9月のおすすめ映画体験(2)珈琲にお酒に笑いに街ブラに、映画+@が楽しめます

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

今回は、9月のおすすめ映画体験(2)珈琲にお酒に笑いに街ブラに、映画+@が楽しめます】をご紹介させて頂きます。

これまでにもいくつかの特別な上映スポットを取り上げさせてもらいましたが、9月にも様々な映画イベントが各地で開催されており、そのうちのいくつかを記事にまとめました。

夏から秋へ、移ろいゆく景色を楽しみつつ、普段の映画館では決して味わえない「その日限りのかけがえのない映画体験」を是非ごゆるりとご堪能して頂けたらと思います。

毎年恒例!「映画」×「したまち」×「笑い」の祭典!心に元気を!

≪9/16(金)~19(月・祝)≫ 第9回したまちコメディ映画祭 in 台東

2008年11月よりいとうせいこうが総合プロデュースし、昨年は浅草公会堂にてビートたけしが生LIVEを行ったことでも話題を集めた日本初の本格コメディ映画祭【したまちコメディ映画祭 in 台東】

今年は「コメディ栄誉賞・山田洋次」特集や、『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラニ監督と主演のアーミル・カーンが再びタッグを組んだ話題作『PK』、映画秘宝とのコラボ企画「映画秘宝まつり」など、選りすぐりの10数プログラムが上映されます。

■上映作品:『男はつらいよ』『ぼくのおじさん』『PK』他、多数

とらさん

ぼくの

(『ぼくのおじさん』:2016年11月3日(木・祝)より全国ロードショー)

PK

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED 
(『PK』:2016年10月29日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー)

その他、短編コンペティション「したまちコメディ大賞2016」や、「お笑いライブ」「山田洋次リスペクトライブ」なども開催されますので、会場となる浅草、上野を散策しながら、「映画」「笑い」「したまち」を存分にご堪能されてみてはいかがでしょうか?

開催概要

  • 第9回したまちコメディ映画祭 in 台東​
  • ■開催日時:2016年9月16日(金)~19日(月・祝)
  • ■開催場所:【上野地区】東京国立博物館 平成館、上野恩賜公園野外ステージ(不忍池水上音楽堂) 、【浅草地区】浅草公会堂、雷5656会館 ときわホール 
  • ■詳細情報、チケットのご予約はこちら(第9回したまちコメディ映画祭 in 台東​公式HP)

「珈琲」映画と、珈琲を楽しむ

≪9/18(日)、19(月・祝)≫ 珈琲とテーブルのある上映会@珈琲とワインのある暮らし 25(vingt-cinq)

ちば珈琲2

出典:https://www.facebook.com/vingtcinq25.jp/photos/a.973089716062564.1073741827.910811512290385/1084616978243170/?type=3&theater

千葉の京成みどり台駅近くの閑静な住宅街にある珈琲とワインの専門店珈琲とワインのある暮らし 25(vingt-cinq)」にて開催される珈琲とテーブルのある上映会

店主自らが企画・運営を行い、一杯の珈琲ができるまでを描いたドキュメンタリー映画『A FILM ABOUT COFFEE』の上映と、その後にカッピングやドリップ抽出等を参加者と一緒に行うワークショップイベントが実施されます

■上映作品:『A FILM ABOUT COFFEE』

珈琲

(C)2014 Avocados and Coconuts.

上映中はテーブル席で珈琲ゆっくりと味わいながら、上映後は珈琲についてあれこれ学びつつ、たっぷりじっくりと珈琲の世界をご満喫されてみてはいかがでしょうか?

開催概要

  • 珈琲とワインのある暮らし 25(vingt-cinq)~珈琲とテーブルのある上映会~​
  • ■開催日時:2016年9月18日(日)※満席、19日(月・祝)、各日15:00~上映、懇親会&ワークショップは17:00~
  • ■開催場所:珈琲とワインのある暮らし 25(vingt-cinq)(京成みどり台駅徒歩4分、JR西千葉駅徒歩10分)
  • ■料金:珈琲付き鑑賞料1500/懇親会&ワークショップ参加料1000
  • ■定員:各日15名
  • ■詳細情報、イベントのご予約はこちら(「珈琲とテーブルのある上映会」Facebookイベントページ)

映画を愛する市民ボランティアによる、映画を通じた多文化の共生・異文化理解を目指す映画祭

≪9/17(土)~19(月・祝)≫ 第21回ながおか映画祭

ながおか

出典:http://nagaokafilmfes.sakura.ne.jp/

今年で第21回を迎える、新潟県長岡市で開催される市民による市民のための【ながおか映画祭】

『風の波紋』『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』などのドキュメンタリーや、『サウルの息子』『オマールの壁』、そして『夢見るように眠りたい』「第18回長岡インディーズムービーコンペティション」など、新旧古今東西の話題作11プログラムが上映されます!

そしてまた、同会場では長岡市在住のコレクター長谷川浩一さんの「なつかしの長岡観光会館」パネル展も開催されます。

■上映作品:『風の波紋』、『サウルの息子』、『蒼のシンフォニー』他、多数

風の

(C)カサマフィルム

サウルの息子

(C)2015 Laokoon Filmgroup

青の

(C)NEWSTYLE.CO.,LTD

開催概要

  • 第21回ながおか映画祭​
  • ■開催日時:2016年9月17日(土)~19日(月・祝)
  • ■開催場所:長岡リリックホール(JR長岡駅よりバス+徒歩)
  • ■詳細情報、チケットのご予約はこちら(第21回ながおか映画祭​)

 

この他にも、9月25日(日)には青山の【スパイラル】にて開催される講義イベント【第7回】スクリーンに映画がかかるまで~つくる・かう・ひろめる仕事について学ぶ~』にて、「こどもと映画~こどもが映画と出会うときをとびきり素敵なものにするために~のトークショーが行われるなど、まだまだたくさんの映画イベントが全国各地で開催されていますので、また機会がありましたらご紹介したいと思います。

それでは、ぜひ皆さまも色々な魅力あふれる「上映イベント」で、かけがえのない映画体験をご堪能くださいませ!

②表紙

出典:https://unsplash.com/search/laugh?photo=SAHBl2UpXco

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • matsu
    4.5
    監督、脚本ラージクマール・ヒラニ氏、お見事。 「きっとうまくいく(3idiot)」がすごすぎるので、この映画は大したことないな…と前半思いきや、大間違い この映画も本当に素晴らしい!!すごい (笑いあり、涙あり) 最後、そう来るか〜 全く予想していない展開でした いやー、ここまで宗教にメスを入れるのかー、切れ味鋭いわぁ この映画もオススメ!!
  • ぷーどーる
    4.6
    身体は大人、心は産まれたての赤ちゃんのような宇宙人pk。 彼の世の中に対する純粋な疑問を通して、宗教問題などの様々な矛盾を考えさせられる。 彼の疑問の問い方が本当に最高。 皮肉が利いていて観ていてスッキリする。 テレビ局とパキスタン大使館との電話のシーン、お父さんの指笛で大号泣した。 パキスタン大使館の人々が温かくて素敵すぎる。 pkと導師との討論でのpkの言葉には世界平和の鍵があると思う。 “神様”の捉え方、頼り方にも共感。 最後に、pkが地球で学んだ事は「嘘」だったが、その嘘が優しくて愛に溢れていて、とても切ない気持ちになった。 ラストはギャグと、お決まりの陽気な歌やダンスで締めくくる。(今回はダンスなしだけど) それが感動の涙だとしても、涙では終わらせないインド映画が好きだなあと思った。 -------------------------- pkがずっと口に何かふくんで食べているのは見ていてちょっと辛かった。
  • ザキオ
    4.6
    2回目の鑑賞で ようやくレビューを書きます レンタルで借りて 気に入ってBluRayを購入したものの観ていなかったのですがようやく鑑賞しました <(_ _)> 「きっと、うまくいく」 の監督と主演のアーミルカーンの再タッグ 前作では インドにおける学歴と若者の自殺をテーマに 喜怒哀楽溢れる作品でした。 (。・ω・。) 今作 「PK」 では 宗教に対する疑問や問題等 かなりデリケートテーマで 宗教に疎い日本人でも楽しめる内容になってます! 我々の星にある宗教を 宇宙人からの視点で描かれてます (*゚◇゚) ストーリーは 地球を調査しに来た アーミルカーン演じる宇宙人が 地球に降り立ち 第1村人ならぬ 第1地球人を発見し近づくと その地球人は 宇宙人の首に下げてる 宇宙船を呼んだり乗り降りするためのリモコン(ペンダントのような形)を盗んで 逃げ去り それがないと星に帰れないため リモコンを探すために 悪戦苦闘し 服を調達したり 言語を覚えるのに苦労したりし ようやく 人にリモコンがどこにあるか聞いて回るも みんな口を揃えて 「そんなの神様にでも聞かないところわからないよ」 と答える そして神様に会うべく お寺や神社 教会にモスク に行くも リモコンは見つからず そして 宇宙人は 神様が行方不明です みつかりましたらご連絡ください。 とあちこちに張り紙をして神様を探そうとするのです (・◇・)アヤヤー 色々な信仰方法があり あそこではあれがNGで こっちではOK 一体何がどうなってるんだと 宇宙人からの視点というのがとても笑えました(笑) コントとしても とても楽しめます(笑) アーミルカーン氏の宇宙人という役柄へのアプローチの仕方も見物でした! 人間が色々なことをややこしくしてる要因だとこんが得させられました(笑)
  • しまけいた
    3.5
    普段からこの映画のようなことばっかり考えているから冗長に感じてしまった。全体的に超コッテリだけど上手って感じ。超コッテリでしつこいけど。 びっくりするくらいチープな劇伴とこういう考え方ってインド人にどのくらい浸透してるものなのか(世代感や地域の差も含め)とPKはステロイドで体を作ってるのかが終始気になってしまった。これで宗教について考えた人は汝の敵日本を知れを是非見て欲しいな
  • ピーターパン
    4.5
    いいなー。インド映画って、重いテーマを扱っていても軽くて観やすくって、だけどテーマを尊重して軽んじてなくて、伝えたいことはしっかり伝えてくれる良質な映画が本当に多い。 この映画も、宗教がテーマで重たいけど、PKのキャラのポップさと、合間に挟まれる恋愛だったり友情の物語で親近感が湧きます。それが挟まれるおかげで映画の尺がえらいこっちゃになっているのですが、この部分がないともっとお堅くなっていたかもしれない。 色んな要素を含んでメッセージもしっかり伝える、挙句の果てには歌って踊り出してしまう。欲張りと言えばそうですが、わたしはそんなインド映画が大好きです。
PK
のレビュー(19947件)