夏にこそ観たい映画『アラビアのロレンス』【隠れニアBL映画】

腐女子目線で映画をフィーチャーしてみる。

阿刀ゼルダ

夏こそ砂漠! 『アラビアのロレンス』

長雨がようやく終わり、やっと夏感が出てきた今日このごろ。皆さんは夏になると観たくなる映画、ありますか?
私のイチオシは、砂漠を舞台にした大作歴史映画『アラビアのロレンス』(62)です。

砂の大海原の中、真っ白なアラブ服に身を包み、遊牧民(ベドウィン)の大軍を指揮して戦うロレンス……幻想的な砂漠の光景と壮大なスケール感が魅力の、名画中の名画ですよね。
暑い時には涼しくなるホラーが定番、でも、エアコンの効いた部屋から熱い砂漠にワープしてみるのもまたオツなものです。

アラビアのロレンス2
砂漠のゲリラ戦を指揮するロレンス

ただこの映画、レビューサイトなどでは「退屈」という感想もちらほら。
3時間以上にわたる長さもその原因でしょうか……もう一つ、ロレンスの胸のすくような大活躍が描かれる反面、彼が導いた勝利がむしろ悲劇と深い挫折感を生み出してしまうという屈折したストーリーも、流れに乗りにくい大きな理由かもしれません。
もっとも、まさにその毀誉褒貶(きよほうへん)の激しさこそが、アラビアのロレンスことT.E.ロレンスを知る上で鍵になる要素
少し彼の背景を知った上でこの作品を観てみると、俄然話が面白くなることは大いにありそうです。

というわけで、今日は映画アラビアのロレンス』を観る上で軽く役立ちそうな予備知識と、ホモセクシュアルだったとされるロレンスのセクシュアリティに着目したみどころをご紹介したいと思います。
(以下はネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

1分で読める『アラビアのロレンス』あらすじ

主人公のロレンス(ピーター・オトゥール)は、第一次世界大戦中、イギリス軍の将校として中東戦線で活躍した実在の人物。
当時アラビア半島は、イギリスの敵国オスマン・トルコの領土。イギリス軍部は、対トルコ戦を有利にはこぶため、アラブ民族のトルコからの独立を支援する名目でアラブ遊牧民=ベドウィンを味方につけようとします。そのベドウィンとの仲介役として白羽の矢を立てられたのが、考古学研究者でアラビア語が堪能なロレンスでした。

イギリスでは変人で通っていたロレンスですが、この任務では水を得た魚のようにたちまちのうちに統率力とカリスマ性を発揮して、ベドウィンたちの絶大な信頼を得るまでに
彼はトルコに反旗をひるがえしたメッカのシャリフ(首長)の三男ファイサル王子を担ぎ、王子の名の下にベドウィンたちをまとめ上げて、砂漠で対トルコのゲリラ戦を展開。
めざましい戦果を挙げたロレンスは、イギリス本国でも一躍英雄にまつりあげられます。

T.E.Lawrence
実在の「アラビアのロレンス」ことT.E.ロレンス

しかし、アラブ民族独立を支援するとは口先だけで、イギリスやフランスは戦後旧トルコ領を両国で分断する密約を交わしていたことが明らかに。
ベドウィンと共に戦いながら彼らを騙す結果になったロレンスは、失意のうちにイギリスへ帰国。(ロレンスより処世術では数段うわ手だったファイサル王子は、後にイラク国王に。)
祖国イギリスでは中東戦線の英雄になった反面、今日にいたる中東紛争の元凶を作った一人とみなされることになったロレンスの、野望と挫折、絶望……そしてハリト族の首長アリ(オマー・シャリフ)などベドウィンの戦士たちとの心の交流が描かれていきます。

アラビアのロレンス4
ロレンス(左端)とハリト族のシャリフ・アリ(右端)

ロレンスの戦いは誰のためのものだったのか?

