『極主夫道』龍の優しさ、『ACCA13区監察課』ニーノの色気…津田健次郎が語る“いい男”の条件(後編)

ネトフリをもっと楽しむ

Netflix Japan編集部

Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』の配信スタートを記念して、主人公・龍役を演じる声優の津田健次郎さんにインタビュー。前編では、龍の魅力や「いい男だな」と感じるシーンについて解説。続く後編では、津田さんが過去に演じた『ACCA 13区監察課』のニーノ、憧れが詰まっているという『ローマの休日』のグレゴリー・ペックについてさらに熱く語ってくれました。果たして、3人に共通する点とは?

津田健次郎プロフィール

1971年生まれ、大阪府出身。声優、俳優として活動中。代表作は『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、『テニスの王子様』、『呪術廻戦』など多数。「声優アワード2021」では、主演男優賞を受賞している。映画監督としても活躍の場を広げている。

ニーノの匂い立つような色気には「大人の魅力がある」

――これまで津田さんが演じられたキャラクターで、「これはかっこいい男だな」と思う役柄はありますか?

たくさんありますが、『ACCA 13区監察課』のニーノは、本当にいい男だなと思います。すごくマイペースかつ静かな男で、決して自分の感情を表に出さない。とくに、悲しみを表に出すことはありません。とてもミステリアスな色気があるんです。でも根底には、優しさや深い愛情があって、そういったものが彼のすべての行動原理になっている。ハードボイルド感と柔らかさ、色気の匂い立つ、いい男。大人の魅力のある、いい男代表のような人だと思います。

――ニーノの魅力が際立つ、印象深いシーンを教えてください。

ロッタとの会話のシーンは、とても好きですね。ニーノはまるで妹のようにロッタを見守っていて、ロッタと2人でいるときは、彼の優しさを強く感じられます。また親友であるジーンへの接し方、向き合い方も印象的です。ジーンとニーノは、お互いを思いやっていて、優しさにあふれているけれど、2人ともそれを言葉にも態度にも出さない。どちらもストレートな表現はしないし、そこが作品の魅力にもつながっているような気がしています。彼らはまったく違う性格だけれど、しっかり噛み合っているし、理解し合っている。特に2人でお酒を飲んでいるシーンなどは、そういった信頼を感じられて、とてもすてきだなと思います。

――ニーノを演じる上では、どのようなことを大切にされていましたか?

いかにフラットに話すか、ということを大切にしていました。セリフを立てずに、日常会話の中に感情を少しずつにじませていくようなアプローチです。勢いが大切な龍とは、まったく違うアプローチですね(笑)。本作独特の世界観があって、演じていてもとても楽しかったです。
ローマの休日』のグレゴリー・ペックは、「最高にかっこいい」

――監督業も務められるなど、映画好きとしても知られる津田さんですが、「名画の中のいい男」と言われて思い出す俳優やキャラクターについて教えてください。

ローマの休日』のグレゴリー・ペックは最高にかっこいいと思います。本作のグレゴリー・ペックは演技的にも、キャラクター的にも、決して前に出てこない。それでいて、力強くオードリー・ヘプバーンを支えているんです。『ローマの休日』はオードリー・ヘプバーンが世に出るきっかけになった作品で、あの映画のオードリーがすてきなのは当然なんですが、先日久しぶりに観返してみて、グレゴリー・ペックがその魅力をしっかりと支えているんだなと実感しました。画面からも、「僕は今回、この子を支える役割なんだ」「僕が支えることによって、この子は輝いていくんだ」という彼の意志を感じました。

――もしかしたら、若い時にはできないようなお芝居かもしれないですね。

そう思います。やっぱり役者ってどうしても前に出たくなるものだけれど、グレゴリー・ペックは前に出ず、懐深く、淡々とした芝居をやり続けています。最後の記者会見のシーンなんて、本当にすてきでしたね。最初はゴシップを獲得するためにアン王女(オードリー・ヘプバーン)と一緒にいたジョー(グレゴリー・ペック)が、彼女と接するうちに、人間性がどんどん豊かになっていく。孤独、優しさなど、彼の中にいろいろな感情がよぎりながら、最後はひとりで歩いて去っていくんです。“一人で歩いていく”というシーンから、哀愁や大人の魅力が匂ってくる、ものすごくかっこいいシーンだと思います。

龍、ニーノ、グレゴリー・ペックの共通点

――龍、ニーノ、そしてグレゴリー・ペック。3人とも「誰かを守る」というナイトのようなかっこよさがあるようにも感じます。

確かにみんな、利他主義的なところがあるかもしれないですね。もちろん、完全に一人で戦っていたり、エゴを丸出しにして尖っている人も、それはそれでかっこいいと思うんです。でも“支える” “与える”ということができる人は、とても素敵だなと思います。

――津田さんの理想とする、いい男像とはどのようなものでしょうか。

昔から僕にとってのアイドルは、アーティストさんや音楽家、映画監督や役者といった、偉大な表現者さんたち。そういった人たちが、僕の中で綺羅星のごとく輝いています。やっぱり芝居もそうですし、表現することって、とても奥深くて面白いんです。これからも偉大な表現者たちに一歩でも近づけるように、あらゆるチャレンジをしていきたいですし、そうすることが、僕の中のいい男を目指す道なのかなと思っています。

撮影/帆刈一哉
取材・文/成田おり枝

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS