虹が見えたら、食べたくなる。『ホノカアボーイ』のロールキャベツ【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ホノカアボーイ

ホノカアボーイ

残暑もだんだんと和らいてきた頃ですが、皆さんは夏を満喫できましたか? 夏は暑さも厳しく急な夕立も多くて参ってしまいがちですが、実は綺麗は虹を見つけやすい季節でもあるんです。
今回ご紹介する『ホノカアボーイ』は、“レインボウステイト”と呼ばれるハワイ島の小さな町が舞台。美味しい香りに包まれて、ゆっくりと時間の流れる映画はいかがでしょうか?

冷めても美味しいロールキャベツ サワークリーム仕立て

ホノカアボーイ_レシピ

【材料】
キャベツ 6枚

<タネ>
豚ひき肉 250g
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個分
炊いたごはん 50g
チェダーチーズ 50g
パセリ(みじん切り)一つかみ
塩 小さじ1/2

<スープ>
サワークリーム 100g
鶏ガラスープの素 大さじ1
水 300g
小麦粉 少々

【作り方】
1. キャベツを綺麗に一枚一枚はがし、6枚用意します。大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰させます。その中でしんなりするまでキャベツを茹でます。
2. 茹で上がったキャベツを冷ましているあいだに、<タネ>を用意をします。材料すべてをボウルに入れ、粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせます。
3. キャベツが冷めたら、硬い芯の部分を削ぎとります。
4. 2の具を6等分に分け、キャベツに包んでいきます。
5. すべて包み終わったらキャベツの表面に小麦粉を振るいます。
ホノカアボーイ_レシピ

6. フライパンを中火に熱し大さじ1(分量外)のサラダ油を入れ、5の小麦粉を振るった面を下にして焼目をつけます。
ホノカアボーイ_レシピ

7. 鍋にロールキャベツの焼き目を上にして並べ、よく溶いた<スープ>を加え、蓋をして弱火でゆっくり5〜10分ほど煮込み、出来上がりです。

レシピの経緯

映画の中にも出てくるレオの大好物となったロールキャベツ。ごはんも入りチェダーチーズがたっぷりのサワークリーム仕立ての一品を作らざるを得ないですね。他にも美味しそうな食べ物が出てきますが、たくさんのロールキャベツを作って風になったビーさんを思うと、このレシピが一番だと思いました。

【あわせて読みたい】
 飲んだら恋が叶うかも♡恋色ピンクのジュテームスープ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 彩り豊かで夏バテも吹っ飛ぶ!『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のキューバサンド【映画を観ながら食べたいレシピ】
 酸いも甘いもある人生のようなかき揚げ『歩いても歩いても』【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ダニエル・ラドクリフ、最新“主演作”で死体を熱演!?愛おしくてたまらない大傑作『スイス・アーミー・マン』
 アカデミー賞関連作品にレビューを書いて豪華グッズをゲットしよう!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Terry
    3.8
    マイペースにゆるく生活しているハワイのホノカアの住人達。そこに飛び込んできた少し臆病な青年レオ。そして彼が出会う風変わりな老女ビー。 全体的にゆったりと進んでいくんだけど、人との距離感とか、繋がりについて考えさせられる作品だった。大事なのは目に見えるようなものじゃなくて、心からの気持ちだな、と。 糸電話で話すレオとビーが可愛かったな。
  • 十二月
    4.5
    糸電話で優しく語りかけるような暖かい作品。 倍賞千恵子さんがまるで少女みたいにチャーミング。 疲れた時に見返したい。
  • jun
    3.6
    人との繋がりを忘れてしまいそうになったときに見たくなる映画
  • USHIKO
    -
    岡田将生いい味出してます 
  • はるな
    -
    記録
ホノカアボーイ
のレビュー(11725件)