新宿で「カリコレ」を観て思い出横丁で一杯【映画館、ときどき、酒場巡り】

トーキョー映画館番長

たなやん

東京No.1映画タウン、新宿

さて、今回は新宿へ。新宿は、大型シネコンが狭い範囲に複数あり(「TOHOシネマズ新宿」と「新宿ピカデリー」と「新宿バルト9」の全部で31スクリーン)、単館系もありと、東京都内では一番スクリーン数が多い映画温度の高い街です。

そんな中で、今回は【カリコレ】を観に来ました。

新宿シネマカリテの特集上映【カリコレ】

シネマカリテ外観

【カリコレ】とは、「新宿シネマカリテ」で開催される特集上映で、新作・旧作・未公開作を織り交ぜてシネマカリテ独自のセレクションによる多彩な映画が上映される映画フェスです。誤解を恐れずに言うと、珍品映画の祭典です。

過去には、『シックス・センス』の子役だったハーレイ・ジョエル・オスメントくんが大人になってからの(B級!?)新作映画で来日舞台挨拶を実現させたことでも話題になりました。(僕の中ではとにかく話題になりました!) 2014年から今年でもう4年目になる人気のイベントです。

ちなみに、正式名称は【カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション】です。
好みの作品に出会えれば、他では上映されないというレア度もあって、生涯でベストの映画となるかも。このような特集上映は映画ファンになる入り口に最適だと思います。今年は8/18までです。みなさんもぜひ!

「新宿シネマカリテ」劇場情報

住所: 東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F
電話番号: 03-3352-5645

nowaビル

【カリコレ2017】公式サイトはこちら

新宿シネマカリテ(新宿駅) 座席表のおすすめの見やすい席まとめ : トーキョー映画館番長

ニコラス・ケイジ&ジョン・キューザック『キング・ホステージ』

キング・ホステージ

(C) 2016 GEORGIA FILM FUND 52, LLC

今日、僕が【カリコレ】でチョイスしたのは、ニコラス・ケイジジョン・キューザックもクレジットされている『キング・ホステージ』。

しかし、なんと二人は脇に回っていました。舞台は貧民街。主人公は二人の兄弟。二人は街を支配するヤクザの帝王に陥れられ…。(この帝王役が、カツラで見事に役作りしたニコラス・ケイジ。)これが警察も手を出せないほどの組織なのですが、二人の友人の刑事が裏で協力してくれて…。(この刑事役がジョン・キューザック。)二人はこの難局を乗り越えられるか? 、という兄弟の絆をテーマにした映画でした。

“アメリカ版『仁義なき戦い』”といった風情で、ニコラス・ケイジのキャラクターが金子信雄と重なりました。
スローモーションで音楽がかき鳴らされるガンアクションの演出、大好物でした!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

新宿・思い出横丁の中華酒場「岐阜屋」

思い出横丁入口

鑑賞後の一杯は、“新宿と言えば!”な「思い出横丁」をご紹介。

思い出横丁内部

「思い出横丁」、居酒屋オンリーなイメージがあるかもしれませんが、中華料理屋もあります。それが「岐阜屋」です。

岐阜屋外観

中華料理屋ということで、お酒無しで食事だけも気兼ねなくできます。このお店最大の特徴が、早朝9時から開いているところです。昼酒はもちろん朝酒も可能です。

今日は、酎ハイに、蒸し鶏と焼売を。

岐阜屋酎ハイ

この蒸し鶏がイチオシです。冷菜なので暑い季節にピッタリ。サッパリ系かと思いきや、味付けが濃くてお酒のつまみにバッチリ。

『キング・ホステージ』で脇役ながら存在感抜群のニコラス・ケイジよろしく、小皿ながらインパクト大の“岐阜屋のニコラス・ケイジ”的逸品です。焼売もアツアツのムギュムギュで美味しいです。

僕がよくやるのは、朝イチ9時から新宿の映画館で映画を観て、11時には「岐阜屋」で飲み始める、というパターンです(笑)。みなさんもぜひ!

「岐阜屋」店舗情報

住所: 東京都新宿区西新宿1-2-1
電話番号: 03-3342-6858
「食べログ」ページはこちら

あわせて読みたい

【映画ファンのための真夏の祭典】カリコレ2017公開作品をオンライン映画館で

“Filmarksユーザー”町田啓太の映画愛が止まらない 『HiGH&LOW2』への想いと煌めきのワケ【インタビュー】
『スパイダーマン ホームカミング』で大注目のトム・ホランド、あの肉体美の秘密が明らかに!
TOHOシネマズ西新井と足立区・ネオ酒場【映画館、ときどき、酒場巡り】
史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい
【映画ファン必見】『ベイビー・ドライバー』がカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』と言われるワケ

 

※2022年9月22日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • かたゆき
    1.5
    ここはアメリカのとある地方都市。 貧しい家庭に生まれながらも幼いころからずっと力を合わせて生きてきたマイキーとJPは、世界一仲のいい兄弟。 特別な絆で結ばれた彼らだったが、その後の人生はまるで正反対なものだった。 街のギャングたちのボス、エディ・キングに見入られた兄マイキーはクスリがらみのチンピラとしてずっと日陰の世界を生き、実業家として成功の足掛かりを得た弟JPは愛する妻とともに充実した毎日を送っていた。 だが、そんなJPの元にある日、予期せぬ手紙が届けられる。コカイン取引に失敗した兄が誘拐され、三日以内に35万ドル払わなければ命の保証はないというのだ。 犯人は間違いなくエディ・キングだったが、確実な証拠は何もない。 知り合いの刑事に相談しても親身になってくれるどころか、兄の偽装誘拐まで疑われる始末。 もはや頼れるのは自分だけ。 JPはたった一人の兄を救うため、自ら行動を起こすのだった――。 毎度おなじみニコラス・ケイジがイカれたギャング役を演じた本作、あまり期待せずに今回鑑賞してみました。 正直、さっぱり面白くなかったんですけど! なんかこれ、脚本がテキトーすぎません?だいたいこのどうしようもない兄をそこまで慕う主人公にさっぱり感情移入できません。 なのでまあ物語が盛り上がらない盛り上がらない。 悪役であるギャングのボスもイカれてるというよりただ単純に頭が悪いだけだし、ジョン・キューザック演じる刑事なんて最後まで何もせずぐだぐだ文句を言うだけで居る意味がほぼ皆無。 また、ただでさえストーリーのテンポが悪いのに、要所要所に差し挟まれるスローモーションがそれに拍車を掛けています。 だいたいこのスローモーションを多用した映像も見にくいだけでセンスが欠片も感じられない。 挙句、取って付けたような薄っぺらいハッピーエンドで終わるとこなんてもう目も当てられません。 最近のニコケイ映画の中でもかなり出来の悪い駄作でありました。
  • sa
    2.5
    記録φ(・ω・`)
  • gemagema
    3
    過去鑑賞。
  • オーウェン
    2.2
    ジャケットにでかでかと出ているが、ニコラス・ケイジは脇役。 ジョン・キューザックも脇であり、主役の兄弟は無名な役者なので、まあ華がない映画だことで(笑) 町を牛耳るギャングのボスエディの狂言誘拐に捕まる兄。 それを刑事と追う弟。 無駄にアクションだったり銃撃だったりがスローというよく分からない演出。 そもそもエディの理由が単なる思い込みという小さいもの。 ただしケイジの7・3分けかつらは笑えた(笑)
  • scotch
    2.5
    何だったんだこの映画。 堕ちたニコラス・ケイジ。ヅラにツケ鼻、過剰演技、笑わせに来てる? 兄弟愛を描いたのだろうが、無駄な配役に無駄なシーンの連続。極め付けが謎のスロー(笑) 何の共感も感動もありません。見るなら覚悟して見よ!(笑笑) SUN吹替版鑑賞
キング・ホステージ
のレビュー(383件)