映画「ジャック・リーチャー」シリーズ一覧!『アウトロー』と合わせて2本のあらすじ&キャストをまとめて紹介

映画が大好きなファッションプレス

くりすちな

リー・チャイルドの全米ベストセラー小説「ジャック・リーチャー」シリーズをトム・クルーズ主演で映画化した「ジャック・リーチャー」シリーズ。『アウトロー』と『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の全2作を公開順にご紹介!

リー・チャイルドの全米ベストセラー小説「ジャック・リーチャー」シリーズを映画化した今シリーズ。今までとは一味違うトム・クルーズが公開当時話題に。これまでの爽やかな役柄とは違い、一匹狼の元軍人で、法に構わず自分の信念を突き通す男を熱演する。そんなトム・クルーズが主演を務める「ジャック・リーチャー」シリーズ全2作をご紹介!

アウトロー』(2012)

アウトロー

アメリカ・ピッツバーグの郊外で無差別射殺事件が起きる。現場に残されていた証拠から、元軍人でスナイパーのジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が犯人として逮捕される。取り調べでは、ジェームズ・バーはただ一言「ジャック・リーチャーを呼べ」と言うだけだった。同じ頃、テレビでジェームズ・バーの逮捕を知ったジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は彼の元へと向かう。そして、事件の不可解な部分に気が付いたジャック・リーチャーと弁護士のヘレン・ロディン(ロザムンド・パイク)は、その隠された真相を究明する……。

「ジャック・リーチャー」シリーズ第1作目。原作小説の9作目にあたる。監督は、『ユージュアル・サスペクツ』などのクリストファー・マッカリーが担当。孤高の元軍人ジャック・リーチャーが、ジェームズ・バーが関わる事件の真相を突き止めるため、隠された謎に迫る姿を描く。徐々に明らかになる秘密とその鍵を握る人物とは……? 真夜中に繰り広げられるド派手なカーチェイスや素手での戦いなど、見どころが詰まったアクションムービー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(2016)

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

たった一人で放浪の旅を重ねていたジャック・リーチャーだが、ある時喧嘩に巻き込まれ、保安官に連行されそうになる。この騒動が誰かに仕込まれたものだと悟ったジャック・リーチャーだったが、元同僚のターナー少佐(コビー・スマルダー)がスパイ容疑で逮捕されていたことを知る。それも何者かの仕業なのではないかと考え、不審な動きを見せる軍の内部を調べ始める……。

「ジャック・リーチャー」シリーズ第2作目。原作小説の18作目にあたる。監督は『ブラッド・ダイヤモンド』などのエドワード・ズウィックが担当。主演は前作同様トム・クルーズが続投し、「アベンジャーズ」シリーズなどのコビー・スマルダーズが出演。前作とは違い、ジャック・リーチャーとターナー少佐、15歳の少女サマンサとの関係が少しづつ築かれていくのも面白いポイント。ジャック・リーチャーの人間らしさが垣間見え、クライムアクションだけではなく、ロードムービーとしての心温まるシーンも楽しめる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年4月14日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS