーグも実際にこのシーンの撮影で初めて顔を合わせるなど演出にもこだわりを見せ、それがアルコール依存や鬱病に苦しんだウォレスのナーバスな一面を引き立たせているように感じます。

大きな事件やアクションは一切ない本作ですが、ツアー中の些細な出来事から揺れ動くウォレスの感情、そしてリプスキーに語られる人生観や不安定な心がひとつのドラマをなしていて、ハリウッドの超大作とは一味違う静かな感動や痛切さが胸に沁みる作品となっています。ウォレスはいつもバンダナをつけているのですが、作中で語られるその理由にもウォレスらしさが表れています。

ちなみに、ウォレスとリプスキーが道中で出会う二人の女性は、名女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーとスティングの娘ミッキー・サムナー

メリル

メイミー・ガマーは3月5日公開の『幸せをつかむ歌』での親子共演を果たし、ミッキー・サムナーは『フランシス・ハ』での演技が高評価を得るなど、何かと話題の有名人二世たち。この二人の演技も本作の見どころのひとつかもしれません。

おわりに

『人生はローリングストーン』はウォレスの繊細さや、世界に対する考え方が丁寧に描かれた作品ですが、前述した彼のスピーチを聞くとさらに味わい深い映画になるのではないかと思います。

人生は03

自分たちが水のなかを泳いでいることに気づいていない金魚の印象的なエピソードから始まる「This is Water」というスピーチでは、水のように当たり前に存在している身の回りの「大切なことや本当のことに気づく重要性と、その難しさ」が語られています。

YouTubeではスピーチの様子や、スピーチをもとにした映像作品を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

『人生はローリングストーン』DVD発売中 1,280(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c)2015 Entertainment Rights Holdings, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • かめさん
    3.9
    ジェームズ・ポンソルト監督作品。「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「バッド・ティーチャー」のジェイソン・シーゲル主演映画。 ポストモダン文学の旗手と呼ばれた作家デビッド・フォスター・ウォレスとローリングストーン誌の若手記者の5日間の旅路を、実話に基づいて描いたロードムービー。 ローリングストーン誌の新人記者リプスキーは、気鋭作家ウォレスの作品に感銘を受け、密着取材を申し込む。新刊のブックツアーに同行することになったリプスキーは、気さくなウォレスとすぐに意気投合。しかし旅を続けるうちにウォレスの心の闇が徐々に明らかになり、2人の間に気まずい空気が流れはじめる。
  • りょーこ
    4
    実話ベースじんわりドラマ 人はきっと変われない 昔と同じ自分が残ってるから 主導権を奪われないよう抵抗してる 成功しているように見える作家と、成功したかった作家によるロードムービー。 憧れや嫉妬、劣等感、不安を含んだ2人の旅路は、特に劇的な展開もなく、会話の内容も地味です。 が、何気ないやり取りがいつまでも心に残る、一言一言を思い出してはその意味を探りたくなる良作☆ ローリングストーン紙の記者デヴィッド・リプスキー(ジェシー・アイゼンバーグ)。 新刊「Infinite Jest」が好調の作家デヴィッド・フォスター・ウォレスを記事にしようと、ブックツアーに同行することに。 こんなに売れてるのに、まだ安心出来ない? リプスキーはウォレスの現在、過去に迫っていく…… 俺みたいになりたい? あぁ~なんか何も書くことがないなw 良い意味で。 ただただこの二人のやり取り、それだけで良い。 あとは… 可愛いワンコ アラニス・モリセット ジョーン・キューザック 朝の雪原 The End of The Tour 以上。 なのです。
  • haru
    -
    2021/097
  • 3.5
    『ザ・サークル』のジェームズ・ポンソルト監督作品 ポストモダン文学の旗手と呼ばれた作家デビッド・フォスター・ウォレスとローリングストーン誌の若手記者の5日間の旅路を、実話に基づいて描いたロードムービー 良い意味でA24作品っぽい感じが全然しなかった ほとんどは二人の何気ない地味な会話劇ですが、それが妙に心地良くて最後まで退屈せずに観られる 二人の距離感というか関係性が何ともリアルで、仲良くなりすぎない人間味のあるやりとりがたまらない そういった自然な過程を経て、無性に切なくなってじんわり沁みる感じが個人的に凄いツボ たった五日間の出来事でも、こんな濃密な五日間なら死ぬまで忘れないと思うし、人生に多大な影響を与えられているのも十二分に理解できる にしても『ぼくとアールと彼女のさよなら』のクライマックスに流れる音楽が使われたときは思わず鳥肌 一瞬で映画がフラッシュバックするような感覚に陥るほど素晴らしく、とりあえずこの音楽の力が凄まじいということを痛感させられた…😭👏🏻 そもそもこの音楽は昔からある音楽なのだろうか…? なんにせよジェシー・アイゼンバーグももちろん素晴らしかったですが、本作に関してはジェイソン・シーゲルが圧倒的に凄いというか、モデルになった方は知らないけどその人にしか見えないレベルの憑依っぷり 日本では劇場公開がスルーされた作品ということですが、間違いなく素晴らしい作品 派手さはないけどじんわり感動したい時にオススメです👌🏻✨ 〈 Rotten Tomatoes 🍅92% 🍿81% 〉 〈 IMDb 7.3 / Metascore 82 / Letterboxd 3.7 〉 2021 自宅鑑賞 No.173 U-NEXT
  • sayuri
    4.7
    The 1975のマシューのインタビューから デビットフォスターウォレスを知った。 それでThis Is Waterを読んで、 この水しかない社会をなんで生きないとあかんのやって捻くれてたけど その考え方は選べる。と言われ シンプルでその通りやと納得した覚えがある 映画の中では、自分の考えで 人を判断し、その人自身を見ないことが 傲慢な態度であるということが ジェシーアイゼンバーグの演技でめっちゃ 示されてた 見てよかったーーーーー!! ただ、なんでこんな邦題になってしまったん。
人生はローリングストーン
のレビュー(864件)