大人のロマンティック・コメディ!『ヤング・アダルト・ニューヨーク』試写会へご招待

ブルックリンを舞台に若いつもり40成功したい”20の交流とギャップをカラフルに描く『ヤング・アダルト・ニューヨーク』特別試写会に510名様をご招待いたします。

YAN1

『フランシス・ハ』のノア・バームバック監督最新作!

イカとクジラ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされ一躍時代の寵児となったノア・バームバック監督の最新作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。ブルックリンに暮らす、世代の違うカップルたちのモラルや価値観のズレ、成功への夢と野心のぶつかり合いを、リアルかつユーモラスに描く本作は、ヒップスターたちのライフスタイルと最先端カルチャーを80年代のサウンドに乗せて贈る、クスッと笑えて、少しほろ苦くて、最後には胸が熱くなる迷子の大人たちの成長物語です。

YAN2

対照的な2組のカップル役として『LIFE!』のベン・スティラーとアカデミー賞に2度ノミネートされたナオミ・ワッツが、“まだまだイケてるつもり”のミドルエイジの切なさとおかしさを絶妙のバランス感覚で演じ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で一気にスターへの階段を駆け上がったアダム・ドライバーと、『レ・ミゼラブル』の演技が高く評価されたアマンダ・セイフライドが、人なつこいが成功のためなら平気で他人を利用する野心溢れる若者を演じています。

Filmarksユーザー5組10名様をご招待!

日時:7月13日(水)18:30開場/19:00開映
会場:新宿明治安田生命ホール
住所:新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビル
募集人数:5組10名様
※確実に参加可能なFilmarksユーザーの方対象
※イベント内容、登壇者は、予告なく変更になる場合がございます
※当日は開映時間前にご来場ください
※開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております

この機会、ぜひお見逃しなく!応募はこちら

【応募締切・その他注意事項】

2016年7月3日(日)23:59までのご応募分有効

【レビュー投稿のお願い】
試写会鑑賞後、2016年7月17日(日)までに本作のレビューのアップをいただく事がご応募の条件となります

【応募資格】
・Filmarksメンバーで日本在住の方
・上記【レビュー投稿のお願い】にご同意いただける方

【応募方法および当選者の発表】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください
・当選の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当日は開映時間前にご来場ください
・開映後の入場はお断りしております
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とさせていただくことがあります

◆映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

YANposter

あらすじ:ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。
上映時間:97分
〈2016年7月22日公開〉
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://www.youngadultny.com/

© 2014 InterActiveCorp Films, LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ばあばちゃん
    -
    ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、世代の異なる2組のカップルの交流と友情を描く。 ドキュメンタリー作家のジョシュと映画プロデューサーのコーネリアは、ニューヨークのブルックリンに暮らす40代の夫婦。子どものいない2人は、いつまでも若いつもりでいたが、近頃は老いを意識させられることもしばしば。そんな中、講師をしているアートスクールで、2人の若いカップルと知り合い…。 ミドルエイジの夫婦は、ベン・スティラー&ナオミ・ワッツ 20代のカップルは、アダム・ドライバー&アマンダ・セイフライド。
  • GreenT
    2.5
    ノア・バームバッグxアダム・ドライバー、ほんっとムカつくな~!!と思いながら観たかったので、これを選択しました。 ジョシュ(ベン・スティラー)とコーネリア(ナオミ・ワッツ)は、ドキュメンタリー映画監督とプロデューサーというカップル。ジョシュは2作目のドキュメンタリーをもう10年も編集している。副業で教えているカレッジの授業にジェイミー(アダム・ドライバー)とダーヴィ(アマンダ・セイフライド)という若いカップルが現れ、ジョシュの1作目の大ファンだと語る。最初は見上げられるのが気分良かったジョシュだが、ジェイミーとダーヴィの若くて自由なボヘミアン生活に感化され、コーネリアも巻き込んで若いやつらの仲間になっていくが・・・。 典型的なミッドライフ・クライシスの映画ですね。こういう痛い中年、ベン・スティラー上手いんですよね。ジョシュとコーネリアの夫婦は、同年代の人達は子供を産み始めるんだけど、自分たちはまだ若いまま、自由なままでいたいと思っている。なので子持ちになった友達とは気が合わなくなり、若いジェイミーとダーヴィのライフスタイルに魅かれていくのだが、そこでもアウェイ感は否めない。 若い若いと思っていても、老眼は始まるし、関節炎になったり(笑)。 アダム・ドライバーは「胸糞悪いなあ~」と思う前に「胸糞悪いキャラ」だったので、そんなに嫌悪感はありませんでした(笑)。ジェイミーは明日も気にしないボヘミアンな生活をして、ドキュメンタリー監督になりたいのも「自分の自由な発想で」、ジョシュには「そんなアホな発想で」って思うことでもあっけらかんとやってのける。 そういう「自分にないもの」または「若さと共に失ったもの」を取り戻そうとジョシュはジェイミーと付き合うのだが、実はジェイミーは成功のために周りの人みんな利用するようなヤツで、ジョシュのことも利用していたとわかる。 ここら辺から映画の教訓はなんなんだ?となる。ジェイミーがヤなヤツなのは若いからではなく、単に上昇志向だからじゃない?って感じがする。 あと、ジョシュとコーネリアが子供を持たないのも「チョイス」ではなく、コーネリアが不妊症で、頑張ったけど授からなかったので「手に入らないものを欲しいと思いたくないから要らないと言う」的な感じらしい。 この設定も元々のテーマの反していると思うんだけどなあ。子供を持っている人を嫉妬したり、持たないことで「半人前」扱いされるのに極端に反応したりするのは、「自分で持たないと決めたのに、それを正当化できない」って気持ちの表れで、それには共感できるんだけど、「欲しいけどできなかった」んじゃ違うような。 で、最後は「ドキュメンタリー映画の信ぴょう性」に関しての議論が出てくる。ドキュメンタリーってやっぱかなりヤラセが多いんだろうなって感じのセリフがたくさん出てくる。これを観る限りでは、「ドキュメンタリーの巨匠」と言われるような人でも、まあまあ、「このくらいはいいかなあ~」的なヤラセはやっているような感じだし、ジョシュが1作目は評価されてもその後芽が出ないのは、そういう「汚いこと」を一切しないせい、みたいな感じがしなくもない。 で、ジェイミーみたいなヤラセでもなんでもガンガン行くやつが大成すると。 こうなってくると、年齢ではないのではって気もするのだが、最後ジョシュは、そうやってみるみる有名になっていくジェイミーを見て「若いから」の一言でかたずけ、自分は妻のコーネリアと養子を取ることに決める。 原題の "While We're Young" はなに、それでも「やっぱ若い内に子供持っとけ」ってこと? ノア・バームバックは自身がグレタ・ガーウィグと映画作った時に妻のジェニファー・ジェイソン・リーを捨てて若いグレタに走った人だから、ジョシュの気持ち分かるんだろうけど、この映画のミッド・ライフ・クライシス、若い世代との考え方の違い、ドキュメンタリー映画の倫理、などは、テーマとしては面白いんだけど、尻すぼみな感じが。 ジョシュとコーネリアがアダプトするのが黒人の子供ってのが白人特権階級だなあ~って感じがするし、ジェイミーとダーヴィのボヘミアン・ライフも白人特権階級の若者って感じがしていけ好かないんだけど、まあノア・バームバックはまさにその界隈の人だから、自分の知っている世界を描いているのでいいんですけどね。 今回のアダム・ドライバーのキャラは、まさに私が思うアダム・ドライバーそのものなんだけど、映画の中ですでに「悪者」にされているので腹が立つスキがない。でもさ、多分ノア・バームバックもこういう若者だったんじゃないの?途中ジョシュが利用されていたことに気が付いて「あいつらは特権意識にあふれた若者なんだ」って言うシーンがあるんだけど、自分も若い時はそーだったんじゃないの?今、年を取って自分がその特権を持たなくなったから批判するけど。 もっと胸糞わりぃ~って悶絶したかったんだけど、普通に観てしまった(笑)。ちなみにこの映画って、「ノア・バームバックの過去作の興行成績全てを足したよりも高い興行成績を納めた映画」なんだそうですが、ノア・バームバックの映画ってそんなに流行らないの?
  • mis
    3.4
    観ておきたかった一本。こんなに見やすくて配信向きなのにライセンスが浮いているのかどこにも出てこないね.. 子供を持ったカップルと子供を持たない選択をしたカップル友達同士、自然と距離が生まれていく。若いヒッピーカップルのスピリットに惹かれる中年カップル。「みんな自分が1番大事」 こんなにキャスト豪華だったのか!ノアバームバック組オールスターズが出演している。彼らしい脚本、展開が掴めるようで掴めない面白さ。暮らしの中の日常的な物語。
  • にゃす
    2.6
    【ナオミちゃんを追いかけて】  とてもおひさしぶりなこのシリーズ😂😂DVDレンタルは腰が重すぎてなかなか進まん😂😂  ナオミちゃんとベン・スティラーの熟年夫婦がアダム・ドライバーとアマンダ・セイフライドの若夫婦との交流を経て考え方が色々変わってくというお話🙌  とりあえず、ジャンルコメディってなってるけど笑えはしませんでした😂ベン・スティラーが若者たちに感化されて若者言葉使うあたりとかイタさすらありました…ウディ・アレンのコメディはちゃんとおもしろいし、やっぱすごいですね🤔  若夫婦とつるみ出したことで、同年代の熟年夫婦から「お前たちが心配だよ。」とちょっとだけ距離をあけられてしまうのはいまいち理解できない🤔中年が若者とつるむのがそんなにおかしなことですかね?  しかも自分らが子どもできて幸せだからって、流産経験のあるナオミちゃん夫妻に「子どもはいいわよ〜産みなさいよ〜。」って言うのは無神経すぎる😑そういう他人に気を遣えないとこ嫌いですわ〜😑😑  ナオミちゃんがアマンダ・セイフライドの影響でヒップホップ教室に通いだして、がんばってヒップホップっぽいダンスを踊ってたのが可愛かったです🥰  最近、新しく出会う美人な女優さんが次々出てきて手が移ろいがちになってますが、ナオミちゃんの美しさは帰ってくるべき故郷というか、実家のような安心感を感じることができます🤗✨ナオミちゃんは実家です🏡 2022-571
ヤング・アダルト・ニューヨーク
のレビュー(10614件)