映画「スティング」シリーズ一覧!続編までのあらすじ&キャスト、見どころをまとめて紹介

旅と映画と哲学と

タナカリオ

観客も騙される痛快犯罪エンターテインメントの名作『スティング』のあらすじや見どころ、キャストを、続編も合わせてご紹介。

映画『スティング』は、ギャングに仲間を殺された詐欺師が伝説の詐欺師と手を組み騙し合いを展開する痛快犯罪エンターテイメント。観客をも騙す巧妙なストーリー、個性的な詐欺師たちを演じる名優たちの演技でたちまち人気作となり、その年のアカデミー賞を総なめにしました。今回は続編の『スティング2』と合わせてご紹介します。

スティング』(1973)

1936年、シカゴ。詐欺で日銭を稼ぐジョニー・フッカー(ロバート・デッドフォード)は大物ギャングのドイル・ロネガン(ロバート・ショウ)に渡るはずだった金を騙し奪ってしまい、ロネガンの手下によって師匠を殺されてしまう。フッカーは復讐のため、かつて師匠に紹介された伝説の賭博師ヘンリー・ゴンドーフ(ポール・ニューマン)のもとを訪ねる。

『明日に向かって撃て!』のジョージ・ロイ・ヒル監督の犯罪エンターテイメント。誰が騙し騙されるかわからない展開、巧妙な詐欺の手口とラストのどんでん返しに最後まで視聴者を釘付けにする。アカデミー賞作品賞をはじめ7部門を受賞した。

『明日に向かって撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・デッドフォードが再共演したことでも話題となった。悪役をロバート・ショウが演じ、名優たちの魅力を堪能できる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

スティング2』(1983)

フッカーとゴンドーフが仕掛けた詐欺事件から6年後、ロネガンが刑務所から出所し、フッカーの仲間に手をかける。その罪をブルックリンを支配するマカリンスキーになすりつけたことから、フッカー達は集結し八百長ボクシングでの詐欺を計画する。

前作から引き続き脚本を務めたデヴィッド・S・ウォード以外はキャスト、スタッフともに一新。ポール・ニューマンが演じたゴンドーフ役をジャッキー・グリーソン、ロバート・デッドフォードのフッカー役をマック・デイヴィス、ロバート・ショーのロネガン役をオリヴァー・リードがそれぞれ演じ、新しいキャラの女詐欺師ヴェロニカを演じたテリー・ガーも加わり、前作同様華麗な騙し合いが展開される。

 

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年8月15日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS