本気で旅に出たくなる名作5本&この夏映画館で観られる「旅に出たくなる映画」3本

Nobody's Perfect.

久保田和馬

ほとんどの人が、映画を観てそこに映し出される景色に心を打たれ「旅に出たい!」と思った経験、一度はあるのではないでしょうか?

フェリーニの『道』を筆頭にしたロードムービーには、どのような動機付けに関わらず人を動かす力がはたらいていて、またロードムービーでなくとも、無性にウズウズし始めて居ても立ってもいられなくなる映画が多数あります。

そこで今回は「旅」をテーマに、定番のロードムービー2作品と、魅力的な絶景を味わうことのできる3作品の計5作品を紹介しつつ、合わせてこの夏に映画館で観ることができる「旅に出たくなる映画」3作品をご紹介します。

定番のロードムービー

『エリザベスタウン』キャメロン・クロウ

エリザベスタウン

会社での大失敗と父の訃報の両方を同時に受け失意のどん底にいた男が、父の過ごした町を訪れることで人の温かさに触れ、生きる希望を取り戻していく2005年公開の現代アメリカ映画の最高傑作。キルスティン・ダンスト演じるヒロインから渡された地図を頼りに、数々の名曲と父の遺灰と共にアメリカの名所を旅していく主人公の姿に心が浄化されます。オーランド・ブルームの現代劇初主演映画として話題を集め、今尚支持されている一本です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

『モーターサイクル・ダイアリーズ』ウォルター・サレス

モーターサイクルダイアリーズ

2004年に公開され、今でも世界中で熱狂的に愛されている青春ロードムービーの傑作。革命家チェ・ゲバラが若き日に南米大陸横断の旅に出た実話を基に、描き出される南米の辛い現実と、美しい景色の数々。本作で撮影を務めたエリック・ゴーティエが、この後『イントゥ・ザ・ワイルド』や『オン・ザ・ロード』といったロードムービーに抜擢されたことも、この映画の評判の高さを表しています。

映画で味わえる絶景

『素晴らしい風船旅行』アルベール・ラモリス

素晴らしい風船旅行

『赤い風船』『白い馬』で知られるアルベール・ラモリスが始めて手がけた長編劇映画であり、冒険映画の金字塔的作品。老科学者とその孫が、気球に乗って空の旅を繰り広げる中で観ることができる、ヨーロッパの絶景は息を飲む美しさ。これまで見たことのなかった空中撮影の巧さと、ジャン・プロドロミデスの音楽に合わせて、まるで本当に空を飛んでるかのような錯覚に陥ってしまう美しさを放ちます。

『緑の光線』エリック・ロメール

緑の光線

ロメールの手がけた多くのバカンス映画の中でも、最も映画的魅力を放ち続けるのが本作。先日AKB48の楽曲でもモチーフにされた、「太陽が沈む瞬間に見ることができる緑色の光」は、何故か映画館で観たときにだけ確認することができます。(VHSでもDVDでも見れませんでした……。)頻繁に劇場で上映される作品なので、機会があったら是非とも映画館で観ていただきたい一本です。

ビデオマーケットで観る【初月無料】

『私たちの好きな八月』ミゲル・ゴメス

一昨年日本公開された『熱波』で話題になった、ポルトガルの俊英ミゲル・ゴメスの長編2作目にあたる本作は、山間部で行われる音楽フェスティバルを舞台に、ドキュメンタリーと劇映画を融合させた青春映画。ラストで訪れる圧倒的な夕陽の美しさに思わず涙が溢れてしまいます。

この夏劇場で観れる、「旅に出たくなる映画」

『しあわせはどこにある』ピータ・チェルソム

しあわせはどこにある

精神科医の男が「幸せ」とは何かを探しに中国、チベット、そしてアフリカを旅して歩くコメディ映画。『ワールズ・エンド』でも共演したサイモン・ペッグとロザムンド・パイクの再共演で贈る本作は、人間の暖かさと、「幸せに生きるためのコツ」を教えてくれる心温まる映画です。『ゴーン・ガール』で日本でも注目されるようになったロザムンド・パイクは、この映画みたいなキャラが通常ですのでご注意を。

