【映像×音楽】ノア・バームバック監督4作品と音楽の素敵な関係

ドイツ在住、ヨーロッパ映画三昧!

Chihiro

いい映画に欠かせないのが、音楽という存在。2010年代に入り、ミュージシャンがサウンドトラックのスコアが手掛けたり、その時代のミュージックシーンの流行を押さえた楽曲や、今もなお聞き継がれる古き良きロックミュージックなどを劇中に使用する作品が増えました。

その先駆者のひとりでもあるノア・バームバック監督。彼はこれまでにポール・マッカートニーやデヴィッド・ボウイなど1960年代から活躍しているレジェンドの楽曲を中心に、その年代に合わせた選曲を織り交ぜて、映像と音楽を融合させてきました。

7月より公開中の最新監督作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』では、同じアメリカ出身のミュージシャン、元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーが音楽を担当しています。今回はそんな音楽にもこだわりを持つノア・バームバック監督の作品を、“映像×音楽”の視点からピックアップします。

YAN1

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

1.『イカとクジラ』(2006年公開)

イカとクジラ

作家としてなかなか芽が出ない大学教授の父と、有名雑誌に寄稿する母を持ちウォルトと弟のフランク。ある日、両親から離婚することを告げられ、ふたりは父と母の家を行き来する生活を余儀なくされて……。

ノア・バームバック監督の実体験がベースとなった本作は、両親の離婚をきっかけに気持ちがバラバラになっていく家族の姿がアイロニックに上げかれています。中でもジェシー・アイゼンバーグ演じるウォルトが、ピンク・フロイドの「Hey You」を弾き語るシーンは印象的。「一緒だったら頑張れるけど、別れてしまったら終わりだ」という哀愁漂う歌詞の一説が、ウォルトの心情とマッチしていて、楽曲選びのセンスがうかがえます

ちなみにサントラには1980年代後半~90年代前半に活動していたバンド、ギャラクシー500のボーカル、ディーン・ウェアハムのバージョンが収録されています。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

おすすめ楽曲/Pink Floyd 「Hey You」

 

2.『ベン・スティラーの人生は最悪だ!』(日本未公開)

夢破れ、定職にもつかずその日暮らしをしている40代の男性、ロジャー・グリーンバーグが、ひとりの女性との出会いをきっかけに幸せを見出す姿を描いた作品。ちなみに本作日本未公開作品でしたが、2016年よりオンデマンドでの視聴が可能になりました。

人生の岐路に立たされた中年男性を『ヤング・アダルト・ニューヨーク』にも出演しているベン・スティラーが、ロジャーが心惹かれる女性、フローレンスを『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグが演じています。また、本作のスコアを担当したのが、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』で再びタッグを組むことになる元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィー。

サントラにはジェームス・マーフィー名義の楽曲のほか、アルバート・ハモンドやデュラン・デュラン、ソニックスなどオールディーズな楽曲も収録されています。

残念ながらサントラには収録されていませんが、予告編で使用されているLCDサウンドシステムの名曲「All My Friends」は、心が駆け上がるようなアップテンポのサウンドが、徐々に生きる楽しみを見出し始めるロジャーの心情にシンクロしています。サントラと併せてチェックしてみてください。

おすすめ楽曲/LCD Soundsystem 「All My Friends」

3.『フランシス・ハ』(2014年公開)

フランシス・ハ

(C)Pine District, LLC.

モダンダンサーになることを夢見るフランシスが、親友の結婚をきっかけに、夢に友情に人生に奮闘する姿を描いたガールズ青春ムービー。ノア・バームバック監督のガールフレンドである女優のグレタ・ガーウィグが、大人になりきれないアラサー女子を演じています。

本作の主題歌は、監督がこれでにも何度が楽曲を起用してきたデヴィッド・ボウイの「Modern Love」。友達が結婚しようと、彼氏と別れようと、現実が厳しかろうとお構いなしに自分らしさを貫くフランシスの凛とした姿と、常に新たなことにチャレンジし続け長きにわたって音楽シーンに影響を与えてきたレジェンド、デヴィッド・ボウイの姿が重なります。

劇中ではフランシスがモダンダンスを踊りながら颯爽と街中を駆け回るシーンに使用されていて、疾走感溢れるサウンドともマッチ。そのほかにもモノクロ映画のレトロな雰囲気がしっくりくるTレックスやポール・マッカートニーら古き良き楽曲がサントラには収録されています。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

おすすめ楽曲/David Bowie「Modern Love」

 

4.『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(2016年公開)

ヤング・アダルト・ニューヨーク

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

ベン・スティラーとナオミ・ワッツ演じる“フォーエバー・ヤング”のつもりでいる40代カップルと、アダム・ドライバーアマンダ・セイフライド演じる成功を夢見る20代カップル。

そんな親子ほど年の離れた4人がジェネレーションギャップを感じながらも友情を育んでいくハートフルコメディ。

本作では『グリーンバーグ』から2度目のタッグを組んだジェームス・マーフィーがスコアを手掛けています。サントラにはライオネル・リッチーやデヴィッド・ボウイといったオールディーズな楽曲から、ハイムやジェームス・マーフィーによる楽曲まで幅広い世代を縦横無尽に渡り歩くような選曲で映画の世界を表現

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

おすすめ楽曲/HAIM「Falling」※原曲バージョン

 

映画のシーンと一緒に音楽も楽しもう!

YAN2

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

オールディーズから最新の音楽シーンまで、映像の世界観に合わせた音楽をセレクトするノア・バームバック監督。特にロックミュージック好きにはたまらない楽曲の数々が使用されているので、映画のシーンごとに音楽も一緒に楽しめるはず。最新作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』をチェックするとともに、ぜひ、映像の背景に流れる楽曲にも耳を傾けてみてください。

 

※2021年9月8日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • GreenT
    2.5
    ノア・バームバッグxアダム・ドライバー、ほんっとムカつくな~!!と思いながら観たかったので、これを選択しました。 ジョシュ(ベン・スティラー)とコーネリア(ナオミ・ワッツ)は、ドキュメンタリー映画監督とプロデューサーというカップル。ジョシュは2作目のドキュメンタリーをもう10年も編集している。副業で教えているカレッジの授業にジェイミー(アダム・ドライバー)とダーヴィ(アマンダ・セイフライド)という若いカップルが現れ、ジョシュの1作目の大ファンだと語る。最初は見上げられるのが気分良かったジョシュだが、ジェイミーとダーヴィの若くて自由なボヘミアン生活に感化され、コーネリアも巻き込んで若いやつらの仲間になっていくが・・・。 典型的なミッドライフ・クライシスの映画ですね。こういう痛い中年、ベン・スティラー上手いんですよね。ジョシュとコーネリアの夫婦は、同年代の人達は子供を産み始めるんだけど、自分たちはまだ若いまま、自由なままでいたいと思っている。なので子持ちになった友達とは気が合わなくなり、若いジェイミーとダーヴィのライフスタイルに魅かれていくのだが、そこでもアウェイ感は否めない。 若い若いと思っていても、老眼は始まるし、関節炎になったり(笑)。 アダム・ドライバーは「胸糞悪いなあ~」と思う前に「胸糞悪いキャラ」だったので、そんなに嫌悪感はありませんでした(笑)。ジェイミーは明日も気にしないボヘミアンな生活をして、ドキュメンタリー監督になりたいのも「自分の自由な発想で」、ジョシュには「そんなアホな発想で」って思うことでもあっけらかんとやってのける。 そういう「自分にないもの」または「若さと共に失ったもの」を取り戻そうとジョシュはジェイミーと付き合うのだが、実はジェイミーは成功のために周りの人みんな利用するようなヤツで、ジョシュのことも利用していたとわかる。 ここら辺から映画の教訓はなんなんだ?となる。ジェイミーがヤなヤツなのは若いからではなく、単に上昇志向だからじゃない?って感じがする。 あと、ジョシュとコーネリアが子供を持たないのも「チョイス」ではなく、コーネリアが不妊症で、頑張ったけど授からなかったので「手に入らないものを欲しいと思いたくないから要らないと言う」的な感じらしい。 この設定も元々のテーマの反していると思うんだけどなあ。子供を持っている人を嫉妬したり、持たないことで「半人前」扱いされるのに極端に反応したりするのは、「自分で持たないと決めたのに、それを正当化できない」って気持ちの表れで、それには共感できるんだけど、「欲しいけどできなかった」んじゃ違うような。 で、最後は「ドキュメンタリー映画の信ぴょう性」に関しての議論が出てくる。ドキュメンタリーってやっぱかなりヤラセが多いんだろうなって感じのセリフがたくさん出てくる。これを観る限りでは、「ドキュメンタリーの巨匠」と言われるような人でも、まあまあ、「このくらいはいいかなあ~」的なヤラセはやっているような感じだし、ジョシュが1作目は評価されてもその後芽が出ないのは、そういう「汚いこと」を一切しないせい、みたいな感じがしなくもない。 で、ジェイミーみたいなヤラセでもなんでもガンガン行くやつが大成すると。 こうなってくると、年齢ではないのではって気もするのだが、最後ジョシュは、そうやってみるみる有名になっていくジェイミーを見て「若いから」の一言でかたずけ、自分は妻のコーネリアと養子を取ることに決める。 原題の "While We're Young" はなに、それでも「やっぱ若い内に子供持っとけ」ってこと? ノア・バームバックは自身がグレタ・ガーウィグと映画作った時に妻のジェニファー・ジェイソン・リーを捨てて若いグレタに走った人だから、ジョシュの気持ち分かるんだろうけど、この映画のミッド・ライフ・クライシス、若い世代との考え方の違い、ドキュメンタリー映画の倫理、などは、テーマとしては面白いんだけど、尻すぼみな感じが。 ジョシュとコーネリアがアダプトするのが黒人の子供ってのが白人特権階級だなあ~って感じがするし、ジェイミーとダーヴィのボヘミアン・ライフも白人特権階級の若者って感じがしていけ好かないんだけど、まあノア・バームバックはまさにその界隈の人だから、自分の知っている世界を描いているのでいいんですけどね。 今回のアダム・ドライバーのキャラは、まさに私が思うアダム・ドライバーそのものなんだけど、映画の中ですでに「悪者」にされているので腹が立つスキがない。でもさ、多分ノア・バームバックもこういう若者だったんじゃないの?途中ジョシュが利用されていたことに気が付いて「あいつらは特権意識にあふれた若者なんだ」って言うシーンがあるんだけど、自分も若い時はそーだったんじゃないの?今、年を取って自分がその特権を持たなくなったから批判するけど。 もっと胸糞わりぃ~って悶絶したかったんだけど、普通に観てしまった(笑)。ちなみにこの映画って、「ノア・バームバックの過去作の興行成績全てを足したよりも高い興行成績を納めた映画」なんだそうですが、ノア・バームバックの映画ってそんなに流行らないの?
  • mis
    3.4
    観ておきたかった一本。こんなに見やすくて配信向きなのにライセンスが浮いているのかどこにも出てこないね.. 子供を持ったカップルと子供を持たない選択をしたカップル友達同士、自然と距離が生まれていく。若いヒッピーカップルのスピリットに惹かれる中年カップル。「みんな自分が1番大事」 こんなにキャスト豪華だったのか!ノアバームバック組オールスターズが出演している。彼らしい脚本、展開が掴めるようで掴めない面白さ。暮らしの中の日常的な物語。
  • にゃす
    2.6
    【ナオミちゃんを追いかけて】  とてもおひさしぶりなこのシリーズ😂😂DVDレンタルは腰が重すぎてなかなか進まん😂😂  ナオミちゃんとベン・スティラーの熟年夫婦がアダム・ドライバーとアマンダ・セイフライドの若夫婦との交流を経て考え方が色々変わってくというお話🙌  とりあえず、ジャンルコメディってなってるけど笑えはしませんでした😂ベン・スティラーが若者たちに感化されて若者言葉使うあたりとかイタさすらありました…ウディ・アレンのコメディはちゃんとおもしろいし、やっぱすごいですね🤔  若夫婦とつるみ出したことで、同年代の熟年夫婦から「お前たちが心配だよ。」とちょっとだけ距離をあけられてしまうのはいまいち理解できない🤔中年が若者とつるむのがそんなにおかしなことですかね?  しかも自分らが子どもできて幸せだからって、流産経験のあるナオミちゃん夫妻に「子どもはいいわよ〜産みなさいよ〜。」って言うのは無神経すぎる😑そういう他人に気を遣えないとこ嫌いですわ〜😑😑  ナオミちゃんがアマンダ・セイフライドの影響でヒップホップ教室に通いだして、がんばってヒップホップっぽいダンスを踊ってたのが可愛かったです🥰  最近、新しく出会う美人な女優さんが次々出てきて手が移ろいがちになってますが、ナオミちゃんの美しさは帰ってくるべき故郷というか、実家のような安心感を感じることができます🤗✨ナオミちゃんは実家です🏡 2022-571
  • y
    -
    「自由を選択した」40代に刺さる、同年代の「普通にみんな子供産んでいく」寂寞。20代の輝きに傾倒していくのは、めちゃ身に染みる。Z世代への畏れ。 若者の真似して自転車乗って関節炎。 無いものねだりを世代間ギャップのせいにしてはいけないけど、選んできた道に自信を持ち続けるのも難しい。。 切なさがコメディに昇華していくのが素晴らしいな。アダムドライバーのくねりが良かった。 そして記録映画への考察がまた作品に幅を持たせておりました。
ヤング・アダルト・ニューヨーク
のレビュー(10609件)