この映画の中でロレンスは、必要もないのに素手でマッチの火を消してみせたりするちょっと風変わりな人物かと思えば、砂漠の戦場ではゲリラ戦の天才になったり、時には自分の力を過信しすぎたり、残虐な一面を見せたりと、多くの側面を持った人物として描かれています。
ただ、確かなことは、ロレンスはアラブ人を裏切る結果になったことを恥じ、苦しんでいたということです。

実在のロレンスは、中東戦線での功労に対する国王ジョージ5世からの叙勲を頑なに断った上、一兵卒として戦車隊に入隊するなど、徹底して「英雄のいるべき場所」から遠ざかろうとし続けました。
彼は生涯、彼がイギリスの権益のために働いたのではなく、ましてや栄誉が欲しくて戦ったわけではないことを身をもって主張し続けていたように見えます。

じゃあロレンスは一体なんのためにアラブ独立を目指したのか? 彼はアラブ人ではないのに。
パリ講和会議(1919年)の際、この問いを投げかけた知人に、ロレンスは、
「一人のアラブ人が好きだったから」
と答えたそうです。
「一人のアラブ人」とは、誰だったのでしょうか?

或るアラブ人少年への想い

T.E.ロレンスがホモセクシュアルで、研究者時代カルケミシュ(シリア・トルコ国境)の発掘現場で知り合ったダフウムというアラブ人の少年に恋心を抱いていたことは、今や通説と言ってもいいかと思います。
彼の自伝小説「知恵の七柱」の冒頭には、「S.A.」なる人物に捧げられた“I love you.”で始まる献詩が記されているんですが、S.A.というイニシャルはダフウムの本名サリム・アハメドに一致します。
あくまで推測の域を出ないものの、ロレンスが好きだったという「或るアラブ人」も、ダフウムだった可能性は高いように思えます。

そんな彼が「知恵の七柱」に記した、大戦中(1917年)デラアでトルコ軍の軍政官に鞭打たれ、レイプされた話も、物議をかもしたエピソード。
この事件が起きたとされる日にはロレンスはデラアにはいなかったとする研究も発表されていて、だとしたらロレンスはなぜそんなエピソードをよりにもよって輝かしいアラブ時代の記録に書き加えたのかも全く謎。
ここでは詳しく書きませんが、鞭打ちの件に関してはさらに、戦後十数年にわたってロレンスに(彼自身の)鞭打ちを依頼されていたと証言する人物が現れたことで、謎が謎を呼ぶ事態に。
デラア事件一つとっても、ロレンスのミステリアスな一面が垣間見えるところです。

ニアBL?にも見える濃厚なブロマンス

こうしたロレンスのバックグラウンドを知った上でこの映画を観ると、目から鱗が落ちたようにいろんなことが見えてきます。
デラアのシーンでなぜトルコの軍政官がロレンスの肌をねっとりした手つきで撫でまわすのか? その意味もよく分かるし、また、何も予備知識がないうちは気に留めていなかった人間関係も気になってきたり。
気になる人間関係とは、ロレンスとハリト族のシャリフ・アリの関係。
デラアでロレンスに何があったかを知っているのもアリだけ。しかもこの人、ロレンスのことになると人一倍熱くて、しばしば意味深な言動を見せるんですよね。

例えば、ベドウィンたちの最終目的地・ダマスカスへの進撃の日、ひたすら地平線を見つめながらロレンスが姿を現すのを待つアリの表情。
ダマスカス攻撃に参加する兵は皆ロレンスから金を受け取った中で、アリだけは受け取らなかったことも、この場面のアリのセリフから分かります。
アリの中でロレンスへの友情はほかの誰よりも純粋で深いものだったことが伝わるシーンです。

そして極めつけは、ダマスカスでベドウィンの国を作る夢に破れたロレンスが、アラビアを去る決意を、アリとアリ同様にロレンスを慕っていたアウダ(アンソニー・クイン)に告げるクライマックス。
アウダはロレンスを引き留めようとしないアリに、
「(ロレンスを)好きだろう?」
と問いただしますが、アリは肯定も否定もせず、
「敬愛しつつ、恐れていた。彼も彼を恐れ、憎んでいたんだ」。
と抽象的な言葉で煙に巻きます。

しかし、言葉とは裏腹に、動揺を露わにするアリ。
アリの動揺ぶりを見たアウダは、彼の本心を確信したようです。
去っていくアリの背中に、アウダが投げかけた言葉も印象的。
「おい覚えておけ、アラブ人は一生茨の道を歩き続ける宿命なんだ」
このセリフ、いかにも、相手を想うがゆえに本心を告げずに去っていく男の苦しみを(そしてその後の分断されたアラブ民族の苦しみを)言い当てているように聞こえます。

アラビアのロレンス3
ロレンス(左)とハウェイタット族のアウダ(右)

映画の中のロレンスとアリは、戦場で生死を共にする同志ならではのホモソーシャルな絆で結ばれた関係なんですが、時としてアリの側が限りなくホモセクシュアルの領域に踏み込みそうになる瞬間があって、ドギマギさせられます。
主要登場人物に女性が1人もいないだけに、そういう「匂い系」の要素も作品のほどよい隠し味になっている気がしますね。

「外国人はいつもここへ教えにやってきます。ここでは学ぶべきことのほうが多いのに」(※)

これは、戦争前、ロレンスがダフウムと知り合ったカルケミシュの発掘現場から両親に送ったという手紙の一節です。
映画の中では、ロレンスもまた「教える側の外国人」のように描かれていますが、ロレンスのアラブ独立への情熱の原点にあったのは、アラブ民族への敬意(多分、一般の西欧人には理解しにくいもの)だったのでは……という気がしてなりません。
そういう純粋な想いが、いつの間にか国家の利権争いの渦に巻き込まれ、利用されたのだとしたら、彼もまた戦争に人生を狂わされた犠牲者の一人と言える気がします。

知れば知るほどミステリアスで、その生き方に惹きつけられるアラビアのロレンス。デヴィッド・リーンの描く陰影深いロレンス像を、夏向きの幻想的な砂漠の映像と一緒にぜひ味わってみてください。

※スコット・アンダーソン著「ロレンスがいたアラビア」(白水社 山村宜子訳)による。

アラビアのロレンス1
アラビアのロレンス』発売中
Blu-ray ¥2,381(税抜) / DVD ¥1,410(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)1962, renewed 1990, (C)1988 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

【あわせて読みたい】
 【ゲイ映画とタンゴ】グザヴィエ・ドラン『トム・アット・ザ・ファーム』のタンゴ・シーンに込められた意味とは?
 『ダンケルク』で漢を見せるトム・ハーディが演じるゲイのギャングに注目
 四半世紀ぶりの「ツイン・ピークス」放映記念!ゲイ映画としての『マルホランド・ドライブ』を味わおう
 この緊張感に耐えられるか!?『新感染 ファイナル・エクスプレス』に全世界が喝采
 史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

※2020年8月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 時計じかけの甲殻類
    3.5
    「ここで終わるんだ!?」ってところでTHE ENDがくるし、女性は全く出てこないし色々と潔い。
  • 歯医者のお姉さん
    3.5
    「お前は魔女の息子か?」 前半はコメディ調。変わり者のロレンスだが、アラブで思わぬ才能を発揮しヒーローに成り上がるストーリー。 対して後半はドラマ色が強い印象。 戦地の惨状、政府の陰謀、ロレンスの葛藤と挫折。 歴史好きは勿論、詳しくない人でも理解しやすいストーリーだと思います。キャラクターが個性的だし、ウィットに富んだ会話劇も楽しかったです。長めですが難なく観れました。 行くだけで奪えるアカバ。 アリとロレンスの熱い関係。(ちょっとお熱すぎないか?深読みしすぎ?)言葉に棘がありつつも、ロレンスの方向を見つめ待つアリ、無償で身を貸すアリ、ロレンスを介抱するアリ… 寝坊するロレンスは笑いました。 仲間を助けに行き合流するシーンも好きだし、民族衣装にこっそりはしゃぐところを見られ、何をしている?の答えに「見た通りだ」って答えるシーンも面白かったです。 そんな天真爛漫なロレンスですが、政府の陰謀に絡め取られていく。「何のために?」ラストは切ない。 ラクダと夕日のカットを観て、いつかラクダに乗るんだと決めました。早く旅行ができるようになればいいな。
  • ヤマウチ
    3.8
    最中は空気の読めない劇伴に辟易していたが、セクシャリティの発露と従属せざるを得ないコミュニティの自覚の同時的な描写を反芻していたらジワジワ効いてきた。アクションではなくリアクション主体なので決して面白くはないのだが、マゾからくるサドってやつを認識できたのも良かった。
  • ShotaOkubo
    4.2
    約4時間の超大作に身構えていましたが、想像以上に観やすかったです。 砂漠の美しさもさることながら、仮初の英雄譚を解体したときに顕になる人の性、これに普遍性を感じたからだと思います。 また、ロレンスの歩む向きと映画そのものが進行する向きが左から右へと一致しているなど、映画的なストーリーテリングに優れていたのも観やすかった理由の1つかと思います。
  • 砂場
    4
    英雄か狂人か、あらためて超大作を観る! ーーーーあらすじーーーー バイクに乗る男、自転車を避けようとして事故死。彼の銅像、葬儀。彼は どんな人物だったのか、、、詩人、学者、戦士、恥知らず、、毀誉褒貶の人物。ロレンス中尉(ピーター・オトゥール)はマッチの火を指で消すのが好きな変わり者。アラブに特派されることになった。 イギリスはアラブ独立運動を支援することでオスマントルコとバックにいるドイツを牽制する狙いがあった。そのためアラブ通のロレンスにアラブ独立運動のリーダーであるファイサル王子(アレック・ギネス)の 協力を交渉させるため派遣した。 王子に会うための旅、砂漠は灼熱地獄だ、朝日が昇る、、井戸水を飲んだハジミ族の案内人がアリ(オマー・シャリフ)に射殺される。殺した男は英語を話す、ハジミ族が井戸の水を飲むことは許されない。一人で進むロレンスに一人のイギリス人将校が声をかける。 待っていたぞ、敵軍トルコ軍の飛行機の爆撃、王子は無謀にも刀を抜いて戦う、結果的に南へ敗走する。 王子との会見で、アラブを下に見ているのか?野蛮だと?と王子はロレンスを信用しない。イギリスは我々を配下に置こうとしているのか? しかしロレンスは戦略的要所アカバ攻略に作戦を立てる。アリは無理だというがロレンスは奇跡を起こすといい50名を連れて出発する。アリも戦列に加わる。ロレンスは途中で盗賊の力を借りる考えであった。アカバに陸路で向かうには広大な砂漠を横断する必要がありアリは、ラクダが死ぬのは20日後だ、ラクダの分の水はないと反対する。 灼熱地獄を進む一行、水もない、ガシムが隊列から遅れアリは見捨てるしかないと言うがロレンスはを助けに引き返し無事に部隊と合流。この一件でエル・オレンス、と呼ばれ、アラブ人に受け入れら首長の服を着る。 ハウイダット族のリーダーアウダ(アンソニー・クイン)と会食をする。 汎アラブ主義の大義とトルコへのアカバに金があるぞと唆しアウダの兵を自軍に加える。 道中揉め事がありロレンスが助けたガシムがアウダの部下を殺した。 このままでは全面抗争になると考えたロレンスは一度は助けたガシムを処刑する。奇襲によりアカバ攻略は成功したが、通信機が壊れており成果報告にカイロに向かう。 ロレンスと従者2人、砂漠に飲まれ一人死亡。首長の服のまま将軍ラウンジへ。アカバ攻略の成功は驚きをもって受け止められた。一方でアラブと同化し、二人を殺しそれを楽しみましたと言うロレンスの精神面の不安が少しずつ見えてきた。アカバ攻略の功により少佐に昇格した。 アメリカの記者がアカバにきた、王子はここに居を移している。 ロレンスはトルコの列車爆破作戦を立てる、従軍記者が彼に質問する。アラブがこの戦争で得るものは?「自由」、なぜ砂漠に惹かれるか?「クリーンだから」 列車爆破作戦準備中ファラジの持っていた信管が爆発した。負傷したファラジを敵に渡さないように殺すロレンス。 ロレンスは徐々に自分への過信から過酷な作戦を部下に強制する、デラア攻略をイギリス軍に先んじたいなど狂気が見え隠れ、、 敵方の街に潜入し敵に捕まる、アラブ人のアリは解放されるが、ロレンスは鞭打ち。アリに語る、自分はアラブ人にはなれない、間違っていた。ここを去る。 王子とロレンスの再会、サイクス・ピコ条約などトルコを二分割する戦後処理スキームを知る。転属願いを出すロレンスだが、ダマスカス攻略を指揮することになり金で集めたならず者軍団を率いるロレンス、心配するアリ。ダマスカスへ向かう途中、退却するトルコ軍がある村を皆殺しにした現場に遭遇、ロレンスは、ダマスカスが目的だとアリが止めるのも聞かず皆殺し、捕虜はいらんと叫びながらトルコ兵に突撃をかける。惨殺されたトルコ兵を見て記者は汚れた英雄だと呟く。 アリもまた、アラブが野蛮?どっちが野蛮だ?とロレンスの野蛮さを糾弾する。 <以下ネタバレあり> 将軍より先にロレンスはダマスカスに到着し、アラブ国民会議を組織し街を勝手に占拠した。 それでも民族間の対立は収まらず、イギリスに仲介を頼む案もあったがイギリス政府を入れるなとロレンス。ダマスカスの病院は負傷したトルコ兵であふれていた、軍医は惨状に怒る。医療班の一人がロレンスをアラブ人と勘違いし平手打ちに。 イギリス陸軍は戦後スキームにとってアラブの独立を指導するロレンスは邪魔に、王子にとってももはや勇士は必要ない、両者にとって厄介者であると考えた。国民会議は幻想だった。 ロレンスは名誉職的に大佐に昇進したが国に戻れと言う指示が出る。目はうつろで帰国の途に着くロレンスのトラックを一台のオートバイが追い抜かしてゆく ーーーあらすじ終わりーーー 今度映画好き友達飲み会で本作がお題になるので久しぶりに見直してみた。一本の映画のストリートしては波乱万丈でかなり面白いと思う。絵的にも広大な砂漠、切り立つ巨大な崖、カイロの街の賑わいなど凄えものを見せてもらった!!満足感は高い。 またロレンスの闇落ちしてゆく狂気も見どころだ。 一方でヨーロッパ列強による植民地支配や中東分割統治などの歴史的な過程から見ると簡単にこの映画を見れない部分もある。 大きな流れとしてドイツ帝国vsイギリスの敵対関係があり、ドイツがオスマントルコと同盟を組んだのでイギリスはアラブ独立運動を扇動してトルコを攻撃しようとした背景がある。 アラブ独立運動を扇動させる役目にロレンスが任命される。ロレンスは相当変わった人で本気でアラブが好きになり、アラブ独立運動を夢見たんだろうと思う。 ただ劇中でもアラブ独立運動などは幻想だった、、と言う将軍のセリフがある通り結局イギリスの統治戦略のための方便で、それに右往左往させられたアラブの人々。 僕はアラブ史とか全然詳しくないのですが、このアラブ独立運動なるものは胡散臭いなと言う感覚がある。アラブ独立運動の思想的なバックボーンはアラブ人種というくくりで宗教や文化や言語などを超えた国家を 作ろうと言う壮大な話。 本作で奇妙なのはあれだけアラブに入れ込んでいるロレンスはイスラム教に改宗しようともしないし、部族に入ろうともしない。 ロレンスが自分の白い肌を恨めしそうに見つめる場面があるけど、つまり 彼は”アラブ人種”になりたい人なのだ。 しかしこの人種で無理やり括るって無理があるんじゃないのかなあ、、宗教や部族、言語文化などはそれなりに歴史があるのでそれを取っ払って人種で括るって、、、。 この汎人種主義をバックボーンにした壮大な映画というと汎スラブ主義による国家=ユーゴスラビアの崩壊を描いた「アンダーグラウンド」がある。結局この映画でも汎人種主義というのは幻想だったみたいなオチになる。ただエミールクストリッツァがセルビアの人であり当事者であるのに対し、デビッド・リーンもロレンスはイギリス人なのでどうしても イギリス視点になってしまうと思う。 まあデビッド・リーンもなるべくロレンスを英雄、戦士、狂人、など多角的に見せようと努力はしていると思うがアラブ独立運動そのものについてはその多面性を描いていない。 アラブ系監督によるアラブ視点の「アラビアのロレンス」を見てみたい。 どうせ前半後半分けるのであればフライシャー、舛田、深作の「トラトラトラ」みたいに後半をアラブ系監督に任せるとか していたらどうだったのだろうか、、、など妄想に過ぎないけど。
アラビアのロレンス
のレビュー(5957件)