カンヌで男優賞受賞のヴァンサン・ランドンインタビュー!その抑制的な芝居の魅力とは

2015年のカンヌ国際映画祭でヴァンサン・ランドンに男優賞の栄冠をもたらした『ティエリー・トグルドーの憂鬱』がまもなく公開されます。『母の身終い』などで知られるヴァンサン・ランドンは、コメディからシリアスな作品まで幅広くこなすフランスを代表する名優。

今回ランドンが演じるのは失業中の51歳の中年。障害を持った息子と妻を養っていかなければいけないが希望の職にはつけず、やっとの思いで得た仕事はスーパーマーケットの監視員。自らも厳しい境遇にあるティエリーですが、スーパーで貧しい人々が起こす万引きなどを監視する立場に。淡々と仕事をこなしながらも自分と似たような境遇の人々を追い詰める立場に、次第にティエリーは苦しみを憶えるようになります。

そんなどこにでもいそうな男の苦しみをセリフも少なく、抑制された演技で体現したランドンはカンヌ国際映画祭男優賞とセザール賞主演男優賞を受賞しています。そんな彼の芝居の秘訣をインタビューしてきました。

ティエリー・トグルドーの憂鬱

普通の男を演じる難しさ

ーティエリーという役は役作りが非常に難しかったんじゃないでしょうか。ロダンのような彫刻家の役(ヴァンサン・ランドンの次回作はロダンの役)なら特徴をつかみやすいと思いますが、今回のような普通の男を演じるのは逆に難しさがあるように思います。

ヴァンサン・ランドン(以下ランドン):だからこそ、私はカンヌで男優賞をもらった時、とて嬉しかったです。大きな映画祭の賞は一般的に、(難病ものなど)とても難しい役に挑戦した役者に与えられることが多いですからね。オーギュスト・ロダンの役を演じた時には、私も8ヶ月間毎日8時間彫刻の勉強をしましたが、今回の映画ではそうではありません。ティエリーという役にはわかりやすい方向性がありませんでしたので、まるでそれは無人島で自分の内面を掘り下げるようなアプローチでしたね。

ティエリー・トグルドーの憂鬱メイン

すごく抑制された芝居でしたね。セリフもなく佇んでいる姿、あるいは背中だけしか映されていないのに何かを表現しているというか、絶えず観客が、ティエリーが何を考えているのか想像させるような芝居を心がけていたように見えます。

ランドン:おっしゃるように私はこうした、演技で観客がいろんなことを空想でき、想像力を掻き立てさせるような演技が好きなんです。観客がその人物に共感したり一体化するには、セリフは必ずしも必要ではないんです。この役を演じるにあたって私は受け入れること、なされるままに周りで起こっていることを傍観すること、そして内面で苦しむことを心がけました。

映画に真実味を持たせるために

今回プロではない俳優と共演でしたが、新しい刺激を得られましたか。

ランドン:そうですね、まずとても心地よかったです。彼らはとても真面目ですし。特に素人の俳優さんたちは映画の中で演じている人物と、プロの俳優よりも近い人たちです。そのおかげで映画にとても真実味や誠実な部分を与えることができたと思います。そして彼らとの撮影はほとんどワンカットで行われました。技術上の問題があった時のみテイクを重ねていますが、彼らのおかげで映画はとても実人生に近いものになったんじゃないでしょうか。

テイクを重ねることで芝居が嘘っぽくなってしまうのを避けたということなんでしょうか。また彼らをあなたはどのように彼らを助けていたんですか。

ランドン:私がなにかをしてあげなければいけないということはありませんでした。映画の撮影というより実際に人生を生きているような感じで彼らと接していました。彼らから自然に出てくるものを映像に残すのが重要でしたから、テイクを重ねると彼らの持っている自然さがなくなってしまいますし。それと彼ら素人に何度もテイクを重ねることの意味を納得してもらうのも難しい作業です。

ティエリー・トグルドーの憂鬱サブ2

自然な芝居を作るための様々な工夫にも関わることですが、どれだけ脚本に忠実に撮影が進められたのでしょうか。

ランドン:概ね忠実に作られていますよ。この役を演じるにあたって二週間はシナリオを読み込み、台詞を覚えましたが、後から監督がシナリオを取り上げてしまったんですよ。手元に脚本がない状態で、前日に監督からメールで翌日の撮影の指示がきます。動きの指示などがあって、この場所ではこの台詞というような感じでしたが、最終的にはオリジナルのシナリオに近い形に完成しました。

観る人はきっと、彼に共感する

ー演技も傍観することが大事だったと仰いましたが、ティエリーの寡黙さは日本人には理解しやすいものですが、欧米ではどのように受け止められたのでしょうか。

ランドン:この映画は欧州で大きく成功しました、特にフランスでは大ヒットしたんです。ティエリーは残酷なシステムには従わないと決意することによって、観客はシステムに抗う模範的な例を見て、自分もティエリーのようになりたいと思ったんじゃないでしょうか。

家庭の中でのティエリーが非常に印象深く、家族3人がとても美しいと思いました。夫婦でいがみあうこともないし、奥さんも彼のことをとてもよく支えています。

ランドン:この家族はとてもセクシーだと思います。妻は妻の役目を務め、夫は夫の役目を務め、互いに尊重しあっています。この2人はお互いがいるからいろんなことができるんだと思います。彼らは金銭的には貧しいかもしれませんが、心理的な面、感情的な面ではとても豊かな人たちだと思います。

ティエリー・トグルドーの憂鬱サブ1

障害を持った息子についても同様です。この家族は強く結びついています。最後にティエリーが決断をする時も、妻も彼の決断に同意してくれるだろうと確信を持っていたんです。ティエリーをとりまく環境は家庭の外では失業など非常に厳しい状態ですが、家庭の中では平和です。ですから家の外で何があっても彼は幸せなんです。

ティエリー・トグルドーの憂鬱』は8月27日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

(C)2015 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINEMA

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • PARPAR8266
    3.9
    いや〜これ凄い。 1度観ただけでは深く汲み取れてない部分が絶対ある。 ただもう一度観た時、もう要所要所で泣き散らすかもしれない。。 すごく雰囲気や画が綺麗でロングショット多め。 なおかつ最小限のやり取りで感情の起伏が激しくなされる。 日常会話すぎてストーリーが淡々と進んでいるようにも思えるが、進行方向の大きさに気づいてしまうと情緒持たない。 なんて不器用な親子なんだ。 すごく繊細で、意地っ張りな 愛のある親子の映画だった。 時を置いてまた観てみたい。
  • 3.4
    サポート 麻薬密輸の片棒をかついで逮捕され、服役していた中年男性アランは、出所して母親のイベットが暮らす実家で再出発を図るが、希望の仕事が見つからず几帳面な母と衝突してばかりいた そんなある日、アランは母が脳腫瘍に冒されており、スイスの会社と契約して尊厳死を実行しようとしていることを知る…… ステファヌ・ブリゼ監督が、尊厳死を望む母親とその息子の絆を描いた人間ドラマ ケンカしても母親 重たい話でした 難しい問題 雰囲気スゴい ドラマ ロマンスもあり 検査シーン ワンちゃんも印象的 映像と音楽で心情を表現してる ラスト いろいろ切ないです
  • いち麦
    4
    尊厳死を遂行しようとする母と、刑務所上がりの荒れた息子の交流。ラストなど冷酷にさえ映るほど淡々とした描写に正直戸惑った。死の考え方に個人差はあるが母の決断を静かに受け入れた息子の心理描写がまだまだ不十分と感じた。
  • 4歳の女のコ
    3.6
    👎🏻邦題は出オチですが原題: Quelques heures de printemps(春の数時間)。『地味で渋いヒューマンドラマ』📽✨なぬで4、50代以降⤴️アダルトチーム向きかなぁ。👩🏻‍🦳母親の人柄が、日々の家事の手際・室内の様子から見て取れる静かな演出が秀逸。DAKARA彼女の選択の説得力とラストシーンがスゴイ"(/へ\*)"))泣💦 【🇫🇷セザール賞(女優賞・俳優賞・脚本賞・監督賞)など各賞6部門ノミネート】 只今『☔️梅雨のジジババ映画祭り🐌』開催中!!!!
  • のんchan
    4.2
    また好きな監督が増えた💫 ステファヌ・ブリゼ監督の『愛されるために、ここにいる』に私はスコア5.0の満点を付けていた。同じ監督とは気付かずに、母の日だし、母親テーマの作品でも...と選んだら、これもまた私はとても好みな作風だった✨ 物静かで淡々と進む描写の中に、親子の確執、親子愛、死、仕事、恋愛、他人の優しさ...キャストがあまりに自然な演技なので、まるでドキュメンタリーを観てるかのようだった。 50が目の前のアランは、魔がさして麻薬密売に手を出し18ヶ月の服役から出所するところから始まる。行く当てはなく、母親のイヴェットの家に身を寄せる。 イヴェットは夫を亡くし独り住まい。几帳面であまり愛想のない生真面目なタイプ。アランが懲役で仕事を失い居候状態になり、2人の関係は以前から続いていた折り合いの悪さに拍車が掛かる。 つまらない事で意地を張って口喧嘩になり、仲違いをして“冷戦状態”続きになる。アランは隣人の家に身を寄せる。その隣人がとても優しいおじさんで、この親子を繋ぐ唯一のバイパス役になるが... アランは母親が脳腫瘍で良くなることはないことは知っていたが、優しい言葉を掛ける事もしていなかった。隣人から服役中の母親の病状を聞かされる。 イヴェットは自分の命を自分で終う事を一人で決めていたのだ。それは、フランスでは禁じられているが、スイスは自殺が刑法で認められている国なので、スイスの“自殺幇助協会”との契約書にサインしていたのだった。 親子の確執、軋みは、割と身近な問題かもしれない。そのテーマから安楽死までを、とても彫りが深く、とは言え意外とあっさりとその行為まで進んでいく。 だからこそ重厚な余韻を残す。人間を丁寧に見つめている誠実な作品だった。 ※スイスって、オレンジジュースのような液体をコップ1杯飲んで数分で眠くなってそのまま逝ける。全く苦しまない。 日本も法律が変われば良いのに...と思える程だった。
母の身終い
のレビュー(281件)