43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • イマイ
    3.2
    「冴えない」とか「不器用な」とかで表して欲しくないよね。だってこんなにも思慮深い。 どちらも責めたくない。とてもわかるので。 …とにかく邦題とポスターが最悪。こういうペラペラの映えぶった嘘つき広告はやめてほしいね。双方のためにならないし。
  • ワカ
    3
    フーシ報われてほしかったな… 大男と少女の組み合わせはやはり鉄板。 邦題と邦ポスターどうにかならんのか。
  • mochikun
    4
    解釈の幅が広い作品だったのではないでしょうか。 最後のシーンは死んだとも受け取ることも出来ますし。 自分のことを好きになってくれた人がいたよりも、好きだった人がいる方が人生の豊かなのかもしれませんね。 自分語りで恐縮ですが、好きだって言ってきた人よりも、自分が好きだった人のことの方が思い出しますもんね。 そういう意味でフーシは幸せだったのかもしれません。最後の微笑みが物語っているように感じます。
  • miicho
    3.4
    フーシってば、優しすぎるよ...😔怒って良い時は怒っても良いのに。でも、それだけ、清らかな心を持った人なんだろうなぁ。 結局、賢い人は要領良く生きていけるけど、不器用な人はなかなかそうもいかなくて...。はぁ、なんて生きづらいの🙁 この映画のパケ、主人公をボロクソに言っていますが、むしろ周りの人達の方が全然問題あり。大人なのに子供みたいで、自分勝手な人達ばかりです。 あまり大きな展開はなく淡々と進んでいきますが、逆にそれがリアルというか。これがフーシの生きてる世界なんだなぁ、と感じながら観ていました。 ラストシーンのフーシの表情が良かったです。新たな1歩を踏み出した感じ!フーシには、幸せな人生を歩んでいって欲しい。 切なくもあり、優しくもある。そんな映画でした。 皆さんおっしゃっている通り、本当パッケージが残念すぎる。センスゼロ...( °×° )もっとどうにかならなかったのかな...。
  • ぶちょおファンク
    2
    序盤★2.5 中盤★3 終盤★2 人生に臆病な引きこもりオタク(ジオラマ、ミリタリー系)とも言える冴えない中年男性の成長の物語として大筋は面白かったけど、 散りばめられた諸問題をそれほど解決はしておらず、 同僚のイジメ、階下の女の子、好きになった彼女らのテイストをもっと活かして欲しく少し消化不良気味。 舞台となったアイスランドのように冷気を帯びつつほんのりとあたたかい希望も感じる作風ではあった。 (日本版フライヤーのようなポップなものではない…) 驚いたのがアイスランドに回転🍣寿司店ってあるんやね! 2020年194本目
好きにならずにいられない
のレビュー(4177件)