6月13日から全国ロードショー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

『奇跡の2000マイル』ジョン・カラン

2000マイル

70年代にラクダを連れてオーストラリアの砂漠を一人で横断した女性ロビン・デヴィッドソンの実話をミア・ワシコウスカ主演で描く冒険ロマン。不可能とも思われた挑戦に挑む主人公に心打たれるだけでなく、オーストラリアの砂漠の臨場感をより際立たせるためにフィルムで撮影された衝撃的な映像の数々に打ちのめされること間違いなし。

7月18日から全国順次ロードショー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

『わたしに会うまでの1600キロ』ジャン=マルク・ヴァレ

1600キロ

パシフィック・クレスト・トレイルを歩き抜いたシェリル・ストレイドの自伝を元に、『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレが映画化した人間ドラマ。雄大な山々の景色もさることながら、何といっても本作で久々のオスカー候補に挙がったリース・ウィザースプーンの熱演が光る本作。ニック・ホーンビィによる脚色も巧みで、人間ドラマとしての構成も見事です。

8月28日ロードショー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

紹介した作品以外にも、普段はあまり見ることができない景色を味わうことのできる映画はまだまだたくさんあります。今回の記事では取り上げなかった邦画にも、『幸福の黄色いハンカチ』や『あなたへ』、『学校IV』『ロード88 出会い路、四国へ』『風花』など数え切れないほど優れたロードムービーが存在しています。

今年の夏は映画を観て、新しい場所へ思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

※2021年10月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • koukuwabara
    4
    凄くハートフルな作品だった。都会のましてや大企業でスター扱いだった人間が、自分の失敗で会社に大損害を被らせてクビになれば、自暴自棄になるのは当たり前だ。しかし主人公は温かみのある故郷の人々と触れ合ううちに少しずつ自分を取り戻す。この作品からは人間の繋がりや愛の大切さを学べる。キルスティン・ダンスト演じるヒロインの優しく包み込むような愛が、どれだけ主人公が立ち直るのに力になったか。人生を生きていく上で困難を抱えている様々な人の背中を優しく押してくれるような作品。
  • HirokoXu
    3.6
    オーランドブルーム爆イケ👀 これだけで観る価値あり。 棺も骨壺も洒落ててええな...
  • カレス
    3.7
    IMDb 6.3 ラブコメ・ロードトリップ 吹替版 ドリューは8年かけたスニーカーのデザインに失敗し、会社に10億ドルの損害を与えた。自死を決意したところに故郷に帰っている父の訃報が入り、自殺は"一時延期"にして故郷のエリザベスタウンへ向かう。旅客機(他に誰も乗っていない)の女性乗務員クレアは気さくで、エリザベスタウンへの道を教えてくれた。渡されたメモにはいつでも連絡できるように電話番号が書いてあった。 《ややネタバレ》インプレッション たぶんストーリーの構成はきちんとしているんだろうけど、逸話がいくつも出てきて何を追って映画を見ればいいのか、分からない。 ロードトリップだと思ってたが、あっという間に故郷に着いちゃう。余談だけどその故郷は「小さなことを50年もネチネチ言い続ける」 帰り道がロードトリップ・ムービー的で楽しいのだけど、ゴールのヒントがないので、期待したものが出てくるという楽しさがない。物語は、自分である程度予想(期待)してその通りになると嬉しい。その通りにならないと残念か、あるいはもっと楽しい…と、ある程度筋道を布石や伏線で誘導してくれると良いのだが。この映画の1番楽しいところを期待させてくれていればもっと良かったのに、期待も予想もしていなかったので何か喜びようがなかった。 今思いついたが、またこの映画を見るとするとストーリーは知っているから、布石伏線なくても面白いかな。どうだろう。 実は、キャメロン・クロウ監督の「あの頃、ペニー・レインと」(原題Almost Famusが全然ウケる)を見て、この監督の感性は自分にはすごくよく分かる、と思っていたけど自信がなくなった。大筋はすごく良いけど、何回も言うけど、余分なストーリーが多いんだよなあ。 コメント欄に批評家の見解
  • koji8ma4ro
    5
    世間的には評判は良くないが個人的にはお気に入りの映画です。
  • K
    3.5
    内容よりもトムクルーズ製作作品ということで。 後半、街の風景や音楽が次々変わっていくのがとてもよかった。
エリザベスタウン
のレビュー(9985件)