【ボヴァリー夫人、アリスほか】今大注目のミア・ワシコウスカ出演作品をご紹介

全部映画のせいにする引きこもりライター

表ひつじ

ミア・ワシコウスカが主演を務める映画『ボヴァリー夫人』が、7月17日に公開されました。

ミア・ワシコウスカといえば、絶賛公開中の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のアリス役も演じている、今大活躍中のハリウッド女優です。透明感ある白い肌にかわいらしい顔立ちの彼女がお気に入り!という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ミア・ワシコウスカが出演する映画作品を、最新作の『ボヴァリー夫人』含めてご紹介します。

ミア・ワシコウスカってどんな女優?

ミア写真

生年月日:1989年10月14日(26歳)
身長:162cm
出身地:オーストラリア

画家である父と写真家である母の間に生まれたミア・ワシコウスカ。2004年に女優デビューし、2006年には初めて映画(『Suburban Mayhem』)に出演しました。その後、新人女優賞や助演女優賞にノミネートされるなど、徐々に注目が集まっていきます。

そして2010年、世界中が注目したティム・バートンの映画『アリス・イン・ワンダーランド』にアリス役で出演し、認知度は急上昇。海外の映画レビューでは「絶世の美人だというわけでもないが、演技力がずば抜けている」と評価されているようです。

それでは、今人気上昇中のミア・ワシコウスカ出演作品を見ていきましょう!

これは外せない「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズ

アリス・イン・ワンダーランド2

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ミア・ワシコウスカといえばやっぱり「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズですね! 現在は2作目となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が公開中です。

前作の『アリス・イン・ワンダーランド』は2010年に公開されています。当時マッドハッター役のジョニー・デップや監督のティム・バートンが注目される中、「まさにリアルアリス!」と同じく脚光を浴びたミア。

アリス・イン・ワンダーランド

見た目は可憐でも少々勇ましい一面もある「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズのアリスですが、ミア・ワシコウスカはそんな新しいアリスにぴったりの女優でした。

映像や衣装・メイクに、ティム・バートンらしい独特な華やかさがある本作。ぜひ2作目も劇場でチェックしてみてください!

純粋で芯のある女性を演じた『ジェーン・エア』

ジェーン・エア

イギリス作家、シャーロット・ブロンテの代表作「ジェーン・エア」を映画化した作品。主人公の女性ジェーン・エアと彼女が家庭教師として住み込みで働いていた家の主人との恋愛を描いています。

主人公が美人、という設定ではなく、芯があって女性の持つ力を信じている勇ましいキャラクターは、当時では物珍しさがあったよう。

映像は全体的に薄暗く物静かな雰囲気で、淡々と描かれています。その中でひときわ目を引くのがジェーン・エアの着ている衣装。ミア・ワシコウスカが着ているワンピースが、どれもレトロで上品なデザインなんです!

ミアだけでなく、恋のライバル的ポジションの女性が着ているドレスもとてもオシャレ。主役とは違う華やかな雰囲気で、装飾も芸術的です。

ちなみにこの作品は第84回アカデミー賞で衣裳デザイン賞にノミネートされています。オシャレな衣装に身を包んだミア・ワシコウスカを見たい方は必見です。

色っぽいミアを観るなら『イノセント・ガーデン』

イノセント・ガーデン

18歳の誕生日に父親を事故で亡くした少女、インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)は、母(ニコール・キッドマン)と葬儀に参列していましたが、そこに行方不明だった叔父チャーリーが現れ、インディアたちが住んでいた大きな屋敷で一緒に住むことに。しかしこの日から、彼女の周りで不可解な現象が起こり始めます…。

クラシカルなヨーロッパの雰囲気や幻想的な映像美が目を楽しませてくれる映画『イノセント・ガーデン』。ネットでも映像の美しさが絶賛されていました。

しかし注目すべきはそこだけではありません! 本作は、全体的に静かに描かれていくシーンの中で、徐々に現れてくる狂気を、ぜひ全身で感じてほしい作品です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ほうづき
    3.2
    エズラ・ミラーが見たくて鑑賞 ボヴァリー夫人という作品自体名前だけしか知らなくて、内容は初めて知った ストーリーはアンナ・カレーニナみたい エズラ・ミラーが芸術のように美しかった、エマとレオンが庭で戯れてるところがよかった 欲を言えば、エズラ・ミラーの出演シーンをもっと増やしてほしかった エマの揺れ動く心、想像していた明るい未来ではなく、"罪なき囚人"としての妻の現実を目の当たりにして恐怖を感じたんだと思う 一度振り切れたらもう歯止めが効かない、お金の面に関しても チャールズが悪い夫っていうわけではないところも、アンナ・カレーニナみたい ローガン・マーシャル=グリーンがマルキ役だった 自分としてはエマの魅力があまり感じられずにそれほど感情移入できなかった 自分で蒔いた種だし、自業自得としか言いようがない
  • ブリトニー
    2
    エズラミラーが見たくて、観てしまった。 付かず離れずでもっと熱い情愛を見せてくれんのかと期待したら、ただの世間知らずバカな女性の借金末路の話。 主人公の女性の演技が好みじゃないのか、下手だなと思ってしまった。 映画では村一番の綺麗な女性という設定だったが、対して主人公の魅力が感じられず、また台詞内容も利発そうじゃないし、全然面白くなかった。 もっと美しくてミステリアス、頭の良い女性が破滅的な最期を迎えるようなストーリーを期待してました。修道院育ちの無垢な女性って設定を全然活かせてないね。(上から目線) なーなーにエンディングってのがいただけないし、そもそもエズラミラーあんま出てこないし、関係の進展がはしょりすぎてて二人の人間関係の浅さにむかつきました。 主人公が深い関係になることに全く抵抗感が感じられなくてつまらない。もっと葛藤しろよ。 金払って映画館で見てたらキレてたね。
  • leoeue
    3
    記録
  • 2.5
    やっぱりエズラの色気は至高でした。 途中までは煌びやかな服を身に纏うエマが綺麗で見とれてたけど、終わりまでのエマの心情を表すカメラワークにゾッとした。 晴れた日に見るべきだったな。でも好きな作品です。
  • neumond
    -
    2020/07/18
ボヴァリー夫人
のレビュー(2348件)