映画「孤狼の血」シリーズ一覧!2021年公開最新作『孤狼の血 LEVEL2』までのあらすじ&キャスト、見どころをまとめて紹介

映画館に住みたい

ココネコ

柚月裕子による長編警察小説を実写映画化した「孤狼の血」シリーズ。抗争を繰り広げる暴力団と、彼らを追う警察の戦いを描いた衝撃作。あらすじやキャスト、見どころを合わせて紹介。

柚月裕子による長編警察小説を実写映画化した「孤狼の血」シリーズ。抗争を繰り広げる暴力団と、彼らを追う警察の戦いを描いた衝撃作。2018年に第1弾が公開され、2021年8月20日には待望の続編が公開予定。そんな「孤狼の血」シリーズのあらすじやキャスト、見どころをまとめてご紹介します。

孤狼の血』(2018)

孤狼の血

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原では、地場の暴力団・尾谷組と、新勢力の広島の巨大組織・五十子会系の加古村組との抗争がくすぶり始めていた。そんな中、加古村組系の金融会社社員が行方不明になる。刑事二課に配属された新米刑事の日岡秀一巡査(松坂桃李)は、暴力団との癒着が噂される主任の大上章吾巡査部長(役所広司)と共に捜査にあたる。大胆不敵で手段を選ばない大上の捜査に戸惑う日岡。そしてこの失踪事件を機に、暴力団同士の抗争が激化していく……。

「孤狼の血」シリーズ第1弾。監督は『凶悪』や『彼女がその名を知らない鳥たち』などの白石和彌が手掛ける。原作は、“警察小説×仁義なき戦い”と評される柚月裕子の同名小説。役所広司が主演を務め、役所演じる刑事・大上のバディに松坂桃李、尾谷組の若頭を江口洋介が演じる。ほか真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、中村獅童、中村倫也(中村友也)、阿部純子(吉永淳)ら個性派キャストが顔をそろえる。多数の衝撃作を生み出してきた白石和彌監督が、本作でも“暴力団×警察×エロス”の限界描写に挑み、過激な昭和の暴力団抗争を大胆に描く。暴力団の面々や刑事の大上など、“昭和の男”の泥臭さが強烈なインパクトを放つ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

孤狼の血 LEVEL2』(2021)

孤狼の血 LEVEL2

件の抗争から3年後。広島・呉原の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。権力を用い、暴力団組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきた一人の“悪魔”によって事態が急転していく……。

「孤狼の血」シリーズ第2弾。舞台は前作から3年後、大上の遺志を継いだ日岡のその後を描き、原作シリーズにはない完全オリジナルストーリーが展開される。監督は前作に続き白石和彌が務め、若き刑事・日岡役は松坂桃李が続投。“悪魔”のような残酷さを持つ暴力団組長役に鈴木亮平。その他、村上虹郎、西野七瀬、早乙女太一、斎藤工(齊藤工)、中村梅雀、吉田鋼太郎などが新たに参加する。ティザービジュアルが解禁され、松坂桃李演じる日岡の変貌ぶりが世を沸かせた本作、さらにスケールアップした世界観に期待せずにはいられない。

(C)2018「孤狼の血」製作委員会(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年4月30日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS