2021年、観ておくべき「シスターフッド映画」まとめ!映画ファンから高評価が集まる10本を紹介

映画好きがオススメする、女性の友情に勇気をもらえる「シスターフッド映画」を10本ピックアップ! 『オーシャンズ8』や『チャーリーズ・エンジェル』、『スケート・キッチン』など定番から隠れた傑作まで幅広くご紹介。

シスターフッドという言葉を知っていますか? シスターフッドとは女性同士の連帯を表す語で、友情と似ているものの利害関係を超えた関係性を指します。元々はフェミニズムの標語として使われていましたが、昨今の# Me Tooで再注目されるようになりました。その波は映画業界にも波及していて、近年ではシスターフッドを題材にした作品が立て続けに公開され、大きな話題を呼んでいます。そこで今回は、映画ファンから高評価が集まる「シスターフッド映画」を時系列でまとめて紹介します。

旅するジーンズと16歳の夏』(2005)

アメリカ・メリーランド州を舞台に、赤ん坊の頃から16歳になる今までずっと仲良しの少女4人組、カルメン(アンバー・タンブリン)、レーナ(アレクシス・ブレデル)、ティビー(アメリカ・フェレーラ)、ブリジット(ブレイク・ライヴリー)の、別々に過す夏休み。別れの前日、体形が異なる4人の誰が履いても似合う不思議なジーンズと出会い、友情の証として一週間ごとに着回すことに。そして彼女らは夏休みを通して、忘れられない出来事を体験していく……。

“ジーンズ”というユニークなキーアイテムを軸に、別々に過ごしても確かな友情を感じさせる傑作青春映画。公開当時から大反響だったため、続編である『旅するジーンズと19歳の旅立ち』も制作されている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ピッチ・パーフェクト』(2012)

ダメダメなガールズアカペラ部。唯一の武器は強烈な個性。彼女たちが一つになったとき、信じられない音色を奏でだす。全ての女子を元気づけるガールズムービー。

こちらも大人気シリーズの第1作目。本作を観た人は『ピッチ・パーフェクト2』『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』も要チェック。とにかく多種多様なキャラクターが登場しているミュージカルで、鑑賞後は勇気づけられること間違いなし。ミュージカルコメディにハマったら、あわせてライアン・マーフィー監督の『ザ・プロム』もオススメ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

20センチュリー・ウーマン』(2016)

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)に「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった……。

監督であるマイク・ミルズの半自伝的作品で、母と息子の微妙な難しい関係性が描かれた本作。父親の不在がもたらした、世代が違う3人の女性の生き方は美しい映像とともに心に残る。

オーシャンズ8』(2017)

5年の刑期を終え、晴れて仮出所を果たしたデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。かつて“オーシャンズ”を率いたダニー・オーシャンを兄に持つ、生粋の強盗ファミリーの一員だ。出所して早々、刑務所の中で考え抜いたプランを実行に移すべく、デビーの右腕となるルー(ケイト・ブランシェット)と共に個性豊かな犯罪のプロたちに声をかけ“オーシャンズ”を新結成する……。

豪華絢爛なハリウッドスターの共演だけで大興奮の1作。『オーシャンズ11』のリブートということもあり、本作と比較しながら鑑賞すると数々の共通点が見えてくる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

スケート・キッチン』(2018)

ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な女の子カミーユ(レイチェル・ヴィンベルク)はスケートボードに熱中しているが、怪我が原因で母親からスケートを止めるように言われる。そんなある日、彼女は“スケート・キッチン”と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、彼女たちの一員となる。母親との関係は悪化しつつも、どんどんスケートにのめり込んでいくカミーユは、謎のスケートボーダー男子(ジェイデン・スミス)に恋をする。だが、この男子との関係はスケボーのトリックを決めるよりも難しいことが発覚する……。

ドキュメンタリーのようなタッチで、今の若者のリアルが描かれた本作。多くの映画で用いられたニューヨークが舞台だが、彼女たちの視点によって今までにない新鮮な印象を受ける。おしゃれなファッションとスケボーで疾走する姿は、誰が観ても憧れるはず。

チャーリーズ・エンジェルズ』(2019)

ある日、巨大テクノロジー企業に勤める天才プログラマーのエレーナ(ナオミ・スコット)は、自身が開発したプロダクト=新エネルギー源“カリスト”を会社が武器として軍事利用していることに気づき、女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”たちに調査を依頼。それがきっかけで、エレーナは命を狙われることに。姿を見せないチャーリーに代わり、エンジェルたちにミッションを与える司令塔ボスレー(エリザベス・バンクス)は、変装と潜入を得意とするサビーナ(クリステン・スチュワート)、元MI6であらゆる武器を自在に操るジェーン(エラ・バリンスカ)と共に、エレーナを守りながら調査を開始する……。

2000年代に大ヒットを記録した「チャーリーズ・エンジェル」シリーズを、監督や主演を一新して制作された続編。基本的テーマは同じであるものの、彼女らが連帯するに至った経緯を詳しく描いたり、恋愛描写を削ったりすることで、現在求められている作品に仕上がっている。もちろん、マックG版のカッコいいアクションはちゃんと引き継がれているのでご安心を。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ハスラーズ』(2019)

デスティニー(コンスタンス・ウー)は祖母の介護のため、ストリップクラブで働き始める。そのクラブでひときわ輝くラモーナ(ジェニファー・ロペス)と運命の出会いを果たす。彼女からストリッパーとしての稼ぎ方を学び、安定した生活を得ることができるようになる。しかし、2008年に起きたリーマン・ショックの影響で世界経済は冷え込み、ストリップクラブで働く彼女たちにも不況の波が押し寄せることになる。そんな時、不満を募らせたラモーナは、ディスティニーやクラブの仲間たちと、世界最高峰の金融地区ウォール街の裕福なクライアントたちから大金を騙し取る計画を企てる……。

全編かっこいい女が活躍する本作。金持ちの男たちを騙しながらのし上がっていく姿はギャング映画的な爽快感がある。従来の映画で描かれたようなセクシャルなストリップクラブでなく、職場としてのストリップクラブ描かれていたのが何より新しい。オープニングからイケイケなので、迷ったらとりあえず観て欲しい。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019)

成績優秀な優等生であることを誇っていた親友同士のエイミー(ケイトリン・デヴァー)とモリー(ビーニー・フェルドスタイン)。しかし卒業前夜、遊んでばかりいたはずの同級生もハイレベルな進路を歩むことを知り自信喪失。二人は失った時間を取り戻すべく卒業パーティーに乗り込むことを決意する。果たして、二人を待ち受ける怒涛の一夜の冒険とは……。

おバカ男子高校生を主人公にした学園コメディは数多くあれど、おバカ女子高校生を主人公にした本作はあまりないのでは。「マララ」という発動した者の発言を何があっても肯定しなかればいけない約束など、2人のナイスバディっぷりにテンションが上がる。モリーの自己肯定感が下がった時に繰り出すエイミーのビンタは、観客に新しい価値観を気づかせてくれる名場面。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

Daughters』(2020)

中目黒。桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。共に27才。ライフスタイルの似ている二人は、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。そんな生活に、変化が訪れる。突 然、彩乃からの妊娠の告白。そして父親のわからないその子供を、産む決意をする彩乃。楽しかった二人だけの生活は、少しずつ変わっていく……。

写真集を眺めているような美しい映像の連続と、男が不在の中子どもを育てる決意をした二人の絆は、どこか重さを感じさせなくても、鑑賞後の感覚をはっきりとさせる。

Rakuten TVで観る【登録無料】

 

私をくいとめて』(2020)

30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子(のん(能年玲奈))。みつ子がひとりきりでも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン多田くん(林遣都)に恋をしてしまう。きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へふみだすことにする……。

公開当初から、のんに共感する人連発だった本作。例えば、女性芸人が酔っ払った観客にセクハラをされて、みつ子が怒るシーンなどは、胸が痛くなる。友達の皐月とは、まさしくシスターフッドと呼べる関係性。大人になったことで微妙に変わってしまった各々に対する違和感がほぐれる瞬間は美しい。

 

本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

20211月10日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS