グザヴィエ・ドランこそ映画界の大谷翔平だ!いや大谷翔平こそ野球界のグサヴィエ・ドランだ!どっちでもいいや!

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

近年、映画界を騒がす話題のグザヴィエ・ドラン、彼こそ映画界の日本ハム・ファイターズ大谷翔平そのものである。

「おいおいロックス、お前何言ってんだよ? 野球選手と映画監督だぞ」なんて思わないでください。今日は、二人の若き天才を比較してみましょう!

若い。とにかく若い。

富む

「若き天才」なんてすでに言っちゃってますがまずここです。
グザヴィエ・ドランはわずか二十歳にして「マイ・マザー」にて監督・脚本デビュー、作品は第62回カンヌ国際映画祭にて上映。ここから彼の快進撃が始まります。その後「胸騒ぎの恋人」、「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy/マミー」、「たかが世界の終わり」と立て続けに作品を発表。そして2017年現在、いまだ28歳。

大谷翔平は高校卒業時点でメジャー挑戦かプロ野球入団かの選択がありました。そして紆余曲折があり日本ハムファイターズへ入団。昨年はNPB史上初の投手と野手でベストナイン、そしてパ・リーグMVPを受賞という破竹の活躍。2018年にはメジャーへの移籍という噂も流れています。そして現在22歳。

ちなみに僕は高校卒業時点で普通に大学受験をしながら映画を観ていて、22歳の頃はようやく大学を卒業して社会の波に呑まれてアタフタ映画を観ていて、28歳の頃はようやく社会人にも慣れて30歳を手前に映画ばっか観てました。これが凡人と天才の違いです。あれ、なんか書いてて泣けてきた。なんでだろう。

イケメン

マイ・マザー

いや〜二人共悔しいくらいのイケメンですよね〜。天は二物を与えすぎです。ずるいよ神様。
悔しくなってきたのでこの項目はこれくらいにしておきます。

主演/監督、打者/投手 何よりも二刀流

ドラン

むしろこれが言いたかったからこの記事書いているようなものかもしれませんが、二人共二刀流。
グザヴィエ・ドランは監督のみならず脚本、編集、そして主演も努めます。
そして大谷翔平はご存知二刀流。打者としては3割、二桁本塁打、投手としては史上最速の球速165kmを達成。
御両人共、凄まじい活躍を見せています。

世界広しといえどここまで活躍をしているのはなかなか類を見ることはできません。
というわけで皆さん、これからはグザヴィエ・ドランといえば「映画界の大谷翔平」と覚えましょう。
ん? 大谷くんが「野球界のグザヴィエ・ドラン」なのか? どっちでもいいや!

2人共すごい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • number14
    -
    ドラン監督の映し方、色使いがストライクすぎた。またアスペクト比が心情に合わせて変わる技法が斬新だった。スティーヴの障害による自分とは違う感情の起伏、歪んだ愛情表現は見ていて苦しくなったが、確かな愛があるのに自分の感情を抑えきれずに衝突し傷つけてしまう心が痛むようなシーンを共有きているからこそ、三人が心を通わせて喜ぶシーンがとても温かかった。ダイアンの別の世界線の空想シーンが儚くてせつない。
  • HappyMeal
    2.6
    確かにあの画角がストレスフルすぎるから、拡がった時の解放感はある、だから何だという感じだけど
  • Yuto
    4
    かなり良かったです。 本作について特筆すべき点は、何よりもあの独特なアスペクト比でしょう。 縦横の比率が1:1の映画は観たことがなかったですが、敢えて画面を小さくすることでキャラクターによりフォーカスした映像となり、複雑な事情を抱えるプライベートな感じを非常に上手く描いていました。 また、劇中で何度かそのアスペクト比を変化させることでキャラクターの情緒を象徴的に描く演出も独特でセンスのある映像表現だったと思います。 キャストの演技も素晴らしかったしキャラクターも興味深かったです。 ADHDとの向き合う難しさや、母子の愛情の奥深さなどがひしひしと伝わってきました。 強いて言えば、138分という尺は内容に対してかなり長く感じました。あと15分くらいは短くできると思います。 個人的に絶賛と言うほどではありませんが、全体的にセンスに満ち溢れた新鮮な映画でした。 映画ファンにはオススメです。
  • るぴ
    3.7
    再鑑賞✍ 主人公の男の子にハラハラ。 初見より泣いたかも、苦しい
  • ミミナリうさぎ
    3.8
    filmarks始めるより前に鑑賞したことあったの忘れてレンタルしちゃったんだけど、せっかくだから再度鑑賞。 話の流れをわかった上で改めて見てると、天気で変化の時を表現してたり、新たな発見もありました。 正方形の画面は少し慣れませんが、3人がお互いの影響を受けて明るい方向性の時に画面をグイッとする仕草でフルスクリーンになる表現は、個人的には好きです。かっこいい。 SNS時代の日本で生きていると、ADHDと言う方をよく見かけるようになりました。実際に会ったことは無いし言えた口ではないのはわかってますが、どうしても日本人って自分をカテゴライズしたがって自分の名前を欲しがってるように思えて、病気を軽視してるように思えてしまう人も時々います。 今作品は実際の話ではないですが、こんなに家族諸共苦しんで苦労する場合もある、難しい病気なんだと、改めて感じました。
Mommy/マミー
のレビュー(36002件)