人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜楢﨑正剛〜

Filmarks公式

フィルマーくま

楢﨑正剛さん

大人にこそ観てほしい。誰もが自分に置き換えて、共感できる映画です

 

プロサッカー選手 楢﨑 正剛さん

Jリーグ・名古屋グランパス所属のゴールキーパー。1976年奈良県生まれ。奈良育英高校から95年に横浜フリューゲルスに入団。99年から名古屋グランパスに移籍。日本代表としても活躍。

人生の岐路に立つ全ての人に――。夢の続きを求めるのか、それとも新たな道に進むのか?

カーズ/クロスロード2

マックィーンの姿と自分を重ね合わせて

カーズ/クロスロード』の主人公マックィーンは、ベテランのスターレーサー。そんなマックィーンの姿には、自分と重なる部分もありました。次世代の若いレーサー、ストームの登場によって苦戦を強いられますが、僕もかつてはストームのようだったと思うし、それがマックィーンの立場になり、これからは……。

今まで全くそんなことは考えずにきていますが、いつかはマックィーンを支えるピットクルーのような立場になる日がくるのかも知れない。 ずっと第一線で活躍し続けることが難しいのは、レース界もサッカー界も同じ。さまざまな武器を持った若い選手の姿を見ては、「僕も負けてはいられない」という焦りから余計なプレーをしてしまうことも往々にしてあります。

ただ、積み重ねてきた経験や試合感覚はベテランならではの武器。そこに新たなチャレンジを採り入れ、自分をアップデートさせ続けることが勝利に貢献するためには必要だと思っています。 特に印象的だったのは、悩んだマックィーンが、師であるドックを知るレース界のレジェンドの元にヒントを得にいったシーン。僕も人に頼りたいと思うことがありますから。そんな時は日本代表で共に戦い、今はコーチや解説者になっている人たちと話すとホッと心が落ち着きますね。

新たなトレーナーとしてマックィーンを支えるクルーズは、僕にとってはチームメートやスタッフですね。最初はすれ違いもあったふたりが徐々に心を通わせていくシーンは見どころのひとつです。

カーズ/クロスロード3

人生に迷う大人に響く。運命の決断には驚きも

マックィーンは、復活か引退かという人生の岐路に立たされた重要なレースに出場しますが、ここで彼は意外な行動に出ます。勇気ある決断に驚きました。でも、人生の岐路に立った時、その先を自分で決められるのは幸せなことだと思います。僕らは契約してもらえなければそれで終わりですから。

サッカーに限らず、どんな仕事でも、仕事をしていなくても、自分よりも若い世代が脅威になったり、進むべき方向に迷ったりと、この映画で描かれているものは誰の人生にもあり得るシチュエーションです。誰もがマックィーンに自分を置き換えて共感できると思います。アニメーションなので、子どもと一緒に見ないといけないのかなという先入観がありましたが、大人ひとりでも十分に楽しめる映画です。レースシーンは本物の車と見間違えるほどの迫力。ぜひ、映画館で観てもらいたいですね。(談)

カーズ/クロスロード4

※本記事は2017年7月22日の朝日新聞東京本社版夕刊の特集を転載しています。

カーズ

STORY:華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”は、これからも走り続けると信じていた。しかし、彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か? “人生の岐路”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった……。

配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン

大ヒット上映中!

Disney.jp/Cars-CR
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【あわせて読みたい】

人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜村田諒太〜

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 三平
    4.7
    これは大傑作なのでは? 3作目は傑作の法則でもあるのだろうか 比べるのはどうかと思うけど、トイストーリー4より断然身の引き方が好き もちろんトイストーリー3には及ばないけど、それに準ずるレベルの傑作ではあると思う 車ゆえの世代交代、努力やスキルじゃどうしようもない壁がしっかり描かれていて、見ててものすごく心が痛い。 20代の今よりも、もっと歳を取ってから見るともっと刺さるし泣けるんだと思う。 あのマックィーンがどんどん自信をなくして身の振り方考えるところなんてもう言葉が出なかったよ。 そんな彼が最後に選んだ道は本当にすごい。生まれて初めてアニメーションのキャラクターを尊敬したかもしれない。 きっと自分より若い人たちは、カーズと共にリアルタイムで10年近い時間を過ごしてきたから、自分以上に感動するのかもしれないとも思った。 ピクサーの凄いところは現実の時間と作中の時間をリンクさせて刺さる内容作ってくるところだよね。 カーズは車っていう対象だからこそトイストーリーを超えられなかったけど、逆にだからこそ描けた物語があったんだと思う。 これは劇場で観なかったの後悔した これからはピクサーは必ず劇場で観ます
  • テルマエ
    3.5
    引き際は自分で決める。
  • iYda
    3.8
    これはいいラスト。
  • たけぞう
    -
    チャンスを掴み取る最後のチャンス。 師匠との過去と師匠としての未来 クルーズの松岡茉優さんがかわゆい。
  • YAEPIN
    2.6
    カーズは、1を小さい頃に何度も観て、2は観たもののほとんど記憶が無い、という状態だったが、この『クロスロード』は、ストーリーとして1との接続がかなり強かった。 主人公のライトニング・マックイーンは天才性があり、天性のレーシングカーというキャラクターだが、それと対比される新キャラクター、クルーズは興味深かった。 自身のコンプレックスを吐露する場面はかなり涙腺に来た。 しかし、前半の1部しか彼女がトレーニングを主導する場面はなく、結局はマックイーン主導で思うままにトレーニングを行う。(そして上手くいかずに不機嫌になる。) 映画を4分の3まで観て、クルーズという新キャラクター不要なのでは?と思ったが、最後の展開の仕方に驚いた。 正直あまり好みではない展開だった。クルーズはレーシングカーを目指すもレース自体を諦めてしまった過去があり、それを通して「目の前のチャンスを逃してはならない」というメッセージが提示される。 にもかかわらず、マックイーンは最後そういう決断をするのか、、と腑に落ちなかった。 自身のキャリアを方向転換するタイミングとして、適切だったとはあまり思えない。
「カーズ/クロスロード」
のレビュー(11121件)