グザヴィエ・ドランこそ映画界の大谷翔平だ!いや大谷翔平こそ野球界のグサヴィエ・ドランだ!どっちでもいいや!

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

近年、映画界を騒がす話題のグザヴィエ・ドラン、彼こそ映画界の日本ハム・ファイターズ大谷翔平そのものである。

「おいおいロックス、お前何言ってんだよ? 野球選手と映画監督だぞ」なんて思わないでください。今日は、二人の若き天才を比較してみましょう!

若い。とにかく若い。

富む

「若き天才」なんてすでに言っちゃってますがまずここです。
グザヴィエ・ドランはわずか二十歳にして「マイ・マザー」にて監督・脚本デビュー、作品は第62回カンヌ国際映画祭にて上映。ここから彼の快進撃が始まります。その後「胸騒ぎの恋人」、「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy/マミー」、「たかが世界の終わり」と立て続けに作品を発表。そして2017年現在、いまだ28歳。

大谷翔平は高校卒業時点でメジャー挑戦かプロ野球入団かの選択がありました。そして紆余曲折があり日本ハムファイターズへ入団。昨年はNPB史上初の投手と野手でベストナイン、そしてパ・リーグMVPを受賞という破竹の活躍。2018年にはメジャーへの移籍という噂も流れています。そして現在22歳。

ちなみに僕は高校卒業時点で普通に大学受験をしながら映画を観ていて、22歳の頃はようやく大学を卒業して社会の波に呑まれてアタフタ映画を観ていて、28歳の頃はようやく社会人にも慣れて30歳を手前に映画ばっか観てました。これが凡人と天才の違いです。あれ、なんか書いてて泣けてきた。なんでだろう。

イケメン

マイ・マザー

いや〜二人共悔しいくらいのイケメンですよね〜。天は二物を与えすぎです。ずるいよ神様。
悔しくなってきたのでこの項目はこれくらいにしておきます。

主演/監督、打者/投手 何よりも二刀流

ドラン

むしろこれが言いたかったからこの記事書いているようなものかもしれませんが、二人共二刀流。
グザヴィエ・ドランは監督のみならず脚本、編集、そして主演も努めます。
そして大谷翔平はご存知二刀流。打者としては3割、二桁本塁打、投手としては史上最速の球速165kmを達成。
御両人共、凄まじい活躍を見せています。

世界広しといえどここまで活躍をしているのはなかなか類を見ることはできません。
というわけで皆さん、これからはグザヴィエ・ドランといえば「映画界の大谷翔平」と覚えましょう。
ん? 大谷くんが「野球界のグザヴィエ・ドラン」なのか? どっちでもいいや!

2人共すごい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うどん
    5
    「母親の愛は永遠に続くわ」 見るの3回目だけどやっぱ何回見てもこの映画の良さは新鮮なまま心に届く…毎回泣いちゃう… 同監督作品の中で1番好きです 母親の無償の愛がここまで人間的に描かれる作品他にあるんか?登場人物みんな平凡じゃない悩みを抱えてるけど、それぞれが1人の人間として必死に生きて支え合ってるのが本当に良い そんでやっぱグザヴィエドランの演出の秀逸さ…画面のフォーマット珍しいな〜ってボーッと見てたら突然視界が広がってびっくりする スティーブの世界が広がるみたいに私たちの視野も広げてくれる 毎度のごとく曲選もドンピシャで好き Oasisにlana del ray 聴こえただけでテンション上がるんだこれが
  • NANA
    5
    こんなに魅力的なウインクは初めて見た。 スティーヴからこれからずっと勉強を教えて欲しいと頼まれている時にちょうどカイラが自身の吃音の原因となってる家族に呼ばれてスティーヴにウインクするシーン。素敵すぎた。映画の中でもトップ10に入るシーンだと思う 俳優から音楽から映像と内容まで素晴らしい作品だった
  • mami
    4.7
    夜中に勢いでみた。 涙も出なかった。 綺麗で、つらくて、絶望的で、でもどっか多幸感もあって。 視覚でも見せてくれるし、もちろん音楽も最高。 親になって、子育てに行き詰まってるこのタイミングで見られたのは運命だったかのよう。 mommyってタトゥー入れようかな。
  • りぃみん
    4.5
    養育を放棄する権利を持っていたとしても、それを簡単に行使できる親がどれほどいようか。我が子が高校を卒業し、大学へ入学、そしていつか結婚するという「真っ当な」未来を本心では望んでいながらも、それを自らの意思によって放り投げ、よりによってその「真っ当な」人生を歩むために自分から離れてしまう唯一の友人に対して、それは「希望」があるからゆえの決断だと語る母の覚悟とは...残念ながら、今の自分が共感、ましては同情ができる範疇を超えてしまっている。 母の決断を、世間はいくらでも「逃げ」だとして非難できよう。しかし、息子を永遠に愛していると彼に直接誓ったからこそ、生き続けてほしいと強く願うからこそ、いつでも彼の声だけは聞くことのできる距離にいたいからこそ、彼を手放した母の決断を、私は逃げだとは思いたくない。
  • まゆか
    5
    定期的に観てしまう。初めて劇場で観たときの衝撃は忘れられない。 ドランの受賞スピーチも、号泣だった。 好きな映画何?って聞かれたら、絶対入れちゃうやつ。 今のところここ数年不動の1位。
Mommy/マミー
のレビュー(36742件)