心が震える爆音!「バンドやりて〜!」と思えるロック映画4選

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

こんにちは。突然ですが「バンドやりたい」なんて思ったことありませんか?
バンドをやればモテる!(たぶん)なんて思ってバンドを組んでみるのもよくあること! 今日はそんな音楽少年がついつい「音楽ってサイコーだぜ! バンドやりたい!」なんて思えるような作品を紹介していきましょう!

俺達はただただただただKISSが観たいだけなの! そんだけ! 『デトロイト・ロック・シティ』

DRC

KISS(キッス)のコンサートが観たくて観たくて仕方ない高校生4人組がコンサートに辿り着くまでのロードムービー。チケットがないのにコンサート会場に着いて、なんとしてでもチケットを手に入れようとするその姿は、観ているこっちもハラハラものです。冒頭の下手くそすぎる4人の「ロックンロール・オールナイト」の演奏を観ていると、「バンドっていいな〜! ロックって最高だよな〜!」なんて思い返す人も多いはず! ちなみに、お金がない主人公がダフ屋に言われた一言

「このコンサートを見ないなら家に帰ってレコードでも聴いてろ」

は名言中の名言です。

ヘイ! ホー! レッツ・ゴー! 『ロックンロール・ハイスクール』

ロックンロール・ハイスクール

ジャック・ブラック主演の『スクール・オブ・ロック』ではないです。
なんとパンクバンドのラモーンズが最初で最後の映画出演(ドキュメンタリーを除く)。びっくりするくらいの大根演技を見せてくれます。ロックが禁止されたハイスクールにラモーンズが乗り込む、なんてハチャメチャなストーリー、そしてとんでもないクライマックスが……! ちなみにこの映画の名言はストーリー当初は厳格だった音楽の先生がハジけて

「ロックンロールに命を捧ごう!」

と絶叫したシーン。うーーーん、今思い出してもグッとくる。

ジャック・ブラックってなんでこんなにダサカッコイイんだろう『スクール・オブ・ロック』

SOR

はい。そしてこの映画も忘れちゃだめですね『スクール・オブ・ロック』。ご存知ジャック・ブラックの代表作です。
ストーリーはひょんなことから偽教師に就任したジャック・ブラックがロックンロールを知らない生徒達へロックを教える、という話なのですが、クライマックスに待っているライブシーンは秀逸そのもの。楽曲のクオリティの高さも相成り嬉しくなってずっと半笑いで劇場にいたことを思い出します。(※ギター弾いてた子役……たぶん僕よりギター上手い……汗)

俺、君が好きだから、ちょっと今からバンド組んでくるわ!『シング・ストリート』

SS

昨年公開されたジョン・カーニー監督の『シング・ストリート』。この映画がどれだけ最高か、ずるいくらいの黄金パターンにその秘密があります。

「ボンクラ青春時代」

「好きな娘ができた」

「あの娘を落としたいからバンド組もう」

これぞ昔の読売巨人軍で言うなら槇原→齋藤→桑田の3本柱黄金リレーを成立した1994.10.8決戦を彷彿させると思いませんか?(え? 古い?)

また、クライマックスも希望に満ち溢れた主人公の表情で終わるんです。「モテたい」からバンド組む、って馬鹿らしいけど夢がありますよね〜。ジョン・カーニー監督、素晴らしい映画をありがとうございます!

いや〜。バンド組みたくなってきましたね〜! 「観たら◯◯したくなる映画」って、これぞ映画のマジックですよね。
以上バンド組みたくなる4作でした! ではまた〜!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハレルヤ
    3.9
    1978年アメリカのとある田舎町に住む高校生4人組。近くの大都市デトロイトでロックバンドKISSのライブが行われることで、ライブにどうしても行きたい彼らはチケットを入手するために奮闘する青春コメディ映画。 バカバカしさ全開。青春コメディの良さとロックミュージックのノリの良さが見事に合わさった一作。1時間半を問答無用の勢いで突っ走ります。 KISSのライブに行きたいがために何でもやるブッ飛んだ4人組ですが、バカだけど青春らしく何事も全力で挑む彼らが愛らしくて憎めません。笑 その4人の内の1人はエドワード・ファーロング。あの「アメリカン・ヒストリーX」の次の出演作でしたが、本作以降の彼の凋落っぷりは本当に残念。本作でのキャラが良かっただけに余計にそう思いますね。 劇中では当然KISSの代表曲が目白押し。ラストのライブシーンではご本人登場もあり、KISSファンが楽しめるのは勿論の事。KISSだけじゃなくAC/DCやブラック・サバス、ラモーンズなど70、80年代のロック代表曲が数多く流れます。洋楽ロックファンでも必見の作品でしょう。
  • zoso30
    3.8
    ロックバンド「KISS」のコンサートを観るために、奔走する4人の若者たちの騒動を描いた映画。全編にわたって、KISSのみならず、(マイケル・シェンカー時代の)UFO「♪ライツ・アウト」やヴァン・ヘイレン「♪Driving with the devil」、ブラックサバス「♪Iron Man」、スイーツ「♪Fox on the run」などのロック音楽が流れる作品で、気軽に観られるところが良い。 本家のKISSの曲は、「♪ロックンロール・オールナイト」、「♪ラブ・ガン」、「♪レディズ・ルーム」、「♪地獄の叫び」、「♪クリスティーン・シックスティーン」、「♪ストラッター」、「♪ベス」などが流れる。 自分も学生時代にKISSに夢中になり、初来日公演を1977年4月4日に日本武道館で観て、感激していた。オープニング曲は「♪デトロイト・ロック・シティ」であり、その頃の最新アルバムは「デストロイヤー」であり、「ラブ・ガン」は未発売だったので、「♪レット・ミー・ゴー・ロックンロール」や「♪レディズ・ルーム」なども演奏していた。 さて、この映画、4人の若者がアメリカのとある町でKISSのコピーバンドをしているが、デトロイトでのKISSコンサートチケットを4枚買って楽しみにしていたところ、「KISSは悪魔の使いだ!」という母親にコンサートチケットを燃やされてしまう。 そして4人のとった行動は、とりあえずデトロイトに行くことだったが…という極めてシンプルな物語。 クライマックスでは、本物のKISSが「♪デトロイト・ロック・シティ」を演奏するシーンがあり、なかなか良い。(そのシーンに、ジーン・シモンズの火吹き場面、ポール・スタンレーのギター怖し場面、ジーン・シモンズの血吐き場面なども別曲だが挿入あり。) まぁまぁ楽しめる音楽関連映画であった。
  • 3.3
    エドワードファーロングだから最後まで見れた
  • 赤ペン先生
    3.7
    字幕鑑賞。 2021年102本目。 ロックバンドKISSのコンサートに行くため奮闘する4人の若者の物語。 ロック好きの方はぜひ見ていただきたい作品。 開幕ニューラインシネマの音楽がロック調でイカす。 道中流れる名バンド達の珠玉の音楽。 ライブ前の会場の雰囲気、そしてラストKISSのライブパフォーマンスはコロナ禍の今だからこそ沁みるものがある。 個人的に最後チケットの手に入れ方が、好きじゃなかったので評価は低く。 同じファンなんだから横取りみたいな取り方はちょっとね。元を辿れば自分らが悪いんだし、、、 早くライブハウス、夏フェスで馬鹿騒ぎしたいなぁ😆 【いいものはいいのよ ディスコでもロックでも ジャンルは問題じゃないわ】
  • 白ご飯
    2.6
    ご存知!? ロック御三家の一角であるKISS! クイーンのボヘミアンラプソディーは全然受け付けなかったけど こちらはT2でお馴染みのエドワードファーロング主演のジュブナイル映画です! ボヘミアンラプソディーがクイーンらしくオーバーダブを繰り返して作られたスタジオテイク映画なら こちらはKISSらしく アンプに繋いでライブ録音的な映画です 好き嫌いはしっかり分かれそうですが オープニングのラブガンで乗れた人はまんまの映画なのでそのままノリノリで楽しめます! んが オープニングで乗れない人はコレまたまんまの映画なのでそのままお帰りください て ほどわかりやすい映画です! ただ 最後のKISSのライブシーン 78年設定だけど撮影は2000年直前だったのでエースがもうブクブク過ぎてそもそも本当のエースなのコレ?!状態 んで この頃のキッスならもっと大きなホールでやってたし 外から見た会場の大きさと実際のライブシーンの狭さが釣り合わないよ! ま ツッコミどころはまだまだあるけど イエスタデイやボヘミアンラプソディーと比べたら僕はこちらの方が好みの映画でした! You Wanted the Best!? You Got the Best! The Hottest Band in the World, KISS!!
デトロイト・ロック・シティ
のレビュー(1298件)