【映画界を賑わす英国俳優】勢いがとまらない実力派俳優エディ・レッドメインのすべて

好奇心で生きてる雑食人間

sakasa

英国俳優特集、第2弾!前回のベネディクト・カンバーバッチに続き今回もイチオシの英国俳優をご紹介いたします。

現在、劇場公開中の世界で初めて性別適合手術を受けた男性の実話を描いた話題作『リリーのすべて』で主人公を演じたエディ・レッドメインです! 今、最も勢いのある俳優と言ってもいいぐらい各業界から引っ張りだこ!

公開前には『リリーのすべて』の監督トム・フーパーと来日し、ジャパンプレミアにも登場。イベントの様子やインタビューが様々なメディアで取り上げられました。

まずはFilmarksでも好評価を獲得しているエディの最新出演作『リリーのすべて』からご紹介していきましょう。

究極の夫婦愛を描いた至高のラブストーリー

リリーのすべて

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

舞台は1926年のデンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識し始めます。

それ以来『リリー』という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する日々。ゲルダも最初はそんな夫の様子に戸惑いますが、次第にリリーに対する理解を深めていくように・・・

今でこそトランスジェンダーという言葉を耳にするようになりましたが、そんな言葉も概念もまだ確立されていなかったであろう当時に、それまでの自分との決別を決意し、誰も受けたことのない未知の手術に命がけで挑んだリリー・エルベ。

自分が自分らしくあるためには、時に大きな壁に立ち向かわなければならないということを教えてくれる人間ドラマであり、アイナーがどう変わろうともすべてを受け入れ、常に寄り添い続けた妻ゲルダの深く大きな愛を描いたラブストーリーでもあります。

本作では、妻ゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルがアカデミー賞助演女優賞を受賞。その他、美術賞と衣装デザイン賞、主演男優賞にエディもノミネートされました。

本作でいっそう演技の幅を広げたエディ・レッドメイン。いったいどんな人なのでしょうか?まずは簡単に生い立ちを紹介させて頂きます。

華麗なる経歴

1982年生まれの現在34歳。イギリスのロンドン出身で、父は銀行の頭取、母も会社を経営、銀行の重役と出版に携わっている兄弟を持つ由緒ある家庭で育ちます。道理でただならぬ気品を感じるわけですね。

そして英国一の名門であるイートン校で修業します。余談ですが、イートン校ではケンブリッジ公爵ウィリアム王子と同級生だったそう。エリートならではのエピソード!

エディは幼い頃から演技のレッスンは受けていたものの、実際にプロとして活動を始めたのはイートン校を卒業したあと。ケンブリッジ大学に進学し、美術を専攻しながら同時に演劇を続け徐々に活躍の場を広げていきます。

舞台を中心に活動しながら着実に演技力を身につけていったエディ。そんな彼の俳優人生を語るうえで欠かせない作品があります。

力強い歌声に魅了される『レ・ミゼラブル』(2012)

レミゼラブル

文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを豪華キャストで映画化。監督は『リリーのすべて』と同じくトム・フーパーが務め、エディは裕福な家庭に生まれながらも革命運動に関わる若き学生を演じました。

一般的なミュージカル映画は歌を別で収録し、その歌に合わせて撮影するのですが『レ・ミゼラブル』は画期的な手法である生歌収録(演じながら歌うこと)で撮影されたことでも有名な作品です。その上キャストは全員オーディションで選ばれているので、俳優陣は演技力と同時に高い歌唱力も求められました。

ジャベールを演じたベテラン俳優ラッセル・クロウでさえ歌に対して不安を口にしていた中、エディは抜群の歌唱力を披露し『作中で最も素晴らしいボーカルパフォーマンスを見せてくれた』と多方面から高く評価され、日本でもエディの名は広まりました。

やはり見どころは、エディが頭が真っ白になるぐらい緊張したという本人の最大の見せ場『カフェ・ソング』を歌う場面です。本作を代表するシーンと言っても過言ではないぐらいとても印象的なのでご覧の際はぜひエディの力強い美声に耳を傾けてみて下さい!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

世界に実力を証明した『博士と彼女のセオリー』(2014)

博士と彼女のセオリー

(C)UNIVERSAL PICTURES

本作は理論物理学者のスティーブン・ホーキングと彼の元妻であるジェーン・ホーキングの関係を描いた伝記映画です。この作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディは俳優としての実績を積むと共に、世界中に名を轟かせることになります。しかし、その受賞の陰には彼の並々ならぬ努力がありました。

本作はホーキング博士がALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱え、余命2年と宣告を受けてもなおジェーンと共に病気に立ち向かいながら最先端の研究に励む様子が描かれています。

上記のとおり、ホーキング博士を演じきるには天才科学者と難病を抱えた人物の両方を演じなければなりません。それに加えてホーキング博士は実在する人物。大変難しい役で数々の俳優たちがオファーを断ったそうですがエディは進んでこの役を引き受けました。

エディは役作りのためにALSを患っている人たちやその家族、ホーキング博士のかつての生徒、そしてホーキング博士に実際に会いに行き、そこで得た知識や経験を役に落とし込み、撮影に挑みます。

『役について間違った解釈をしていないか?』と心配になったり、科学や病気に対して多くを理解し忠実にすることに自信をなくすこともあったとエディは語っていました。しかし、そんな不安はすぐに吹き飛ばされてしまうほど作中の彼はナチュラルなのです。卓越した演技にホーキング博士も『まるで自分自身を見ているようだ。』とコメントを残し大絶賛。

映画史にも残るであろう作品であり、エディを知るには決して見逃してはならない作品です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

素顔の魅力

それではここからエディの素顔の魅力に迫っていきましょう。

その1 抜群のスタイルとあどけないフェイス

身長180cmとスタイルも抜群なエディは2012年にバーバーリーのモデルに起用され、2015年には英GQ読者が選ぶベストドレッサー賞を受賞。先月のジャパンプレミアでもラルフローレンのチェックのスーツでレッドカーペットを歩く姿は『さすがファッショニスタ!』と言いたくなるほど様になっていました。

日本でも女性からの人気がとりわけ高いエディですが、その理由は一体なんでしょう?私が思うに、人気の秘密はほのかに残る幼さではないでしょうか。甘いマスクの持ち主のエディはなんと言っても少年のような笑顔が魅力的。そして色白な肌に広がるそばかすはとてもチャーミングであどけなさを感じさせます。母性心をくすぐるポイントを無意識におさえているのでしょう。罪な人ですね〜。

そんな華麗な生い立ちから醸し出されるジェントルな雰囲気がある反面、着飾らない少年らしさも兼ね備えた豊かな表情に魅了される女性はきっと多いはず!

その2 英国紳士らしい謙虚さ

最初にお伝えしたようにエリート育ちのエディは環境にも恵まれ、イケメンでスタイルも良くて賢くて演技も歌も申し分なし。世の男性が欲しいと思うものは全て持っているんじゃないかと疑ってしまうほど完璧です。それなのに彼は驕り高ぶることもなく、嫌みっぽさを感じさせることもありません。

その謙虚さの所以は両親のしつけのおかげだと話すエディ。さらに、自分が置かれている業界の厳しい現実を常に意識していて『自分の能力を過信すると、演じるキャラクターの弱い部分を表現できなくなってしまう』とインタビューでも語っています。

今をときめく人気俳優でありながらも謙虚でいられる姿勢に人柄の良さがとてもにじみ出ています。

今度は魔法使いに!

ファンタスティックビースト

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

これまで難しい役を演じてきたエディですが、次はファンタジーに挑戦。冬に公開を控えているハリーポッターシリーズのスピンオフ新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で主演を務めます。

世界各国でファンが存在する人気シリーズで、既に注目を集めている作品に主演でエディが出演するとなると観ないわけにはいきません!演技の引き出しが数えきれないほど多く、まだ見ぬ役へ次々と挑む実力派俳優エディ・レッドメインの更なる活躍には今後も目が離せません。

 

※2021年11月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • MoscatoBianco
    3
    明らかに男ですね。184cmだし。 エディ・レッドメインはまだマシで、リリー・エルベご本人の写真はもっと男です。 確かにエディ・レッドメインはそっち系の顔ではあります。また、007のQの人もそっち系です。 Qの人は興味深いです。同性愛者(の役)なので、相手が男だとOKですが、その人が性転換して女になるとNGなんですね。 身も心も男の人はこういうのを見破れないといけません。でないといろいろ困ったことになりかねません。 相手が身も心も女だと信じて頑張ったそれまでの努力も無駄になりますし、顛末を知った他人からは笑いものにされます。 リリーには誰も騙されないと思いますが、世の中(特にアジア(特にタイ))には非常に見破りにくい人たちがいます。こりゃわからんわレベル。だから慎重になります。普通は。 でも時には目が眩むこともあります。 ワイが昔勤めていた会社の元同僚は、中国駐在時代に一度、中国の地方都市で騙されました(相手は騙しているつもりはない?)。 元同僚は強面の元ラグビー部ですが、一目散に退散したそうです。 男→女の手術で、この映画の2回目の種類の施術があるのは知りませんでした。 それどころか、実際のリリー・エルベは卵巣移植や子宮移植の手術まで受けていたそうです。 リリー・エルベの場合は拒絶反応により、機能を発揮する機会がないまま死亡しました。でも、そもそも元は男の体に臓器だけ移植すればホントに機能するものなんでしょうか? ・・・ と思って軽く調べた限りでは、2014年時点では実例はまだありませんでした。 逆に元女の男の場合は、男としての生殖能力を持てるのか? ・・・ ちょっともう面倒くさくなったので調査終了します。
  • mai
    3
    実話!?
  • 夕愛見草
    4.4
    主演した人、いや2人共凄いなーと思った。 この役でこれまで出演してきた映画とは全然違う演技力の実力を見せつけたという感じ。 この時代はセクシャルマイノリティが病気とされて治療の必要があるとされてた、というだけじゃなくて 夫婦の間で変化していく複雑な心理が演じるのも難しかったと思う。 奥さんがリリーを引き出すきっかけになってしまっただけに、余計つらかっただろうな。
  • K
    4
    泣いた...良過ぎた
  • tom
    4
    メッセージ性が素晴らしい作品でした。 この時代ではまだ「トランスジェンダー」の概念が無くて、病気だ異常者だと判別されて簡単に監禁・迫害されるのが当たり前なのが辛い。性転換手術も成功例が無い状況でそれを希望と捉えて果敢に立ち向かう強さ。とても半端な気持ちでは無いことが分かります。 この映画に出ていた俳優陣は全員体当たりな演技だったと思います。特にエディとアリシアの繊細な演技には脱帽です…。 もし自分の配偶者が…と考えると、最終的に詰られて裏切られるような言葉を投げられても、受け入れて心配して愛し続ける事が出来るのかな…と考えさせられました。 リリー、そしてゲルダの傍にハンスが居てくれて本当に良かった…! 最期にリリーが本当の自分になれたのが唯一の救いでした。
リリーのすべて
のレビュー(89162件)